これまさ05 さん プロフィール

  •  
これまさ05さん: こちらからは以上です。
ハンドル名これまさ05 さん
ブログタイトルこちらからは以上です。
ブログURLhttps://ameblo.jp/koremasakikaku/
サイト紹介文私にとってボートレース・オートレースは人生の一部です(笑)。そんな日常の記録をダラダラ書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2016/02/05 14:02

これまさ05 さんのブログ記事

  • 台風接近
  • うーん・・・。どうやら22日深夜から23日にかけて本州上陸するようですね、台風21号。一番懸念された平和島ダービーの日程への影響ですが、現時点では影響無さそうで一安心。22日優勝戦の浜松・ウィナーズカップもなんとか予定通りでしょう。徳山MB大賞は少し微妙ですね。22日は馬もGⅠらしいが、例によって全く興味が無いので、これはどうでもいい。 とりあえず私は23日が仕事休みなので、どう過ごそうかと悩む。 [続きを読む]
  • GⅠ赤城雷神杯は王者・松井繁選手が制す!
  • 今さらですが、予選・準優と、1着無しで勝ち上がった松井選手。こういう時の松井選手は怖いというのは定番のセオリーなんですよね。 レースは枠なり3対3から、3コースの丸岡選手がトップスタート。一気に内艇飲み込むかという勢いでしたが、インから市橋選手が伸び返して丸岡選手が一瞬躊躇した所を、2コース山崎郡選手に絡まれて後退。市橋選手は丸岡選手を牽制する形で回ったのでやや膨らみ加減。内からスルスルッと伸びあ [続きを読む]
  • GⅠ赤城雷神杯・優勝戦
  • 王者・松井繁選手も、予選トップ通過の今垣光太郎選手も逃げを決められなかった昨日の準優。松井選手はなんとか2着で残ったが、シリーズリーダーの光太郎選手は準優敗退の波乱。結果、優勝戦メンバーは、①市橋卓士選手、②山崎郡選手、③丸岡正典選手、④松井繁選手、⑤秋山直之選手、⑥横澤剛治選手の6名となりました。 準優1号艇で、ただ一人逃げを決めた市橋選手に人気は集まりそう。でも大阪トリオが波乱を呼ぶ雰囲気もし [続きを読む]
  • 忘れてた!
  • 昨日、川口の優勝戦をしっかりとした湿走路で見たいと書いたものの、これ書いている時点でボチボチ雨も止んで、走路状況も回復に向かうようですな。今日は本来なら川口本場へ行こうと思っていたのですが、朝起きた時点で雨が降っていたので、家に籠ろうと?即決?。近所のスーパーで買い物を済ませ、川口はCS観戦。 スタジオもハロウィン仕様になっていますね。そんなこんなでCS見ながら掃除などをしていて、ふと思い出した。 [続きを読む]
  • GⅠ赤城雷神杯3日目終了
  • 心配された山崎智也選手ですが、2日目10Rから、本日8Rとまくり連発で連勝。3日目終了時点で得点率3位と巻き返してきました。もともとリズムに乗った時の智也選手の強さは周知のとおりですが、ダービーに出れない智也選手にとっては、年末に向けて是が非でも復活ののろしを上げたいところでしょう。 3日目終了時点で得点率トップは今垣光太郎選手。明日は6枠・2枠の2回乗りで、前半の6枠をどう克服するかがポイントで [続きを読む]
  • GⅠ赤城雷神杯開幕
  • ボートレース桐生で私の大好きな「赤城雷神杯」が本日開幕。何度も書いているけど「赤城雷神杯」って?カッコイイ?タイトルですよね。文句なしに24場の周年タイトルの中で一番好きだ。近年、常滑や尼崎がマスコットキャラの名前を冠した周年タイトルに改名していますが、桐生は間違っても「ドラキリュウナントカ」とかに変更しないでいただきたい(笑)。 さて注目の初日「赤城ドリーム」ですが、?悩めるエース?山崎智也選手 [続きを読む]
  • GⅠつつじ賞王座決定戦は魚谷智之選手が優勝!
