rumiko さん プロフィール

  •  
rumikoさん: 仕立て屋*おおわたり
ハンドル名rumiko さん
ブログタイトル仕立て屋*おおわたり
ブログURLhttp://kimonositateya.blog.fc2.com/
サイト紹介文呉服店や個人様からの依頼で、着物・羽織・コートを仕立てる和裁職人です。
自由文最近、着物好きな息子の為に着物や羽織をせっせと縫っています。着物男子になるかな?
着物仕立て屋として、昔作られていた着物を現代にも適応出来るように、少し工夫された仕立て方を常に考えています。
おしゃれを楽しんで頂く為。
紗袷・単本重ね・和洋両用コート・リバーシブル着物など。
ときどき 和風小物作りが楽しみ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/02/05 16:04

rumiko さんのブログ記事

  • 【オレンジ色の可愛い羽織】
  • オレンジ色の可愛い羽織は柏市にお住まいのH・Mさまの羽織です。お母さまの羽織でした。裄丈を長くしてほしいとご依頼いただきました。  袖巾を2?多くして34?に肩巾を0.8?多くして31?。  袖巾と肩巾の筋消しもしました。生地の状態や場所によってはプロにお願いしますがきれいにできたと思います。正絹なので。このところ、関東は寒くになってきましたが羽織でお出かけできそうな暖かい日に恵まれるといいですね [続きを読む]
  • 【横浜市在住のM・Sさま着姿】羽織コート
  • 横浜市にお住まい、M・Sさまの着姿。お写真を送ってくださいました、ありがとうございます。身長163?のM・Sさま、羽織丈(後ろ)は115?。羽織として着用         コートとして着用身丈のバランスから紐付け位置(乳)を48?にしてみました。お着物も帯も素敵ですね〜とお伝えしましたところ帯はご自身の手作りでニトリのテーブルランナー半幅帯だそうです。     すご〜い!?    ・ ・ ・ ・ ・ ・  [続きを読む]
  • 【ゼロからつくるきもの展】ひろせはなこさんの作品
  • 今日から始まります「ゼロからつくるきもの展」和をテーマに60人を越えるクリエイターさんの作品展が開催されます。イラストレーターひろせはなこさんの作品出展していますおきものです。はなこさんのオリジナルアートな色柄。セオアルファ(120?幅)の布に描かれたものです。おおわたり、仕立てさせていただきました。このおきものは娘さんへのプレゼントなんです。この布から作られた小物作品も展示販売されます。他にも消し [続きを読む]
  • 【羽織丈のお直し】
  • こちらは新座市にお住まいのS・Iさまの羽織です。 「羽織丈をもう少し長くできますか。」というお問合せいただきました。Before  お預りして見積もってみますと羽織丈は背から75?衿の縫い代が7?ほどでした、プラスしても82?。 ご希望は90?。Afterあれこれ考えて足し布をご提案。足し布についてはIさまがお持ちの布(ふじ色)を送って下さいました。ほかに黒色の布もあるのですがせっかくのかわいい花柄にはきつ [続きを読む]
  • 【I先生の着姿】羽織コート
  • I先生の着姿。この日はお友達とお茶会に参加されました。      さいたま市中央コミュニティセンター前にてお天気が良く着物日和。のんびり近くの与野公園のバラ園まで散歩。秋のバラが真っ盛りとてもキレイだったそうです。  (もちろん春のバラもキレイ)わたしが以前仕立てた“羽織コート”の着用をお願いして感想を聞かせて頂きました。羽織コートの感想!・後ろ身ごろがもう少し短い方が良さそう。 ・衿との差がこれ [続きを読む]
  • 【この時期ですが、ゆかた完成】
  • この時期ですが、ゆかた仕上げました。娘がお世話になりました、I先生からのご依頼です。先生は初めご自分の洋服にしようと思っていたそうですがやはり息子さんのゆかたに仕立てることになりました。衿芯に新モス入れています。手縫いしました。すべて手縫いは貴重になってくるでしょうか。 [続きを読む]
  • 【大島紬の仕立て】
  • みーさんの大島紬袷。絹擦れのシャキシャキ感が心地良いです。色は濃い茶、ほぼ黒色でしょうか。八掛は柄の色と同じベージュ(肌色)生地は紬用ではなく縮緬のよう厚みもあり良い八掛です。紬は着用数が多いと八掛の裾が擦れて傷みやすいと。そういう場合柔らかものに付ける縮緬の方が丈夫らしいです。仕立てる側としては少々縫いにくいこともありますが大丈夫です、( ̄^ ̄)ゞ袷なので表と裏のつり合いをみる時えもんに掛けてみて [続きを読む]
