Mr.H さん プロフィール

  •  
Mr.Hさん: 勝利を呼び込む風になれ
ハンドル名Mr.H さん
ブログタイトル勝利を呼び込む風になれ
ブログURLhttp://seibu-lions.everymonth-traveler.com/
サイト紹介文埼玉西武ライオンズを応援するブログ はっきり言ってライオンズびいきです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/02/04 15:43

Mr.H さんのブログ記事

  • CSファイナルステージ第3戦 ライオンズ投壊で対戦成績はタイに
  • 2018年10月19日 CSファイナル第3戦ファイナルステージ第3戦は、1勝をリードしたライオンズの投手陣の崩壊で決着が付いた。ライオンズ投手陣は15点を失い、対戦成績は2勝2敗の五分となった。5回までに12点を失った試合であったが、先発の榎田は3回4失点、続く十亀が2回8失点であった。結果的に試合を壊したのは十亀であった。判定に泣かされた榎田序盤3回で4失点の榎田。3回に四球も絡み、先制の3ランホームランを喰らった。その後 [続きを読む]
  • CSファイナルステージ第2戦 猛打爆発で1戦目の借りを返す
  • 2018年10月18日 CSファイナル第2戦初戦を落として1勝1敗のタイとなった2戦目、ライオンズは今季16勝を挙げた多和田を先発に立てた。初回こそ三者凡退の立ち上がりであったが、先制点をもらった2回以降は苦しい投球となってしまった。2回に山川のエラーも絡んで3点を失うと、3回には3者連続四球を与えて満塁のピンチを招くと、ソフトバンク中村にライトオーバーのタイムリー2塁打を打たれてさらに2点を失った。フラフラだった多和 [続きを読む]
  • 長かった10年ぶりのパ・リーグ制覇
  • 2018年9月30日埼玉西武ライオンズが10年ぶりのリーグ制覇を決めた。試合には敗れたものの、2位ソフトバンクの敗戦によりライオンズの試合中8回裏に10年ぶりのリーグ制覇となった。試合後には辻監督は8回胴上げされ、続いて松井稼頭央も5回胴上げされた。長かった10年間ライオンズが優勝できないだけでなく、他チームの優勝、胴上げを目の前に見せつけられることばかりの苦しい10年間であった。Aクラスにも入れなかった時期も続いた [続きを読む]
  • 通算1000試合出場の浅村が猛打賞で猛打爆発の打線を牽引し11得点の大勝
  • 2018年5月6日 楽天戦GWの9連戦の最終戦。ライオンズ打線の猛打が爆発し、楽天を3タテして9連戦を終えた。3回に、秋山のソロホームランで先制すると、浅村の2ラン、栗山の3ランで一気に6点を奪った。続く4回には浅村のタイムリー、森の犠牲フライ、外崎のタイムリーで3点を追加し、序盤で完全に試合を決めた。投げては先発の榎田が6回を被安打4で無失点の好投で3勝目。伊藤、松本が無失点リレーでライオンズが完封勝利を収めた。浅 [続きを読む]
  • 先発全員の16安打10得点の猛攻で楽天に連勝!多和田は開幕6連勝
  • 2018年5月5日 楽天戦楽天に先勝して迎えた3連戦の2戦目。ライオンズの先発は3,4月の月間MVP(のはず)である5連勝中の多和田であった。ライオンズ打線が楽天先発則本を攻めて3回までに7点を奪い100球を投げさせて降板に追い込んだ。2回に3点、3回に4点と大量援護をもらった多和田であったが、点を取ってもらった直後に失点するマズいピッチング。2回に1点、3回に2点を失い、6回にピンチを背負ったところで降板となった。5回2/3を [続きを読む]
  • 榎田の好投で楽天を3タテし、西武ドームで開幕12連勝
  • 2018年4月30日 楽天戦4月最後の試合は、楽天との3連戦の3戦目。榎田が2度目の先発となった。ライオンズが1回に源田の3塁打から浅村の犠飛で簡単に先制するが、2回に榎田がウィーラーに2ランホームランを被弾し逆転を許す。しかし、3回に秋山のタイムリーで同点に追いつくと、4回には栗山の球団新記録となる309本目の2塁打で逆転に成功。さらに秋山のこの日2本目のタイムリーで追加点を奪い3点のリードを奪う。6回2/3を投げて2失点 [続きを読む]
  • 浅村の4安打で則本を粉砕し、9連戦の初戦を勝利で飾る
