株の初心者 さん プロフィール

  •  
株の初心者さん: 株の初心者 日経平均株価予想
ハンドル名株の初心者 さん
ブログタイトル株の初心者 日経平均株価予想
ブログURLhttp://225index.com/
サイト紹介文株の初心者で日経平均株価予想の為に、覚えておきたい相場見通しとテクニカル分析。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供488回 / 365日(平均9.4回/週) - 参加 2016/02/06 18:28

株の初心者 さんのブログ記事

  • 星野リゾート・リート投資法人ポートフォリオ2000億円へ拡大計画
  • REIT投資判断〜星野リゾートリート投資法人星野リゾート・リート投資法人(3287)が2018年4月にホテル・アンドルームス大阪本町を42億円で取得。利回り5.1%、償却後利回り4.5%、同社は年間300億円ペースで物件取得しており現在1468億円のポートフォリオを2020年に2000億円へ拡大する方針。野村證券では星野リゾート・リート投資法人レーティング「BUY」継続、目標株価80万6000円→80万4000円へ引き下げた。現在は星野リゾートが運 [続きを読む]
  • NETOFFリネットジャパングループ「カンボジア事業」が急成長
  • リネットジャパングループ中期経営計画リサイクル、リユース、宅配買取などNET OFF を展開するリネットジャパングループ(3556)株価が上昇。1月15日につけた高値693円にあと、1円まで迫る692円まで値上がりした。日足ローソク足チャートは上値追いの展開。同社は都市鉱山リサイクル事業として、自治体と組んで再生資源回収の為にパソコン、携帯電話の回収ボックスを設置。主力のネットリユース事業は、他社が中古本買取などリアル店 [続きを読む]
  • 昭和電工業績予想上方修正、みずほ証券が目標株価大幅引き上げ
  • 昭和電工、目標株価まで上昇余地45%黒鉛電極が業績を牽引しているとカーボン関連会社の好業績が報じられる中、昭和電工(4004)投資評価が高まっている。みずほ証券は6月8日引け後のレポートでレーティング「買い」継続、目標株価6000円→7200円へ大幅に引き上げた。国内大手銀行系、みずほ証券アナリストレポートは6月8日付けで昭和電工投資判断を「買い」、「世界最大級の特殊無機化学会社」と評価と目標株価を従来6000円から7200 [続きを読む]
  • ラクスル上場、初値決定前の気配値運用は値幅上限3450円
  • ラクスル初値予想コンセンサス5月31日、東証マザーズ市場に新規上場するラクスル(4384)の初値決定前気配値運用が東証から公表された。板中心値段1500円、更新値幅10分ごとに75円、下限値段1125円、値幅制限上限値段は3450円となる。ラクスルは仮条件1300円〜1500円の上限、1500円で公開価格が決定した。公募250万株、売出し844万9900株、オーバーアロットメントによる売出し164万2100株とマザーズIPOとしては資金調達額が大型サイ [続きを読む]
  • アトラエ東証一部上場指定承認、売出価格1株2537円に決定
  • アトラエ(6194)東証一部へ上場承認マザーズ上場アトラエ(6194)は6月12日から東証一部市場へ指定替えとなることが決定発表された。東京証券取引所は5月30日、引け後に公表している。アトラエは5月22日に、新株式発行及び売出しも発表している。30日夕方、1株2537円で一般募集にて発行価格の総額13億4461万円、買取引受による売出し15億9069万9000円、オーバーアロットメントによる売出し4億3890万1000円を資金調達する。調達資金の [続きを読む]
  • 乾汽船決算説明会を開催、海運苦戦・不動産主力で含み益94億円増
  • 乾汽船時価総額260億円、不動産含み益507億円と割安株海運セクター乾汽船(9308)が決算説明会を開催、出席したアナリストが投資情報レポートを作成。市場関係者の一部で話題となった。株価への反応は高止まり、5月14日にストップ高まで買われ2017年2月以来、約15ヶ月ぶりに株価1000円台を回復した。説明会の内容は、海運は苦戦、不動産業が主力で2018年期末含み益が前期比94億円増の507億円へ拡大した。不動産事業が好調、海運は赤 [続きを読む]
  • 大手銀行系証券会社による本日の注目銘柄2018-5/25
  • 本日の銘柄ストラテジー米国トランプ大統領が6月12日にシンガポールで予定されていた「米朝首脳会談を中止する」と発表。米国株式市場では地政学的リスクが再燃して大幅安から始まったが、長期金利が3%を下回りダウ工業株は下げ幅を縮小して終了。株式市場では米国長期金利の低下は明るい材料、海外情勢が不透明感となっている点は払拭できないが、大手証券ストラテジーはディフェンシブ銘柄に注目としている。5月25日注目したい [続きを読む]
  • 武田薬品投資判断・目標株価を6300円→5050円へ引き下げ
  • Shire買収にあたり武田薬品株価バリューエーション見直し武田薬品工業は国内企業として過去最大のM&A案件が財務面リスクにつながる、1株希薄化につながるとして株価下落トレンド。企業買収額が約6.9兆円となるアイルランド・シャイアー買収が今後の焦点となる。しかし武田薬品は資金調達を行うと希薄化から、既存株主はマイナスを被るとして不人気。みずほ証券は同社の投資判断「中立」を継続、目標株価を6300円→5050円へ引き下 [続きを読む]
  • 極楽湯、ハーベストプレミアインベストメント大株主が保有株売り
  • 極楽湯HD大株主が保有株売りに注目スーパー銭湯など展開する極楽湯ホールディングス株価が続落、決算発表をきっかけに5月21日はストップ高まで上昇して799円の高値をつけたが、資金の逃げ足は速く725円まで値下がりしている。極楽湯ホールディングス(2340)の2019年3月期営業利益は、出店効果や改装影響が一巡したことで前期比85%と最高益更新する計画が株価上昇の理由となった。マーケット関係者は同社大株主ハーベストプレミア [続きを読む]
  • 三菱倉庫保有不動産物件の賃料低下、投資魅力低い企業
  • 三菱倉庫株主還元、成長投資戦略三菱倉庫の営業利益のうち約6割が不動産事業で、創業当時から保有する港湾地域の土地を活用したビルなどが多い。しかし1970年〜1990年施工したビルが多く同社の賃料低下気味の理由となっている。東京都内の再開発が盛んである一方、古い物件の賃料は新しい物件と比較して低下傾向にある。競争力が高くないことで三菱倉庫の業績にもリンクする。三菱倉庫2018年3月期末は、2377億円の賃貸不動産含み [続きを読む]