  • 【きものからロングスカート】
  • 鈴木玲子さんのスカートを作りました。お母さまのお召きものでした。バイオリン演奏時の衣装に丈95?のロングスカート・6枚接ぎ。裏地は広幅の正絹胴裏(白)。「わたし、ファスナーは付けられないよ〜」と言うことで、ウエストは総ゴム。トップスを華やかなものにして重ねればOKかな。おきものは胴抜き仕立てでした。解いてみると裾が単衣仕立ての額ぶちになっていました。背ぬいは背伏せ付。きっと、単衣で着用したあとその上 [続きを読む]
  • 【琉球絣】
  • みーさんの琉球絣です。プレミヤ駒八掛・琴線袖の丸み。     10月からは袷を着用と言っても暑いですね〜。涼しくなったら、どんどん袷を着るため準備。最近のみーさんはお仕事の関係からおきものは着られていないそうです。いつか、着姿のお写真をSNSにアップされましたらおおわたりのカテゴリ・「着姿のお写真」にも記載させて頂きますね?    ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。* キバナコスモス  [続きを読む]
  • 【紬袷*青色】
  • 紬袷のお仕立て。みーさんのおきものです。初めは単衣に仕立てようと思ったそうですが良く考えると生地に厚みがあるから暑そう・・・と、いうことで袷になりました。八掛はこういう感じ、マニッシュ。      やわらか物が得意ですが紬はすそが真っすぐになってくれるので、好きです。 [続きを読む]
  • 【綿麻きもの】いしき当て付
  • みーさんの夏きもの、最後の一枚 です。急いで8月末に仕上げました。9月!涼しくなっても着用できるようにいしき当て付きをご希望でした。前のおきものの背はふくろ縫い。いしき当てと言えば以前もめんきものに正絹胴裏地(広幅)を付けたことがありました。申し訳ありません、知識不足でした。その後知った、こちらの単衣夏兼用いしき当てなら正絹でもジャブジャブ洗えるそうです。こんな良いのがあったのね。さすが!みーさん [続きを読む]
  • 【新之助上布本麻】 みーさんの着姿
  • みーさんの着姿。新之助上布の本麻なのですね〜そして色はターコイズブルー。    (みーさんのブログからのお写真)    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・広衿にはスナップや引き糸は付けていません。みーさんは丁度良い衿巾に折って縫いとめるそうです。また、つまみかけ衿にしているので厚みも抑えられて良いですね。素敵です〜? [続きを読む]
  • 【本麻きもの】
  • みーさんのおきもの、本麻です。きれいなブルーです ?実はみーさんが途中まで仕立て、半分以上は縫われていたのですが急なお仕事が入ったり舞台のお稽古が始まったりしたので引き続き、仕上げのお手伝いをさせていただきました。涼しくなってきましたがそれでも気温30度越えという日もありますから麻はまだ活躍しそうです(^^) [続きを読む]
  • 【小千谷ちぢみ】お仕立て
  • 「着物と和裁」 みーさんの小千谷ちぢみです。反物からお仕立てさせていただきました。黒地に水色の縞ちぢみの“しぼ”が涼しげです。      みーさんはご自分でもお仕立てされるのでメールやお電話でうち合せさせていただきました。いつも夏きものをさらりと纏っていらしゃいます。が、やはり暑いそうです。なので今回はいしき当ては付けず広衿はつまみかけ衿にしました。  ・ 地衿を2〜3?つまんでかけ衿のように見せてい [続きを読む]
  • 【都衿コートから長羽織】お直し
  • 友人の長羽織、完成しました。身長158?*羽織丈は肩から96?くらい。After             (写真色彩加工済)お母さまが愛用されていた都衿コートから。Before     最近、ウチにも来てくれたトルソーちゃんに羽織ってもらいました。都衿コートから羽織は仕立てられないと思っていました・・・が、ナント、解いてみるとたて衿に半巾38?×2の縫い代が入っていました。衿分の布がありそうなので長羽織を仕 [続きを読む]
  • 【身丈の短い羽織をお直し】
  • 横浜市にお住まいのM・Sさまの羽織コートです。お母さまの羽織を仕立て直しさせて頂きました。身丈は80?ほどでしたが裾の折り返しが多くありましたので後ろ身ごろの長いところで115?、お好みの長い丈に仕上がりました。今回“乳”の位置は肩から48?下げています。身丈が長いのと、コートとして着たときの紐位置を考慮しました。前回の長羽織は38?でした。基本の羽織は前下がりに仕立てるのですがこちらは前が上がっ [続きを読む]
