株の初心者 さん プロフィール

  •  
株の初心者さん: 株の初心者 日経平均株価予想
ハンドル名株の初心者 さん
ブログタイトル株の初心者 日経平均株価予想
ブログURLhttp://225index.com/
サイト紹介文株の初心者で日経平均株価予想の為に、覚えておきたい相場見通しとテクニカル分析。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供459回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2016/02/06 18:28

株の初心者 さんのブログ記事

  • セブン銀行ATM利用件数2%増加、株主還元・増配修正が期待される
  • 国内ATM利用件数増加、アメリカ7Eleven ATM赤字セブン銀行(8410)が買われ午前9時12分には12円高の352円まで上昇する場面があった。大和証券から投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」っへ引き上げ、目標株価370円→380円へ引き上げたレポートが材料視されている。大和証券アナリストレポートでは、国内ATM利用件数は前年同期比2%増加、計画より下回るが受け入れ手数料は計画を上回る内容。しかし米国セブンイレブンに設置 [続きを読む]
  • 個人投資家買付銘柄ランキング,東武ストア株式公開買付TOB価格1株3939円
  • 個人投資家買付銘柄ランキング7月27日〜8月2日の日経平均株価は高値圏で推移、弱気派の象徴ベア型ETFが3週間ぶりにランキング外へとなり、強気派の象徴ブル型ETFが1位となった。個別銘柄では東海カーボン、日本電産、ソニー、任天堂、銀行株でメガバンク3行、三菱UFJ、三井水三友、みずほが入り、指数影響度の大きいファーストリテイリング、ソフトバンクグループと並んだ。日銀金融政策決定会合で金利上昇=銀行株にメリットと、 [続きを読む]
  • 大手銀行系証券会社による本日の注目銘柄2018-8/15
  • 本日の銘柄ストラテジートルコが新たな火種となりマーケットは不安定な状態が続く、不安が高まる相場で夏休みで市場参加者が少ないタイミングは想定以上のボラティリティがデル場合もある。トルコも米国も強気な姿勢を崩さず問題解消できていない、8月は海外投資家が売り越し基調であるアノマリー、株価材料となる決算発表ピークも終了、国内大手証券「本日の銘柄ストラテジー」では、機関投資家の簿価2万2562円を割り込んでいる [続きを読む]
  • スシロー業績上方修正、減益予想から増収増益にポジティブ決算
  • スシロー投資判断「BUY」トップピック銘柄スシローグローバルホールディングス(3563)が買い気配から始まった、経営統合予定の元気寿司(9828)が大幅上方修正してストップ高まで買われた経緯があっただけに、市場関係者の間ではスシロー業績上昇修正期待が濃厚だった。スシローは8月8日引け後に第三四半期(10月〜6月)累計9か月決算を上方修正した。従来は5%減益の66億円計画だったが、純利益は12%増の78億円、売上高は12%増収と [続きを読む]
  • アウトソーシング決算、営業利益49億円で会社計画を12億円上回る
  • アウトソーシング好決算を好感して株価上昇人手不足関連、働き方改革関連株として人材サービス業の業績が好調。8月3日引け後にアウトソーシング(2427)が中間決算発表を行い、内容がポジティブだったことで株価上昇している。1月〜6月期の営業利益は前年同期比41.3%増の49億800万円、売上高は31.5%増の1390億9900万円だった。会社計画を12億円上回る営業利益はポジティブな印象。国内は生産性改善、海外事業は売上収益好調と為替 [続きを読む]
  • グリー株価急落、大手証券2社の投資判断レポート
  • グリー株価急落、決算をネガティブに反応グリー(3632)株価が急落、8月2日に2018年6月期決算発表がネガティブに反応。連結売上高は前年同期比19.2%増の779億2500万円、営業利益は17.8%増の94億2100万円だった。決算速報レポートが多数リリースされるなか、みずほ証券アナリストレポートでは「決算の印象は悪くないが、先行投資フェーズが当面続きそう」と、レーティング「中立」、目標株価840円を継続している。クレディスイス証 [続きを読む]
  • ソニー第1四半期決算ポジティブサプライズ、ゲーム関連好調
  • ゲーム好調・スマホ販売台数減少ソニーが開示した第1四半期決算がポジティブサプライズとなり株価は大幅高。朝から買い気配で始まり前日比221円高の6049円で寄り付いたあとも、買いの勢いは止まらず一時は356円高の6184円まで上昇して年初来高値を更新した。セグメントではゲーム関連が好調、スマートフォン販売台数が減少、イメージセンサ売上高は第一四半期前年同期比9%増、第二四半期はフル稼働の見通し。営業利益実績1950億円 [続きを読む]
  • ぐるなびストップ高、楽天と資本業務提携が好材料となり急騰
  • ぐるなびストップ高、カカクコム株価急落ぐるなび(2440)が東証一部市場値上がり率ランキングトップ、値幅制限上限の150円高の1008円まで上昇してストップ高買い気配となっている。7月30日引け後に業績上方修正と楽天(4755)と資本提携を発表したことが買い材料視されている。株式市場ではぐるなびの同業他社、食べログを運営するカカクコム(2371)が急落。ぐるなびへ楽天が資本提携することで競争力が低下するとの思惑が投資家の売買 [続きを読む]