Tetsuya T. Yamamoto さん プロフィール

  •  
Tetsuya T. Yamamotoさん: 情報とサッカー
ハンドル名Tetsuya T. Yamamoto さん
ブログタイトル情報とサッカー
ブログURLhttp://tetsuyatyamamoto.blogspot.com/
サイト紹介文メインはサッカー観戦記(名古屋グランパス中心)です。自身の著書(サッカー戦術論)も紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/02/07 17:44

Tetsuya T. Yamamoto さんのブログ記事

  • 【小ネタ】zone 1 と zone 2 の分布(ロシアワールドカップ)
  • マニア向けの記事です数試合について、Activity time spent の zone 1 と zone 2 をプロットしたら、綺麗な線形になりました。図1、複数の試合における zone 1 と zone 2 の分布図。サンプルは、以前の記事(下記リンク)で紹介した、ロシア対サウジアラビア、ポルトガル対スペイン、メキシコ対ドイツ、日本対コロンビア、セネガル対ポーランド、日本対ポーランド、です。(私にとっては)zone 1, zone 2 ともに、このワールドカ [続きを読む]
  • 【小ネタ】 Activity time spent とは
  • この記事では、2018FIFAワールドカップロシアで公開されているデータの一項目である「 Activity Time Spent 」を説明します。サッカーの試合中、選手達はほぼ常に動いています。「 Activity Time Spent 」とは、選手達が動いている速度の時間割合を示す指標です。公開されているデータ各試合のページの「 Match Facts 」からPDFファイルをダウンロードできます。「 Activity Time Spent 」は、その中の「 Tracking Statistics 」に [続きを読む]
  • 【小ネタ】パスマップとは
  • 本記事では、サッカーのデータ分析に必須の「パスマップ」について記します。パスマップとは、パスを出した選手と受けた選手の位置関係や、選手間のパス本数などの情報を図示したものです。本記事では、既存の3種類のパスマップを紹介します。「パス」の認識パスマップについて説明する前に、「パス」がどう認識されるか、紹介します。サッカーにおける「パス」という行為を認識するためには、パスを出した選手(ボール保持者)、 [続きを読む]
  • 【日本代表】 ベルギーのデータあれこれ
  • この記事では、R16の日本の対戦相手であるベルギーのデータを紹介します。8人替えで臨んだイングランド戦は置いときます。初戦のパナマ戦も、2戦目のチュニジア戦も、正直そんなに死力を尽くした戦いにはなっていませんが、彼らの好調なプレー、彼らの望み通りのプレーができていた事を考えると、調べる価値はあります。パナマ戦の Match Factsチュニジア戦の Match Factsデータ内容についてはこちらの記事をどうぞ、「【小ネタ】 [続きを読む]
  • 【日本代表】 グループステージのスペインのデータあれこれ
  • 本記事では、グループステージでのスペイン代表のデータを、パスに関する数字を重点的に紹介します。選手配置ヒートマップとパス回しの数字を眺めた結果、グループステージにおけるスペインの選手配置は、基本的に3+3+3+1のユニットだと認識すると分かりやすいでしょう。(目新しい表現かどうかは知りません)後方の3は、ピケ・ラモス・ブスケッツ。左サイドの3は、イニエスタ・アルバ・イスコ。右サイドの3は、シウバ+ [続きを読む]
  • 【小ネタ】 Attack origin の計測方法の推測
  • 注意、マニア向けの記事です。本記事では、「Attack origin」と呼ばれる図示の、計測方法について推測します。私の推測であって、実際の定義と一致するかは不明です。この図は、ロシアワールドカップで公開されている Tracking Statistics に含まれています。(参考記事、【小ネタ】ワールドカップの公開データ紹介)赤枠内が今回の主題である Attack Origin 。まず疑問、「これって、Attack Origin 以外の名称なかったかな?」他 [続きを読む]
  • 【日本代表】ポーランド対コロンビアのデータあれこれ
  • この記事では、ポーランド対コロンビア戦のトラッキングデータの内容を紹介します。ノックアウトステージ進出を決める第3戦、その相手となるポーランドを調べる事が目的です。試合の結果は3−0でコロンビアの勝利、コロンビアは日本戦の敗北を取り返しました。一方、ポーランドは2連敗で予選敗退が決定しました。試合結果(jleague.jp)Match Facts (fifa.com) Match Facts で公開されているデータについては、「【小ネタ】ワール [続きを読む]
  • 【日本代表】 20180624 セネガル戦のトラッキングデータ
  • 引き分けながらも非常に惜しい試合、好ゲームだった日本対セネガルのトラッキングデータの数値を紹介します。スタッツ(英語、fifa.com)試合データ(jleagu.jp)Players Heatmap日本代表のヒートマップ。今回の試合、香川乾原口がセンターサークル付近でボールを受け取る場面が目立ちました。それを反映するように、乾原口は中央まで広がったヒートマップになっています。特に原口は、右サイドに張るよりも中央よりのポジションを [続きを読む]
  • 【日本代表】ポーランド対セネガルのデータあれこれ
  • この記事では、ポーランド対セネガルのトラッキングデータについて説明します。連日の試合のため、ポーランド対セネガルを正直良く覚えていませんが、紹介した数字が日本戦の参考になれば幸いです。この試合の Match Facts(fifa.com)ヒートマップポーランドのヒートマップ。4−2−3−1でスタートしたポーランドは、後半開始時に3−4−3に変更します。16番(日本語にするの難しい)を外し、6番を投入して2CBと合わせて3バックに [続きを読む]
