風神のしもべ さん プロフィール

  •  
風神のしもべさん: フルートと飛行機
ハンドル名風神のしもべ さん
ブログタイトルフルートと飛行機
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/planespotter/
サイト紹介文旅客機とフルートとその他について少し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/02/07 02:18

風神のしもべ さんのブログ記事

  • 479 那覇空港 その11(自衛隊機)
  • 那覇空港の滑走路は民間機と自衛隊機が共同使用しています。 着陸アプローチしてくる飛行機も見えないのに離陸機の待機が長いなと思っていると、ものすごい爆音がして、建物の陰から戦闘機が離陸上昇するのが見えたりします。 それほど頻繁ではありませんが。 ↓米軍機も滑走路を使っているのか。 [続きを読む]
  • 478 那覇空港 その10(空手ジェットとアマミノクロウサギ)
  • 2018年9月13日(木) ↓12:09 「空手発祥の地 沖縄」塗装のJTAの名古屋行きボーイング737-800(JA04RK 初飛行2017年5月・機体年齢1歳)。 自衛隊基地フェンス横からです。 ウイングレットには何も描かれていません。 ↓12:27 18分後に石垣島に向けて離陸してきた同じ空手ジェットJA03RK(初飛行2017年・1年)にはウイングレットになにやら動物が描かれています。 ↓JTAのサイトから。 アマミノクロウサギということです。 [続きを読む]
  • 477 那覇空港 その9(ヤンバルクイナ塗装)
  • 2018年9月13日(木)10:40 日本トランスオーシャン航空の福岡行きボーイング737-800(初飛行2015年12月・2年)です。 自衛隊基地フェンス横からです。 ウイングレットに沖縄北部に生息する希少動物のヤンバルクイナが描かれています。 ↓Wikipediaに出ている国立科学博物館にある剥製です。 ヤンバル(山原)クイナは、ハブを駆逐するためにインドから輸入されたマングースの北上ととともに減少していったそうです。 結局昼行性の [続きを読む]
  • 476 那覇空港 その8(自衛隊基地フェンス横から離陸機)
  • 2018年9月13日(木) 瀬長島ホテルとは滑走路延長線を隔てて反対側にある自衛隊基地フェンス横から撮りました。 ↓10:16 ANAのLCC子会社のピーチ・アビエーションの福岡行きエアバスA320-200(初飛行2015年10月・使用2年)。 現像ソフトはニコンのNX-Dを使っていますが、どうしても青みが取れません。 ホワイトバランスの調整が下手なんでしょう。 ↓10:19 バニラ・エアの石垣島行きA320-200(初飛行2017年12月・1年未満)。 [続きを読む]
  • 474 那覇空港 その6(瀬長島近辺から)
  • 2018年9月10日(月) 瀬長島のホテルのベランダからニコン28-300mmズームで撮ったものですが、ズームだけに解像度にあまさがあります。 ↓14:42 羽田行き九州復興支援塗装のボーイング767-300(初飛行2011年8月・使用7年)。 くまモンなどが見えます。 ↓16:06 成田行きANAのLCC子会社バニラ・エアのエアバスA320-200(初飛行2014年9月・4年)。 ↓9月11日(火)10:11 午前はホテルからは逆光なので本島に移動中撮った、タ [続きを読む]
  • 473 那覇空港 その5(ハローキティ なかよしジェット)
  • 台湾エバー航空(EVA Air)がサンリオと提携したハローキティ塗装です。 複数の機種にいくつか異なった塗装が施されている様ですが、今回はすべて同じ機体のエアバスA321-200(初飛行2013年10月・機体年齢4歳)でした。 すべて台北からのものです。 ↓9月11日(火)10:32 瀬長島と本島をつなぐ道路上から。 離陸上昇中。 ↓9月12日(水)18:43 3泊4日の瀬長島滞在で唯一の北風運用です。 本島にあるコンビニに行く途中、離発着 [続きを読む]
  • 472 那覇空港 その4(中華航空のジャンボ)
  • 那覇空港で発着する唯一のジャンボ(ボーイング747-400)です。 台北からです。 因みに那覇から羽田空港までは直線距離で約1500?、鹿児島空港までは約680?、台北までは約600?です。 瀬長島のホテルでは中国語が飛び交っていました。 さわがしくないのでたぶん台湾の人たちでしょう。 ↓9月10日(月)10:51 4階の展望場所からガラス越しです。 見晴らしはよいですが、ガラスのために色と解像度に影響を受けます。 (28-300?ズ [続きを読む]
  • 471 那覇空港 その3(新ジンベエジェット)