  • オールスロー進入は少し意外だったな・・・。スロー5コースからでも伸びるミスターに展開を託して、師弟ワン・ツーを狙ったわけでもないだろうけどね、白井選手。結局、イン・魚谷選手が.04のトップスタートぶち込んで圧逃。魚ちゃん、実に8年ぶりのGⅠ制覇だそうだ。意外だな・・・ポテンシャルは高いのにね。少しだけ遠回りしたけど、まだまだ頂点を目指せる選手ですよ。?バブル?のような2006年〜2007年の活躍は [続きを読む]
  • GⅠつつじ賞王座決定戦・3日目終了
  • ボートレース津・GⅠつつじ賞王座決定戦は3日目終了。3日目終了時点で得点率トップは田中信一郎選手、以下、2位・魚谷智之選手、3位タイに森高一真選手、篠崎元志選手、今村豊選手と続きます。 しかし、上位陣、一人を除いて明日はみんな外枠での登場。魚谷選手だけが、1号艇で1回乗りの予選最終日となります。となれば、やはり現時点で優勝に一番近いのは魚谷選手になりますね。ただ、魚谷選手の11Rには三井所選手が3 [続きを読む]
  • 山陽・スピード王決定戦は鈴木圭一郎選手が優勝!
  • いや、しょっぱい文章で申し訳ないが、「強い」という言葉しか見つからない。鈴木圭一郎選手が圧勝でスピード王を制しました。圭一郎選手おめでとうございます。 岩崎選手も地元の意地見せましたがね・・・相手が悪かったとしか言いようがない。貢選手はやはり圭一郎選手に先に行かれてはね。 近況、リズム下降気味だった鈴木圭一郎選手ですが、この後は地元浜松でGⅡウィナーズカップ、そしていよいよSG日本選手権とグレードレ [続きを読む]
  • GⅠスピード王決定戦・優勝戦
  • 山陽オートGⅠスピード王決定戦は本日優勝戦。①矢野正剛選手(0m)、②藤岡一樹選手(以下10m)、③緒方浩一選手、④岩崎亮一選手、⑤新井恵匠選手、⑥早川清太郎選手、⑦高橋貢選手、⑧鈴木圭一郎選手というメンバー。 圭一郎選手のカマシが決まるかどうかに焦点は限られそう。圭一郎選手が先に行けなければ貢選手が捌き上がっていく展開ですかね。 ボートレース津・つつじ賞王座決定戦は本日2日目。昨日のオープニング第 [続きを読む]
  • 羽野直也選手がGⅠ初優出・初優勝!
