彩沙 さん プロフィール

  •  
彩沙さん: 今だからこその話
ハンドル名彩沙 さん
ブログタイトル今だからこその話
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ayasa29
サイト紹介文どんな出来事にも幸せな意味がある
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/02/04 22:23

彩沙 さんのブログ記事

  • 楽しめない
  • 全然、楽しいとおもえなくなったいつも何かを気にして心から笑うこともなくて楽しめることもなくてつらいななんでこんなつまんなくなっちゃったんだろう意欲もない、気力もない無理する気持ちもないなんにもない消えたいけど消えると、絶対に後悔することになるからだけど何もできない、したくない楽しくならないなんにもできないなんにもやりたくない病は気からの、その、気が何もなくなったどうしようこんな毎日、絶対いやなのに [続きを読む]
  • 自分のことだけでいい
  • 自分のことだけ考えて誰にも何も言われず偉そうにされることなくご機嫌で生きていたいと思ったらそれはいけないことでしょうか家族のために、本当はやりたくないことを一生やり続ける日々でそれは善でしょうか本当はいやなのに無理して生きることはつまらない偉そうにするやつは消えてしまえ悪人になっていいし自分が楽しく生きれないなら今すぐ要らないし偽善なんか何の徳もないこんななんだからいいじゃないか [続きを読む]
  • 爪がはがれかけた
  • 朝からエアコンをつけっぱなしつけながら、テレビもつけながら気になる個所に掃除機をかけて窓を開ける10時には外が海に来たような気温掃除機のあとに少しして窓を閉めて今度は、ぼんやりとしながら気になったのでたまった雑誌を処分するためにまとめることを始めた涼しい部屋で次々と雑誌のかたまりをつくり12時が過ぎた日付指定の荷物が届いたので郵便を出しに外に出て用を済ませて15分で帰宅コンビニで食べたいものを買っ [続きを読む]
  • 毎日が充実する予感
  • 息子の次のステージが東京になり私もぼーっとしてる場合じゃないって感じになりましたこれまでは何にも誰にも役に立てず毎日進んで何かを楽しむことができず上手に生きることも苦手でずっと頭がぼーっとしてなんのために生きてるんだろうもう夜かって日々目的、目標、夢それも他人事で、人としてどうもやってらんらんない自分自分を嫌いになりたくない何かわからないけど脱出したい同世代の主婦が仕事をしていることが羨ましくて妬 [続きを読む]
  • 味方は自分だけ
  • 愛情だと思っていたものは形を変えて続いていく家族になればそれなりに環境が変わればそれなりに形を変えて続いていく女性は、愛情がどうこうとかそういう単純なものではなくて熟年離婚を望むそれまでの積年の思い誰にも理解してもらおうなんて思わない味方なんかいない環境で何十年も人生を半分は自分を後回しに戦ってきたようなものだ姓が変わり名前が消えていくような環境が続いてやっと自分の人生を送れる時が来た時はもう若く [続きを読む]
  • 思い切り自分勝手で生きる
  • 面倒なことも要らないしつまらない日々も要らないし我慢することも要らないひとりならば気にすることもないことが家庭にいると多すぎていい加減疲れた他人だから関係ない扱いをされてきて嫁だと言うだけでそこにただいる必要はあるのか?都合いいと「家族」「娘」あとは他人だからいないと同じ扱いもううんざりだね息子の名前の保険の解約返戻金が振り込まれたお知らせのはがきを私に渡されてもねえあんたにも50万くらいの返戻金 [続きを読む]
  • どうでもいいこと
  • 心配事とか気になることとか考える時間がもったいない節約の「もったいない」が大嫌いだけど無駄な時間が「もったいない」この先にどうなるのかをネガティブなことのみ心配して将来に備えて倹約、節約お金使わないで貯金するべし!ってお金出さないようにもったいないから安い方もったいないから買わないもったいないからやらないもったいないから。。。ってさ、何がもったいないんだろうお金がもったいないってどういう意味?買え [続きを読む]
  • 自分の幸せのために
