Tetsu0116 さん プロフィール

  •  
Tetsu0116さん: 水彩画 from いわて
ハンドル名Tetsu0116 さん
ブログタイトル水彩画 from いわて
ブログURLhttp://suisaigafromiwate.blog.jp/
サイト紹介文水彩画ブログ。東北各地、主に岩手県内の自然や風景を題材とした自作の水彩画を日々アップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/02/04 23:17

Tetsu0116 さんのブログ記事

  • 早瀬の秋 (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  紅葉の釜津田渓流、車を置いて笹を掻き分け川ぞいを取材。鈴と線香をぶら下げ熊さんを警戒しながら進みます。苔むした老木を発見、まだ健在、斜めにせり出しながら枝先に黄色の葉をつけています。難しいアングルですが流れを入れ作品にしました。F4ウオーターフォード中目、絵の具はクサカベです。 [続きを読む]
  • 二又の稔り (久慈市・二又・岩手県)
  •  平庭高原から久慈市・山根に抜けました。以前逆方向に向かったことがありますが今回は下りになります。台風10号の影響でしょう、渓流には倒木、印象が変わりました。 途中見つけた景色、はせがけをしているご婦人がいたので目的を告げ写真を撮らせてもらいました。二又という地名、初めて知りました。その時点では作品にするか決まっていないのでお名前も伺いませんでした、また立ち寄る機会があると思います。 『はせ』は県北 [続きを読む]
  • 秋の山路 (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  時折雪が降ります、日中は解けるのですが朝の道路は部分的に凍結しています。 秋景色を描き続けています。舞台は櫃取、渓流中心の取材でしたが山道もターゲット、この日のベストアングルです。ガードレールが見えていたのですが外しました。緑が入ると紅葉がより際立つ気がします。F6のラングトン、絵の具はクサカベ、作品は町内の中松屋さん(栗菓子で有名)でご覧いただけます。 [続きを読む]
  • 秋色の塔 (盛岡市・玉山区・岩手県)
  •  画材屋の秋セール、F8の額を衝動買い。実はこのサイズは正方形に近く、風景には不向き、どうしたものかと後から考えてしまいました。 盛岡までの国道455号線沿い、ある時期山葡萄を中心とした赤い蔦が映える時期があります、その中から作品にしました、額の黒い太枠に負けないようにとインパクト重視で作画、果たしてどうだったのでしょうか。サイズに合う画題が見つかれば再挑戦のつもりです。F8のクレスター、絵の具はクサカ [続きを読む]
  • いつもの秋 (岩泉町・一ツ苗代・岩手県)
  •  国道340号線の両側に田んぼが広がり国道と並行し小本川が流れています。台風10号で川が氾濫、低い北側に土砂が流入し大きな被害をもたらしました。復旧まで数年かかるだろうと言われていましたが、重機を導入、表土の入れ替えが進み、いつもの光景を見ることができました。まだ着手できない田畑が多く存在します、理由は様々ですが出来るだけ早く元の暮らしに戻れることを願っています。 この場所は数年前にも描きました、赤い [続きを読む]
  • 秋めく湖畔 (盛岡市・岩洞湖・岩手県)
  •  岩洞湖沿いの国道455号線、色づき始める時期もっとも赤色が目立つ場所です。毎年通るたびに気になっていたのですが車を停めアングルを探しました。強烈な赤色に怯みそうになりながらなんとか仕上げました。緑と朱系(赤系)は噛み合いづらいと思っていますが、黄色系でなじませるようにしています。久々のF4ワトソン、絵の具はクサカベです。 [続きを読む]
  • 岩洞のナナカマド (盛岡市・玉山区・岩手県)
  •  ここ二日の強風と雨で山々の様子も変わりました。岩洞湖に沿って国道455号線が走っています、駐車場が沢山ありますが冬季はワカサギ釣りの車でいっぱいになります。そこで見つけたナナカマド、他との違いはといえば・・・わかりません。 目線があったので描いて見ました。SMの小さい画面ですが、全体バランスと表情に注意しながら色を置きました、ストラスモアとクサカベ。初雪の便りも聞かれたりしますが本格的な雪景色までは [続きを読む]
