子育てJAPAN さん プロフィール

  •  
子育てJAPANさん: 子育てJAPAN
ハンドル名子育てJAPAN さん
ブログタイトル子育てJAPAN
ブログURLhttp://kosodatejapan.com
サイト紹介文関東地方の保育園激戦区の保育園情報をお届け。待機児童ランキング、保育園の手続きの紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/02/08 18:09

子育てJAPAN さんのブログ記事

  • 東京都の待機児童数ワーストランキング (2017年/平成29年度)
  • この記事では、東京都の待機児童数ワーストランキング2017年版を公開しています。東京都にある全ての市区町村の保育園の待機児童数を多い順に紹介します。 東京都(福祉保健局)が発表した2017年4月1日付けの保育園待機児童数をもとに東京都の保育園待機児童数ワーストランキングを作成しました。 2017年度から、厚生労働省の定義する待機児童の数え方が大幅に変更になって、育休取得中の人が保育園に入れなくて育休を延長したような [続きを読む]
  • 保育園「待機児童」の定義見直し(2017年/平成29年)
  • この記事では、2017年3月31日に厚生労働省から各自治体に通知された、「新しい待機児童の定義」について、厚生労働省の資料をもとに解説しています。育休・求職中の人に配慮した定義に変更されるようです。 保育園の入りづらさ・激戦度合いを知りたい場合、自分の住む自治体の待機児童数をチェックする人は多いと思います。でも、自治体によっては保育園になかなか入れないのに「待機児童ゼロ人」を公表していたりします。(例:横 [続きを読む]
  • 横浜市の待機児童ワーストランキング(2017年/平成29年度版)
  • この記事では、2017年(平成29年)4月時点の横浜市の保育所等利用待機児童数について区ごとのワーストランキング形式でご紹介しています。待機児童数は前年7人からさらに減って、市全体でたった2名だったとのことです。 ※はじめにお断りしておくと、この記事は横浜市が発表している「待機児童数」に基づくランキングで、どの区の保育園が入りづらいといった参考には一切なりません。区ごとの違いを見たい方は、次の「保留児童」ラン [続きを読む]
  • 実質上の待機児童、神奈川県の保留児童ランキング(2017年/平成29年度)
  • この記事では、神奈川県の「実質上の」待機児童数である、保育園の「保留児童」のワーストランキングとして、神奈川県が公開している2017年度(平成29年度)4月時点の保育園保留児童数を、市町村別に、多い順にご紹介しています。前回の記事で、神奈川県の保育園待機児童のワーストランキングを公開しました。神奈川県の待機児童ランキング(2017年/平成29年度版)この記事では、神奈川県の待機児童ワーストランキングとして、神奈川県 [続きを読む]
  • 神奈川県の待機児童ランキング(2017年/平成29年度版)
  • この記事では、神奈川県の待機児童ワーストランキングとして、神奈川県が公開している2017年度(平成29年度)4月時点の保育園待機児童数を、市町村別に、多い順にご紹介しています。関東では東京都に次いで人口の多い神奈川県の待機児童のランキングの最新版(2017年4月分)を作成しました。 神奈川県といえば、政令指定都市である横浜市と川崎市がある県です。当ブログで再度指摘しているとおり、保育園の超激戦区なのに、強引な解釈 [続きを読む]
  • 埼玉県の待機児童ランキング(2017年/平成29年度版)
  • この記事では、埼玉県の待機児童ワーストランキングとして、埼玉県が公開している2017年度(平成29年度)4月時点の保育園待機児童数を、市町村別に、多い順にご紹介しています。 東京の近郊都市として、家を構える方も多い埼玉県。東京に比べると待機児童も少ないように思われます。そんな埼玉県が2017年(平成29年)4月時点の待機児童数を公開しました。埼玉県保育所等の待機児童数についてwww.pref.saitama.lg.jp埼玉県が発表した市 [続きを読む]
  • 川崎市高津区の保育園一次倍率(2017年/平成29年度版)
  • この記事では、神奈川県川崎市の高津区が公開した2017年(平成29年)4月の保育所等利用申込・利用調整結果状況(一次利用調整)の倍率を、前年度(2016年4月)のデータと比較するかたちでご紹介します。 かつて保育園激戦区と呼ばれた川崎市。現在の待機児童数は驚異的な少なさを誇るようで、2017年4月度には2年ぶりに待機児童ゼロ人を達成しています。でも、保育園探しをした人ならみんなわかってると思いますが、この待機児童ゼロは数 [続きを読む]