  • 2018年4月28日 楽天戦福岡で連勝が止められて戻ってきたホーム球場で迎えた9連戦の初戦の相手は楽天。菊池と則本のエース対決となった。菊池が初回にいきなり初球を打たれ出塁を許したが、2球目にバントで併殺を取り、無失点。一方、ライオンズは初回に初球を秋山が2塁打で出塁すると、源田の3塁打で先制。浅村のタイムリーヒットで2点を奪った。好対照な初回の攻撃であった。チャンスを付くながらも追加点を奪えなかったライオン [続きを読む]
  • 山川の2発7打点で鬼門ヤフオクドームで鷹を撃破
  • 2018年4月25日 ソフトバンク戦北九州での試合が雨で流れて福岡でソフトバンクとの2連戦。来日初先発でナイスピッチングをしたソフトバンク相手にカスティーヨが先発した。4試合連続9得点以上挙げたライオンズ打線がソフトバンクの先発バンデンハークを粉砕し、カスティーヨを援護した。3回には山川の満塁ホームランに続き、外崎の2ランホームラン。6回には、源田、浅村の連続タイムリーの後、山川のこの日2本目となるホームランは [続きを読む]
  • 全ての試合で9得点以上をあげた4連勝で本拠地で開幕から9連勝
  • 2018年4月22日 ロッテ戦先発は野上に代わって加入した高木勇人が初先発。打撃陣が援護したこともあり、中継ぎでは結果が出ていなかった高木ではあったが、初先発で結果を出した。打撃陣は初回に先頭秋山のヒット、盗塁で2球でチャンスを作ると、源田の打球を相手のタイムリーエラーで僅か5球で先制。続く浅村が連日のホームランで7球で3点を奪う、完璧な先制パンチであった。その後も攻撃の手を緩めず、5回までに11得点を挙げた。 [続きを読む]
  • 栗山の連日の殊勲打でロッテに連勝
  • 2018年4月21日 ロッテ戦先制点が奪えない試合が続くものの、終盤に逆転し勝利につなげるライオンズ。この試合でも、先制点は奪えなかった。先発多和田が4回表に3点を失ったが、直後の4回裏に満塁から外崎の犠飛で1点を返すと、続く栗山がライトスタンドへ放り込む3ランホームランで逆転。前日に続き、連日の殊勲打となった。ライオンズは攻撃の手を緩めず、5回には3点、7回には2点を奪い、終わってみれば3試合連続の9得点で勝利。 [続きを読む]
  • 外崎、外崎、外崎!
  • 2018年4月20日 ロッテ戦8点差をひっくり返す大逆転勝利から1日挟んでホームでロッテを迎えた3連戦。先発はエース菊池。エースが抑える内容を期待した試合だったが、終わってみれば、9-8の点の取り合い。その中でも、外崎の走攻守にわたる大活躍でチームの勝利に貢献した。外崎、外崎、外崎まずは、1点を返し2点ビハインドの6回の打席、3塁に浅村をおいて、甘いカーブを振りぬくと、打球はバックスクリーンに吸い込まれた。一時は [続きを読む]
  • 8点差をひっくり返す大逆転サヨナラ勝利
  • 2018年4月18日 日本ハム戦2連敗中のライオンズは、前回の当番で千葉の風に苦しめられたカスティーヨが先発。カスティーヨは6回1失点で試合を作ったものの、中継ぎ陣が打たれ試合を壊した。2番手武隈が2点目を許すと、3番手平井が被弾し5-0となった。さらに8回には中塚が制球に苦しみ、ダメ押しの3点を与え、8回表を終えた時点で8-0の敗色濃厚の試合であった。しかし、壊れた試合を打撃陣が修復した。抑えられていた日本ハム先発の [続きを読む]
  • ついに中村にバントのサイン
  • 2018年4月13日 楽天戦連敗を止めて仙台に乗り込んできたライオンズは菊池、一方の楽天は則本が先発し、エース対決となった。菊池が初回に先頭から3連打を浴びて3点を献上すると、2回にはライオンズ打線が則本を攻めて打者1巡で5点を奪い逆転に成功。その後、お互いに点を追加し、終わってみれば7-5でライオンズが勝利。連敗後に連勝を飾った。しかし、この試合は非常に見どころがない試合となってしまった。唯一の見どころは中村 [続きを読む]
  • 移籍後初先発の榎田が粘投し、ライオンズが連敗を止める
  • 2018年4月12日 ロッテ戦ライオンズ移籍後初先発となった榎田が粘投し、ライオンズの連敗を止めた。1回に外野のまずい守備により先制点を取られ、3回〜5回は先頭打者にヒットを許すなど、苦しいピッチングであったが2回以降は点を与えず6回まで投げて、被安打5、失点2の上々の内容であった。榎田を援護すべく、ライオンズ打線は2回に1点を返すと、4回には今季初スタメンの松井稼頭央のタイムリーで同点。さらに満塁から浅村の押し [続きを読む]
  • 何やってんだ!十亀、山川、金子!