  • 初秋 (奥入瀬渓流・青森県)
  •  9月の奥入瀬、小坂町から入りました。この日の最終目的は夏泊半島一周、途中に十和田、奥入瀬、八甲田というわけです。結構人は出ていました、半数は登山服姿で上流へ徒歩散策、私は車で下りポイントで取材、後の目的地まで遠いので効率よく進めるのです。 紅葉にはまだ早く、部分的に色づき始めた程度、それでもこの時期に訪れたのは初めてで新鮮な気がしました。奥の水面の色と流木にこだわり色を置いたのですが、描き込み過 [続きを読む]
  • 刈り入れの頃 (岩手町・川口・岩手県)
  •  国道4号線沿い川口駅の近くです、気になっていた場所、かなり広大でこの規模だと圃場が整備されているんですがここは曲線、あぜ道が蛇行しているのです。散策しながら構図を探したのですがこの時期はわかりづらいのです。田植え時期がいいのかもしれません。左奥に岩手山があるのですが外しました、今回の主役は水路です。 M4のアバロン、絵の具はクサカベ、このサイズの額は市販されておらず特注になります。高額なのでこのま [続きを読む]
  • 追憶 (盛岡市・玉山区・岩手県)
  •  国道455号線、岩洞湖の近く道路脇に茅葺の家があります、気にはなっていたのですがこれまで立ち寄ることはありませんでした。紅葉取材のおり車を停めました。屋根の半分は落ちています、まだ残っている部分と庭で構図をとりました。奥の方の別棟に住んでおられるようでしたが不在の様子、後で伺ってみようと思っています。 家の周辺は綺麗に片付けられ、幼い頃の自宅周辺と同じ懐かしい空気が漂っていました。F4ストラスモア、 [続きを読む]
  • 仮設橋のある風景 (岩泉町・二升石・岩手県)
  •  去年の台風10号は町内各地に大きな被害をもたらしました。道路も各地で寸断され、ここ二升石でも川沿いの国道455号線が大きく崩落しました。下側に仮設の道路が作られましたが交互通行で不便を強いられていました。二箇所に仮設橋が作られ川向いを通る道が一週間ほど前に開通しました。その上流部、工事中の景観です。これから本格的な復旧工事が始まります。 仮設道路は田んぼの真ん中を通ります、家屋もなくそれはそれで独特 [続きを読む]
  • 峠の窓 (岩泉町・早坂高原・岩手県)
  •  9月の早坂高原、色づきは一部です。国道455号線沿いの秋景色取材の帰り旧道に入りてっぺんまで。岩泉側に少し下った場所、東側の山々が遠くに見えます。 景勝地の宿で窓からの景色が絵画のようだと言われたりしますがそんな感じ、この時期ならではの瞬間を切り取りました。この秋何度か紅葉取材をしましたが今度の台風で大部分が落葉するのでしょう。F6ストラスモア、クサカベ。 [続きを読む]
  • ススキの高原 (青森県・田代平)
  •  奥入瀬渓流から夏泊半島へ向う途中気になっていた場所に立ち寄ることにしました。田代平高原と湿原です。八甲田山の裾野、起伏のある道ですが車も少なく気兼ねなく取材ができました。道路を挟んだ八甲田の反対側、ススキで遮られる感じですが隙間を見つけました。 少し下った所に湿原の看板、細い道に侵入、入り口に温泉宿と雪中行軍の碑がありました。湿原に踏み込んだのですが一面の草原、絵は断念しました。実は入り口にとん [続きを読む]
  • 山葡萄 (盛岡市・玉山区・岩手県)
  •  紅葉のスタート、しばらく前ですが国道455号線沿いの山葡萄を取材、早坂高原から外山までのコース。その中から選んで描いたのですがなんとなくつまらん。左上の葡萄、バックの空と白樺の枝、インディゴとコバルトブルーを使い塗りつぶしてしまいました。たまにはこんなことをしてもいいのかなと思っています。玉山区の葡萄と言えるかどうか・・・。 F4のストラスモア、絵の具はシュミンケ赤系は強烈です。 [続きを読む]
  • 発荷峠から (十和田湖・秋田県・青森県)
  •  秋田県小坂町から十和田湖に入りました。発荷峠展望台からの眺め、定番風景ですが少し色づいた木を入れました。手前が秋田県、真ん中が青森県、遠方は県境が入り組んでいます。 観光バスが一台、台湾あたりからのお客様でしょうか言葉がわかりません。バスは久慈市のヒカリバス、どういうルートだったのでしょうか、分からずじまいです。F4ウオーターフォード、クサカベ。 [続きを読む]
