KAN さん プロフィール

  •  
KANさん: 喉の力み改善ボイストレーニング法
ハンドル名KAN さん
ブログタイトル喉の力み改善ボイストレーニング法
ブログURLhttp://loosevoice.hatenablog.com/
サイト紹介文喉の力みを改善に役立つボイストレーニング情報を掲載!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2016/02/06 09:13

KAN さんのブログ記事

  • 喉締めが解消されると気にしなくてよくなるルール
  • ◆基本知識としておさえておこう歌う時、または発声練習をする時、指導者からさまざまなアドバイスを受けると思います。それには、どういう意図があるのか?喉締め発声などで声が出しづらいという人に対して、少しでも喉に負担をかけず楽に出せるようになってほしいから、簡単に実践できることを、まずは、お伝えしているのです。歌う時に、絶対その通りの事をしなければならないわけではなく、あくまで、それらのアドバイスは「 [続きを読む]
  • 歌が上手いと印象に残る人
  • ◆歌が上手いという印象カラオケやライブステージで人前にして歌う時に、聞いている人には、やはり「上手い!」と思ってもらいたいという気持ちはありますよね。その「上手い」ですが、歌う側と聞く側で、少し感じ方が違うものなんだ、と思っておくと気持ちが楽になるかもしれません。考え方、捉え方を、少し変えるだけで、あなたも歌が上手いのカテゴリーに入れるかもしれませんので、ぜひ、読み進めてみて下さいね。◆歌う側 [続きを読む]
  • 口の中で声を転がすとは?
  • ◆声が口の中に納まっている体感ボイスコントロールが出来ている人は「声を口の中で転がしているような感じで歌うといいよ」と言ったりします。これは一体、どういう状態なのか。まだ発声トレーニングの初期段階の場合は、その感覚が分かりにくい場合が多いのですが「声を口の中で転がす」とは、比喩的な表現、かつ、個々の体感に基づいた感覚的な表現であるという事を、まずは押さえておきましょう。つまり、同じ状態であって [続きを読む]
  • 京都の音楽スタジオラグ Webマガジン掲載中
  • ◆ボイトレ記事掲載中のお知らせ京都にある音楽スタジオ「スタジオラグ」さんが発信されている 「バンド・音楽・楽器のお役たちWebマガジン」に、Loose Voiceのボイトレ記事を掲載して頂いております。歌に関する記事以外にも、音楽理論、ギター、ベース、ピアノなどの楽器について、オススメ楽曲ランキング、DTM、エンタメなど、音楽好きにはたまらないジャンルの記事が多数掲載されています。特に、音楽初心者には分かりやす [続きを読む]
  • リップロールだけでは声が痩せる?
  • ◆声の準備運動発声練習において、リップロールという唇をプルプル震わせるトレーニング方法があります。レッスンでもエクササイズの合間に用いる事がありますが、その意図をしっかりと理解しておくことが大切です。リップロールは、スポーツで言えば、その前の準備運動やストレッチに相当するもの。喉周辺の筋肉の脱力、息と声帯のバランス調整など、声を効率よく出す為の準備体操のようなもの。という事は、それだけでは、ス [続きを読む]
  • 仙台ボイストレーニングLoose Voice 受講生の評判(感想)
  • 仙台ボイストレーニングLoose Voiceは、喉の力みを改善し、低音から高音までスムーズに発声を行えるトレーニングに特化しています。特に「喉詰め発声」の改善に特化しています。「喉詰め発声」で悩んでいる方はとても多く、高い音になると、どうしても喉に余計な力みが入ってしまい、理想通りに声が出せずに歌う楽しみを体感できないという、残念な状態を招いてしまいます。歌が上手い、歌うのが楽しい、歌っていて心地よいと [続きを読む]
  • 喉(喉頭)の位置が安定するメリット
  • ◆喉が安定すると?歌っている時は、喉の奥をしっかり開けよう、喉を少し下げた位置にキープするようにしよう、などとよく言われる事があります。喉が上がる癖がついている人にとっては意外に難しいもので、改善されるまでには、ある程度のトレーニング期間が必要なものです。では、いったい、喉(喉頭)の位置が安定すると、どういったメリットがあるのでしょう?今回は、喉の安定することのメリットをお伝えしていきます! [続きを読む]
  • 喉の共鳴空間を狭める高音デメリット
  • ◆高音で喉の共鳴空間を狭める高い声は、声帯を上手く調整することで発声することができますが、もう一つ、「喉の共鳴空間を狭める」という方法があります。音を響かせる空間を狭めることで、高い音を作る。管楽器などをイメージしてもらうと分かりやすいと思いますが、大きなボディーの楽器よりも、小さなボディーの楽器の方が高い音が出せる。そんなイメージです。実際に、その方法で高音を出している人は「声帯の調整」+「 [続きを読む]
  • 本場アメリカ式!Voice Freaksのボーカルレッスンが仙台で受けられる!
