Tetsu0116 さん プロフィール

  •  
Tetsu0116さん: 水彩画 from いわて
ハンドル名Tetsu0116 さん
ブログタイトル水彩画 from いわて
ブログURLhttp://suisaigafromiwate.blog.jp/
サイト紹介文水彩画ブログ。東北各地、主に岩手県内の自然や風景を題材とした自作の水彩画を日々アップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/02/04 23:17

Tetsu0116 さんのブログ記事

  • 冬林の笹 (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  まだ雪の少ない時期に釜津田・櫃取まで、奥の方(松草線・盛岡に抜ける道)は冬期閉鎖です。道端の景色を切り取りました、この後三度ほど降雪があり自宅周辺の雪かきに汗を流すことになりましたからこの辺りは深い雪に埋もれているのだと思います。 昨日は宮古市・茂市のギャラリーヒロに立ち寄りました。21人の作家が各自一点、個性が光る作品展になっていました、以前アップした「波紋」を出しています。 そろそろ春が待ち遠 [続きを読む]
  • 湖畔 (青森県・十和田湖)
  •  季節は戻ります。秋に十和田湖から陸奥湾へ、秋田側の発荷峠からの眺望作品は10月にアップしましたが第二弾(作品は完成していたのですがタイミングを逸しました)。 地図を調べたら中山半島の根元付近、建物が多くあり、散策路として整備されているのでしょう、綺麗に整備された中でナナカマドが赤い実をつけていました。F4アバロン、クサカベ。 [続きを読む]
  • 槌音の中で (宮古市・田老・岩手県)
  •  久々の海、12月べた凪の田老港です。高台には公営住宅、かさ上げ地には店舗、港の近くは道の駅中心に整備が進み、訪れる人も増えているように感じます。復興のスタートは漁業関連施設でした、南側は今も工事が続いています。 北側の岸壁、ほとんど波のない冬の日の光景を切り取りました。海面のグラデーションと写り込みがポイントになります。P6サイズのラングトン、絵の具はクサカベ.です [続きを読む]
  • 峠道 (盛岡市・外山峠・岩手県)
  •  国道455号線外山峠、てっぺんから盛岡中心部に向かう道、去年部分的に伐採され新しい景色が出現。岩手山がひょっこり顔を出しました、大きなカーブと道路脇の笹を入れた構図。雪景色の中に時折笹の葉を入れますが多すぎました、この部分だけで制作時間の半分、少し減らすべきでした、未熟です。 先日地元小学校にゲストティーチャーとして招かれた時に新作を数点持参し職員室で紹介、用務員さんはこの作品が好きと言っていまし [続きを読む]
  • 波紋 (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  3日夜半から丸一日降雪があり40センチほど積もりました。当日盛岡の画材屋で教室を開くことになっていたので朝雪かきをして出発、日中は家の者が、帰宅してまた1時間ほどと慌ただしい一日でした。 翌日は晴天、気温も上がりだいぶ融けました。これぐらい降られると除雪疲れで雪景色取材どこではないのです。 まだ雪のなかった12月釜津田へ、前日うっすりと降った様子、時折雲間から青空が見えます。枝から雪が落ち結氷前の川面 [続きを読む]
  • 小寒 (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  12月、自宅周辺には雪がなく釜津田の奥で取材、雪が枝についていますがあまり垂れてもいません、ちょうど良い感じ、不自然にならないよう重なりに注意しながら描きました。枝の雪はマスキング処理、影がポイントになります。この時期を過ぎるとこの場所は全面氷結、写り込みも無くなります。F6のファブリアーノとクサカベ。 豪雪はないのですがその分寒さがきつく朝の気温は氷点下10度前後が続いています。春のドカ雪警戒です。 [続きを読む]
  • 日差しのある雪景色 (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  釜津田・櫃取の12月。雪を求めて行きました。気温はそれほどでなく道路は軽い圧雪状態、前日少し降った様子。渓流中心に画題を探しました、これから寒さもきつくなり一面白い世界に、川も凍ってしまいます、雪の少ないこの時期は狙い目です。 車で奥まで、帰路に見つけたアングル、冬空は気まぐれです、たまに青空が見えたりしたので雲の切れ間を待ちました、日の当たる実景を欲しかったのです。 とりあえず雪景色のスタート、 [続きを読む]
