競馬予想 さん プロフィール

  •  
競馬予想さん: 競馬予想ビギナーズ
ハンドル名競馬予想 さん
ブログタイトル競馬予想ビギナーズ
ブログURLhttp://keibabeginners.blog.fc2.com/
サイト紹介文競馬暦22年、馬券の取り方や競馬予想公開していきます
自由文競馬暦22年、馬券の取り方や競馬予想公開していきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/02/06 09:41

競馬予想 さんのブログ記事

  • ファンタジーステークス2018 コースの特徴から見た有力馬
  • 京都の1400芝外回りコースは2コーナーを曲がり終えた付近がスタート地点になります。3コーナーまでは約500メートルの直線となり、高低差約2メートルの坂を上ります。京都外回りコース名物の坂を上って下った後は4コーナーからほぼ平坦となり、4コーナーの植え込みをまわってからは約400メートル直線の攻防が繰り広げられます。脚質としては差し馬が有利な傾向が出ています。----------------------2018年11月3日( [続きを読む]
  • ファンタジーステークス2018 過去のデータから傾向と対策
  • 2歳のこの時期に行われる牝馬限定重賞と言うことで、馬券傾向は荒れています。2013年から2017年の最近5年間でも12,14,15番人気といった超人気薄が馬券に絡んできており、非常に幅広く馬券は検討する必要があります。荒れた年の詳細ですが、2016年は単勝オッズ148倍の12番人気シューウェイが2着。勝った1番人気ミスエルテは単勝1.4倍のダントツ人気でしたが、この馬との絡みでも馬連は10240円 [続きを読む]
  • ファンタジーステークス2018 出走馬短評
  • 出走馬短評ラブミーファイン7月の函館2歳ステークスの2着馬だけに実績的に今回人気になるのは当然です。ただし、前走の札幌2歳ステークス凡走、及び今回の京都外回り(坂越え)1400の距離・コースががこなせるか?など、不明点も多いです。アウィルアウェイ阪神で新馬戦を勝ち、新潟で特別戦を制して無敗で今回の重賞に挑んでくる馬です。新馬戦が1200の芝、2走目が1400の芝ということで距離が延びても対応出来た [続きを読む]
  • 天皇賞・秋2018 コースの特徴から見た有力馬
  • 東京の芝2000メートルは1コーナー奥がスタート地点となり、2コーナーまでが130メートルほどしかないためにすぐにカーブになります。従って外枠不利が定説で、かつてメジロマックィーンが外枠から強引に内に切れ込んで失格となったことはあまりにも有名です。その後馬場改修が行われ、多少コースに丸みが出来て昔ほどの外枠不利ではなくなったものの、現在でも有利でないことは確かなようです。----------------------2018 [続きを読む]
  • 天皇賞・秋2018 過去のデータから傾向と対策
  • 天皇賞を皮切りに秋の古馬中距離G1戦線が幕を開けます。天皇賞→ジャパンカップ→有馬記念へとつながるということで競馬ファンの注目度も俄然高まりますわけですが、天皇賞の馬券傾向としては最近5年はややおとなし目で平穏に収まっているということが言えます。昨年は極悪馬場で行われ、勝ち時計が2分8秒3というおおよそG1レースのタイムとは思えないものでしたが、キタサンブラックが見事に1番人気に応えて快勝。2着も [続きを読む]
  • 天皇賞・秋2018 出走馬短評
  • 出走馬短評スワーヴリチャード安田記念3着以来の出走になりますが、4月に大阪杯を勝って今回の天皇賞と同じ2000の距離でG1を勝っていますので、今回は自身2つ目のG1タイトル獲得に力が入ります。1番人気で3着に敗れた安田記念の雪辱も果たしたいところです。ミッキーロケット昨年出走したこのレースでは14番人気で12着といいところがありませんでしたが、今回は宝塚記念を勝っての参戦ということで昨年とは立場が [続きを読む]
  • スワンステークス2018 コースの特徴から見た有力馬
  • 京都の1400芝外回りコースは2コーナーを曲がり終えた付近がスタート地点になります。3コーナーまでは約500メートルの直線となり、高低差約2メートルの坂を上ります。京都外回りコース名物の坂を上って下った後は4コーナーからほぼ平坦となり、4コーナーの植え込みをまわってからは約400メートル直線の攻防が繰り広げられます。脚質としては差し馬が有利な傾向が出ています。----------------------2018年10月27日( [続きを読む]
