つれづれ日記 さん プロフィール

  •  
つれづれ日記さん: つれづれ日記
ハンドル名つれづれ日記 さん
ブログタイトルつれづれ日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kaze-kozou999
サイト紹介文日々、思うことを気ままに書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/02/05 21:28

つれづれ日記 さんのブログ記事

  • 寒いですね。
  • (注) 文中、「お母さん」とあるのは妻のことです。お母さん、どうしていますか。まだ十月だというのに、東京では最高気温が15℃にもならなかったといいます。何でも46年ぶりだとか。こちらも昨日からずっと雨降りで寒いです。今日は20度ぐらいでしたか。好き放題にしているので、罰があたったのか昨日は何となく胃がシクシク痛くて、ガスター10を飲んで8時過ぎには寝てしまいました。朝には良くなっていたので助かりま [続きを読む]
  • 小樽のひとよ。 
  • 小樽のひとよ 鶴岡雅義と東京ロマンチカ  追悼、三條正人さん。鶴岡雅義と東京ロマンチカの三條正人さんが先日、亡くなられて今日お通夜があったそうです。ヒット曲でしたね。今から半世紀も前のことです。ご冥福をお祈りいたします。 [続きを読む]
  • 秋は夕暮れ。
  • 気が付けば、月めくりのカレンダーもあと三枚。もう十月になりました。春夏秋冬それぞれの季節で、一番いい時は平安の古より清少納言が枕草子で述べています。春はあけぼの、夏は夜、冬はつとめて。秋は夕暮れです。陽が沈んだすぐ後の夕焼けの空を、烏が三羽、二羽とねぐらへ急ぐさまも風情があると。あらためて言うのも何ですが才女ですね。簾をあげて雪を見るのはまだ少し早いです。 [続きを読む]
  • 中秋の名月。
  • 今日は、中秋の名月だそうです。でも満月ではありません。先ほど夜空を見ましたらきれいなお月さまでした。薄い雲はありましたが・・・。この時期にいつも思い出す漢詩があります。唐の詩人、白居易の「八月十五日夜、禁中獨直、対月憶元九」です。      銀台金闕夕沈沈       獨宿相思在翰林             三五夜中新月色      二千里外故人心      渚宮東面煙波冷       浴殿西頭鐘 [続きを読む]
  • 秋のお祭り。
  • 小学四年生の孫が先月の末に誕生日だったので、晩ごはんの後にすこしばかりのお祝いとお菓子を持っていきました。JRの立花駅の南にある神社ですが、自転車で近くまで来ると何やら笛や太鼓の音が賑やかに聞こえてきます。どうやら秋祭りのようです。ここは私が子供の頃によく遊んだ宮さんです。お社の背後は鬱蒼とした森で、大きな池もありました。いつの間にかその池は埋め立てられて無くなっていましたが、大きなおたまじゃくし [続きを読む]
  • 三回忌。
  • (注)文中、「お母さん」とあるのは妻のことです。お母さん、どうしていますか。お母さんが亡くなってからもう二年が経ちます。去年の一周忌は、私が大動脈解離で入院中でしたから、法事を務めることができませんでした。今年は何とか元気?になりましたので、無事に法事を務められました。長女、長男の家族と親戚や、お母さんが可愛がっていた孫たちも皆、きてくれて法事の後の会食もお母さんの思い出などもでて賑やかでした。今 [続きを読む]
  • 慕情。
  • Matt Monro - Love is a many splendored thing (慕情 / マット・モンロー)   私の好きな洋画で「ひまわり」、「アラビアのロレンス」、もう一本は「慕情」です。公開されたのは私がまだ十歳にもなっておりませんから、きっと映画音楽でまず、好きになったのだろうと思います。香港が舞台。いいですね。はい、もう時間きました。さよなら、さよなら、さよなら。  [続きを読む]
  • 秋の日は釣瓶落とし。