  • ◆アメリカ式ボーカルレッスンこの度、アメリカ式ボーカルレッスンで話題の横浜Voice Freaksの仙台エリア講師に就任しました、KANです!東北エリアにお住まいの、ブラックミュージック、R&B好きの皆さん!!なんと‼?本場アメリカ式のボーカルレッスン、Voice Freaksのレッスンが、宮城県仙台でも受けられるようになりました!Voice Freaks は知っていたけど、横浜までは遠くて通えない、、と諦めていた方はもちろん、アメリカ [続きを読む]
  • 1時間のレッスンで「発声練習」はどれくらいやるの?
  • ◆歌えない原因が発声にある場合1時間のレッスンの中で、発声練習はどれくらいやるの?実際に、ボーカルスクールに通った経験がある人は、おおよそ、検討が着くと思いますが、平均的な長さとしては、10分〜15分ぐらいでしょうか。先生のピアノに合わせて行う場合や、発声教材の音源を使用して行う場合などがあります。どのような方法で発声練習をするか、また、どれくらいの時間を発声練習に充てるか。その判断をするのに重 [続きを読む]
  • 「声帯を閉じる」と「喉が上がる」の感覚
  • ◆人の感覚とは曖昧なもの歌っていて喉が苦しく感じる、という事がよく起こりやすいですが、その「苦しさ」って一体、どういう状態から感じるものなのでしょう?それが、きちんと自分の中で理解できていないと、間違った解決方法に向かってしまう場合もありますので、慎重、かつ正確な分析が必要です。◆苦しい状態まず、苦しいというのは、肺から口の外に「スムーズに息が流れない状態」になっているから起こっている、という [続きを読む]
  • 音程は気にし過ぎないことも大事
  • ◆どうしても気にしがちな音程歌う時に、まず気にしてしまうのが「音程」だと思います。「音を外したらどうしよう・・」という心配から、正確な音程を取ろうとする意識が強くなるのは当然です。音程は、とても繊細なもので、例え、自分で合っていると思って歌っていても、実際は、微妙にズレていたりすることもよくあります。それは、録音して聞いてみないと分からないようなレベルだったりもします。それぐらい音程は繊細なも [続きを読む]
  • 胸式呼吸のデメリット
  • ◆胸式呼吸歌う時は「腹式呼吸」が良いと言われます。声を出す為に必要な呼気。その息をコントロールする為には、長いフレーズにも対応できる腹式呼吸が最適です。では、逆に、胸式呼吸ですと、どんなデメリットがあるのでしょうか?決して胸式でも歌えないわけではありませんが、これほどまでに「腹式」が浸透しているのには理由があります。今回は、胸式呼吸のデメリットについてのお話しです。◆息のコントロールが難しい [続きを読む]
  • 歌い過ぎた声嗄れに『響声破笛丸料』漢方薬
  • ◆愛用されている歌手も多い今回は、声嗄れ、かすれ、しゃがれ声に効果の高い漢方薬をご紹介します。名前は、『響声破笛丸料(きょうせいはてきがんりょう)』漢方薬なので、安心して服用できますね。歌う人だけに限らず、日頃から大声を出すお仕事の方、例えば、教職員、保育士、アナウンサー、リポーター、の方などにもオススメです!その効果は、一度、試してみると実感できるのではないかと思います。個人的には、かなり、 [続きを読む]
  • お腹に力を入れると声はどうなる?
  • ◆人間の反射運動人間には、一つのアクションに対して、反射的に行ってしまう(連動)運動というものがあります。例えば、・急に、顔の前で手を叩かれたら目を閉じてしまう。・右足を出して歩きはじめる時、左手が前にでる。・息を止めると自然に口も閉じるこういった連動運動は、ごくごく自然なことであり、無意識に行っていますよね。声を出す事も日頃は、自然に行っているもの。そこに、息を使うとか、お腹から出すとか、喉を [続きを読む]
  • 地声から裏声に変わる時に確認しておきたいこと
  • ◆喉の使い方が分かる地声と裏声の両方を使った曲は、いまや珍しくありません。色んな曲を聴いて裏声で歌っている部分に耳を澄ましていると「強く張りのある裏声」と「優しくやわらかい裏声」がある事に気が付くと思います。どちらも、曲を表現するうえで欠かせない裏声です。この2種類の裏声ですが、単音で裏声だけを出す時は、どちらの裏声も出せるけど、曲中に出てくる裏声になると一方しか出せなくなる・・という人がいます [続きを読む]
  • 歌声が出しにくいのは母音が弱いから
  • ◆声が鳴りやすいのは母音発声練習では上手く声が出せるけど、実際に歌うと思うように声が出ないという事がよくあります。その原因は、一体なんなのか??色んな要素が考えられますが、今回は「言葉の違い」に注目して話をしていきたいと思います。発声練習は、一般的には、一つの母音(「ア」など)の言葉を使って声を出すことが多いと思います。他の母音の言葉であったとしても、基本、言葉は一つ。口も動かさずに、喉を鳴ら [続きを読む]
  • 楽器も声も綺麗な「音」を出すことから
  • ◆まずは自分の「音」に拘る学生の頃、音楽の授業で楽器を弾いた経験があると思います。管楽器で言えばリコーダー、吹奏楽をやっていた方でしたら、トランペット、トロンボーン、クラリネット、ホルンなど。それらの楽器は、打楽器(鍵盤も含む)と何が違うのかと言いますと、「音色自体を自分で作る必要がある」という事です。ピアノであれば、鍵盤をたたけば誰でも同じ音色が鳴ります。なので、良くない音色が出ることはあり [続きを読む]
  • なぜ喉の脱力は難しいの?
