motohimika さん プロフィール

  •  
motohimikaさん: 天恩感謝ブログ
ハンドル名motohimika さん
ブログタイトル天恩感謝ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tnyo/
サイト紹介文天啓(天理)の教えを信仰して65年になります。天啓思想の信仰と体験に基づく発想ブログです。
自由文天啓思想の白眉は、かしものかりもの、心のほこり(埃)、陽気ぐらしの三つの教えです。
天啓思想の三原典を紐解けば今まで思いも寄らなかった人生の指針に導かれ、真正な価値判断の物差しを教えられます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/02/01 18:09

motohimika さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自然災害の元を明かす天啓思想
  • 科学万能による物質文明の繁栄は、人間に多様化した欲望を積ませ     自力での慎みをできにくくしています。     これに呼応するかのように、人類が初めて経験するほどの自然災害が     日本や世界の各地で起きてます。     天気予報は異常な暑さ寒さ... [続きを読む]
  • 宗教の頂点を啓示した天啓思想
  •  まず、宗教の意味をおさらいしてみました。 明鏡国語辞典によれば       『神や仏など人間の力を超える絶対的なものの存在を信じ        それを信仰すること。また、そのための教義や制度の体系。』      広辞苑では。『(religion) 神または何らかの超越的絶対者、あるいは卑俗なもの        から分離され禁忌された神聖なものに関する信仰・行事。また        それらの連関的体系、帰依 [続きを読む]
  • NHK番組「人体」で知るがん細胞の画策
  •  ◆ NHKスペシャル「人体」全7集の放映が終わりました。     当初、第7集のテーマは(人体は謎にみちている)でしたが      放映時(”健康長寿”究極の挑戦)に変わりました。      正直なところ初めのテーマに期待し、人体の謎をどの様な視点や手法で      編集するのか楽しみにしてたのですが。      ◆ それにしても、NHK.SP「人体」は、人の体があまりにもよく      出来 [続きを読む]
  • 常識を「非」常識で更新する天啓思想
  • 表題の「非」常識とは、俗にいう非常識と一線を画す意味に用いてます。     「常識」を国語辞書では 『一般の社会人として、だれもが共通してもっている知識や分別』(明鏡国語辞典) 『①一般人の持つ考え。普通の見解。②(英 common sense の訳語)社会人として  当然持っている、持つているべきだとされる知識、判断力③哲学で、人類全体に  共通する能力で真理、道徳をとらえる直覚をさす。常識学派で真理の最終根 [続きを読む]
  • かしもの・かりものという天啓思想
  • どんなに最上位の人間ですら人智では及びもつかぬ天啓思想の三原典。   その要である「おふでさき」に瞠目すべき「かしもの・かりもの」という 教えが   あります。この教えは最も始めに教えられる教理であって最後に悟るべき教理と 増野鼓雪先生は仰ってます。  しかもこの教えが基本となっているので、しっかりと心得ておけば、他の天理の  教えも波及的に分かってくるほど重要な教えと言えます。  「かしもの [続きを読む]
  • 心のほこり(埃)という天啓思想
  •  天啓(天理)の教えの中で特筆すべきものが三つあります。「かしものかりもの」「心のほこり(埃)」「陽気ぐらし」です。その中でも、入信当初の若い頃から最大の関心事は「心の八つのほこり」でした。*『ほこりとは、埃にたとえていわれたもの。一つ一つの埃は目にほとんど見え  ないが、それと同様に、心のほこりも、容易に自覚できない特色がある。  その埃はいつ見えるか。暗いところでは分からないが、太陽の光に照ら [続きを読む]
  • 陽気ぐらしと核兵器
  • ◎ 戦いの人類史に終止符人類の親である親神は、人間の陽気ぐらしを見て共に楽しみたいとの思召しで人間を御創りになられました。(神言) ところが直近3千年の歴史をみても、人類の争いは絶え間なく、それとともに争いの道具も殺傷効率を高めてきました。科学の進歩は陽気ぐらしに貢献している反面、否定するかのような大量殺戮兵器の開発競争です。その挙句、戦後72年の間に核兵器の保有数は9か国で約15000基になり、そ [続きを読む]
  • 宗教の垣根を超えた天啓思想
  • ◎ 一宗教の観念を払拭する天理の教え人類に啓示された天啓思想である天理の教えは、宗教間の垣根や障壁を取り外し人間の考える宗教の範疇を超えた「未知の天意」を明らかにしました。この「未知の天意」は信仰の有る無にかかわらす゛人類に人生の行き方と道しるべを教示された究極の天啓であります。この世のすべてを天理によって御支配なさる親神様が、元の神、実の神として人類史上初めて人間の親であることを明かされ、親神の [続きを読む]
  • 陽気ぐらしの天啓思想
  • 1.根明(ネアカ)と根暗(ネクラ)1980年代にネアカ、ネクラの言葉が流行っていたころ、私はネクラという言葉を気にするタイプでした。その頃、マスコミで活躍中の著名な直木賞作家がエッセイ集に自らネクラと称し、ネクラのメリットや擁護する文章に、すごく勇気づけられました。当時は仕事の付き合いやストレス発散に飲酒する機会も多く、飲酒すれば陽気になる自分を、しらふでもこうであったらとよく思ってました。若い頃から [続きを読む]