  • お盆からひと月が過ぎました。日が暮れるのもだんだん早くなってきました。いつも午後の六時半ごろに近くのスーパーへ出かけるのですが、もう薄暗いです。秋の日は釣瓶落としですね。でも「釣瓶」といっても今どきの若い人や子供にはなんのことかわからないでしょうね。私がまだ子どものころには、お寺の墓地に井戸があり、釣瓶もありました。釣瓶というのは井戸から水を汲み上げる桶ですね。井戸もすでにほとんど見かけません。「 [続きを読む]
  • 無意味な安保理制裁決議。
  • 金北朝鮮の六回目の核実験が実行されたことにより、国連安保理でアメリカ主導の北朝鮮に対する制裁決議が、常任理事国の拒否権を発動されることなく、すんなりときまりました。とはいっても当初のアメリカ案よりはかなりトーンダウンです。原油の全面禁輸は後退、七割が輸出OKだそうです。北朝鮮にとっては痛くも痒くもないというところでしょう。案の定、北朝鮮は今回の制裁決議は拒否といっております。どんどん核兵器の開発を進 [続きを読む]
  • 秋艸道人。
  • 會津八一は明治の人。歌人であり、美術史にも造詣が深く、早稲田大学の教授もつとめました。今から百年以上も前に奈良を訪れて以来、二十数回も奈良に旅行しています。會津八一の短歌は万葉風でひらかなで読まれています。「すゐえんの あまつをとめが ころもでの ひまにもすめる あきのそらかな」「やまとぢの るりのみそらに たつくもは いづれのてらの うえにかもあらむ」。唐招提寺の柱が月光を受けて、地上に落とす影 [続きを読む]
  • 懲りない北朝鮮。
  • 北朝鮮の金が六度目の核実験を強行しました。ミサイルはどんどん発射するし、国営テレビのおばさんは金の威光をかさに着て、これでもかというほどの偉そうなアナウンス。どこかの国の官房長官の会見とは月と鼈の差があります。国連安保理の制裁決議もどこ吹く風です。これほど核の抑止力が働いているのは見事としかいうほかありません。アメリカのトランプ大統領はシリアにはトマホークをすぐに打ち込んだのに、北朝鮮には指一本も [続きを読む]
  • 夏が逝く。
  • 今日はもう9月の1日です。あれほど騒がしかったセミの声もいつの間にか静かになりました。朝夕も空気が入れ替わったのでしょうか、何となく秋の気配さえ感じられます。今年の夏も異常気象でした。ゲリラ豪雨、記録的短時間大雨情報など。近くの田ではもう稲が黄金色になってきました。季節の終わりの表現も夏はやはり「逝く」が似合うと思います。 [続きを読む]
  • なにやってんの。
  • アメリカ海軍のイージス艦がまた衝突事故を起こしました。先だっては同じ型のイージス艦が石廊崎の沖で衝突事故を起こしたばかりです。この事故に関しては、この程、当時の艦長や航行の見張りなどの乗組員も解任や処分を受けたと新聞等で報じられています。つまり「フィッツジェラルド」の艦長や航行の見張りに当たる乗組員は何も職務を忠実に遂行していなかったのです。それに続いてまた今度はタンカーと衝突事故です。どうもアメ [続きを読む]
  • 今日からお盆です。
  • (注)文中、「お母さん」とあるのは妻のことです。今日からお盆です。我が家の宗旨は法華宗ですのでいろいろと細かなお祀りの決まりのようなものがあります。お盆の間は仏壇にお寺の紋を染め抜いた幕を飾ります。雁金と鶴です。それから仏様には、お雛様のお膳のような一辺が15センチほどの台付きの什器に一汁三菜を盛り付けてお供えします。これは「お母さん」が亡くなってからやめました。3日間毎日、お供えの料理も違いまし [続きを読む]
  • 映画「ひまわり」。
  • 「ひまわりI girasoli」サウンド・トラック夏を代表する花といえば、ひまわりですよね。今日の朝日紙にも兵庫県佐用のひまわり畑の写真が掲載されていました。でも私はひまわりを見ると、ソフィア・ローレンの映画「ひまわり」を思い出します。ヘンリ−・マンシーニの名曲と共に、あの画面全体に拡がるひまわりの畑。名作だと思います。 [続きを読む]
