底辺やる夫 さん プロフィール

  •  
底辺やる夫さん: 30代職歴無しが正社員を目指すブログ
ハンドル名底辺やる夫 さん
ブログタイトル30代職歴無しが正社員を目指すブログ
ブログURLhttp://musyoku.tokyo/
サイト紹介文ニートとフリーターを繰り返しながら生きてきた…。 とうとう働かなければならなくなった!
自由文ニートとフリーターを繰り返しながら生きてきた…。
とうとう働かなければならなくなった!
派遣会社から工場に派遣されて働いています。時給1200円
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/02/03 13:08

底辺やる夫 さんのブログ記事

  • きめえ夫さんも就職活動中です
  • 俺が今月末(正確には来週末)で辞めるという話しが広がっているようだ。そんなどうでもいい事が噂になるのか…と、思うけど、人が辞めたとか転職するという噂は皆の大好物で、あっという間に広がる。(そして尾ヒレが付く場合が多い)今日の仕事は暇だった。ほとんどすること無いので、倉庫の掃除をしていた。同じ仕事している仲間に「きめえ夫さん」という人がいる。きめえ夫さんは30歳位で、最近割とよく喋るようになった。 き [続きを読む]
  • 派遣会社について
  • 過去ブログを読み返したら、この派遣会社で働き出しのが去年の10月からだった。今月一杯で終わりだから、約10ヶ月ほどお世話になったことになる。思えば、今回は仲間と営業に恵まれたなぁ。前の職場(倉庫)はヒドイ職場だったけど、仲間(やらない夫さん)がいたから頑張れた。営業さんと一緒に飲みに行ったことなんて今まで一度もなかった。今まではどちらかというと、営業は敵という認識だったけど、日本人形ちゃん(と後輩ちゃ [続きを読む]
  • 営業とライン長は不仲のようです
  • 昨日のこと。営業の日本人形ちゃんから、派遣先に『辞める』ということを伝えてくれたようだった。倉庫のリーダーからは労いの言葉を頂いた。リーダーは言葉にこそ出さなかったけど、『え?もう辞めるの?早くない?』ってニュアンスが含まれていたような、含まれていなような…。ただ、このリーダーには本当にお世話になった。ラインの仕事はクソだったけど、倉庫の仕事は当たりだったなぁ。もしここで契約社員にしてくれたなら、 [続きを読む]
  • 大ポカをやらかす
  • ああああ!しまった!!やってしまった!!!朝9時頃にスマホが鳴っているな〜と思っていた。どうせ大したことない用事だろうから、無視して寝てたんだよね。で、1時間後に起きて、スマホを見てみたら派遣会社からだった。 恐る恐る留守電を聞いてみたら…。 『やる夫さん、派遣先から出社していないという連絡がありました。 折り返しご連絡ください。』 あ、今日は休みじゃなくて出社日だった!てっきり3連休だと思ってたわ!! [続きを読む]
  • ちょっとエロい話し1 高校時代の女子
  • 何か、コメントにセック○という文字が多いな…。みんな、エロい話しに飢えているんだぁ。ということで、ちょっとエロい話しを書いてみようと思う。俺が行ってた高校は偏差値40ちょっとの底辺高校だった。共学だったので、女子生徒もいた。もちろん、女子生徒もバカなので危ない話しを大声でしていた。↑マジでこんな会話を聞いたことが何度かある。当時はブランド物のバッグを持つことが女子高生の間で流行った。俺がい知る限りだ [続きを読む]
  • 異常事態!これは予想できなかった その2
  • 派遣会社を辞めることを伝えに言ったら、何と派遣会社の営業マンとして働いて欲しいというスカウトを受けた。 営業マンになれば、正社員として採用される。 考えるまでもない! これが俺の答えだ!! 否! 全力の否!! 派遣社員を長いことやってるけど、派遣会社の営業って地獄だよ。スタッフがバックレたら謝罪に行き、スタッフが使えない人材だったら派遣先の担当者から文句を言われ…。俺のような人間を管理する仕事なんて [続きを読む]
  • 異常事態!これは予想できなかった その1
  • 仕事が終わってから派遣会社に行ってきたよ。行きたくなくて、途中で帰ろうとかと何度も思ったけど、辞めるなら辞めるで筋を通さなきゃと思い頑張って派遣会社まで行ってきた。社内に入ると日本人形ちゃんと、その上司がいた。(上司とは初対面)応接間に通されて、一通り挨拶をしたところで日本人形ちゃんが真面目な顔で話しだした。なんと、スカウトされた!!これは予想外!! え?何?俺が営業マン?派遣会社の?派遣される側 [続きを読む]
  • 派遣会社へ連絡した
  • 採用が決まったので、少しでも早く派遣会社へ連絡しなきゃいけない。何としても今月中に辞めたいと思う。朝、出社する時は『昼休みに電話しよう(キリッ)』って思っていたけど、いざ昼休みになると電話しづらくて悩んでるうちに昼休みが終わってしまった。今度は定時後に電話しようと思ったいたけど、『明日のほうがいいかもしれない…』と、尻込みをしてしまった。それでも勇気を振り絞って定時後に電話したよ。担当の日本人形ち [続きを読む]
  • ビル管理の会社に採用された
