KAN さん プロフィール

  •  
KANさん: 喉の力み改善ボイストレーニング法
ハンドル名KAN さん
ブログタイトル喉の力み改善ボイストレーニング法
ブログURLhttp://loosevoice.hatenablog.com/
サイト紹介文喉の力みを改善に役立つボイストレーニング情報を掲載!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/02/06 09:13

KAN さんのブログ記事

  • カラオケで聞いてもらえない歌い方って?
  • ◆カラオケでこんなことありませんか?仲間とカラオケに行った時を想像してみて下さい♪自分が歌っている時、周りの人が、おしゃべりしていたり、曲を選んでいたり、ついにはトイレに行ってしまったり・・そんな状況をあじわった事ってありませんか?歌いながら、心の中で「ちゃんと聞いてよー!!」って叫びたくなりますよね。。これって何が原因なんでしょう??まてよ、、逆の状況を考えてみましょう。誰かが歌っている [続きを読む]
  • 声を出す方向を変えると何が変わるの?
  • ◆歌う時の声の方向「歌う時、どの方向に向かって声を出すの?」こんな疑問&質問がよくあります。この答えを考える時には、頭の中で、大きく2つに分けて考えていく必要があります。早速、話を進めていきます!まず、1つ目は「歌を誰に向けて歌っているか」という超シンプルで自然な考え方です。そもそも歌は、ライブであれば、お客さんに届ける事が大前提です。日常の挨拶や会話と同じく、届けたい人に向かって声を出す [続きを読む]
  • ブレスのタイミングで歌いやすくなる
  • ◆声を出す準備が命声を出す動力となっているのは「息」です。「息」と「喉(声帯)」この2つが、声(=音)を作っているわけなので、よい声を出す為には、この2つのどちらかでも上手く使えていないと、出しづらさを感じたりするわけです。今回は、特に「ブレスのタイミング」について、簡単にできるちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。◆いきなりの高音を安定させるまず、歌っている自分を想像してみましょう。歌い [続きを読む]
  • 高い声の前に大声を出してみる
  • ◆大声を出せること高い声の出し方を練習しよう・・その練習をする前に、一度「大声」を出してみるとよい。なぜ、大声を出してみるとよいのか、その理由がいくつかあります。【理由】◆「声量」と「音域」の関係「声が小さい人と、声が大きい人では、音域にも差がでるのか?」これは、これまでレッスンをしてきて、その中での統計的な話になりますが、声が大きい人の方が高音域も広いという傾向があります。例えば、学生時代に [続きを読む]
  • 地声が強くて高音が出ない場合
  • ◆地声のノドの使い方が強い普段、お話ししている声は「地声」です。そして、割と低めの音域を使って話している方が、ほとんどではないかと思います。その音域を毎日毎日出しているわけですので、当然、地声の低音が強く鍛えられていきます。歌の中で、高い声を出す時に、その地声の音が強くなり過ぎて音が上がらない・・という悩みを持っている方は、少なくありません。感覚的には、恐らく、【声を出すこと=地声の低音のノド [続きを読む]
  • 自分らしく歌うためのファーストステップ
  • ◆自分らしく歌う歌の練習は「既存曲のカバー」という形が一般的ですよね。カバー曲の場合、歌手本人が歌っている一つの完成形が、すでにあるわけなので「自分らしく歌う」ということが、少し難しく感じる時があります。自分らしく歌いたいと思っている人にとって、一番言われたくないのが、「モノマネしてるみたい・・」という感想です。これは、自分という個性が活かされていない状態なので、魅力的にも少し残念に感じられま [続きを読む]
  • 意外と気づかない鼻声
  • ◆無意識に鼻声になってしまう歌う時に、鼻にかかったような「鼻声」で歌ってしまう人が少なくありません。歌っている本人は、全く意識はしていないのですが、自然と鼻声を作っている。どうして、鼻声になるのか??今回は、そのメカニズムをお話ししていきます!◆鼻声はどうやって作られるの?「鼻声を出してみてー」と言われたらどうやって出そうとするのか、まずは自分の口の中の動きに、感覚を研ぎすましながら、自分なりの [続きを読む]
  • 合唱の発声法のメリット
  • ◆合唱の歌い方学校などで合唱をやっている人の発声には、どんなメリットがあるのか?今回は、特に男性には注目して頂きたいお話しです!はじめに、合唱の発声法は、どんな感じで声を出しているのかと言いますと、基本は、クラシック発声を使います。(声楽家の方が行っている発声法ですね)学生時代、合唱をされていた人は、特別「クラシック発声」をしていたとは意識していなかったと思います。なぜかと言いますと、きっと、 [続きを読む]
  • 小さい子供のボイトレについて
  • ◆未発達なノドのなかで小さい子供(変声期前)の声は、大人よりも高い声が出ます。それは、ノドが未発達な状態で、声帯も小さく、薄く、声を響かせる空間も狭いから。そんな、これから育っていくノドの状態で、ボイストレーニングを行っていく場合、色々と気を付けなければならない事があると感じていて、むやみに、音域を伸ばさせたり、声量を上げさせたりするのは、今後の将来を見据えた時、慎重に行っていく必要があります。 [続きを読む]
  • イメージで声は変わるの?
