Yuki Inoue さん プロフィール

  •  
Yuki Inoueさん: カナダで味噌作ってます
ハンドル名Yuki Inoue さん
ブログタイトルカナダで味噌作ってます
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ordinaryfamily/
サイト紹介文カナダ東海岸にてひとり起業、実践記。田舎暮らしとビジネスと、できることから始めれば、始まるもんです。
自由文日本でのオフィス勤務から一転、造園業界でドカタの道を歩んだのち、体調を崩したことをきっかけに、それまでの人生の清算期を迎えました。
結果、たどり着いた起業。
知らざれるパワースポット、カナダ・ノバスコシアで、さまざまなハンデにもめげず、元気に生きてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/02/07 13:12

Yuki Inoue さんのブログ記事

  • カナダで出張して味噌作ってます
  • お久しぶりです。ブログはすっかりご無沙汰気味ですが味噌はちゃんと作ってます。というか、この秋はご縁あって出張ワークショップもやりました。その時の様子は、英語ブログではちゃんと書いてるんですよ。こちらが証拠です今までは日帰り出張だったんですが、今回は初の、泊りがけ味噌作り。実はこれが結構大変です。なぜなら、わたしのワークショップの目玉は麹作りからやる、という点。その麹なんですが、普通に作るとだいたい [続きを読む]
  • バッテリー殺しの後で
  • 昨日の夜、ご縁あって ちょっと遠方の太極拳のクラスに 参加しました。 わたしの先生と先輩が行くというので ご一緒させていただいたのです。 で、とある駐車場で待ち合わせ。 無事お二人と合流後、 相乗りさせていただき 車で1時間以上掛かる場所まで 太極拳をしに行ってきました。 楽しかった! そう、クラスそのものと 車中の会話は楽しかったのです。 その帰り道、雨はベタ雪に変わり 道路も雪で覆われ始めました。 それでも、 [続きを読む]
  • タヌキが捕まりました
  • 去年の夏、うちにやってきた迷い猫。おなかを空かせていたその子に娘があげたのが「ツナ缶」でした。よって、彼女の名前は「ツナ」に。動物は好きだけどペットという概念が苦手なわたしでしたが、やはり情が出てしまったのと子供たちの押しに「まあ、いい経験か」とオッケーを出しました。その時すでに、ツナのお腹にはたくさんの子猫ちゃんたちが宿っており、ツナは見事に、納屋のドアのまん前で7匹の子を産み落としました。あれ [続きを読む]
  • ワニに学ぶ
  • またもや!ブログの更新が大幅に遅れていますがおかげさまで元気です。元気すぎるくらいです。じゃ、何してるの?っていうと毎年恒例みそワークショップの企画以外に実は 「ワニ少年」 を世に送り出すお手伝いもしています。奇才・島田カオルとコラボでこの秋出版予定の電子書籍。カオルさんの人気キャラクターであるダイル・クロコダイル氏の生い立ちが明かされる一冊となります。「子供向けの本?」と思われるかもしれませんが [続きを読む]
  • 「種」は自分である
  • 先日、かの島田カオル女史とチャット中、 改めて気づいたことがありました。 それは「種まき」の重要性です。 わたしは素人家庭菜園家です。 それも、かなりドン臭いです。 しかし石の上にも3年 (いえ、わたしの場合6年以上) 大切なことが少しずつ分かってきました。 というか、分かってしまえば これ以上明白なことはない、というくらい 至って当然のことなのですが。 それは、自然の摂理です。 「種を蒔かなければ、何も生えな [続きを読む]
  • 「They」は単数?