  • 口焚きの日 (岩泉町・国境・岩手県)
  •  葛巻町につながる国道340号線、国境地区の道路沿いで炭焼きが行われています。この場所は三作目、ちょうど火入れに遭遇しました、初めてです。炭を焼いている方はすでに80歳を超えている様子、後継者もいないと聞きました、それでも新しい運搬機があり、まだまだ続けるのだという気概を感じました。 F10ストラスモア、クサカベ。去年の町民文化展は台風の影響で子供達だけの作品展示になりましたが今年は一般も復活させるとのこ [続きを読む]
  • 磯波 (久慈市・小袖海岸・岩手県)
  •  久々の小袖海岸です。水彩画を初めて数年、少し自信もつき、倅の助けを借り2013年ブログを開設、最初にアップしたのが小袖の景色です、震災前の作品でした(その後は新作を紹介しています)。 しばらく前に野田村から入ったのですがその時は工事中で海岸には出られず、やむなく山道を久慈市内に抜けました。今回は久々、途中の風景は一変しましたが、海岸線、岩場の景色はそのままの印象、漁港には防波堤が作られていました、目 [続きを読む]
  • 山粧う (岩泉町・坂本・岩手県)
  •  紅葉情報もちらほらと聞こえてきます。先日長距離取材を決行、小坂インターから十和田湖に入り、奥入瀬から八甲田周辺を巡り青森市に抜けました、夏泊半島を一周、三沢から九戸村経由で帰宅、紅葉はまだでしたが新たな景色も発見、一日で478キロ走りました。 数日後国道455号沿いの色づいたぶどうの葉を中心に早坂高原から外山湖まで取材、しばらくは持ちそうです。 以前取材した安家・坂本の紅葉、SMサイズに描いてみました、 [続きを読む]
  • 朝顔 (岩泉町・門・岩手県)
  •  台風10号で被災した川沿いの家屋が次々と解体されています。自宅付近では10件ぐらいになるのでしょうか、空き地が広がっています。旧国道沿いの二軒のお宅、被害はなかったものの空き家になっています。その間にフェンスがあります、どなたかがタネを置いたのでしょう、自生したとは思われない朝顔が、本当はいけないのかもしれませんが和ませてくれます。花の季節は終わりましたが、来年も咲いてくれると思います。護岸修復工事 [続きを読む]
  • 初秋の牧野 (葛巻町・上外川・岩手県)
  •  早坂高原から葛巻町に抜けました、風車地帯から進んだところ牧草地だと思います。すでに最後の刈り取りは終わったのでしょう、少し秋色が見え、放牧地にも牛の姿はありませんでした。 遠景の連なりを重視し描き進めました、よろしければ下のランキングボタンで応援願います。F4ストラスモア、クサカベ。 [続きを読む]
  • 春季抄 (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  県展洋画部門出品作、F50私にとっては大作です。賞は逃しましたが思いは描いたのでそれはそれ、後日県民会館に展示されます。 台風被害のあと今年の春から残った渓流風景を探して描き続けてきました、何点か大作用の画題として残してきましたがその中から選び作品にしました。実景の空気を感じ、希望を持ってもらえればとの思いを込めました。 用紙はワトソン、絵の具はクサカベです。昨日は地区の祭り、無事に終え早く就寝し [続きを読む]
  • 北の漁港 (田野畑村・島越・岩手県)
  •  早坂高原から葛巻町に抜け平庭高原経由で久慈渓流に、渓流沿いは工事看板だらけで取材できる状況ではありませんでした。普代の黒崎から浜道路、島越漁港が最終地点、少し疲れました。 なぜかペンで下絵を描こうと思い・・・水彩画のスタート時は事務用の耐水ペンを使っていました。しっかりした構想がないまま進めた結果がこれです、進歩がないと反省しています。画材屋で見つけ買っておいたサイズ違いの耐水ペン5本セット、使 [続きを読む]
  • 県展(岩手芸術祭)の季節
  •  岩手芸術祭美術展の応募要項を気にしながら相変わらずギリギリで重い腰を(本当に重い、少し腰痛気味)、画面に滴り落ちる汗に肝を冷やしながらの制作になりました。前回は田老の海でしたが今年は渓流に戻りました、台風の後に残った釜津田の景色、F50。去年は台風10号の二日前に搬入手配、ギリギリでした。審査は10日に予定されています、完成作品はその後にアップします、途中経過の紹介、早春の空気感を出したいと考えていま [続きを読む]