  • 2018年4月10日 ロッテ戦ライオンズの開幕からの連勝が8で止まった。いつかは止まるものであり、負けたのは仕方がない。しかし、ヒドイ試合内容で連勝を止めてしまったのはいただけない。何やってんだ!十亀まずは十亀である。先制点をもらい、4回までパーフェクトピッチングの十亀が5回に崩れた。先頭にヒットを許したあと2アウトまでこぎつけたが、簡単なピッチャーゴロを1塁へ悪送球し、同点に追いつかれた。送球が下手くそな十 [続きを読む]
  • 富士大トリオの活躍でライオンズが開幕7連勝
  • 2018年4月7日 オリックス戦開幕から大型連勝に入ったライオンズは、多和田が2回目の先発。多和田が投げると、同じ富士大出身の山川、外崎が打つ。初回には山川のタイムリーで先制すると、4回には外崎のタイムリーで2点目を奪った。その4回には、ライオンズ得意の集中打で5得点のビックイニングを作り多和田を援護した。多和田は5回までノーヒットピッチングも、6回に初ヒットを打たれると1失点。さらに7回には本塁打でさらに1点を [続きを読む]
  • 守備でエース菊池を盛り上げライオンズが開幕6連勝
  • 2018年4月6日 オリックス戦開幕から5連勝中のライオンズは、開幕投手同士の先発となり、ライオンズは菊池が先発した。この日の菊池は制球がイマイチで、5回までに3与四球。先制点をもらった直後の5回には先頭打者に与えた四球から同点に追いつかれた。しかし、ライオンズ打線がすぐに勝ち越し。7回の守備では、外崎のスーパーファインプレーと、難しいダブルプレーを完成させるなど守備でも菊池を盛り上げた。結局菊池は、8回を投 [続きを読む]
  • 難敵ソフトバンクに勝利してライオンズが開幕4連勝
  • 2018年4月3日 ソフトバンク戦開幕3連勝で西武ドームに戻ってきたライオンズは難敵ソフトバンクとの2連戦。先発の十亀が1,2回に1点ずつを失う一方で、ソフトバンク先発東浜は4回までパーフェクトピッチング。苦しい展開だったが、好調の打線が5回に中村のタイムリーで1点を返すと、6回には、浅村の同点打から、山川、外崎の2ランで5点を挙げて試合をひっくり返した。9回に移籍後初登板の高木が打たれて2点を失ったものの、ライオ [続きを読む]
  • 投打がかみ合いライオンズが日本ハムを3タテ
  • 2018年4月1日 日本ハム戦投打がかみ合いライオンズが勝利し、開幕3連勝を飾った。5回に金子侑の今季初ヒットで先制すると、源田、浅村にもタイムリーヒットが飛び出し3点を先制。ウルフが6回を投げ、被安打こそ多かったが無失点で抑えた。リリーフ陣は連投の武隈と平井が登板。平井が被弾し1点こそ失ったものの、増田までつなぎ、4投手で1失点リレー。投打がかみ合ったライオンズが開幕シリーズを3連勝で終えた。まだヒット一本な [続きを読む]
  • 山川のダメ押し3ランホームランで開幕2連勝を呼び込む
  • 2018年3月31日 日本ハム戦開幕シリーズの第2戦、連勝を狙うライオンズは多和田が先発。試合が動いたのは中盤。5回に秋山の犠飛で先制すると、6回には浅村の今季第1号で追加点。さらに7回には秋山・源田のコンビで1点を追加した。多和田は6回を無失点で投げ終え、3点を守り切りたいライオンズであったが、リリーフした高橋朋が7回につかまり2失点。1点差に追いつかれた直後の9回には、秋山のタイムリー2塁打で突き放すと、山川がダ [続きを読む]
  • CSファーストステージ敗退で2017シーズンの終焉
  • CSファーストステージは1勝2敗菊池の完封劇で始まったCSファーストステージであったが、その後連敗を喫してライオンズは福岡に向かうことなく敗退してしまった。せめて福岡までたどり着いてほしかったが、日本シリーズ出場の夢は来年以降に持ち越しとなった。短期決戦の戦い楽天梨田監督は、シーズン中の戦いと違い、積極的にバントを使ってきた。一方のライオンズ辻監督は、シーズン中と変わらず戦うだけと言い、シーズン中と同様 [続きを読む]