  • 今日は、わたしの英語力の無さが バレてしまう内容ですが 知らない人は知らない!と思うので (わたしは知りませんでしたよ) 突然ワンポイント英会話! でお届けします。 事の発端は 英語ネイティブの娘(14歳)に わたしの書いた英文を 添削してもらっていた時のこと。 (わたしの文) Do you worry about your child because... - he doesn't listen to you - she doesn't speak to you - he is not social - she is very depen [続きを読む]
  • 元気です!ただ猛烈忙しい
  • 最近、本当にブログを書いてないので「大丈夫なのか?」「元気にしてるのか?」と、ちょっとご心配をお掛けしているかも。ということで、取り急ぎ「めちゃくちゃ元気です!!!」ということだけ言いに来ました。こちらは4月の末にやったキムチワークショップの一こま。なんか、出っ歯に見える(笑)みなさん明るくて元気でとっても楽しいワークショップでした。ブリーゴスファームさん、ありがとう!ワークショップ以外にもいろん [続きを読む]
  • 「お坊ちゃま」を預かった結果
  • この間、うちに3ヶ月滞在していた中国人のダニエル君(仮名)がお国へ帰って行きました。 ↑ 海岸清掃ボランティア初体験。うちの息子(クマ)と。まだ11歳。 学校の仲間8名と共に 体験留学に来ていたのです。 で、中国と言えば「一人っ子政策」。 さすがにヤバイと気づいたか、 最近は二人目が認可されたようですが、 過去40年近く続いていました。 ですので、ダニエル君も一人っ子。 うちにやってきた当初は 「シェア」とい [続きを読む]
  • 心が迷子になった時に
  • 島田女史がブログの中で「困った時、状況を打破してくれるもの」について話しているのですが、そこにこんな一節がありました。**********私は、疲れた時に飛び込むプールなんていうのもその一つ水に飛び込むと、気持ちが一新して俄然やる気が出てくるそれと実はね、文章が書けなくて困ってしまった時私には、素晴らしい秘密兵器があるのですそれは、物語を語ってくれる石これをスコットランドの山の中で見つけた時から私 [続きを読む]
  • 世界中のお母さんへ
  • 今日は久しぶりに、 「帰ってきた・島田x井上動画」 あのダイルクロコダイル氏が ワニでありながら 人間世界で立派に生きてきた影には お母さんの存在が大きいようです。 実はダイル氏には「産みの母」と 「育ての母」のおふたりがいらっしゃるようです。 波乱の人生を生き抜いてきた後 お母様に向けたダイル氏の思いを 動画で綴ってみました。 お母さん、バンザーイ!井上x島田の詳細はこちら。↓ 参加してます!にほんブログ [続きを読む]
  • 「大好きになれる」能力
  • 自分の好きなことを仕事にして活き活きと頑張っておられる大好きな女性が二人います。(本当はもっとたくさんいますが)ひとりは、ロンドン在住アーティストご存知、島田カオル。「ポストカード・フロム・ロンドン」という企画でこんなのを送ってくれたりします。楽しい。そしてもう一人が、日本でコーチをしておられる谷口恭子さん。その彼女がFacebookでこんなことを書かれていました。そうか!誰か、何かを大好きになれるのはひ [続きを読む]
  • 34ドルの買い物が130ドルになった話
  • 近所に、ミステリアスな農場があります。 (写真はイメージです)名前はちょくちょく聞いていましたが、 わたしの師匠の農家さん始め、 詳しいことは誰も知らない… そこから、とあるグループを通じて 「ノバスコシア州発! ローカルの製粉場がオープン ローカルの粉、販売開始しました」 というお知らせが来ました。 そこは 「バイオダイナミックス農法」という、 特殊な農法をやっています。 誤解を恐れずにに言うと、 有機農法 [続きを読む]
  • 天国の本をめくってみたら・・・
  • 今日は久しぶりに 島田カオルの傑作小話をひとつ。 今回はブックさんという 口数少なく気難しそうな おじさん天使のお話です。 ””(引用:おじさん天使のLONDON BAR VISIT)このブックさんに われらが島田カオルが いろいろとお話を聴くうちに、 「天国の本」 を見せてもらうことになった というのです。 その本をめくると、不思議なことに 彼女の記憶はどんどんと過去へ遡り… カオルさんがそこで思い出したも [続きを読む]
  • 太極拳始めました
  • 「冷やし中華始めました」 みたいですが、先週ついに! 人生初の太極拳を体験。 (写真はイメージです)地域の太極拳クラブの体験クラスがあり参加させていただいたのですが もう 太極拳LOVE です。 「こないだはトランポリンだったよね」 いやいや、トランポリンへの愛情も 決して冷めてはいないのですが、なんせ体が付いていかない(涙) (意味の分からない人はコチラ↓) http://blog.livedoor.jp/ordinaryfamily/archives/234 [続きを読む]
  • 医者のいない町
  • 昨日は、地元の集会に行ってきました。 医者不足。 深刻なんです。 掛かりつけのお医者さんも 飛び込みで見てもらえるお医者さんも本当に少ない。 この前も息子の咳がひどかった時、急患で7時間待ちしてやっとお医者さんに診てもらえたような状況でした。なんせ、お医者さんが来ない。来ても続かない。 それで、地域の有志の方たちが グループを結成して行政に働きかけつつ 地元の人たちにも情報提供したりして 意識を高める運動を [続きを読む]
  • トランポリンに注意!