  • 世界的深刻事態によせて
  • 1.北朝鮮がこだわる米国との対峙の継続は、日本と韓国を巻き添えにし兼ねない展開になってます。北の実験でエスカレートするミサイルの脅威に、米中露の善処を期待するしか、なす術もない日本(のみならず世界全体ですが)の現状です。成ってくるのが天の理の教えから、常に思案でたどるのは「このような深刻な事態を見せられる理合いは何か」ということです。それも、個人というより、世界的に、国家、組織、団体間の問題ではな [続きを読む]
  • 比類なき完成度
  • 1.今年も、4月18日に恒例の日帰りおぢば帰りを新幹線でさせていただきました。参拝後、おやさと書店で、「だめの教えって素晴らしい!」(飯田照明 養徳社刊)を購入し、齢82ながら新たな学びに胸をときめかせました。だめの教え=最後の教え=「十のものなら九つまで教えてある残りの一つの教え」と今までに教わり、主観的には最高に素晴らしい教えだと実感してきました。飯田先生の前記高著のまえがきによりますと、50年前から [続きを読む]
  • 天啓思想の信仰と成果
  • 天啓(天理)の教えに「かしものかりもの」「心の八つの埃」という世界初の画期的な教えがあります。この教えを昭和27年10月13日に初めて聞いたのが私の信仰の始まりで現在も続けています。信仰歴約65年の間に天理教の多くの諸先生に直接間接、多くの教えを受けたこ... [続きを読む]
  • 哲学を超えた天啓思想
  • 日本国語大辞典によると「哲学」とは『①世界や人生の究極の根本原理を客観的・理性的に追及する学問。とらわれない目で事物を広く深く見るとともにそれを自己自身の問題として究極まで求めようとするもの。古代ギリシャでは学問一般を意味していたが、のち諸科学と対置させるようになった。②自分自身の経験などから作り上げた人生観・世界観。物事に対する基本的な考え方。 理念。』 明鏡国語辞典では「哲学」を『世界・人間・ [続きを読む]
  • 信仰者に多くの思案を促す映画
  • 2017年、あなたの心を震わせる最初の映画「沈黙ーサイレンスー」原作遠藤周作×監督マーティン・スコセッシ戦後日本文学の金字塔を、アカデミー賞監督が完全映画化。1.21全国ロードショー。上記は1月13日の夕刊に出た広告です。この映画について知ったのは1月2日のTV番組NHKBS1スペシャル「巨匠スコセッシ 沈黙に挑む〜よみがえる遠藤周作」です。この番組により、28年間取り組み続けてきた監督の偉大さ、映画製作のコンセ [続きを読む]
  • 信仰人生雑記帳5
  • 実感していること、読書で共感した内容、自戒として書き留めたことなどを記します。◎ 松本滋先生は30年前に出版された高著の中で 「生き方の変革を求められる時代、理が物をいう時代。  理とは、天の理、大自然の働く筋道で人間の皮相な知恵や思案をはるかに越えた  大きな働きで、一切、根元となっているもの。  これからの時代は、今までのような人間の知恵や、思案、常識や学問ではおよびも  つかぬ、どうにもならな [続きを読む]
  • 信仰人生雑記帳4
  • 実感してること、読書で共感した内容、肝に銘じておきたいことなどを記します。 ◎ 思案なくして天理教なし(西山輝夫)西山先生は高著「みかぐらうたの世界」でお道に思案の重要さを説かれてます。天理教に思案が必要な理由が三つあること。①お道には戒律や生活規範がない。したがって、一人前の大人としてその判断と 行動が求められる。また、お道の立教は人間に高度な理解力が備わってきたことが 前提に説かれてる。②お道 [続きを読む]
  • 信仰人生雑記帳3
  • 実感していること、読書で共感した言葉、自分への戒めとして書き残したことなどを記します。◎ むほんつとめで平和の持続天啓(天理)の教えにある「むほんつとめ」は、戦争回避の伝家の宝刀になると思いますが。世上では、北朝鮮の度重なるミサイル発射実験、米韓の実戦的共同演習米国による北朝鮮への先制攻撃まで取りざたされるこんにちです。このような折、「むほんつとめ」の言葉が浮かんできました。Webで「むほんつとめ」 [続きを読む]
  • 人生万事に種明かしの教え
  • 1.種明かしで原因を教えられる 19世紀前半に、人類史上初の教えが日本に発祥しました。 天啓(天理)によるその教えは、人生に三つの大きな種明かしをもたらしました。  ① 人類は親神の子であること  ② 人体は親神からの借りものであること  ③ 人間の心には八つの埃があること  この三つの教えがかかわり合って、人生の出来事の種明かしが分かってきます。 種明かしの種とは「原因」ないし「元」を意味します [続きを読む]
  • 増徳人生計算書
  • 1.はじめに2016年4月に増益人生運営論(天啓思想準拠)というブログを書きました。このブログは、人間が親神からお借りしている身体を資本として、心ひとつで人生という名の事業を運営すること。各人に応じた長短の決算期で運営成績が黒字(幸福)か赤字(不幸)かを、人生の流れ=フローで考えました。今回は徳又は幸運の貯え=ストックに視点を移し、終生=1期間で人生の徳や幸運がどのように生成されるかを簿記会計の手 [続きを読む]
  • 信仰人生雑記帳2
  • 過去に感じたこと、読書で共感した言葉、自分への戒めとして書き残したことなどを記します。限りなく透明に近いブルーとは、ある作家の著書の名前です。実によい表現だと感心しました。聖職にある人々は特に、この心を求められます。心が澄んだら全ての理があざやかにハッキリ映る。(心が濁ると何事もわからぬ)心の道・胸の道=思召しを悟らせて頂くこと。(大鳥政治郎)動機において不純なものが有るときは、においがけも、おた [続きを読む]
  • 過去の記事 …