  • 次の人生があるなら生まれ変わったら。。こうしたい。ああしたい。そんなんどうでもいいからこうしたいことあるなら今やろう生きてる今こうしたい、ああしたい思ってる今の私で、そう生きよう次の人生なんか待ってらんない結婚生活に、我慢とかすることが多くてつまんないなぁ私の人生なんだったんだろうって思うならその、我慢することを減らそうやりたくないことはやらない無理して嫌な思いすることなんかない奴隷じゃないんだ家 [続きを読む]
  • アラさがしの達人
  • 葬儀があったゴールデンウィークすぐに家を空けることもできなかったので私は、夕方にやっと東京駅に向かったがGWの新幹線乗車率200パーセントの事情を初めて体験した通勤電車に並ぶのと同じように新幹線の自由席は、2番目に出る列車にも大行列指定席がその日はもうなくなり並び方すらわからない中で自由席を求めてホームで身動きもできなかった行きたい駅には停車しない列車もあるし、乗り切れない列車もあるその当日はとう [続きを読む]
  • 給仕とかしたくないから
  • お給仕とは食事時にそばに控えて飲食物をテーブルに出すなど世話をすること広くは、食事に限らず雑用を任されること食事を準備してる自分片づけをしてる自分ひとりキッチンに立っていてその横で、ずっと座っている人影当たり前の風景なのだろうがだんだん、だんだん、お給仕か!そういえば配偶者の実家では、この給仕の意味のままだった女性は、男性の世話をして、一緒に座って食事をしていなかったなんじゃこれ、って思ったものだ [続きを読む]
  • いい1年だったありがとう
  • お正月はあまり楽しいと思わない時期だ1年の抱負とか目標とかそんなものどうでもよくなるくらいただ疲れるだけの日々だなんで私は誰も何もやってもらえないのにたまに何か小さなことをしてもらうとそれに感謝しなきゃなんないの私のしてることは感謝されることなくて私は感謝しなきゃいけないのそういう人生なら、いらないから今すぐ消えてもらっていいですそういうつまらない人生は今消えたとしたらどんなに楽しいだろうこのつま [続きを読む]
  • いい1年になると決めたからそうなる
  • 正月と言っても何も変わらずと言うか用事が増えて疲れるだけの休みの日々なだけ本当は洗濯も掃除もやりたいがほぼ寝正月の配偶者を横目にひとり家事をしていることのばかばかしさ私はあんたの親じゃないしゴミが出ても、テーブルに置いておけば自動的に片付くと思ってるからなんで、私が?とイライラするから掃除も洗濯も片付けもしない置いたままのゴミをテーブルの真ん中に置いてやったり座る場所に積み重ねたりもういい加減親と [続きを読む]
  • 料理をすることが苦痛になってきた
  • 料理はもともと得意でも好きでもない家事をすることが当たり前の常識の中で生きてずっとそれをやってきていたが特に楽しいと思ったこともなかった子供が独立してからは料理することも減り自分ひとりでいるときは家事をすることにそれほど抵抗はないのに配偶者が休みだったり在宅だと自分ひとりが朝から家事をしていることがものすごく不愉快に思えてくる配偶者はただ座ってるだけだ汚れても掃除しなくていいしゴミが出ても置いたま [続きを読む]
  • 振り返ることは不要なこと
  • 信頼できる人人と関わると面倒なことになった時に相手の本性が見えるものだだから関わらない何かを知りたい時中途半端な知識ではなく専門知識が豊富な信頼できる相手を見つけて課題......>続きを読む1年前はもう存在していない1年間分、学んできたことはムダじゃないからしっかり進んでいる上手く行ってるこれまでも、これからも今日も良い日でしたありがとう [続きを読む]
  • 距離に比例する気持ち
  • 3年くらい続いていた交際が終了したらしい息子から、軽く報告があった遠距離になってからいろいろとあったようで離れたことで彼女はかなりの不安を抱えてしかも、結婚願望も強かったから離れて半年して一緒に住むつもりで仕事も辞めたようなことを聞いた一緒に住みたいという気持ちは好きだから、離れてるから不安それだけに尽きるんだろうが「支えたい」とか「困った時にそばで助けたい」って話で同棲する理由をきれいに語ってい [続きを読む]
  • 今日も何もなかった?