  • ◆どんなボイトレ本にも必ず書いてある「歌っていると喉に力みが入ってしまう・・」と悩んでいる人は、少なくないと思います。そこで、ボイトレ本などを参考に、その脱力方法を検索してみると、書いてあることの多くは、「喉をリラックスさせましょう」「喉の奥をしっかり開けましょう」「首回りをストレッチしましょう」・・・などなど、様々な改善アドバイスが書いてあると思います。しかし、喉の力みで悩む人の多くに共通す [続きを読む]
  • 喉は上がっていないのに詰まり声になる
  • ◆喉ではなく「舌と軟口蓋の距離」発声練習で、喉(ノドぼとけ)は、なるべく上がらないように、少し下がった位置で声を出すと、響きが豊かな声が出せますよ、と聞いたことがあると思います。まさしく、その方が声を響かせる空間が広く確保できるので、響きは豊かになり音色の良い声を作る事ができます。しかし、喉は上がっていないはずなのに、なぜか詰まった声になってしまう人もおります。。その原因は、何なのでしょうか? [続きを読む]
  • ボイトレの目標の立て方
  • ◆ボイトレを始めよう今年、ボイトレを始めてみようと思っている人へ。自分の理想とする声を手に入れる為には、どのような目標を持って、どういう風に練習をしていけばよいのか、初めは漠然としてしまい、どこから何をやってよいか分からない、、と悩んでいる人もいると思います。今回は、声を作っていく為に頭に入れておくとよい、ちょっとしたコツをお話ししていきたいと思いますので、ぜひ、お役に立ててみて下さいね。◆総 [続きを読む]
  • 「ボイトレを受けてみて」の感想
  • ◆生徒さんの声仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!昨年は沢山の方がレッスンに通って頂き、ありがとうございました。本年も、よりいっそうトレーナーとしてのスキルをアップさせていきますので、楽しみにして頂けたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。さて、今年、初めの記事ということで!!今回は、昨年からレッスンに通ってもらっている方より『ボイトレを受けてみての感想』を頂きましたので、ご [続きを読む]
  • 声の共鳴する順番に注目しよう
  • ◆声を共鳴させよう美しい歌声を作る為に「共鳴」は欠かせないもの。声帯によって生まれた声が、共鳴することによって声に、広がり、温かみ、深み、人間らしい楽器の音が作られます。声を響かせようとする時、どうやって響かせるか?という疑問を持つ前に、どこに響かせることができるものなのか?という点を押さえておく必要があります。今回は、声を響かせるポイントで混乱しない為に、「声の響かせる場所(部分)」について [続きを読む]
  • この1年で声が成長した人達
  • ◆声が成長した人達12月半ばも過ぎましたので、ちょっと、今年のレッスンの振り返りをしてみたいと思います。テーマは、「声が成長した(本人も変わったと感じた)」人達ってどんな人??レッスンを受けていても、あまり声が変わらない人もおります。それは、歌に限らず、すべての習い事にもあると思いますが、せっかく習っているのですから、自分自身でも「成長した!」と感じたいですよね。先生やトレーナーが「良くなったね [続きを読む]
  • ボイトレを始める前に確認しておきたい事
  • ◆やみくもなボイトレをしない為に声の出る仕組みは、皆同じですが、現在の発声状態の癖は微妙な個人差があります。なので、同じトレーニングをしても万人に通用するかというと、必ずしもそうではありません。今回は、ボイトレをする前に、ひとつ、確認しておくとよい項目がありますので、その状態が自分はどうなのか?をチェックしてから、ぜひ、トレーニングを進めてみて頂けたらと思います。◆そのチェック項目とは?そのチ [続きを読む]