  • ◆イメージで声は変わるの?声を出す時に、声を当てる場所をイメージして発声トレーニングを行っていく方法があります。実際にイメージだけで声が出しやすくなるのであれば、こんなに嬉しい事はないですよね!?では、その効果のほどは??というのか気になるところ。と、その前に!声を当てる場所のイメージを変えると何か変わるのか、という点から確認していきましょう。例えば、胸や眉間、頭など体の部位に声を当てるイメ [続きを読む]
  • 【札幌】 出張ボイストレーニングを終えて
  • ◆札幌 出張ボイストレーニングを終えて6/9〜6/10に、初開催した札幌でのボイストレーニング。札幌駅周辺は、音楽スタジオも多く、バンド活動などをしていくにあたっては、特に大きな不便もなく、良い環境が整っているような印象。ボーカルスクールを含む音楽スクールも多数あり、指導面でも札幌まで足を運べば選択肢は少なくはないと思います。そんな環境の札幌ですが、今回、ボイストレーニングに来て下さった方々の主な悩み [続きを読む]
  • 簡単!声帯を閉じるとは?
  • ◆響く声を出す為の第一歩!歌声として響きのある声を出す為には、声帯をしっかりと閉じて振動させてあげなければなりません。また、声が小さい、弱いという悩みを持っている方も同様です。では「声帯を閉じる」ってどういうことなの?それは、とても簡単なのです。その感覚を味わってみましょう。まず、口を少し開いて「ため息+声」を混ぜたような弱い声を出してみます。「はぁ〜」という感じ。そして次に、そのため息を途中 [続きを読む]
  • カラオケで歌う前に
  • ◆カラオケで歌いづらいカラオケで歌った時に「練習の時のように上手く歌えていない気がする」という悩み相談をよく受けることがあります。なぜ、そういう気がするのかを聞いてみると、圧倒的に多い理由が「すぐに喉が疲れて、声が出しづらくなって・・。」という事でした。せっかく、ボイストレーニングをしているのに、いざ皆の前で歌ったときに満足感を得られないのは、残念ですよね。今回は、そんな時に、ぜひ、歌う前にやって [続きを読む]
  • 上手く歌えない根底原因に気付こう
  • ◆状態と原因の結びつけ歌が上手く歌えない原因は、人それぞれ、色んなタイプに分かれます。また、表面的な部分だけを見てしまい、その根底にある原因まで気づかないで練習してしまうと、上達するまで、とても時間がかかることもあります。例えば、「音程が外れやすい」という人は、聴き取り(ヒアリング)が間違っている場合と、発声(喉の使い方)が上手くいっていない場合と、どちらのケースも考えられます。基本、歌は正しい [続きを読む]
  • 録音した自分の歌声に感じる「ギャップ」
  • ◆自分の声を録音するあなたは、自分の歌声を録音して、聞いてみた事はありますでしょうか??録音は、スマホの「ボイスメモ」などのアプリで簡単に録音する事ができます。レッスンでも、時々、生徒さんの歌を録音したりするのですが、皆さん、もれなく嫌がります。。自分の声を聞きたくない、と思ってしまうみたいですね。でも、客観的に聞かないと歌は上達していかないのですよ””例えば、毎朝、学校や仕事に出かけるとき、休日 [続きを読む]
  • リズム感が良くなると歌のココが変わる
  • ◆リズム感つける音楽に欠かせない要素の一つに「リズム」があります。リズムがある事で、歌詞のメッセージを軽快に、心地よく、リスナーに届ける事ができます。楽器の場合、リズムというものが重要であることは、初心者の段階で、すぐに分かるものです。ギターでもピアノでも、音が出たら、まずはリズムトレーニングから行っていくほど、重要な要素です。歌の場合も、リズム感のある歌い方と、そうでない歌い方には、あきらかに [続きを読む]
  • 2018年 出張ボイストレーニング in 札幌!