  • 【日本代表】 日本ロシアドイツなどの「Activity time spent」の平均値
  • この記事の動機は、各代表チームの走りの激しさを調べる事です。そのために、日本を含む数カ国のフィールドプレイヤー10人について、「Activity time spent」の平均値と分散幅 (standard deviation) を計算しました。結論は、日本はもうちょっと頑張って走ろうぜ(連携しようぜ)、です。ここで分かる事は、走行距離というよりも、おおまかな速さの違いです。Activity time spent「Activity time spent」とは、ロシアワールドカッ [続きを読む]
  • 【小ネタ】ヒートマップとは
  • 本記事では、サッカーにおけるヒートマップ(の作成)について説明します。サッカーをある程度長く見ていれば、ヒートマップの意味する所はなんとなく分かるでしょうが、原理を丁寧に説明しているページが無かったので、書いておきます。(小学生中学生が対象かな?言葉遣いが小難しいかな?)「サッカー ヒートマップとは」GOOGLE検索結果「サッカー ヒートマップとは」GOOGLE画像検索結果6月18日現在の検索結果では、「サッカ [続きを読む]
  • 【小ネタ】ワールドカップの公開データ紹介
  • 今大会もいつものレポートが出ていました。W杯は国際大会の中でも公式のデータ公開量が多く、各選手のヒートマップ、支配時or相手支配時走行距離、速度別走行距離などなどいっぱいデータが見れますhttps://t.co/GDlbrcJQQ5 pic.twitter.com/ew7RwXOWFk― Soccer D.B.管理人 (@soccerdb_2014) 2018年6月15日 という訳でワールドカップのデータの中身をざっくり紹介します。(初心者向けです)これからステージが進むにつれ、「ここ [続きを読む]
  • 【日本代表】 日本代表とサッカーファンとの現在の関係
  • 宇都宮さんがパラグアイ戦後のコラムでこんな事を書いています。”西野監督はご存じなかったとしても、世論が必ずしも自分たちに味方していないことを、選手たちは鋭敏に感じ取っている。”「パラグアイ戦の勝利で「代表熱」は蘇るか 際立った西野監督のベンチワークと対応力」(Sportsnavi)より。この文の前の段落では宇都宮さんの周囲の状況も書かれており、ある意味、宇都宮さんの書いている事は当たっているのですが、自分は [続きを読む]
  • 名古屋グランパス 2018年前半戦総括 その3 後半戦展望
  • 名古屋の前半戦についてのまとめ記事、その3本目です。1本目の記事「名古屋グランパス 2018年前半戦総括 その1 前半戦成績」では、前半戦の成績にまつわる数字を出しました。2本めの記事「名古屋グランパス 2018年前半戦総括 その2 攻撃と守備」では、攻撃と守備の内容について書きました。この記事では、後半戦の日程やら勝点の話をします。6月11日に奈良戦のPK戦やり直しが発表されましたが、この記事は天皇杯を考慮 [続きを読む]
  • 名古屋グランパス 2018年前半戦総括 その2 攻撃と守備
  • 名古屋の前半戦についてのまとめ記事、その2本目です。前回の記事「名古屋グランパス 2018年前半戦総括 その1 前半戦成績」では前半戦の成績にまつわる数字を出しましたが、今回の記事ではその原因である攻撃と守備についてフワッと妄想します。3−4−3と4−4−2との違いとか、各選手のポジション評価などはありません。攻撃と守備の現状前回の記事で書いた通り、前半戦の名古屋は、平均得点1点、平均失点2点、と勝つのが困難 [続きを読む]
  • 名古屋グランパス 2018年前半戦総括 その1 前半戦成績
  • 名古屋グランパス 日程・結果(全日程) (Sportsnavi)天皇杯2回戦を終了し、名古屋グランパスは一ヶ月以上の中断期間に突入しました。以下の3点について、それぞれ記事を書きます。前半戦成績何が足りないのか?何ができるのか?後半戦に関わる数字この記事では、名古屋の前半戦の成績を数字で紹介します。残念ながら、良くない数字が並びます。前半戦成績名古屋の公式戦22試合の結果は、4勝3分け15敗、24得点45失点、でした [続きを読む]
  • 日大アメフト悪質タックル事件、公式声明と記者会見のリンクまとめ
  • このページでは、表題の事件に関わる公式声明と記者会見のリンクをまとめます。29日の連盟の会見記事を読んだのが動機です。全ての記事に目を通してはいません。(漏れがあったらごめんなさい)既存の新聞のリンクを貼るのは嫌ですが、必要に応じて最低限貼ります。進行中の事件なので、適宜リンクを追加します。(最終更新日、20180624)日本大学フェニックス反則タックル問題(Wikipedia) ・荒らし行為など問題の多い現状です [続きを読む]
  • サッカーW杯における情報戦とは?
  • W杯(ワールドカップ)における情報戦とは何か?何ができるのか?どんな効果があるのか?、について考えてみました。ワールドカップ前になると、しばしば「ワールドカップは情報戦」というフレーズを見かけます。ここでの情報戦は、「相手チームを知る」事と同時に「相手チームにこちらの手の内を知られない」事を意味します。結論は、「確かに重要だが、隠せる情報は多くない。むしろ分析。」内容前提1、代表選手は実績豊富前提 [続きを読む]
  • 【語録】ウド・ラテック
  • 元記事は、They Said It: Udo Lattek (fifa.com)ウド・ラテック(Wikipedia)多くのタイトルを獲得したドイツの名監督です。(プロ選手経験無し)プロクラブの監督としての実働は、1970年から93年まで。00年に短期間ドルトムントを指揮し、残留させています。14の主要タイトルと7のシルバーメダルを獲得しています。日本語版wikiの記述はちょっと簡単なので、英語版かドイツ語版も参考にどうぞ。率いたチームの多様さと獲得したタ [続きを読む]