  • スワンステークス2018 過去のデータから傾向と対策
  • マイルチャンピオンシップを11月に控えた1400の距離の重賞ということでここを叩いて本番に臨む馬もおり、毎年見ごたえのあるレースが展開されているのがこのスワンステークスです。昨年は12番人気のヒルノデイバローが2着に入って万馬券になりましたが、過去をさかのぼっても適度に人気薄馬が突っ込んできており、高配当も期待出来る穴党向けのレースと言うことも出来るでしょう。2016年は8番人気のサトルルパンが2 [続きを読む]
  • スワンステークス2018 出走馬短評
  • 出走馬短評モズアスコット安田記念を制した馬がマイルG1春秋連覇をかけてスワンステークスから始動してきます。本番のマイルチャンピオンシップが目標だけに100パーセントの仕上げになっていない可能性もありますので、直前の追切や気配にも注目して馬券は検討したいところです。ヒルノデイバロー昨年このレースで12番人気ながら2着に食い込んで波乱を演出した馬です。今年に入ってからも6月の函館スプリントステークスで [続きを読む]
  • 菊花賞2018 コースの特徴から見た有力馬
  • 京都の3000メートル芝は、向こう上面からのスタートになり、コーナーを6回まわります。開催3週目に行われるということで内目の芝の傷みはそれほどでもない場合が多いため、菊花賞では内目を走った方が有利だとも言えるコースです。また、豊富なスタミナに加え、瞬発力も好走には必要とされています。----------------------2018年10月21日(日)菊花賞京都競馬場/芝/3000m----------------------激走馬情報の無料メール配 [続きを読む]
  • 菊花賞2018 過去のデータから傾向と対策
  • 牡馬3冠レースの最終戦となる菊花賞は、昨年は1番人気キセキが勝ちました。ただし、2,3着に2ケタ人気の馬が入線し、馬連は万馬券、3連単は55万円台と大きく荒れる結果になりました。一昨年の2016年も1番人気サトノダイヤモンドが勝ちながら2着に9番人気のレインボーラインが突っ込んで中波乱となりました。3000メートルという長丁場で行われるG1レースということで、人気になっても距離の壁に阻まれる馬もお [続きを読む]
  • 菊花賞2018 出走馬短評
  • 出走馬短評エポカドーロ皐月賞1着、ダービー2着の実績を引っ提げて3冠最後の戦いに挑んできます。神戸新聞杯では4着でしたが、そこそこ好走したということで本番へ向けて態勢は整ったという見方でいいでしょう。クラシック2冠目制覇の期待が高まります。エタリオウ前走の神戸新聞杯好走でダービーの人気薄での好走がフロックでないことを証明しました。青葉賞2着の評価が低く、ダービーでは13番人気でしたが、そこで4着、 [続きを読む]
  • シリウスステークス2018 コースの特徴から見た有力馬
  • 阪神競馬場のダートの2000メートルは、4コーナーのポケットからのスタートになります。最初は芝の部分を走りますがその距離は100メートルもないため、芝の部分を走ることによって前半の位置取りに枠順が影響することもほとんどありません。スタートしてから1コーナーまでが500メートルあり、1800メートルのコースよりも平坦部分を長く走るということで、前半のペースは1800メートルよりも速くなることがありま [続きを読む]
  • スプリンターズS2018 コースの特徴から見た有力馬
  • 中山競馬場の1200メートルのスタート地点は、外回りコースの向こう正面付近になります。スタートしてからゴール前の坂下まで下り坂になっていて、オーバーペースになることもあります。最後の直線に中山競馬場名物の急坂が待ち構えていますので、オーバーペースで前半に脚を使い切ってしまっていたような場合はここで伸びません。最後の直線は310メートル程度と短いので基本は先行馬有利ですが、坂があるだけにペース次第で [続きを読む]
  • シリウスステークス2018 過去のデータから傾向と対策