  • 日本ボイスアドバイザーが教える、従来とは全く違う、誰にでも高い効果が得られるボイストレーニングを、あなたに!札幌の皆さん、こんにちは、Loose Voice ボイストレーナーのKANです!仙台で話題沸騰のボイトレ!Loose Voiceのボイストレーニングを、今回、札幌の皆さんにも、受講して頂けることになりました!今回の出張ボイストレーニングでは、あなたの理想の声が出しづいらい原因と、その解決法(練習法)をお伝えします [続きを読む]
  • 喉締めが解消されると気にしなくてよくなるルール
  • ◆基本知識としておさえておこう歌う時、または発声練習をする時、指導者からさまざまなアドバイスを受けると思います。それには、どういう意図があるのか?喉締め発声などで声が出しづらいという人に対して、少しでも喉に負担をかけず楽に出せるようになってほしいから、簡単に実践できることを、まずは、お伝えしているのです。歌う時に、絶対その通りの事をしなければならないわけではなく、あくまで、それらのアドバイスは「 [続きを読む]
  • 歌が上手いと印象に残る人
  • ◆歌が上手いという印象カラオケやライブステージで人前にして歌う時に、聞いている人には、やはり「上手い!」と思ってもらいたいという気持ちはありますよね。その「上手い」ですが、歌う側と聞く側で、少し感じ方が違うものなんだ、と思っておくと気持ちが楽になるかもしれません。考え方、捉え方を、少し変えるだけで、あなたも歌が上手いのカテゴリーに入れるかもしれませんので、ぜひ、読み進めてみて下さいね。◆歌う側 [続きを読む]
  • 口の中で声を転がすとは?
  • ◆声が口の中に納まっている体感ボイスコントロールが出来ている人は「声を口の中で転がしているような感じで歌うといいよ」と言ったりします。これは一体、どういう状態なのか。まだ発声トレーニングの初期段階の場合は、その感覚が分かりにくい場合が多いのですが「声を口の中で転がす」とは、比喩的な表現、かつ、個々の体感に基づいた感覚的な表現であるという事を、まずは押さえておきましょう。つまり、同じ状態であって [続きを読む]
  • 京都の音楽スタジオラグ Webマガジン掲載中
  • ◆ボイトレ記事掲載中のお知らせ京都にある音楽スタジオ「スタジオラグ」さんが発信されている 「バンド・音楽・楽器のお役たちWebマガジン」に、Loose Voiceのボイトレ記事を掲載して頂いております。歌に関する記事以外にも、音楽理論、ギター、ベース、ピアノなどの楽器について、オススメ楽曲ランキング、DTM、エンタメなど、音楽好きにはたまらないジャンルの記事が多数掲載されています。特に、音楽初心者には分かりやす [続きを読む]
  • リップロールだけでは声が痩せる?
  • ◆声の準備運動発声練習において、リップロールという唇をプルプル震わせるトレーニング方法があります。レッスンでもエクササイズの合間に用いる事がありますが、その意図をしっかりと理解しておくことが大切です。リップロールは、スポーツで言えば、その前の準備運動やストレッチに相当するもの。喉周辺の筋肉の脱力、息と声帯のバランス調整など、声を効率よく出す為の準備体操のようなもの。という事は、それだけでは、ス [続きを読む]
  • 仙台ボイストレーニングLoose Voice 受講生の評判(感想)
  • 仙台ボイストレーニングLoose Voiceは、喉の力みを改善し、低音から高音までスムーズに発声を行えるトレーニングに特化しています。特に「喉詰め発声」の改善に特化しています。「喉詰め発声」で悩んでいる方はとても多く、高い音になると、どうしても喉に余計な力みが入ってしまい、理想通りに声が出せずに歌う楽しみを体感できないという、残念な状態を招いてしまいます。歌が上手い、歌うのが楽しい、歌っていて心地よいと [続きを読む]
  • 喉(喉頭)の位置が安定するメリット
  • ◆喉が安定すると?歌っている時は、喉の奥をしっかり開けよう、喉を少し下げた位置にキープするようにしよう、などとよく言われる事があります。喉が上がる癖がついている人にとっては意外に難しいもので、改善されるまでには、ある程度のトレーニング期間が必要なものです。では、いったい、喉(喉頭)の位置が安定すると、どういったメリットがあるのでしょう?今回は、喉の安定することのメリットをお伝えしていきます! [続きを読む]
  • 喉の共鳴空間を狭める高音デメリット
  • ◆高音で喉の共鳴空間を狭める高い声は、声帯を上手く調整することで発声することができますが、もう一つ、「喉の共鳴空間を狭める」という方法があります。音を響かせる空間を狭めることで、高い音を作る。管楽器などをイメージしてもらうと分かりやすいと思いますが、大きなボディーの楽器よりも、小さなボディーの楽器の方が高い音が出せる。そんなイメージです。実際に、その方法で高音を出している人は「声帯の調整」+「 [続きを読む]