  • お正月はいかがでしたか? わたしは、 昨年より「超おすすめ」と周囲に言いふらしていたミニトランポリン。 正月からボインボイン飛んでいました。 ちなみに、こんな華麗な飛び方はしていません。ミニ・トランポリンは室内の運動用でこんな感じです。簡単、楽しい、オマケに すぐにお腹まわりが引き締まってきて、 子供たちも楽しんでるし 「こりゃいいね!」 といい事尽くし。 だったはずなのですが・・・ 盲点がありました。 そ [続きを読む]
  • ソーセージ作りました(オタク編)
  • *おわび*果糖について、混乱がありました。単体の糖は「しょ糖」ではなく「ブドウ糖」の間違いであり訂正いたしました。勉強不足で申し訳ありません。あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。こちらでも、日本の学校と同じ感じでただいま冬休み中。ただ、お正月というよりクリスマスがメインなのであさって3日から学校です。いつもダラダラ過ごしがちなので、今年はバリッと計画してプロジェクトをたく [続きを読む]
  • ジェネレーションZの世界
  • ジェネレーションZってご存知ですか? ミレニアル世代の次の世代のことです。 ドラゴンボールZみたいですが、 彼らの世界観はもしかしたら まさにドラゴンボールかもしれません。 ご存知の方もおられるかもしれませんが、 最近改めて「うむむ!」と唸らされたので 今日はそれをシェアしたいと思います。 ================ 10代が集結したイベント ================ 「彼ら」 ジェネレーショ [続きを読む]
  • 子供のセルフイメージを作る、小さいけれど大きなこと
  • よく聞く言葉 「セルフイメージ」 ですが辞書を引いてみると「自分について抱いているイメージ」とあります。「自分が」自分について抱いている、ということで「自分の考え方次第」つまり「自分で変えられること」「自分で選べること」と考えられたりしますね。しかし、そもそも「自分の考え方」というのはどこから来ているのでしょうか?「自分の」ということであたかも「自分が」主体的に考えるかのようですが実際はある現象や [続きを読む]
  • アバラ肉が思い出させた人生教訓
  • 今日は息子の友達がお泊りに来るので朝からドライ・リブを仕込みました。リブというのは、スペアリブ。あばら骨付きのお肉ですね。” ”出典:食肉図鑑(お肉の部位・名称)|公益財団法人 沖縄県畜産振興公社今日は豚さんのリブにしました。さて、ドライ・リブとは何ぞや。どうやら正確には「ドライ・ラブ・リブ」Dry(乾いた) Rub(擦り付ける) Rib(スペアリブ)ということのようです。塩と各種スパイス、ハーブなど乾燥し [続きを読む]
  • スカスカなウェブサイト
  • カナダに住んで、もう20年になります。で、たまに日本に帰るとびっくりすることがたくさんあります。数年前に帰ったとき驚いたのは「広告」でした。旅の情報誌とかグルメとか街情報とか薄い雑誌みたいなの、ありますよね。あれとか、スーパーの広告とかも、紙面いっぱいギューギューギューッ!!!小っこい字がとかギッシリで絵もいっぱい、色もいっぱいもう入らんわ!という限界まで詰め込んだ感 満載。わたしはそういうのはパッ [続きを読む]
  • ドラえもんになりたい
  • 日本の国民的アイドル(?)ドラえもん。この間ふと思いついて「ドラえもんとのび太」の話を別ブログでしました。で、いろいろ書いてるうちに思ったんです。ドラえもんはのび太くんに「楽をさせるため」に傍にいるんじゃなくて「可能性に気づいてもらうため」「できる体験をしてもらうため」「未来をよりよいものにしてもらうため」のび太が弱気になっても、言い訳しても失敗しても、ふてくされても結局そばにいるんですね。そんな [続きを読む]
  • 「原因が分からない」恐怖、不安がある場合
  • この間からチラッとお話してますキャンペーンなんですが、わたしの段取りが悪かったので(汗)現在、お詫びを兼ねて一部の内容を無料公開しています。今回ご提供させていただいている「コンシャスプランニング」プログラムは簡単に言えばご自分の深いところを一度サクッとでもなぞっていただいて、そこから来年、そしてその先へ向けての最初の一歩を考えていきましょう、というのが趣旨です。で、そこでぜひお伝えしたいのが「ステ [続きを読む]
  • 3時間睡眠の後、思うこと
  • この数日は・・・ ちょっと立て込んでおります。 日本時間で本日深夜11時59分までのキャンペーンが進行中。そのメンテナンスがあるのに加え1.久々の仕事、しかもボリューム増加しばらく依頼がなかった書き物仕事が急に入りました。 しかも規定の量が、いつもより多め!リサーチを含む仕事なのでいつも非常に勉強になり楽しいのですが締め切りがあると なかなかプレッシャーでもあります。2.娘の友達がヤバイ? 笑えない話ですが、 [続きを読む]
  • 【苦労人向け】海外ひとり起業のカベ5選
  • 無謀にも、カナダでひとり起業して早4年が経とうとしています。いや、確かに無謀だったよね!というのが正直な感想ですが(笑)。というのは、いろいろやってみて今だから分かるのが、当時は「本当に何も知らなかった」ということです。とは言え、もしわたしが下手にいろんな「知識」を持っていたら、最初の一歩さえ踏み出せなかったかもしれないとも思います。無知は強い。わたしのためにあるような言葉。とはいえ、もしあなたが [続きを読む]