かおりん さん プロフィール

  •  
かおりんさん: Welcome to Koro's Garden!
ハンドル名かおりん さん
ブログタイトルWelcome to Koro's Garden!
ブログURLhttp://korokoro10.exblog.jp/
サイト紹介文美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供274回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2016/02/04 11:58

かおりん さんのブログ記事

  • 秋の名残り。(1710再訪)──「タカノフルーツパーラーパフェリオ 本店 」@新宿
  • なんだか急に寒くなって落ち着かない。明日からの週末は日本中が寒気に包まれるのだそう(汗)。そういえば昨年の今頃はトップバッターで「インフルエンザ」にかかってクロアチアへの旅行をキャンセルすることになったのだった(涙)。皆様もどうぞご注意ください!!さて、寒いと言いながらご紹介するのは、またパフェ(爆)。この日は10月にしては寒い日だったが、私の頭の中では「新宿=パフェ」と変... [続きを読む]
  • 表参道イルミネーション。
  • 所用で原宿へ。。。表参道のけやき並木もだんだんと色づきはじめている。そして11月に入ると1本1本のケヤキにLEDが取り付けられ、イルミネーションの季節の準備に入る。取り付けは夜間に行われるのだそうだ。点灯式は11月30日(木)で12月25日の日没〜22時まで、約90万球のLEDが点灯して原宿・表参道の街並みは美しく煌めく。。。植栽帯のみ1月8日まで点灯なのだそうだ。ま... [続きを読む]
  • あかずの部屋。
  • もうすぐ母が退院するので「あかずの部屋」の大掃除なぞ(爆)。症状の方はすっかり落ち着いたらしいのだけれど、およそ1ヶ月半もベッドの上にいたのですっかり足と腹筋が衰えてしまっているとのこと。若い人なら少しリハビリすれば元に戻るらしいのだけれど、いかんせん高齢者はなかなか元に戻りにくいらしい。。。階段の段差が危ないということなので、しばらくは1階の部屋で生活しなければならないのだそ... [続きを読む]
  • 修験道。──「そばきり日曜庵」@葛飾柴又
  • 「柴又帝釈天」にお詣りした後は、道路をわたった先の住宅街にある「そばきり 日曜庵」へ。思い描いていたイメージとは裏腹に、南欧風の小洒落た雰囲気の佇まいのお店だ。此方の営業日は名前の通り、金曜・土曜・日曜の週3日と祝日のみ。この日は金曜日だったが無事に開いていて助かった。。。すでに14時をまわっている店内に客は私一人(汗)。ダウンライトの照明を活かし、高い吹き抜けの明かり取りの窓からの採... [続きを読む]
  • 柴又名物・草だんご。──「高木屋老舗」
  • 仕事で矢切まで出かけた帰り道、この界隈に美味しいお蕎麦屋さんがあることを思い出した。新柴又で下車して歩いてアクセスすることに。。。新柴又駅の発車メロディーは「男はつらいよ」だ(笑)。「柴又帝釈天」が近いはず・・・と思って歩いて行くと、ちょうど二天門の前に出てきた。此方を訪れたのは5年ぶりぐらいだろうか。せっかくなのでお詣りしていくことにする。此方は「帝釈堂」。立派な松の木だ。。... [続きを読む]
  • 徒歩19分の美味。(1711再訪)──「ホットベーグル」@桜堤
  • 11月の連休は「ラストレシピ──麒麟の舌の記憶」からスタートした。映画の感想はまた改めて書くとして、作品中には次々と美味しそうなものばかり登場するので参った(笑)。映画を観終わった時にはお腹がペコペコ。。。空腹時にはオススメしない作品だ(笑)。そんな時に思い出したのが、武蔵野市と小金井市のほぼ境目の「桜堤」にあるベーグル専門店の「ホットベーグル」だ。武蔵境からバスは出ている... [続きを読む]
  • 日本三大まんじゅう。──「柏屋 薄皮饅頭」@郡山
  • 少し前に「どらやき御三家」をご紹介したが、「日本三大まんじゅう」というものもあるらしい。東京「志ほせ饅頭」(貞和5年(1349年)日本で初めてのあん入り饅頭を作った「林浄因」が始祖)、岡山「大手まんぢゅう(創業天保8年(1837年))」、そして創業嘉永5年(1852年)の此方、福島「柏屋 薄皮饅頭」が、「日本三大まんじゅう」として定義されているのだそうだ。個人的には名古屋の「納... [続きを読む]
  • 究極のB級グルメ。──「一風亭」@会津若松
  • 会津若松で遅いお昼。以前、仕事ついでに訪れたことのある郷土料理店の「割烹 田季野」をめざす。雨の日曜日ということもあるのか、駐車場は満杯。近くの大きな道には観光バスも止まっているのであきらめて、会津若松名物の「ソースカツ丼」を食べようということに。。。某ログ検索で近場の「とん亭」がヒットしたが、連れは「会津ラーメン」が食べたいのだそうだ。そう、「とん亭」の並び(少し離れてい... [続きを読む]
  • 会津若松・鶴ヶ城。