  • 梅雨明けです。
  • 近畿地方も梅雨明けとなりました。気象庁が「梅雨明けしたとみられる」と発表しました。昔はちゃんと梅雨入り、梅雨明けは「宣言」していたように思います。なぜ「〇〇〇したとみられる」ような表現になったのでしょう。総理のご意向か、官邸の最高レベルがそう言うように圧力を加えたのでしょうか。感じが良くないです。それともう一つ、天気予報でよく聞くことばの「夜のはじめ」。まったく気に入りませんし、不快です。日本には [続きを読む]
  • 怖い病気です。
  • 俳優の中嶋しゅうさんが亡くなりました。お悔やみ申し上げます。舞台から転落して、救急車で搬送されたそうですが、病院で死亡が確認されたとのことです。病名は「急性大動脈解離」、実は私も昨年の九月に職場で倒れて、救急車で搬送されました。年齢もほぼ同じ、病名も同じでした。強烈な胸の痛みとすごい冷や汗でした。それまでは何の前兆もなく、普通に仕事をしていましたから、本当に怖い病気です。普段から血圧は高めでしたが [続きを読む]
  • 勸玄くん、負けないで。
  • お母さんを亡くしたばかりの、歌舞伎の名門である市川家の御曹司、勸玄くんを父の海老蔵氏が七月大歌舞伎に出演させるということです。大変疑問におもいます。昔風にいうなら、元服しているぐらいの年齢なら何もいうことはありません。でもまだ勸玄くんはわずかに四歳です。まだまだお母さんが恋しいし、なによりも、お母さんが亡くなったことの実感もまだ混沌としているのではないでしょうか。父と一緒にとはいえ、宙乗りもすると [続きを読む]
  • 今日の水田です。
  • いつも晩ごはんのおかずなどを買いに行く、スーパーの近くの水田です。時間帯にもよるのでしょうか、カエルさんの合唱は聞こえませんでした。苗はもっと青々としているのですが、ガラケーのカメラが悪いのかこの程度しか写りません。また近く、もう少し育った苗の様子をアップします。 [続きを読む]
  • 大台に到達する。
  • (注) 文中、「お母さん」とあるのは妻のことです。先日、私も人生稀な年齢とやらに達しました。佐藤愛子さん風にいうなら、「何が目出度い」です。お母さんはいつも言ってましたね。「私はお父さんよりは一日だけ長生きして、ちゃんと見送ってから死にたい」って。でもお母さんは一昨年、がんで先に逝ってしまいました。白いご飯も炊いたことがない私のことがきっと気になっていたのでしょう。大丈夫です、ご飯もちゃんと炊けま [続きを読む]
  • 追悼、小林麻央さん。
  • スリー・グレイセス/山のロザリア 乳がんで闘病されていた小林麻央さんが亡くなりました。まだ34歳でした。でも麻央さんは「まだ若いのに」とか「小さいお子さんがいるのにかわいそう」とかは、思ってもらいたくないとおっしゃっていました。開設されていたブログの最後のことばは、「皆様にも、今日 笑顔になれることがありますように」でした。やすらかにお休みください。  [続きを読む]
  • 今日は夏至。
  • 今日は、一年の中で最も昼間の時間が長い「夏至」でした。二十四節気の一つです。でも昨夜来の雨で昼過ぎまで小雨。夕方にはようやく雨も上がりましたが、お天道さまの顔を見ることがなかなかできませんでした。これからは秋分の日に向かって昼間の時間が少しずつ短くなっていきます。一年ももう約半分過ぎたのですね。 [続きを読む]
  • イージス艦が衝突。
  • 静岡県、石廊崎の沖の海上でアメリカ海軍のイージス艦とコンテナ船が衝突したと報じられています。にわかには信じられないニュースです。イージス艦といえば、ハイテクノロジーのかたまりで多少の飛んでくるミサイルも撃ち落とすと言われています。航行にはレーダーもあったでしょうし、相手は全長二百メートルを超えるコンテナ船です。イージス艦の航行監視員は何をしていたのでしょう。行方不明者もでているそうです。真相の解明 [続きを読む]