KAN さん プロフィール

  •  
KANさん: 夢を終わらせないボイストレーニング
ハンドル名KAN さん
ブログタイトル夢を終わらせないボイストレーニング
ブログURLhttp://loosevoice.hatenablog.com/
サイト紹介文歌声の悩みは、その練習法に気づいていないだけ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2016/02/06 09:13

KAN さんのブログ記事

  • どうして、カラオケは頑張っちゃうの?
  • ◆カラオケで頑張ってしまう自宅だと気持ちよく歌えるのに、いざ、カラオケに行くと気持ちよく歌えない。。早々に全力を出し切ってしまい、スタミナが切れる。。こんな経験をしたことはないでしょうか?気分発散の為にカラオケに行っているのに、終わると喉が嗄れたりして、逆にテンションが下がってしまう、、のは嫌なものですよね。どうしてカラオケに行くと、いつも通り上手く歌えなくなるのか。今回は、そんな疑問について [続きを読む]
  • 「もとから声が上手く出る人がいる」から気付く事
  • ◆もとから上手く声が出る人がいる友人や知人、身近な人で、ボイトレや歌を習っていないのに、もとから上手く声が出せて歌える人って少なからず、何人かはいると思います。そんな人達を見て、何となく「いいな〜」と思ってしまって終わり。。になっていないでしょうか??そこで終わらず、少し掘り下げて考えていってみましょう。実は、思わぬ大きな発見に結び付くことになるかもしれませんよ。今回は、そんな話題です!◆トレ [続きを読む]
  • どうして洋楽は音程が細かいの?
  • ◆洋楽は難しい?洋楽を歌おうと練習している人は、すぐに気づく事ですが、洋楽って歌うのが難しく感じませんか??日本語じゃないので、歌詞自体を上手く言えない・・という難点もありますが、何といっても音程が細かいのが日本の歌とは大きく違う点です。めんどくさくなって、省略?!したくなっちゃいますよね(=_=)でも、、それだとカッコ良くない。。どうして洋楽は、音がコロコロ移動するようなメロディーなのか??今回 [続きを読む]
  • ある意味、歌おうとしないこと
  • ◆頑張りが邪魔になる?歌うとき、集中する事は大切ですが、決して「頑張って歌う」必要はありません。聞いている人を心地よくさせる為には、余裕を感じられる歌の方がいい。お客さんの立場になってみた時、それを強く感じさせられますよね。「歌う」ことは、本来、難しくも大変でもない事なのですが、最近は、楽曲自体の難易度が高くなっていることもあり、歌う事が難しいものだ!と感じてしまっている人も多いようです。ですの [続きを読む]
  • 歌っている時、息が吸いにくくなる原因
  • ◆息が上手く入ってこない?「歌っている時、息が上手く入ってこない」と感じた経験はないでしょうか?歌は、フレーズとフレーズの間が短く、一瞬で息を取り込まなくてはいけない場合が多く、余裕ある歌唱をするためには、ブレスのタイミングと取り込む息の量が、とても重要になってきます。「普段の呼吸よりも息が上手く入ってこない感じがする・・」という場合、何が原因なのか??今回は、その原因をお伝えしていきましょう! [続きを読む]
  • 仙台ボイストレーニング Loose Voice 【入会キャンペーン実施中】
  • Loose Voiceでは、随時、体験レッスンを行っています。「どのような事をするの??」と、興味がある方の為に、少しだけ、その内容を公開いたします。《体験レッスンの流れ》①お話し(カウンセリング)発声や歌に関しての悩みをお聞きし、まずは、ご本人が感じている事を確認いたします。また、今後の目標や、何が出来るようになりたいかをお伺いさせて頂きます。②ピアノに合わせて声を出してみよう簡単な音階に沿って声を出 [続きを読む]
  • カラオケ採点で気をつけたいこと
  • ◆カラオケ採点で意識してしまうことカラオケに行くと、気になるのが点数(採点)です。ステージで歌う時と、カラオケで歌う時。その2つを、しっかりと意識を分別できている人は大丈夫ですが「カラオケ高得点=伝わる歌」というわけではない事を頭の片隅に置いたうえで、今回は、カラオケ採点時に気を付けておきたい事を、お伝えしていきたいと思います!◆採点バーの意識カラオケで高得点を出すには、なんといっても音程がポ [続きを読む]