  • 定時で帰らせてもらい、アパートに戻ってスーツに着替えてビル管理の会社に面接に行った。全部書くと長くなるので、端折って書きます。まず、結論から言うと、題名にもあるように採用になった。今回の面接は条件を掲示されて、会社の説明を受けてきた。 まず、条件だけど基本給は求人と同じ月20万円とちょっと。他に交通費と、職務手当(?)ってのが付く。職務手当ってなんだろう?まぁ、もらえるなら何でもいいけど。契約社員で [続きを読む]
  • 逆襲の倉庫リーダー
  • 今日、午後イチで一悶着あった。副ライン長が直々に乗り込んできて、搬入の予定を変更しろと言ってきた。倉庫のリーダーが対応したんだけど、『予定変更のことは聞いてない』の一点張りで副ライン長をあしらっていた。ところが副ライン長は『ラインが優先だから対応しろ』と言って引き下がらない。2人の話しはだんだんエスカレートしてきた。副ライン長がギャーギャー言ってると、取り巻き共が集まってきてリーダーを責める。最初 [続きを読む]
  • 宗教の家庭の子が同じクラスにいた
  • 小学校3・4年の時、同じクラスにA君という子がいた。サラサラの髪で、目がくりっとした中性的な感じだった。A君は休み時間も友達と話さず、ぼっちだった。(俺もぼっちだった)ある日、俺が持っていたドラゴンボールの定規を見て、『格好いいよね、ドラゴンボールの定規』とボソッと話しかけてきた。俺の記憶だと、A君と最初に話したのはこのときだった。その後、ドラゴンボールのキャラクターは誰が好き?とか話しかけたけど、A君 [続きを読む]
  • 子供の頃バレーボールをやっていた
  • 俺は運動神経は悪いけど、スポーツを見るのは好き。特に好きなのがバレーボールで、世界大会のテレビ放映がある時は可能な限り見ている。なぜバレーボールが好きかというと、母上がバレーボールをやっていて、俺が小学生の頃は母上と一緒にママさんバレーの練習に連れて行った。小学校高学年になると、一緒に練習に参加していた。 中学校に進学する時、母上の知り合いがいるバレーボールクラブに入部するために見学に行った。とこ [続きを読む]
  • あのブラック営業会社が復活していた
  • ダラダラとマイナーな求人サイトを見ていた。マイナーな求人サイトって応募の条件が低かったり、競争率が低かったりして意外と良い求人があったりするんだよね。そしたら営業事務の募集を見つけた。新しい会社で、条件も悪くない…あれ?これ、どっかで見たことがある内容…。ここ、俺が働いてたブラック営業の会社だ…。営業マンは面接にスーツを着てきて敬語ができれば誰でも内定!飛び込み営業で成績が悪ければ、ベテランだろう [続きを読む]
  • ビル管理の会社から結果が来た
  • アパートに帰ってPCを開いたら、月曜日に面接を受けたビル管理の会社からメールが来ていた。これは間違いなく面接の結果が書かれている。一瞬戸惑った、こんなに早く結果が来るとは思っていなかったから…。メールの中身を見たら、次の面接に来てくれって書いてあったわ。まずとりあえず第一関門突破ってところだ。その後の文章を読むと、次回は『詳細な条件も含めて話し合いたい』って書いてある。これの意味がよくわからん。採用 [続きを読む]
  • 理不尽
  • 今日は午前中の搬入出が少なかったのでラインの掃除を手伝った。一時的にラインを止めて、不要なものを運び出した。ラインの人たちのほとんどは『手伝ってくれてありがとう』と労ってくれた。だけど、またあの女がこっちの神経を逆なですることを言い出した。みんな、かなり怒ってたよ。『本来はラインの奴らがやる仕事だろーが!』って心の中で思ったよ。こういう無神経な奴ってある意味で最強だよね。そんな俺達にリーダーが言っ [続きを読む]
  • 営業のが来た
  • 昼過ぎにリーダーから『やる夫くんの会社の営業が来るって連絡きたよ』と言われた。まじかよ…面倒だから来なくていいのに…。定時後に営業の日本人形ちゃんが来た。最初はリーダーと少し話した後、俺が呼ばれたよ。 俺をラインに入れようとしている!そんな事をガンガン言われた!要は俺がラインに入って、それを皮切りに派遣スタッフを投入したいようだ。ハッキリ言って、ラインなんて入りたくない。あそこは女の園だ。男が入っ [続きを読む]
  • 日曜日に応募した求人の結果と今後のこと
  • 日曜日に応募した求人の結果がメールで送られてきた。うん、まぁ、予想通りだったよ。全滅だった。例え面接に呼ばれても、面接で撃沈していたろう。応募の段階で断ってくれるだけ良心的だ。さて、問題はビル管理会社のことだ。面接自体は上手くいった。もし採用されたらどうするか?面接の時、チラッと社内を見たけど、雰囲気はそれほど良くはない。まぁ、悪くもないけど…。もし採用されたら今の派遣会社を辞めなきゃな。お世話に [続きを読む]
  • ビル管理の仕事の面接に行ってきた
  • 今日は仕事を休んでビル管理の会社の面接に行ってきた。思ったより大きくてキレイなオフィスだったよ。ビルの1階から電話して面接に来たことを告げると、すぐに50歳位の人が来て応接室に案内してもらった。案内してくれた50歳位の人が面接官で、最初は世間話しだった。ワールドカップ見てますか?とか、梅雨が明けましたねとか…。ギクシャクした感じではなく、割と気さくな感じで話しかけてくれた。で、面接が始まったら…やっぱ [続きを読む]
  • さらに応募!