  • JAL系列で沖縄を本拠とする日本トランスオーシャン航空の2種類のジンベエジェットは、2017年末に二代目に代替わりしたそうです。 初代のボーイング737-400が退役し、二代目は737-800になったそうです。 ↓9月10日(月)11:08 名古屋から到着した新さくらジンベエ。 4階の展望場所からガラス越しに撮ったので青みがかっています。 レンズも28-300?のズームのテレ端300?なので解像度が落ちます。 機体記号JA06RKの初飛行は2017 [続きを読む]
  • 470 那覇空港 その2(サムライブルー)
  • ↓9月11日(火)11:47 航空自衛隊フェンス横から撮った、サムライブルー塗装のボーイング777-200(初飛行1997年11月で機体年齢20歳)。 羽田行きです。 3月から9月末までの期間限定塗装ということです。 この機体は国内線用です。 これとは別に、サムライブルー塗装2号機としてボーイング787-8が国際線で飛んでいるらしいです。 塗装は下の国内線の方が見栄えします。 片方9人づつ両方で18人の選手が描かれています。 右側は撮れま [続きを読む]
  • 469 那覇空港 その1(アムロ ジェット)
  • ↓2018年9月10日(月)12:24 那覇空港4階の展望場所からガラス越しに撮った石垣島から到着したAmuro Jet。 ガラス窓は青みがかったものと一見普通に見えるものがあり、しかしどちらで撮っても画像は不自然に青みがかったものになります。 私は現像ソフトで青みをうまく修正することができず、大量に撮った画像はほぼ全滅です。 3階に南北の屋外展望デッキがありますが、北は工事中閉鎖、南は施設物の障害で視界が狭く、つまり空港 [続きを読む]
  • 468 成宗須賀神社例大祭 その2
  • 9月2日(日) 二日目。 大人による万灯神輿。 ↓お囃子の連中じゃないか。 ↓休憩。 ↓広くもない地域を、ゆっくりといったりきたり2時間半練り歩いた後、神社に帰還。 ↓キツネが出迎え。 ↓20:23 手締めで終了。 地元の氏子は交通整理や保安要員に付かなければならないので、神輿担ぎ手の多くは他からの助っ人だそうです。 神輿協会というのがあって互助し合っている由。 コンパクトながら充実した行事を遂行できる財 [続きを読む]
  • 467 成宗須賀神社例大祭 その1
  • マンション敷地の横にある神社が例大祭をやっていました。 区の区画再編で集落名がなくなってしまった成宗村の鎮守で、祭神はスサノオノミコトという、いまは神主がいない弱小神社です。 9月1日(土) 一日目。 人はまばら。 神社のテリトリーの住民の大半はよそから移ってきたと思われ、関心が低い様です。 ↓結構充実したプログラム。 ↓付近の小学校の太鼓隊演奏で祭り行事の開始。 ↓お囃子演奏。 やり手がなくしばらく [続きを読む]
  • 466 高円寺阿波おどり その4(笛特集)
  • 鳴り物の中で笛を集めてみました。フルートをやっているのでわかるのですが、横笛は音を出すのが簡単ではないはずです。 メカがあるフルートより運指が大変です。 他の鳴り物に比べれば音量もなく、また単調な旋律の繰り返しだと思われます。苦労の割には地味な存在ですが、なくてはならない鳴り物だと思います。 皆良いアンブシュアで吹いているように見えます。 肖像権を持っている振興協会の確認を得たので、ぼかしなしで出し [続きを読む]
  • 465 高円寺阿波おどり その3(ルック第2演舞場)
  • 日が陰ったので、駅前通りから商店街に移動しました。 この演舞場では道路が狭いので踊り手の熱気がより伝わってきます。 踊り手の顔をそのまま出してよいのかどうか、肖像権を一括管理しているという高円寺阿波おどり振興協会に問い合わせていますが、まだ返事が来ません。 出場者については問題ないとの返事が来ました。 ぼかしを外しました。 ↓18:41 病院の連。 ↓18:48 地元しのぶ連。 ↓18:52 豊島区の新粋連( [続きを読む]
  • 464 高円寺阿波おどり その2(中央演舞場)
  • 二日目はぶれを防ぐため太陽が連に当たる場所をさがし、JR高円寺駅に近い中央演舞場に行きました。 ↓17:00 この席だと暑いのは別にして、写真を撮るには良さそうですが、この観覧席や道路の桟敷席は、賛助会員(年会費1万5000円)や支援金(一口6000円)を払った人にお礼として進呈されるということです。 ↓17:08 地元たつのおとし子連の男踊り。 ↓17:12 小金井市のはちゃめちゃ連の男踊り。 ↓17:19 江戸川区の新 [続きを読む]
  • 463 高円寺阿波おどり その1(みなみ演舞場)