  • なんもないと言うことなどあり得ないけど何を持って「何もなかった」と言うのだろう何に対して「今日も充実した」と思うのだろう「今日も何もしなかったな」が口癖になっているあえて言うほどのことをしてないというそういう感覚で「何もない」と決めてるのだろうか何もしてないわけない朝から出かけて支払うお金を準備できたついでにドトールに寄れたカラオケに誘ってくる宅配のおじさんが誘うことを諦めた風で安心したりしたお昼 [続きを読む]
  • このまま人生を終わらせるわけにいかない
  • 人生のあらゆる場面で選択してきたのは自分自身なのだ後悔してももう過去は存在していない誰かを恨みたくもなる思う通りに行かないからと自分は悪くないんだと言い聞かせていないとこんな自分は、すでに要らない存在だと自分を責めてばかりになるあの時こうしていればという「たられば」は、意味がないことなのだ選んだのは自分とは言えやっぱり、すべてが自分の責任って思うのはあまりに辛い時もあるあの時、おとなしく聞いている [続きを読む]
  • 面白いように、思うとおりになる
  • 今朝から落ち着かなくて出かける用事があるから待っているとなかなか来ないクリクラのお水いつもは何時に来ようと気にしてないだから遅いわけではないのに勝手に待って、勝手に遅いと思って少しずつ不機嫌になっていくやっと、お水が来て出かける歩きやすい靴だったので軽やかに歩いてまずはゆうちょで引き落としの金額を入金それから歩いて5分ほどの銀行にまたしても引き落としのために息子の通帳に入金、ちょっと悩みながら多目 [続きを読む]
  • あの時の選択
  • 遠い昔のことだが気が付けば6年付き合っていた相手のことふと、思い出していた社長の息子だったのでその会社名で検索してみたら2年前に代表取締役になっていた同じ中学の同級生だった彼とは自分の気持ちは不明なまま6年間付き合っていたが長いともなんとも思わなかったきっとそんなに好きではなかった今にして思えばの話なぜ別れたのかと言えば結婚のタイミングが合わなかったからそれがきっかけだった大学生だった彼と高卒で就職 [続きを読む]
  • なぜ、ここにいるのだろうと思っていまった時
  • 料理は好きでもないし得意でもない掃除も、洗濯も家事全般は、メンドクサイだけど、主婦の仕事、というか家にいようがいまいが主婦と思われる自分がやってきたずっと、当たり前にやってきたそれまでは、好きか嫌いかとか面倒とか、苦手とか何も考えることなくこなしてきたその状態が、死ぬまで続けばよかったのにある日、止まってしまったなんのために生きてるんだろうと掃除するってことに疑問を持ったトイレの掃除が一番、謎に思 [続きを読む]
  • ダメ主婦の取り残され感
  • 何のために生きてるんだろう生きてる意味あるのかな気が付いたらなんか自分って取り残されてる気がする夢中で子育てして仕事したり家事も普通にこなしたり当たり前のこととして毎日、自分のことを後回しにして家族のことずっと、やってきた子供も独立親が面倒みることもなくなり自分も自分のために時間を使えるずっと誰かのために生きてきて誰かに何かしてもらうこともなくそれが当たり前だったから全部、自分で探して自分で見つけ [続きを読む]
  • 消えたくなることもあるさ
  • 私はいつも付け足しだ何をするにも家族が優先家族が動きやすいように自分はその助けをしていつでも自分は後回しで何かしようとするなら自分で全部やることになる誰が私を最優先して考えているのだろう黙っていると誰の気にも止まらない黙っていても身の回りのことをやっている私はそれが当たり前になって気づいたらそれだけで、自分のことをする時間が後回しで誰一人気づかず、言わなきゃわかんないでしょくらいなことを逆に言われ [続きを読む]
  • 何もしてないわけではないが
  • 本当に何にもしていないわけではない何もしていないと思うのは変化が感じられないから当たり前すぎる時間を過ごしているからだから、何もないということになってるこれを当たり前にいつものように淡々と過ごすところをひとつひとつ、楽しむことってできるのかな家事をすることが好きではないだけど、当たり前のように、好き好んではないが淡々とかたづけているその家事を、いちいち楽しむにはどんなふうにすればいいかなぁ早く済ま [続きを読む]
  • 主婦だからと言って家事は好きではない
  • 25年以上、家事をしていること疑問に思うようになってきたのはどうしてでしょうかそれが悪いことのように言われるのは世の常かもしれませんがそれは、何かと比べる必要がないことなので気にすることではありませんなぜ、疑問なのでしょうか家事をすることが当たり前でありそういうものだと自然に受け入れてやってきていたから苦と感じる要素もなかったわけですね月日が経ち、年齢も上がり状況、環境、状態、どんどん変化していく [続きを読む]
  • 宇和島の美しい海に感動したこと
  • 宇和島に初めて行ったのは能面父の実家があり挨拶も兼ての帰省だった能面両親と私と夫気まずい4人1台の軽バンに乗りフェリーで四国に渡った本心は、こんな窮屈な旅行いやで仕方なかった狭いし、遠いし、気まずいし一番くつろげたのはフェリーの中だけだった私はただ、後をついて行くしかできないし景色のことで話しかけても会話ははずむことはなかった印象的だったのは宇和島の海真珠を育てる海だから瀬戸内海の穏やかで優しい水 [続きを読む]