  • 原っぱのススキ (盛岡市・玉山区・岩手県)
  •  昨日早朝4時、倅が友人と岩洞湖にワカサギ釣りに、夕食に天ぷらをいただきました。 気温は氷点下20度でダイアモンドダストを見れたと言っていました。 本州で最も寒いと言われる薮川地区、薮川郵便局のすぐ近くで観測されています。農道に入ってみました、以前は牧草地だったらしい平地、秋空とススキを入れ切り取りました。ストラスモアのSMサイズ、絵具はクサカベ、秋の空気は出せたと思っています。 [続きを読む]
  • 秋潮 (夏泊半島・平内町・青森県)
  •  去年の九月に夏泊半島の漁港を取材した時に見つけた景色です。場所がはっきりしません、遠くに半島が見えるので平内町だと思っています、陸奥湾と青森湾の境目もわかりません、GPS付きのカメラがあると聞きました。ほぼ徘徊状態の単独行動なので遭難防止に必要かもしれません、F6ウオーターフォード中目、クサカベ。 [続きを読む]
  • 初冬の流れ (葛巻町・畑・岩手県)
  •  各地で雪の被害が出ていますがこのタイミングで今季初の雪景色オープンです。今年は雪が少なく降っても10センチ程度、すぐ融けます、自宅周辺にもありません。 取材地は隣町・葛巻町の畑地区、酪農家の集落です。流れているのは馬淵川、手前が上流部で奥に源流があります、八戸市まで続きます。 最初の雪景色ということで入れ込んでしまいました。F4ストラスモア、クサカベ。雪のない冬だと安心はできません、この流れだと春の [続きを読む]
  • 秋を流れる (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  雪景色はもう少しお待ち下さいませ、未発表の紅葉作品が若干残っているのでそちらを先に紹介します。釜津田です、紅葉した木々に覆われています、映り込みで画面全体が秋色になりました。ご覧になったある方が川の流れに見えるのが不思議と言っていました。どうしても入れたかったのが右手前の黄色い葉っぱ、距離感を出そうと思ったのです。F4のアバロンとクサカベでした。 [続きを読む]
  • 茂浦漁港 (平内町・青森県)
  •  年明け早々に紅葉もないだろうと海にしました。夏泊です、半島を囲むように入江に漁港があります。以前訪れた時は北国の漁村という空気があり、各漁港の特徴があった気がしますが整備が進み同じように見えてしまいました。機能的には改善され漁師さんは働きやすくなったのでしょうが、少し残念な気がしました。せっかく来たのだから作品を残したいと思い描き残すことに、長い建物を入れました、漁具置き場か加工場だと思います、 [続きを読む]
  • 龍神沼 (青森市・田代平湿原・青森県)
  •  明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。 新年向けに作品を描いたりしませんが、ストックの中から選びました。十和田湖から八甲田の麓を夏泊半島へ、途中に田代平高原があります、八甲田の北側。 湿原の看板を偶然発見、覚悟を決め歩くことにしました。貴重な植物の宝庫ということですが残念ながら草原の連続でインパクト不足。 入口にあったのが龍神沼、さほど大きくなく季節で色が変わると思いま [続きを読む]
  • 対岸の紅葉 (岩泉町・大坂本・岩手県)
  •  今年の締めの作品と行きたいところですがいつものペースです。紅葉を探し安家から葛巻町の袖山高原へ、そこで見つけた風景です。 眼下に安家川、下に降りることが難しい場所、白い幹との対比が面白く作品にしました、遠近に注意しないとバラバラになってしまいます。F4ファブリアーノ、クサカベ。 一年間御覧戴きましてありがとうどざいます。来年もよろしくお願いいたします(ランキングボタンも含めて)、良いお年をお迎え [続きを読む]
  • 五葉沼 (八幡平市・松川・岩手県)
  •  冬の風景を取材中ですがもうしばらく秋景色にお付き合いください。 松川に行きました、渓谷を回ったのですがもう一つピンとこない、最後の期待を込めて地熱染近くの沼に向かいました。以前作品にした場所ですが、いつもの景色がありました。その年の気候、その日の天気で表情が変わります。沼に波紋があったので入れました。空は新パターン、自分では面白いと思っています。 池の名前は隣のお店に後で問い合わせ、コーヒーでも [続きを読む]
