武蔵宮 さん プロフィール

  •  
武蔵宮さん: JNR-M
ハンドル名武蔵宮 さん
ブログタイトルJNR-M
ブログURLhttp://jnr-m.sblo.jp/
サイト紹介文北海道から九州まで、旅先で目にしてきた国鉄型機関車などの写真や、線路のある風景を載せております。
自由文国鉄時代の残り香を求めて、時に歩き、時に自転車をこぎ、何だかんだで北へ南へ。現役車両だけでなく、保存車両を探し、廃線跡を眺めて幾星霜。ちょっとした暇つぶしや旅のご参考になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/02/01 19:50

武蔵宮 さんのブログ記事

  • 準鉄道記念物
  • 冬間近の北海道。名寄駅南の公園に除雪列車が保存されています。今は存在しないフリーきっぷを使い、到着したのは朝8時44分に大宮駅を出発してから12時間後。この1週間後には冬支度で保存車両にカバーをかけられてしまいますので、本当に冬間近。夜空に浮かび上がる黒い編成は、どの保存車よりも存在感がありました。 [続きを読む]
  • 忠別川
  • 旭川駅へ進入するDF200-102。函館本線の終点ですが、そのまま宗谷本線に続いています。駅に隣接して旭川機関区・旭川客貨車区が存在しましたが、高架化で貨物列車は通過するようになりました。貨物列車は1968年に新設された北旭川駅へ向かっています。 [続きを読む]
  • 時代を感じる
  • ホームが嵩上げされましたが、屋根は時代を感じる古レール組みのまま。左右を国鉄型ディーゼル機関車に挟まれた四日市駅は、国鉄時代を感じられる場所。時代は動き続けています。次に訪れた時には、もう同じ光景を見られないかもしれませんね。 [続きを読む]
  • 早目速度節制
  • 四日市駅で入換中のDE10-1726。コンテナ車の他、北にある石油施設へ送る石油タンク車を担当しています。割と貨物線の残っている四日市地区ですが、貨物列車の減少した現在では四日市駅以外でDE10の出番はありません。 [続きを読む]
  • 王国
  • 石油タンク車を背に止まるDD51-892。四日市駅で貨物扱いが行われていた他、東の四日市港駅、南の塩浜駅、関西本線の南四日市駅から貨物列車が集まっていました。専用線がほとんど廃止されたものの、四日市港駅のセメントや塩浜駅の石油など、最低限の貨物列車だけは残存。関西本線は電化されていますが、塩浜駅の貨物線が非電化なので、今もDD51が使われています。 [続きを読む]
  • 営業所
  • DD51-1800番台。成田空港建設時に佐倉機関区へ配置された最終グループ。房総地区では電化区間も含めてDD51が使われていました。他の地区で使われていたDD51と同様に、1800番台も中京地区へ集結しています。 [続きを読む]
  • イセ
  • 四日市駅を出る伊勢鉄道イセ101。紀勢本線の津駅へ直通する路線として、1973年に伊勢線が開通しました。近鉄に対抗して短絡線が造られたと思われがちですが、本来の目的は四日市から南へ拡大を目指していた工業地帯の連絡線。実際にはオイルショックと公害問題で工業化は完全に頓挫し、田園地帯のまま。高規格複線を予定していましたが単線非電化です。特急「南紀」など通過客は割と多いのですが、線内利用者が極端に少ないので廃 [続きを読む]
  • DD511
  • 四日市港のセメント専用線。車庫には赤いDD511。この機関車は北海道の石油輸送廃止ではるばる移転してきたそうです。確かに先日の本輪西駅近くの写真で、真ん中に赤いのが写っていたような…。旋回窓の雪国仕様は、これからどんな活躍をするのでしょうか。 [続きを読む]
  • DD45
  • 日本の工業地帯で最後の鉄道セメント施設。藤原工場から来たタンク車の終点です。ここから船積みする関係でセメント輸送が残りました。他で全廃された事を考えると、今後も続いていくとは限りませんが、活気のある情景には残ってほしいものです。 [続きを読む]
  • 四日市港
  • 草むらの手前で切られた線路。四日市港駅は1985年に廃止され、倉庫街へ伸びていた線路は全て撤去されました。ほとんどは舗装されて道路になっていますが、空き地もわずかに存在。セメント輸送のために貨物線は部分的ながら残っています。踏切は懐かしいワイヤー式。遮断機よりも簡単に大通りを仕切れるので、昔は多かったですね。 [続きを読む]
  • 原色機
  • 倉庫を背景に港の大通りを横切るDD51-852。いかにも貨物線といった雰囲気ですが、こういう場面を見られる場所は少なくなりました。DD51が非電化区間で貨物を引く場面も四日市地区のみ。民営化後も続いて来た一つの時代が、大きく変わろうとしています。 [続きを読む]