  • いや・・・ボクシングで例えればノーガードの打ち合いのような激しいレースでしたね。大村63周年。 進入は枠なり3対3でしたが、2コース・羽野選手、.06のトップスタートに対し、インの原田選手、.13と若干躊躇したタイミング。すかさず羽野選手が絞めに行きますが、原田選手がなんとか伸び返し、1Mは先マイ。内の2艇が競り合って、外艇には「ごちそうさま」の展開でしたが、差しに入った③山田選手も、④山口選手も [続きを読む]
  • GⅠ海の王者決定戦・優勝戦
  • 準優11R、3連単5−6−3で84870円という大穴が飛び出しましたが、続く12Rはイン・原田幸哉選手が盤石の逃げ切り。結果、優勝戦メンバーは①原田幸哉選手、②羽野直也選手、③山田哲也選手、④山口裕二選手、⑤赤坂俊輔選手、⑥新田泰章選手の6名となりました。 もう原田選手で仕方ないんでしょ? うん、仕方ない。初日に、まだ長崎支部のイメージがしっくりとこないような事書きましたが、こういうのは実績の積み [続きを読む]
  • GⅠスピード王初日&大村・海の王者決定戦予選終了
  • 山陽オートのGⅠスピード王決定戦は本日開幕。初日は11Rで落車した水崎正二選手の競走車が走路内に残ったため競走不成立の波乱もありました。しかし12Rではそんな波乱ムードも一気に吹き飛ばす、鈴木圭一郎選手の圧勝劇。タイムも初日ダントツの3.359で、秋の山陽走路を席巻しそうな気配です。貢選手のレース、見たかったな・・・。 大村・海の王者決定戦は予選終了。羽野選手、やはり6枠は重かったか、5着で2位後 [続きを読む]
  • GⅠ海の王者決定戦3日目終了
  • 昨日まで川口オートの実況をしていた吉原さんが、今日はボートレース戸田担当。とても昨日までオートレースの実況をしていたと思えない円滑な実況ぶりに、「さすがプロだなあ」と感銘。そしてその吉原さんはこれ書いている今現在、JLCで「BOATRACE TIME」のMCを務めています。こういうプロフェッショナルな仕事ぶりを見ると、私自身も「明日も仕事頑張ろう」という気持ちになるのですよね。 GⅠ海の王者決定戦 [続きを読む]
  • あれ?なんか違うぞ
  • 大村のGⅠ海の王者決定戦は本日2日目。初日の「発祥地ドリーム」はインから原田幸哉選手が押しきって白星発進。でも未だに長崎支部のイメージがしっくりこないなあ。好機引いた中村亮太選手に頑張ってほしい。いろいろあったからね・・・。 さて本日は例によって朝から散歩を楽しみ、午前中に早めの帰宅。のんびり川口最終日と、戸田のヴィーナスS初日・そして大村をチャンネル切り替えながら観戦。川口は吉原さんの実況で、戸 [続きを読む]
  • 白井英治選手が圧勝劇!
  • やはり波乱など起こる余地も無かったですね。スリットではやや中ブクレの体形でしたが、白井選手にプレッシャーを与えるには至らず、白井選手が完封。下関周年は初Vだとか、白井選手おめでとうございます。 なんてJLCで児島のダイジェスト見ながらこれ書いていますが、「ちょっと!、ちょっと!、ちょっと!、ちょっとぉぉぉっ!」は椛島実況。しかも1Rからですぜ・・・朝から「富士そば」で「かつ丼セット・そば大盛り・天 [続きを読む]
  • GⅠ競帝王決定戦・優勝戦
  • 今日で9月も終わり。今年もあと3ヵ月ですよ・・・早いもんですな。 ボートレース下関開設63周年記念・GⅠ競帝王決定戦は明日いよいよ優勝戦。①白井英治選手、②古賀繁輝選手、③田中信一郎選手、④中島孝平選手、⑤菊池孝平選手、⑥馬場貴也選手の6名の対戦。 準優はイン逃げ3連発で、結果、白井選手が1号艇。当然イン仁王立ちで、外艇につけ入る隙を与えないでしょうな。こりゃもう仕方ないよ。 [続きを読む]
  • ほっこりしちゃう日
  • 昨日は普通に仕事をしていたのですが、夜になって急に体調が悪化。足腰の関節は痛むし、だるくて体が重い。帰りの電車の中で睡魔と闘いながら「こりゃダメだと」、久しぶりに酒も飲まずに帰ってすぐ寝ました。 その甲斐あってか、朝起きるとすっきり回復。てっきり風邪ひいたと思ったのですが、疲れが溜まっていただけなのかね。天気も見事な秋晴れで、朝から散歩に出かける。秋風が涼しくて爽快ですな。すっかり元気になって昼過 [続きを読む]
