tadox34 さん プロフィール

  •  
tadox34さん: tadox34
ハンドル名tadox34 さん
ブログタイトルtadox34
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tado0831
サイト紹介文森の案内人:森林インストラクター田所清のブログです。自然観察日記を書いてブログ歴10年目です。
自由文森閑とした空気に包まれる森の中は神秘の宝庫。そこに息づく植物や虫・きのこなどを観ながら造形の不思議を想い自然の奥深さに感嘆しています。そして、それを感ずる自分がうれしい。だから伝えたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1146回 / 365日(平均22.0回/週) - 参加 2016/02/04 17:54

tadox34 さんのブログ記事

  • ホソバコゴメグサ
  • コゴメグサの仲間はいくつかありますが、花や葉が小さく紛らわしいのでついつい敬遠してしまいます。平標を含め谷川岳から三国山の山塊に生育しているのはホソバコゴメグサとされていますからこれに従います。 [続きを読む]
  • ホソバコゴメグサの花と葉 
  • 1年草。花は上唇と下唇に分かれ、それぞれが2烈、3裂しています。下唇はベロを出しているような形。真ん中に黄色い斑紋があります。今はハマウツボ科に分類されている半寄生植物です。葉はあまりきれこまず他種に比べほっそりとしています。 [続きを読む]
  • ハクサンフウロ
  • 亜高山から高山帯に生育するいわゆる高山植物の代表的な花の一つ。ハクサンフウロを見ると高い山に来たと実感します。お花畑に点在して咲いているのですが、なんとなく寂しい状態。もっとかたまって沢山咲いていてほしいのですが平標山では少数派のようです。 [続きを読む]
  • キンコウカ
  • 斜面は変わりますが、傾斜の幾分緩い場所はより湿原に近い状態になっているようでキンコウカがたくさん見られました。少しピークを越したとはいえ花の季節で多くの花を見せてくれていました。今まではユリ科として扱ってきましたが、今ではキンコウカ科として独立しました。まだ、新分類にはあまり馴染んでいませんから古い考え方がいまだに出てきます。有毒植物です。 [続きを読む]
  • コシジシモツケ
  • 平標山の松出山ルートの主役はコシジシモツケかもしれません。小さいながらもたくさんの花を集めてあでやかな色彩で迎えてくれました。里山にもたくさんある種ですが高山で見るとまた趣が違います。低山では強い光は苦手で林の縁の湿った場所に好んで生育しています。ここでは日差しが注ぐ草原の主役になって広範囲に生育していました。 [続きを読む]
  • コシジシモツケの葉
  • 近縁種にシモツケソウがあります。新潟県にはないことになっていますが、その区別は一般には葉の測小葉の多さで見るのですが、この株はなぜか測小葉が多数ありしっかりしています。コシジシモツケにはこういうタイプもあるということです。托葉の様子などでコシジシモツケになります。 [続きを読む]
  • オタカラコウ
  • キオンと同じような黄色い花を咲かせている背の高い草本が草原の一角に出ている場所がありました。オタカラコウです。数は見える範囲では多く無くちょっとしたアクセントを添えています。どちらかと言えば湿った場所を好む種です。水気の好きなコシジシモツケも多数ありますから、このお花畑は雪消えが遅く湿潤な状態が長く続くのでしょうか。 [続きを読む]
  • オタカラコウの花
  • 栂池や尾瀬の湿原周りで大きな群落を見てきました。平標山ではこのお花畑以外では気づきませんでした。ササ原が広い面積を占めている場所で、湿原もあるのですがキンコウカやワタスゲなどが見られる程度ですからあまり土壌が発達していない所なのかという印象です。 [続きを読む]
  • キオン
  • 山頂のつながる尾根筋の一角の南西斜面にこのルートでは最大の草付きがあります。いわゆるお花畑になり短い夏の間次々にいろいろな花が咲いては散っていきます。私が登った初回はキオンが目立ちました。かなり豪壮な感じのするキオンでジョウシュウキオンという名前も付けられているのだそうです。気温は里山から高山帯まで広く分布する種として知られていますが、各地の個体はかなり個性があるようです。平標山の高山帯に生育して [続きを読む]
  • キオンの花
  • 決して大きな群落を作っているというものではありませんが、笹原に数株ずつ突き出ていて花を咲かせているという光景です。延々と続くササ原ですからところどころキオンの黄色い花の塊が適度なアクセントになっています。里山で見るようなほっそりとした感じではなく幹の太いずんぐりした感じで花を沢山咲かせていました。 [続きを読む]
  • ササ原に生育するキオン
  • 低山に生育するキオンはだいたい大きな群落を作ります。しかし、この平標山のキオンはこのような弧生に近い生育状況です。「ジョウシュウキオン」という種の特性なのかもしれません。霧の中にポツンポツンと浮かぶさまはちょっと幻想的です。 [続きを読む]