  • 発声は、なるべく短期間で掴む
  • ◆歌う時間を増やしたい理由発声トレーニングは、スポーツで言えば、いわば基礎練習にあたる部分です。基礎をおろそかにしてしまうと、その上に積み上げていく「応用」も不安定なものになります。確かに、基礎練習は大事です。でも、何のための基礎練習なのかを考えると、できるだけ早く、実践も交えてことも必要。そこで!今回は基礎だけに停滞せずに、実践をしながら声も歌も成長していけるような方法を、お伝えしていきます! [続きを読む]
  • 上を向いて歌うシンガーから気付くこと
  • ◆上を向いて歌うシンガーライブパフォーマンスで、天井を見上げるように上を向いて歌うシンガーを、よく目にします。特にロック系のシンガーに多いような気がします。上を向くと、言葉はしゃべりにくくなりますので、ロングトーンで声を伸ばしているシーンなどで、目にすることがあります。なぜ、そのような体勢でも、歌う事ができるのか??一般的に、歌う時は「顎を引いて真っすぐ前を見る」というスタンスが良いと言われて [続きを読む]
  • 11/12(日)出張ボイストレーニング IN 山形(第2回)
  • 【出張ボイストレーニング in 山形】(第2回)日本ボイスアドバイザーが教える、従来とは全く違う、誰にでも高い効果が得られるボイストレーニングを、あなたに☆☆山形の皆さん、こんにちは!Loose Voice ボイストレーナーのKANです!今回、仙台で話題沸騰中のLoose Voiceのボイストレーニングを、山形の皆さんにも、受講して頂けることになりました!今年2月にも実施させて頂き、大盛況となりました、喉の科学的な理論に基づ [続きを読む]
  • 【効果あり】顎の落とし方 〜顎が力む人向け
  • ◆「口を開ける」=「顎を落とす」今回は、歌唱時に、喉や顎に余計か力が入ってしまうという人に向けのワンポイントアドバイスになります。もし、喉や顎に力みは感じないという人は、参考までに読んで頂けると嬉しいです。テーマは、歌う時の「顎の落とし方」です。「顎を落とす」=「口が開く」ということになるのですが、あえて、顎を落とすという表現にしているのは「唇」よりも「顎」を意識してほしいからです。それでは [続きを読む]
  • 歌が上手い人に勝つための練習量
  • ◆「質」より「時間」?「歌が歌える」そのスタート地点は、個人差があります。はじめから歌える人と、そうでない人。前者の場合は、すでに歌えるという感覚があるので、努力とか練習という意識よりも、歌う事が好き、楽しい、ハマる!みたいな気分で歌い続けていく傾向があると思いますが、後者の場合は、楽しいというより「頑張る・努力・根性・練習!」という気持ちが、割合多く占めるもの。もともと歌が上手い人が、努力を [続きを読む]
  • 自分らしい「イケボイス」の探し方
  • ◆自分の自然体な声歌の練習に励んでいる人は、毎日、色んな曲を歌ったり聞いたりしていると思います。ですが、プロ志望でもない限り、なかなか作曲をする機会というのは少ないと思います。そうなると、カバーソングを歌う事が中心になるわけですが、お手本がある曲だと、どうしても、無意識に、本人と比較してしまう自己感覚があると思います。そこで気づいてほしいことは、あの人(歌手本人)の声は、あの人の自然体な声。無意 [続きを読む]
  • 息が足りなくなる?!を解決しよう!
  • ◆歌っている時に、息がもたない歌っていると息が足りなくなる!こんな悩みを持っている人は少なくないと思います。一体、なにが原因で息が足りなくなるのか?今回は、いくつかのチェック項目と共に、改善方法をお伝えしていきたいと思います。まず、チェックしてほしいのが、普段、おしゃべりしてる時のような、わりと低い声で声を出した時、10〜15秒位、声を伸ばすことができますでしょうか??もしくは、本の文章などを10秒間 [続きを読む]
  • 真面目な頑張り屋さんほど発声で悩みがち?