  • 穏やかな海
  • 可動橋を渡る黒い貨車。いかにも港といった光景ですが、見られるのも四日市港だけになりました。かつてここが公害問題の舞台だったとは思えないほど静かになっています。国鉄末期まで盛況だった貨物列車は影を潜め、港へ直通する貨物列車はセメント列車しかありません。 [続きを読む]
  • 汚損
  • 四日市駅に止まるタキ112162。川崎重工製タキ1900に対して、日立製タキ19000が造られていましたが、1970年から日立でもタキ1900となりました。本来のタキ1900とは結構違っていて、タンクに巻かれた補強バンドが目立ちます。この車両に限らず、積む際にセメント粉末が外に付くと、雨で広がって白くなります。かつては様々な貨車が汚れたまま走り回っていましたが、コンテナしかない現在では珍しくなりました。 [続きを読む]
  • 藤原岳
  • 石灰石採掘で階段状に削られた山を望む東藤原駅前、静かな駅で保存されているホキ25767。ホキ5700はタキ1900と並ぶ代表的なセメント貨車でしたが、タキ1900が標準車になったためホッパ車は製造終了しました。関東ではチチブセメントで使われていたので、大宮でも頻繁に見かけた多面体の車両。各地のセメント輸送廃止で姿を消して久しいです。 [続きを読む]
  • 台車交換
  • タキ112460は共通設計になったタキ1900最終型。西浜松駅に残っているセメントターミナルのタキ1900と基本的に同一構造ですが、現役で残る車両はコロ軸受の台車に交換済。1500両近く造られたタンク車でしたが、セメント輸送が四日市地区以外に残っていないため、現存車はごく一部になりました。タキ1900の後ろにタキ2000が存在していたので、番号の繰り上げが100ずつと早いですが、11万番台では2000番以降も使うようになったため、1 [続きを読む]
  • あの頃と同じまま
  • 三岐鉄道から来たセメント列車は、関西本線の富田駅から四日市駅まで、ごく短距離の貨物列車となります。このまま非電化の貨物線へ向かうため、電化区間も含めてDD51が使われています。原色の852号機は既に廃車。いずれDD51全廃となった時、新型ディーゼル機関車へ置き換わるのか、それとも最後のセメント列車が本当に最後となってしまうのか、大きな変化が訪れそうです。 [続きを読む]
  • 多度峡
  • 山々を背に止まるタキ81903。セメント輸送に限った事ではありませんが、私有貨車は荷主とメーカーで複数形式が存在。35t積を拡大した40t積セメント貨車も、複数のタンク車・ホッパ車がありました。タキ1900は川崎重工製でスタートしましたが、各メーカーの後継車も加わって、最後には共通設計の標準車となったタイプ。このため、同じタキ1900でも外観に差があります。タキ81903は川崎重工製で、タキ1900の原型に近いタイプ。現存車 [続きを読む]
  • ED5000
  • 2両のホキ1000を重連で引く、模型のような編成のED458+ED459。三岐鉄道の電気機関車は何種類か存在しています。ED458は1950年に造られた東武鉄道ED5001で、1979年に三岐鉄道へ来ました。箱型標準機のルーツにあたり、東武博物館で収蔵したかったであろう機関車。ED459も1963年に造られた東武鉄道ED5069で、2000年の中部国際空港建設時から稼働。東武鉄道から貨物列車が消えて久しいですが、遠い空の下で機関車が生き残っています。 [続きを読む]
  • ED45
  • のどかな郊外をゆく、三岐鉄道のED455+ED456。三岐鉄道は1931年の開業以来、セメント産業と歩んできました。既に石灰石輸送は存在せず、中部国際空港建設を最後に貨物輸送も減少。工場から四日市港へ向かうタキ1900は、日本最後のセメント輸送になりました。1957年製のED455は富山地方鉄道で使われていたダム建設用、ED456は1962年の追加生産型。電気機関車の重連運転をする私鉄も、他では見られなくなりました。 [続きを読む]
  • 転動防止注意
  • 関西本線富田駅に取り残されたワム380152。救援用か倉庫か、何かしらの用途で貨車を利用する機会はほとんど無くなりました。赤く錆びた連結器が、線路上で置き去りにされた時間の長さを物語っています。 [続きを読む]
  • 黒タンク
  • 関西本線富田駅にずらりと並ぶタキ1900。石油タンク車以外が並ぶ数少ない駅になりました。止まっている線路にはホームがあり、三岐鉄道の電車が発着していた名残。現在の電車は少し離れた近鉄富田駅始発。国内最後のセメント輸送が、静かな駅で続けられています。 [続きを読む]