  • 落葉の岸辺 (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  車を置いて道から少し離れた川岸を歩きました。足元は笹とトクサ(木賊・砥草)祖母は針箱に入れて縫い針を磨いていました。 落ち葉が積もっていました新しいものもあり季節の流れを感じます。場所は釜津田、勝手に釜津田渓流と言ったりしていますが川の名前は大川、正式には釜津田の大川渓流と言わなければいけないかもしれません。F6ストラスモア、クサカベ。昨日は天気がよかったので久々に南下、大槌町まで行ってきました。 [続きを読む]
  • 黄葉 (岩泉町・大坂本・岩手県)
  •  絵を描き始めた頃、十和田から八甲田に向け車を走らせながら黄色一色の山々を見て描きづらいと感じたことがありました、力量不足だったのでしょう。 ここは岩泉、安家から葛巻町袖山高原へ向かう山中、以前作品にしたことがある場所ですが、条件が変わることで新たな発見があります。 黄一色に見える木々の中に様々な色があり秋の景色を造っています。F6ラングトン、クサカベ。この道はすでに冬季閉鎖になっているはずです。 [続きを読む]
  • 秋色に染まる頃 (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  釜津田、山峡の渓流、秋になると様々な色が混在します。去年の台風10号、上流部は被害が少なかったのですがそれでも川は洗われました。その名残、苔がついた白い岩が連なっている景色が目に止まり作品にしました。豪雨がなければ緑の岩になっていくのだと思います。 まだ本格的な積雪はないので冬景色はしばらく先になるかもしれません。F4ストラスモア、クサカベ。 [続きを読む]
  • 早瀬の秋 (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  紅葉の釜津田渓流、車を置いて笹を掻き分け川ぞいを取材。鈴と線香をぶら下げ熊さんを警戒しながら進みます。苔むした老木を発見、まだ健在、斜めにせり出しながら枝先に黄色の葉をつけています。難しいアングルですが流れを入れ作品にしました。F4ウオーターフォード中目、絵の具はクサカベです。 [続きを読む]
  • 二又の稔り (久慈市・二又・岩手県)
  •  平庭高原から久慈市・山根に抜けました。以前逆方向に向かったことがありますが今回は下りになります。台風10号の影響でしょう、渓流には倒木、印象が変わりました。 途中見つけた景色、はせがけをしているご婦人がいたので目的を告げ写真を撮らせてもらいました。二又という地名、初めて知りました。その時点では作品にするか決まっていないのでお名前も伺いませんでした、また立ち寄る機会があると思います。 『はせ』は県北 [続きを読む]
  • 秋の山路 (岩泉町・釜津田・岩手県)
  •  時折雪が降ります、日中は解けるのですが朝の道路は部分的に凍結しています。 秋景色を描き続けています。舞台は櫃取、渓流中心の取材でしたが山道もターゲット、この日のベストアングルです。ガードレールが見えていたのですが外しました。緑が入ると紅葉がより際立つ気がします。F6のラングトン、絵の具はクサカベ、作品は町内の中松屋さん(栗菓子で有名)でご覧いただけます。 [続きを読む]
  • 秋色の塔 (盛岡市・玉山区・岩手県)
  •  画材屋の秋セール、F8の額を衝動買い。実はこのサイズは正方形に近く、風景には不向き、どうしたものかと後から考えてしまいました。 盛岡までの国道455号線沿い、ある時期山葡萄を中心とした赤い蔦が映える時期があります、その中から作品にしました、額の黒い太枠に負けないようにとインパクト重視で作画、果たしてどうだったのでしょうか。サイズに合う画題が見つかれば再挑戦のつもりです。F8のクレスター、絵の具はクサカ [続きを読む]
  • いつもの秋 (岩泉町・一ツ苗代・岩手県)
  •  国道340号線の両側に田んぼが広がり国道と並行し小本川が流れています。台風10号で川が氾濫、低い北側に土砂が流入し大きな被害をもたらしました。復旧まで数年かかるだろうと言われていましたが、重機を導入、表土の入れ替えが進み、いつもの光景を見ることができました。まだ着手できない田畑が多く存在します、理由は様々ですが出来るだけ早く元の暮らしに戻れることを願っています。 この場所は数年前にも描きました、赤い [続きを読む]