  • ◆真面目過ぎも良くない発声の練習とは面白いもので、頑張ればいい、、ということでもないのです。むしろ、いかに頑張らないで適切な発声をゲットするかがポイントです。一般的に「女性は感覚的」「男性は理論的」ということが言われています。そして、真面目で頑張ってしまう傾向にあるのが、理論的な思考を持つ男性です。(僕も男性なので、気持ちはよく分かります( ̄▽ ̄) )すると、真面目な頑張り屋さんはどういう行動を [続きを読む]
  • 安心感のある歌い方
  • ◆安心感のある歌い方歌を聞く側に立った場合「歌を安心して聞いていたい」と思うものです。「大丈夫かな〜?」と不安になるような気持ちで歌を聞くのは、、嫌ですよね。そのためには、歌う側が、聞く側に安心して聞いてもらえるような歌い方をする必要があります。では、歌い方に安心感を持たせるには、どのような事に気をつけたらよいのでしょうか?今回は、技術的な面、心理的な面から、そのコツをお伝えしていきたいと思いま [続きを読む]
  • 顎と喉の脱力練習法
  • ◆顎と喉を脱力させよう発声に、顎と喉の余計な力みは要らないもの。でも、どうしても力が入ってしまう。。そんな悩みを持っている人は少なくありません。力みが「癖」となってしまっている場合は、意識だけでは改善が難しいものです。そこで、今回は、やや強制的に、顎と喉の脱力をしながら発声する練習法をお伝えしたいと思います。力が入るという事は、筋肉を固めている状態。その固めている筋肉をほぐすにはどうするか?? [続きを読む]
  • いざ、という時に出る声を知る
  • ◆感情と声声は、感情と強く結びついています。ボイストレーニングなどでフィジカル面を強化していく事と同じくらい、メンタル面も重要です。元気がある時と無い時、気分が良い時と悪い時。心の状態がどちらかによって、無意識に発声される声は、変化するものです。大きい声を出したい。高い声を出したい。実は、あなたは、すでにその声を出せる可能性を秘めているかもしれません。自分で出しにくい、、と感じる声は日常生活で [続きを読む]
  • 「リズムで歌う」の効果!
  • ◆疎かにしがちなリズム歌う時に、おろそかになりがちなリズム。学校の音楽教育現場では、メロディーや音程という部分に練習時間が多く使われます。小・中学校の音楽の授業を思い返してみても、、確かにそうでした。まずは、音程をしっかり取りましょう!という練習です。そして少しだけ発声的なレクチャーがあって、個人的には、リズムトレーニングというものを行った記憶がないです。。それくらい「リズムで歌う」という意識が [続きを読む]
  • 喉を開ける準備のグッドタイミング
  • ◆喉を開く準備歌う時は、喉の奥を広く開けましょう、とよく言われます。話し声よりも、より音楽的な豊かな声を出す為に、喉の奥は十分に開ける事が必要です。そこで、今回は、喉の奥を開ける準備のタイミングについて、お話ししていきます!実は、開ける準備が遅かったりする人が多いのです。その前に、まず、一つ確認しておきたいのが ⇒「喉の奥を開ける」という作業は、口を開けなくてもできる。口を閉じたままでも、喉の [続きを読む]
  • 歌が上手い人は情報量が多い
  • ◆情報量の多さ歌が上手い人は、総じて、多くの情報を持っている。「情報」とは、例えばこんなことが挙げられます。・日本に留まらず、世界的なシンガーの名前や曲について・発声法について・歌唱テクニックについて・音楽理論について・ステージングについて・歌唱マインドについて・自分の魅力について・自分なりの「歌が上手い人」の定義について・歌の明確な目標とゴールについて・プロのライブ体験について歌が上手くなる [続きを読む]
  • 喉にストレス感じない
  • ◆喉にストレスを感じないで歌う歌っている時は、何に、気持ちを集中させたいか。カラオケは、目的が「発散」という場合が多いと思いますが、ステージなど、人前できちんと歌う場合には、意識する事が増えてきます。お客さんを見る、歌詞を届ける、楽しませる、パフォーマンスをしっかりする・・など、意識は常に「お客さんに対して」という事になります。人前で歌った経験がある人は想像がつくと思いますが、本番となると、声 [続きを読む]
  • 歌が「得意<好き」な人が勝つ
  • ◆歌が得意 < 歌が好き「自分は歌が得意だ」と思っている人よりも「得意じゃないけど歌が好きだ」という人の方が、将来的に、歌が上手くなる可能性が高いと思います。理由は、得意と思っている人は現状維持で満足しがちですが、歌が好きな人(でも苦手な人)は、常に向上心があり、高い壁を越えようとチャレンジし続けるからです。上手く歌えなくて悔しい思いをした時、支えになるのが「自分は歌が好き」という気持ちです。好 [続きを読む]
  • 歌が「上手い」より「センスがある」に注目
  • ◆歌い方が素敵歌は、最低限の音楽マナーさえクリアしていれば、自由に表現できるものです。だから「素敵な歌」になるかどうかには、歌い手のセンスが問われます。曲のカバーにしても、歌い手によって、まったく印象が変わる事がよくありますよね!では「歌にセンスがあるなぁ〜」と感じるのは、どういう印象を持つときでしょうか?個人的な感覚になりますが、それは「歌い方がカッコイイ」と感じる時であるような気がします。 [続きを読む]