  • 昨年は11番人気メイショウスミトモが勝って大きく荒れましたが、過去の傾向から考えて昨年は例外と考えるのが妥当でしょう。最後の直線の坂をスタート後と最終コーナーを回った勝負どころの2回走るというタフな阪神の2000メートルダートコースで行われるということで、力のない馬がまぐれで好走するようなことはほぼありません。従って基本的には上位人気に推された馬がそれなりに頑張るレースと考えておきたいものです。最 [続きを読む]
  • シリウスステークス2018 出走馬短評
  • 出走馬短評サンライズソア5月の京都での平安ステークスを7番人気で勝って以来の出走になります。重賞で好走はするものの勝つまでに時間が少しかかりましたが、3月に地方の名古屋で重賞を初めて勝ち、5月には中央場所でもこの平安ステークスを制して充実してきましたので、今後が楽しみな馬です。グレイトパールデビュー以来ダートで6戦負けなしでしたが、ついに前走の5月に京都の平安ステークスで土がついてしまいました。今 [続きを読む]
  • オールカマー2018 コースの特徴から見た有力馬
  • 中山競馬場の芝2200メートルのコースは、4コーナーを曲がったすぐの地点からのスタートになり、スタートしてから最初のカーブまでは約430メートルあります。外回りコースを使用するため、2コーナーまでのカーブも緩く、平均ペースで流れることが多いコースになっています。また、向こう正面からは下り坂になっていてペースが落ちにくいため、仕掛けるポイントがカギになるとも言われています。また、先行脚質が有利ですが [続きを読む]
  • 神戸新聞杯2018 コースの特徴から見た有力馬
  • 阪神競馬場の2400メートル芝コースは、スタート地点は2000メートルと同じで、違いは2000メートルが内回りコースを使用するのに対し、2400メートルは外回りを使用する点です。最後の直線に坂のあるコースなのでこの坂を2回走るということでスタミナも必要と考えがちですが、道中のペースが上がらないコース形態ということで瞬発力勝負のレースになることが多く、勝つためには速い上りが要求されます。------------ [続きを読む]
  • 神戸新聞杯2018 過去のデータから傾向と対策
  • 菊花賞のトライアルレースであるこのレースは、3着までに入線すれば菊花賞への優先出走権が与えられます。従って賞金面的に微妙な馬はここで権利を獲ろうと意気込んでくるわけですが、このレースは1番人気馬が信頼にこたえることが多いレースとなっています。最近の10年間で1番人気馬は7勝、2着2回となっていて、連対率はなんと9割となっています。10年間で一度だけ3着内に入線せず、複勝圏内からも消えたことがありま [続きを読む]
  • オールカマー2018 出走馬短評
  • 出走馬短評レイデオロダービー1着、ジャパンカップ2着の一流馬が半年ぶりにレースに復帰します。今年は2月の京都新聞杯でまさかの3着、その後の海外遠征で4着とまだ未勝利ですが、デビュー6戦で5勝した当時の勢いを復活させて欲しいものです。アルアイン昨年の皐月賞馬が出走してきます。勝利はその皐月賞以来ありませんので、今回は何としても久々の勝利を飾りたいところでしょう。4月にG1大阪杯で3着に入線しています [続きを読む]
  • 神戸新聞杯2018 出走馬短評
  • 出走馬短評ワグネリアンダービー馬が秋に向けて始動してきます。デビュー以来6走し、7着に敗れた皐月賞以外はすべて2着までに入線していますので、ひと夏を越してパワーアップした姿を見せて欲しいものです。エポカドーロこの馬もダービー以来の出走になり、成長度合いが楽しみです。ダービーではワグネリアンに負けましたが、皐月賞ではそのワグネリアンを負かして勝っていますので、秋はクラシック2冠目も奪還したいところで [続きを読む]
  • ローズステークス2018 コースの特徴から見た有力馬
  • 阪神競馬場の外回り芝コースである1800メートル芝コースは、最後の直線が約470メートルあり、しかも200メートル付近からが急坂になっているということで、差し追い込みが決まりやすいコースになっています。従って直線に向いてから外に出しても十分に間に合うわけですが、内を突いた馬が穴をあけることもありますので注意が必要です。----------------------2018年9月15日(日)ローズステークス阪神競馬場/芝/1800m-- [続きを読む]