  • 【道行コート】たて衿部分お直し
  • 東京都大田区にお住まいのM・Sさまの夏物道行コート。お母さまのコートでしたがサイズが大きいため、たて衿付け(胸明き)をお直しさせて頂きました。         「前回の記事」                 色目は似ていますがこちらは袷道行コートでした。前回は3?詰めましたが今回は4?詰めました。  Before        After        このくらいで丁度良さそうですね。身巾もかなり広いのですが [続きを読む]
  • 【結城紬胴抜き仕立て】
  • 都内にお住まいのM・Sさまの結城紬です。袷きものから胴抜き仕立てへお直し。胴抜きと言っても胴裏は多少使います。おきものの色目はこちらが近いです。濃い紺色ですよ?八掛も良い色ですね。          元は赤い八掛だったでしょうか糸が少し残っていました。衿先布は偶然同じ位置になりました。袖口布と振り部分にも裏地を付けています。     こちらは袷を着る時期までのお楽しみになりますね。柔らかくて着易そ [続きを読む]
  • 【きものからワンピース】
  • 音楽療法士・鈴木玲子さん。数年振りに再会しました。子どもが幼稚園からのママ友です。久しぶりに会った彼女は音楽療法士として積極的に活動ししっかり将来を見据え自立した女性になっていました。お母さまの形見のおきものはどうしたら良いか分からずそのまま実家に置いたままでした。わたしが簡単な洋服なら作れるけど〜と言う会話の流れからワンピースを作ることなりました。う〜ん 裾が長いのでドレス。バイオリンを演奏の時 [続きを読む]
  • 【縫い目落とし】昔に有った羽織の仕立て方
  • 数十年前、技能士会の講習で仕立てた“縫い目落としの羽織”実物大で持っており、いつか作ろうと思っていたものを再現。以前、友人に頂いた和服たちの中にあった夏物羽織を直してみました。羽織丈を長くしたので裾の折り返しは2?。丈90? 夏物だからこのくらい。専門和裁技能教科書・三 興津佳平著この仕立て方は「極々上仕立て総落とし」という名でよばれ縫い目落とし又は巻き縫いといわれたのは明治の末以降。昔は共布の織り [続きを読む]
  • 【絹のアームカバー】白大島紬から
  • 先日、近くのスーパーの催事コーナーで手作り品の販売をしていました。良い物を見つけた?手作りのアームカバー、絹地でした。       これは自作、真似っこして作ってみました。白大島紬の残り布で出来ました。並巾で55?が2枚(右左) くらい・・・ 必要。     これを考案された作家さんはスゴイですね!敬意を表してお問合せはこちらと紹介したいのですが分からなくて・・・店頭にいた方の説明は頭に入らず、どう [続きを読む]
  • 【琉球かすり*Y・Kさまの着姿】お写真送って下さいました
  • 都内にお住まいのY・Kさまの着姿です。お写真を送ってくださいました。琉球かすり単衣  (いしき当て付)                          麻の長じゅばん黒の帯をキリリと結び、凛として素敵なお姿ですね。         どちらへお出掛けだったのでしょう        義母さまの形見のお品です。反物のまま長い間タンスの中にあったそうですが今回、おきものと長じゅばんにお仕立てさせて頂きまし [続きを読む]
  • 【琉球かすり単衣】
  • 都内にお住まいのY・Kさまのおきものと長じゅばん。反物からお仕立てさせて頂きました。義母さまの形見のお品とのことでした。“琉球かすり” 単衣いしき当て付絹の光沢とシャキシャキ感が心地良いおきものになりました。Y・Kさまはお嬢さまがお二人いらしゃいます。お二人ともきものがお好きなので三人でおきものを愉しんでいらしゃるそうです。身長が同じ。身巾はちょっと違うみたいなので中間の妥協点寸法になりました。Y [続きを読む]
  • 【長羽織】ひさえ先生の和裁教室
  • 仁井ひさえ先生がきものから長羽織への仕立てを伝授してくださいます。和裁教室の生徒さんを募集しています!    【新衿継長羽織】こちらはひさえ先生のお仕立てです。小紋きものから長羽織     羽織衿の作り方にはいくつかのポイントがあります。是非、ひさえ先生に教わってください。和裁経験がある方でしたら前もって身ごろを縫うなど準備をして置き受講3時間内で仕上げることが出来ますよ。わたしの場合、つい他の和 [続きを読む]