  • 今日は特にすることもなく、ダラダラしていた。午後から求人サイトを見て応募してみた。今回は正社員の求人に絞って応募してみた。やっぱり正社員の募集を見ると年齢が35歳以下っていうのが多い。今年で37歳になる俺は、年齢による不利を身を以て知った。(前から知っていたけどね) 35歳以下だけど、応募してみたよ。落ちて当たり前だけど、面接に呼ばれればラッキーくらいの感じ。 ランキング参加中↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • キル夫と飯食ってきた
  • 数日前にキル夫から連絡があって、晩飯を食ってきた。ちょっと高めの焼肉屋に連れて行ってもらった。(今日はキル夫のおごりだった)多分、仕事の悩みか離婚した妻子のことで話したいのかなぁって思っていたらビンゴだったよ。仕事の方かと思ったら、離婚した妻子のほうだった…。人生経験が豊富じゃない俺は、こういった時になんて言えばいいのか分からなかった。養育費を払わなくていいってことは、良いことなんだよね?でも、娘 [続きを読む]
  • ビル管理の会社の面接が決まった
  • この前の日曜日に応募したビル管理っぽい仕事をする会社から返事が来た。返事が遅かったからサイレントお祈りかと思っていたわ。メール読んだら、冒頭に『ご連絡遅くなりまして申し訳ございません』と書かれていたので、思っていたよりマトモな会社なのかもしれないな。連絡可能な時間とか必要事項を記入して返信したら、すぐに電話がかかってきた。 電話がかかってきたのは午後7時半くらい。ビル管理系で、事務系の仕事でも遅番と [続きを読む]
  • CADを使う会社からお祈りメールがきた
  • アパートに帰ってきたらポストに封筒が入っていたよ。差出人がこの前受けた会社なので、まぁ中身は分かっている。…やっぱり、お祈りメールだった。そう言えば最近は封筒で届くお祈りメールって見てないな。大半はネットで送られてくるからね。お祈りなんてサイレントも含めて何度もされてるから、慣れたもんよ。俺のスペックじゃお祈りなんて当たり前よ。さて、今日はもう寝よう…。おやすみなさい。 バイト体験談ブログを更新し [続きを読む]
  • DQNに我が家のスクーターを盗まれた話し その2
  • スクーターを盗まれてから、数週間で犯人が捕まったという連絡が来た。スクーターの名義は母上だったので、母上が警察署へ言って色々と説明を受けたり手続きをしたりしてくれた。 母上は優しいから、DQNに同情的(両親の教育が悪い、社会が悪い、本人だけの責任じゃない等)だったけど、スクーターが無くて苦労をした俺はDQNが憎かった。DQNが逮捕されたきっかけだけど、マフラーを外して爆音を出しながらノーヘル二人乗りで走り回 [続きを読む]
  • DQNに我が家のスクーターを盗まれた話し その1
  • 俺がスロプロをしていた時、我が家のスクーターが盗まれたことがあった。実家がある場所はそれほど治安が悪い地域じゃないけど、夜になると駅前とか公園にはDQNが溜まっている感じだ。ある朝、起きたら母上が『昨日、スクーター乗って帰ってきたよね?どこかに置いてきたの?』と聞かれた。何のことか事情が飲み込めないけど、『乗って帰ってきた』と答えたら、『じゃ、やっぱり盗まれたんだ…無いんだよ、スクーターが…』と言わ [続きを読む]
  • 日本に生まれて本当に良かった
  • 俺が毎週楽しみにしてるニートの兄妹マンガ『働かない二人』だけど、妹が兄に『人間以外に生まれたかった』と愚痴をこぼす。それに対して兄は『人間だからこの程度で何とかなっている。人間以外ならお前なんか生まれた日に死ぬぞ』と言い放つ。対人関係が苦手な"働かない"妹と、どういうわけか"働かない"兄が"働かない"日々をぼちぼち生きる。世間様にはあんまり顔向けできないニート兄妹漫画、はじまるよぉぉぉ。働かないふたり - [続きを読む]