  • 川崎市中原区の保育園一次倍率(2017年/平成29年度版)
  • この記事では、神奈川県川崎市の中原区が公開した2017年(平成29年)4月の保育所等利用申込・利用調整結果状況(一次利用調整)の倍率を、前年度(2016年4月)のデータと比較するかたちでご紹介します。 かつて保育園激戦区と呼ばれた川崎市。現在の待機児童数は驚異的な少なさを誇るようで、2015年4月度にはついに待機児童ゼロ人を達成しています。でも、保育園探しをした人ならみんなわかってると思いますが、この待機児童ゼロは数字 [続きを読む]
  • 川崎市幸区の保育園一次倍率(2017年/平成29年度版)
  • この記事では、神奈川県川崎市の幸区が公開した2017年(平成29年)4月の保育所等利用申込・利用調整結果状況(一次利用調整)の倍率を、前年度(2016年4月)のデータと比較するかたちでご紹介します。かつて保育園激戦区と呼ばれた川崎市。現在の待機児童数は驚異的な少なさを誇るようで、2015年4月度にはついに待機児童ゼロ人を達成しています。でも、保育園探しをした人ならみんなわかってると思いますが、この待機児童ゼロは数字のマ [続きを読む]
  • 川崎市川崎区の保育園一次倍率(2017年/平成29年度版)
  • この記事では、神奈川県川崎市の川崎区が公開した2017年(平成29年)4月の保育所等利用申込・利用調整結果状況(一次利用調整)の倍率をご紹介します。 かつて保育園激戦区と呼ばれた川崎市。現在の待機児童数は驚異的な少なさを誇るようで、2015年4月度にはついに待機児童ゼロ人を達成しています。でも、保育園探しをした人ならみんなわかってると思いますが、この待機児童ゼロは数字のマジックです。なので、川崎市の保育園の激戦度 [続きを読む]
  • 練馬区の保育園倍率、2017年(平成29年)4月入園版
  • この記事では、東京都で保活をする方へ向けて、東京都練馬区が公開した認可保育施設の2017年4月入園(1次募集)の倍率をご紹介します。 東京都練馬区は東京都23区最大の面積を誇り、西武線や東武線が横切っています。2010年代初頭は世田谷区に次いで待機児童が多かったものの、2016年4月時点の保育園待機児童数は166名で、都内での待機児童数は21位と、子どもの人口の割に待機児童は少なく報告されています。(参考:東京都の待機児童 [続きを読む]
  • 府中市の保育園倍率、2017年(平成29年)4月入園版
  • この記事では、東京都で保活をする方へ向けて、東京都府中市が公開した認可保育施設の2017年4月入園(1次募集)の倍率をご紹介します。 東京都府中市は、東京都のほぼ中央にあり、府中駅や府中競馬場があります。2016年4月時点の保育園待機児童数は296名で、都内での待機児童数は7位、23区以外では最も順位が高かったです。(参考:東京都の待機児童ワーストランキング2016)2015年には352名でワースト3位だったので、待機児童数上位の [続きを読む]
  • 杉並区の保育園倍率、2017年(平成29年)4月入園版
  • この記事では、東京都で保活をする方へ向けて、東京都杉並区が公開した認可保育施設の2017年4月入園(1次募集)の倍率をご紹介します。東京都杉並区は、東京都23区の西部にあり、阿佐ヶ谷、高円寺、荻窪などの駅があります。2016年4月時点の保育園待機児童数は136名で、東京都内での順位は26位でした。(参考:東京都の待機児童ワーストランキング2016)待機児童136人は少ない数字ではないのだけど、杉並区は子どもの数も都内でトップ1 [続きを読む]
  • 杉並区の保育園倍率、2017年(平成29年)4月入園版
  • この記事では、東京都で保活をする方へ向けて、東京都杉並区が公開した認可保育施設の2017年4月入園(1次募集)の倍率をご紹介します。東京都杉並区は、東京都23区の西部にあり、阿佐ヶ谷、高円寺、荻窪などの駅があります。2016年4月時点の保育園待機児童数は136名で、東京都内での順位は26位でした。(参考:東京都の待機児童ワーストランキング2016)待機児童136人は少ない数字ではないのだけど、杉並区は子どもの数も都内でトップ1 [続きを読む]
  • 小金井市の保育園倍率、2017年(平成29年)4月入園版
  • この記事では、東京都で保活をする方へ向けて、東京都小金井市が公開した認可保育施設の2017年4月入園(1次募集)の倍率をご紹介します。 東京都小金井市は、中央線の武蔵小金井・東小金井駅などがある、東京都のちょうど真ん中あたりにある市です。2016年4月時点の保育園待機児童数は154名で、東京都内での順位は23位でした。(参考:東京都の待機児童ワーストランキング2016)とはいえ、就学前児童人口が都内でも35番目と、子どもが [続きを読む]
