武蔵宮 さん プロフィール

  •  
武蔵宮さん: JNR-M
ハンドル名武蔵宮 さん
ブログタイトルJNR-M
ブログURLhttp://jnr-m.sblo.jp/
サイト紹介文北海道から九州まで、旅先で目にしてきた国鉄型機関車などの写真や、線路のある風景を載せております。
自由文国鉄時代の残り香を求めて、時に歩き、時に自転車をこぎ、何だかんだで北へ南へ。現役車両だけでなく、保存車両を探し、廃線跡を眺めて幾星霜。ちょっとした暇つぶしや旅のご参考になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/02/01 19:50

武蔵宮 さんのブログ記事

  • 間接
  • 札幌運転所で入換中のDE10-1715。客車は減少し、ディーゼル機関車で入れ換えているのは電車。機関車に双頭連結器を付けず、密着連結器に換えた控車を挟むのが北海道ならでは。 [続きを読む]
  • あゆみ
  • 札幌運転所で待機中のDE10-1742。かつて追分機関区を拠点に室蘭本線や夕張線を走っていた貨物用。石炭輸送が絶たれた後も北海道に残り、歳を重ねてきました。 [続きを読む]
  • 357
  • 煌々と照らされるHD300-501。本州へ連絡する貨物列車が多く、北の貨物駅は夜も休む事はありません。数字の看板はポイントマシンの番号。ここは雪に埋もれる北国の駅。 [続きを読む]
  • ハンプ下
  • 稲沢駅北部にある商業施設で保存されたヨ8000。ここは稲沢操車場に30本以上あった方向別仕訳線が1本にまとまっていた辺りで、近くに加速用のハンプや減速用のカーリターダーがあった場所でした。今も現役のヨ8000がある一方、すぐ近くで2両のヨ8000が保存されています。 [続きを読む]
  • 伴走
  • 稲沢操車場の車掌車ヨ8630+ヨ8925。新車輸送で使われる事が多いようです。国鉄末期に新しいまま大量廃車となった車掌車ですが、生き残ったヨ8000は国鉄時代よりも長い年月を民営化後に過ごしてきました。 [続きを読む]
  • 77
  • 愛知機関区で保管されていたEF64-77。0番台全廃後もお召仕様で維持されていましたが、この後にプレートが外されて長らく外で留置。保存されるのかどうか、気になる存在です。 [続きを読む]
  • 軽量化
  • 愛知機関区に残されたワム80000。アルミ扉の原色なので280000番台かと思いましたが、車軸がコロ軸受になっており、最後まで使われていた380000番台のようです。各地の貨物駅で倉庫のように利用されている貨車ですが、ここでは多く残っていました。 [続きを読む]
  • たから
  • 奥のコキ26714は最初のコンテナ車チキ5000をコキ5500に編入改造したもので、4個積みコキ5500の数少ない生き残り。保存された理由は改造前にトップナンバーのチキ5000だった…という事らしいです。手前のヨ8639は当初のコンテナ列車で使われたヨ5000を再現した塗装。公開施設ではないので、移動したりどこかへ消えたり。ここは安住の地となるでしょうか。 [続きを読む]
  • 日常系
  • 現在の稲沢操車場でも分割や折り返しが多く、DE10が動き回っています。民営化後に変わらず続いた光景も、新型機へ置き換わる時で終焉となるのでしょうか。 [続きを読む]
  • 5号
  • 荒川を越えて新小岩駅へ。急行から特急へ、両国始発から東京始発へ、そして京葉線経由へと変わって来た房総特急。銚子行特急「しおさい」だけが総武本線に残り、終点まで走破しています。 [続きを読む]
  • 2段リンク
  • チキ6000と組んで使われる機会の多い長物車チ1000。車掌車ヨ8000以外で残った数少ない2軸車となりました。10t積ですが何かを運ぶために残ったわけでなく、レールがはみ出した際に距離を稼ぐ遊車です。代替手段はいくらでもあるので他の地域で見られませんが、関東では2軸車が静かに息づいていました。 [続きを読む]
  • 再利用
  • チキ6000に混じってチキ5200の姿も見られます。コンテナ緩急車コキフ50000が造られた際、車掌室の乗り心地が悪かったため、余剰になり始めていた高速貨車コキ10000の空気バネ台車と交換が進みました。余ったコキ10000の車体を短く切り継ぎ、不要なコキフ50000の台車を組み合わせた長物車がチキ5200。ロングレール用のチキ5500に似ていますが、車体の短さが目立ちます。 [続きを読む]
  • 生存
  • 関東では割と多く見かけるチキ6000。新製車チキ7000に代わって1977年からコキ5500を切り継ぎして同仕様にした改造車。コキ5500の消えた今も裏方として生き残っています。 [続きを読む]