  • 東京で阿波踊り? 徳島のパクリじゃないの。 約60年前に街おこしのために始めたという商店街の連中の発想が貧困。冷ややかに見ていたので東京在住1年目の去年は行きませんでした。 今年は本家徳島のお家騒動がワイドショーで報道され、その所為か高円寺のものもテレビで頻繁に紹介されていたので、期待せずに行ってみました。 高円寺は徒歩でときどき行くところで、一応私の生活圏、守備範囲に入っています。 結論は踊り手の熱 [続きを読む]
  • 462 舌の位置
  • その音色に少しでも近づきたいと私が思っているゴールウェイ(James Galway)は、写真の如く、吹いているとき舌は前に出し両サイドを上の歯に当てる、と彼のチャットで出していたヴィデオで言っていました。 こうすることにより喉からの息を集中させて歌口に導くことができるというものです。 実際に舌を使うと息の方向をコントロールしやすく、倍音での最高音が出やすくなります。 細くスピードのある息をトーンホールにぶつける [続きを読む]
  • 461 羽化率100%
  • 2018年8月6日(月) 羽化率100%といっても2匹だけの話しです。 先ずミンミンゼミが羽化を始めました。 ↓20:33 ↓21:07 30分ほど逆さのままでしたが、起き上がりに成功しました。 つぶらな瞳。 ↓21:21 ↓21:58 1時間半以上経過しています。 ↓0:51 色が汚くなってきました。 ↓1:43 ↓翌朝の8:57 成虫はあまり美しくありません。 ↓腹弁がないのでメス。 ↓20:33 天井まで上り詰めた幼虫はまだ背中が割れません [続きを読む]
  • 460 アブラゼミとミンミンゼミ
  • 2018年8月5日(土) 夜中であればミンミンゼミは、完全に羽化して成虫の色になってはいるが、まだ飛び立つ気持ちの準備ができていないだろうと、緑地に行きました。 早朝や日中では逃げてしまい撮影させてくれないからです。↓23:44 完全に羽化したミンミンゼミ ↓23:05 同アブラゼミ ↓左がアブラゼミ、右がミンミンゼミの殻ですが、単独で見れば区別は難しいと思います。 ↓両方ともお尻に卵管の縦線があるのでメスです [続きを読む]
  • 459 ミンミンゼミ
  • 2018年8月2日(水) 3日(木) 図鑑で調べてやはりミンミンゼミだと思います。 初めて見ました。 関西では見たことがないので。 緑地でミーンミーンと鳴いているのはこれだと思います。 ↓2018年8月2日(木) 21:06 ↓2018年8月3日5:01 早朝ですが、前夜に羽化したたくさんのミンミンゼミは、その場所ではすべて飛び立っており、一匹もいませんでした。 緑地をさがして、声すれど姿なく、ようやくこの一匹だけ撮影できました [続きを読む]
  • 458 アブラゼミの羽化 その4(緑地での自然羽化)
  • 2018年8月1日(水) 緑地の桜の木で毎晩たくさん羽化しています。 ↓21:24 羽が透き通っていますが、これはアブラゼミではないでしょう。 ミンミンゼミ? ↓オス ↓アブラゼミのメス ↓ミンミンゼミはまだ見たことがないので確認要。 ↓腹弁があるので両方ともオス。 羽が透き通っているのはミンミンゼミかと思われます。 関西にはいないミンミンゼミはまだ見たことがないのです。 関西にはアブラゼミ(私の故郷ではジャ [続きを読む]
  • 457 アブラゼミの羽化 その3(羽化の確率は33%)
  • 2018年7月30日(月) ↓19:56 緑地の小道で見つけた6匹。 いくらでもいましたが、手に持てるだけで。 踏みつぶされたものも多数ありました。 ↓22:06 2匹が完全羽化しました。 ↓22:13 ↓22:38 残りは、斜めに羽化したため片方の羽を抜けなかったのもの1匹、体を抜いたものの逆さ状態から起き上がれず転落したもの1匹、背中が割れず動かなくなったもの2匹。 [続きを読む]
  • 456 アブラゼミの羽化 その2(オスメスの見分け方)
  • インタネットにあった見分け方の受け売りです。 写真は私が撮影したものです。 ↓オスには腹弁があり、ここでメスを呼ぶために音を出す(鳴く)。 メスには腹弁がなく鳴かない。 メスにはお尻に産卵管がある。 ↓幼虫は鳴かないのでオスに腹弁はなく区別できないが、メスには卵管の縦線があるので区別できる。 ↓メスの卵管の縦線 ↓オスに縦線はない。 [続きを読む]
  • 455 アブラゼミの羽化
  • 2018年7月26日(木) 前日の散歩中、緑地の小道をのそのそ横切っていたので、家に持ってきました。 (レンズはシグマのマクロ105?) ↓6:57 ↓8:31 ↓8:40 ↓8:47 ↓8:54 ↓8:55 ↓9:19 起き上がろうとします。 ↓9:47 しかし果たせず。 この時助けてやればよかったと後で後悔しました。 ↓10:43 逆さのまま羽が固まりつつあります。 ↓写真を回転したものですが、腹弁があるのでオスです。 これはメスを呼ぶための発 [続きを読む]