  • 墨田区の認可保育園倍率、2017年(平成29年)4月入園版
  • この記事では、東京都で保活をする方へ向けて、東京都墨田区が公開した認可保育施設の201 7年4月入園(1次募集)の倍率をご紹介します。 東京都墨田区は、両国国技館や東京スカイツリーがあることで名高い、東京23区の一つです。2016年4月時点の保育園待機児童数は134名と比較的少なく、東京都内で待機児童数は28位でした。(参考:東京都の待機児童ワーストランキング2016)待機児童が134人ということは、比較的保育園に入りやすいと [続きを読む]
  • 世田谷区の認可保育園倍率、2017年(平成29年)4月入園版
  • この記事では、東京都で保活をする方へ向けて、東京都世田谷区が公開した認可保育施設の201 7年4月入園(1次募集)の倍率をご紹介します。 東京都の認可保育園の待機児童数が毎年ワースト1位を誇る世田谷区。東京のみならず全国でもトップクラスの保育園激選区です。4月入園希望者に対して、前年11月末にはすでに申請が締め切られるというスケジュールからも、その激戦度合いがうかがい知れます。昨年度(2016年/平成28年)の保育園の [続きを読む]
  • 東京都小平市の学童クラブの定員一覧(2017/平成29年度版)
  • この記事では、東京都小平区にあるすべての学童クラブの定員をご紹介します。共働き家族にとっては、子どもの保育は死活問題です。小学校に進学するまでは待機児童に頭を悩まされ、子どもが小学生になったら今度は学童問題に悩まされるご家庭も少なくないでしょう。学童保育について調査を始めたところ、どこの自治体でも保育園ほどには情報が無い事に気付きました。定員、選考方法、競争率…などなど、保育園探しで見慣れた情報が [続きを読む]
  • 世田谷区の保育園入園の手続きまとめ(2017/平成29年度版)
  • この記事では、2017年4月に世田谷区の保育園に入園したい方向けに、世田谷区の認可保育園の手続きをまとめています。世田谷区で保活中の共働き世帯の方は是非ご覧ください。 ついに2017年4月の保育園入園児募集が始まりました。「保活」の本格化です。可能な限り、自治体の保活情報をお届けしたいと思います。 2017年度の最初に取り上げるのは、日本一の保育園激戦区である東京都世田谷区です。東京都世田谷区では、2016 [続きを読む]
  • 東京の保活その7:認可と認証は併願できる?
  • この記事は、東京都で認可保育園に入るための活動(保活)をされている方向けに、認可保育園の併願は可能なのか、可能ならいったいいくつできるのか、という疑問について説明します。(東京の保活シリーズ全7回の第7回です。そして全シリーズをまとめます。) 7回に渡ってお届けしてきました。東京都の認可保育園の入り方のまとめ最終回(第7回)です。(他の記事については目次のページをご覧ください)待機児童問題が激しい東京都 [続きを読む]
  • 東京の保活その6:幾らかかるの、保育料?
  • この記事は、東京都で認可保育園に入るための活動(保活)をされている方向けに、認可保育園の保育料はいったい幾らくらいなのか、という疑問について図を交えてわかりやすく説明します。(東京の保活シリーズ全7回の第6回です) 東京都の認可保育園の入り方のまとめ第6回です。(他の記事については目次のページをご覧ください)認可保育園の選考基準に続き、認可保育園の保育料が幾らかかるかについてご説明します。認可保育園以 [続きを読む]
  • 東京の保活その5:選考基準、どうやって決まる?
  • この記事は、東京都で認可保育園に入るための活動(保活)をされている方向けに、認可保育園の入園は、いったいどうやって決めているのか、選考基準の仕組みについて図を交えてわかりやすく説明します。(東京の保活シリーズ全7回の第5回です) 東京都の認可保育園の入り方のまとめ第5回です。入園までの手続きスケジュールに続いて、認可保育園の選考基準についてご説明します。(他の記事については目次のページをご覧ください) [続きを読む]
  • 東京の保活その4:いつ始めるの?入園までの流れをご紹介
  • この記事は、東京都で認可保育園に入るための活動(保活)をされている方向けに、認可保育園の入園の手続きはいつ頃始まって、いつ頃終わるのか、全体はどういうスケジュールなのか、という疑問について図を交えてわかりやすく説明します。(東京の保活シリーズ全7回の第4回です)東京都の認可保育園の入り方のまとめ第4回です。(他の記事については目次のページをご覧ください)認可保育園の入園手続き先は自治体である、という前回の [続きを読む]