  • ブレ過ぎて笑うしかない
  • 平成30年度のオートレースSG、プレミアムGⅠの開催日程が発表されました。全日本選抜が浜松で10月4日開幕・・・。 29年度の全日本選抜が、頂上決戦の大晦日から僅か中5日の1月開催になって、いろいろ賛否は分かれてはいますが、まだ成功か失敗かの結論すら出ていないのに今度は10月・・・。 なんなんだ、このブレっぷりは。完全に迷走状態にしか思えないのですが、JKA。 それにしてもなんで全日本選抜だけこんな [続きを読む]
  • 昨夜はグダグタ・・・
  • 蒲郡・ヤングダービーはインから中田竜太選手が危なげなく押し切って、4月の丸亀65周年に続いてGⅠ2度目の優勝。昨日は奥様の浜田亜理沙選手も津のオールレディースで優出して、こちらは残念ながら4着でしたが、?頼れる夫?はしっかりと結果を出しましたね。中田選手おめでとうございます。 そんな昨日、私は何をしていたのかと言いますと、有楽町で仕事が予定より早く終わったのが18時。明日は休みだし(つまり今日です [続きを読む]
  • GⅠヤングダービー優勝戦
  • なんとなんと、準優で1号艇がみんな飛んでしまったよ・・・。波乱、波乱の準優勝ち残った6名は以下の通り。①中田竜太選手、②木下翔太選手、③大上卓人選手、④片橋幸貴選手、⑤椎名豊選手、⑥仲谷颯仁選手。 とにかく準優で高橋アナが「まくられまくり差し」と表現したミラクルなターンで勝ち上がった中田竜太選手が1号艇。しかもここでは一人格上の存在。機力も不安なく押し切り濃厚ですかね。 しかし、椎名豊選手は準優で一 [続きを読む]
  • GⅠヤングダービー予選終了
  • 今日の川口初日、実況、二宮さんだったんだ。珍しいなぁ、二宮さんのオートレース実況、超久しぶりに聞きました。昨日の飯塚・宮本実況といい、突然に船橋の思い出が甦って涙が出てくる。 ボートレース蒲郡・GⅠヤングダービーは予選が終了。得点率トップは前田将太選手。私ももういい歳で、近年は記憶が曖昧なことも増えて来たのですが、前田将太選手ってGⅠ持っていなかったんだ・・・。浜名湖でMB大賞勝っているだけなのね [続きを読む]
  • GⅠプレミアムカップは永井大介選手の優勝!
  • いやー、やはりこの人の走りにはシビレますよ。飯塚・プレミアムカップは永井大介選手の優勝で幕を閉じました。永井選手おめでとうございます。 試走は穴見選手が.37と劣勢で、あとは.29の金子大輔選手から、中村雅人選手の.32までに7車ひしめく混戦模様。そんななか、スタート飛び出したのは永井選手。青山選手がイン残して、鈴木圭一郎選手が続き、やはりこの3車の争いに。青山選手を早めに競り落とした圭一郎選手が [続きを読む]
  • GⅠプレミアムカップ優勝戦
  • 飯塚オート特別GⅠプレミアムカップは本日優勝戦。有吉選手、残念ながら優出ならずでしたが、準決10Rは道中、一旦は4〜5番手まで車を下げながら、最後はゴール線2着の金子選手に鋭く迫って見せ場を作りました。一方で浦田選手はスタート決めたものの、ズルズル4着まで後退。初日雨の激走で売り切れてしまったのでしょうか・・・。12Rは落車事故が2回・計6車が落車の大波乱。結果として後方で難を逃れた岩崎選手と穴見 [続きを読む]
  • 是政だより 10
  • 以前書いたように、飯塚オートのプレミアムカップが、台風の影響による中止・順廷で明日優勝戦に。準決も気になるけど、本日はボートレース多摩川本場へ。 とはいえ、少し早起きして寄り道をしていくことに。橋本から京王相模原線で多摩センターで下車。例によってC&Cでカレーを食べて、多摩モノレールに乗り換えて高幡不動へ。多摩モノレールといえば、なんと是政までの延伸計画が有るのだとか。もし実現すれば、JR南武線・ [続きを読む]