  • 台風の影響らしく、紅葉散策の旅の最終日は朝から土砂降り。。。11時のチェックアウトタイムギリギリまで磐梯桧原湖畔ホテルで粘った後は喜多方を経由して会津若松をめざしてみることにした。お天気が良ければ「大内宿」に行ってみたいと思っていたのだけれど。。。雨の中、どこに行くアテもないまま、とりあえず「鶴ヶ城」をめざしてみることに。。。幕末の会津の歴史を伝える「難攻不落」の名城が石垣だけを... [続きを読む]
  • 五里霧中@「磐梯吾妻スカイライン」。
  • 裏磐梯には雄大な山々の間に浮かぶ湖を眺めながら絶景を満喫できるドライブルートが3つもある。会津地方と磐梯高原を結ぶ「磐梯山ゴールドライン」、桧原湖、小野川湖、秋元湖の3つの湖が一望できる「磐梯吾妻レークライン」、吾妻小富士の裾野に広がる高所を走る「磐梯吾妻スカイライン」だ。いずれも開通しているのは4月中旬から11月上旬。。。冬には閉鎖される王道ドライブコースだ。お蕎麦を食べた... [続きを読む]
  • 湖畔のぬくもり。──「磐梯桧原湖畔ホテル」
  • 今回の宿泊先は、福島・桧原湖畔にある「磐梯桧原湖畔ホテル」だ。楽天トラベルでも4.25の高ポイントを有し、様々な宿泊プランがある此方のウリは、15時から翌朝11時まで好きな時に入れる温泉と、お部屋から眺める雄大な磐梯山の壮大な景色(湖側限定)、そして湖畔の一軒宿故の静寂の時間だろう。美しい紅葉の季節だからだろうか。。。当日は満室だった模様。。。建物は多少古さを感... [続きを読む]
  • 米沢から西吾妻スカイバレーを経て檜原湖へ。
  • 色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り山形・米沢から「西吾妻スカイバレー」を経由して福島の「檜原湖」方面をめざす。その途中にあるのが、天元台・白布温泉だ。この「西吾妻スカイバレー」は紅葉の名所として有名な場所だが、雪が相当に深いらしく11月中旬から4月下旬までの冬期は通行止めとなる。せっかくなので「天元台」へ寄り道。。。学生時代... [続きを読む]
  • 名店の系譜。──「神楽坂五十番 エミオ武蔵境店」
  • 「神楽坂五十番」といったら、大きな肉まんとあんまんで知られる神楽坂にある有名な饅頭のお店だが、その中華まんが「武蔵境」の駅ビルでゲットできることをご存じだろうか。。。一番人気の「大きな肉まん」は一つ393円。ズッシリと重たそうであまりに大きいので、カロリーを考えて「ミニ肉まん」(216円)を3個購入(笑)。一つ90グラムと、それでも巷の肉まんの一つ分はあるだろう。。。... [続きを読む]
  • 青山の煌めき。(1710再訪)──「傳」@外苑前
  • 久しぶりに「傳」@外苑前へ。。。この日はいつものメンバーに加え、遠方からのゲストがはるばる来訪ということでさらに賑やかな夜となった。写真は撮らなかったのだけれど、乾杯は「Franciacorta Brut NV」」一品目は此方の定番の一つ、お馴染み「傳最中」だ。ん???何かおかしい。。。と思ったら、「傳最中」が「切腹最中」バージョンになっていた(笑)。やるなぁ!!長谷... [続きを読む]
  • 孤独のグルメなオムライス。──「キッチンこば」@船堀
  • 最近、江戸川区方面に出没することが多い(お仕事)。この日も新小岩からバスでアクセス。知らない街を散策するのは楽しい。お昼は某ログで探しておいた「キッチンこば」さんをめざしてみることにした。首都高速の小松川ランプが近いらしいこのあたりには、「松江通り商店街」というかなりレトロな雰囲気の商店街がある。まるで映画の中のショーワな雰囲気を残す街に紛れ込んでしまったような感じだ。そし... [続きを読む]
  • どら焼き御三家。──「亀十」@浅草
  • 東京には「どら焼き御三家」と呼ばれるお店があるのだそうだ。上野の「うさぎや」、浅草の「亀十」、東十条の「草月」、この3つのどら焼きがその御三家に当たるらしい。「うさぎや」のどら焼きは食べたことがあるけれど、他の二つは未食だ。という訳で、先日、浅草へ出かけたついでに御三家の一つ、「亀十」さんに立ち寄ってみることに。。。お店は観光客でごった返す「雷門」のトイメに位置している。... [続きを読む]
  • 80分後の至福。──「ペリカンカフェ」@蔵前
  • 「パンのペリカン」から数分の場所にあるのが、8月末に開店した「ペリカンカフェ」だ。すでにパンはゲットしたので、そのまま通過しても良かったのだけれど、「フルーツサンド」という看板の文字に吸い寄せられてしまった(汗)。待つべきか待たざるべきか、、、悩んだのだけれどミーハーな心も疼く(爆)。店内にあるウェイティングシートに名前を記入し、ひたすら順番を待つ。。。「浅草散策」の記... [続きを読む]
  • 74歳の風格。──「パンのペリカン」@浅草
  • 名前は知っていてもなかなか食べるチャンスに恵まれないお品がある。此方の「ペリカンのパン」もその一つ。。。今回「74歳のペリカンはパンを売る。」という映画作品のプロモーションを見かけ、「どうしても食べてみたい!」と思い、仕事ついでに予約した上での訪問購入を果たした。お店があるのは浅草のはずれの方。。。アクセスするには蔵前の方が近いかもしれない。浅草橋での仕事ついでに訪問したので... [続きを読む]