Tetsuya T. Yamamoto さん プロフィール

  •  
Tetsuya T. Yamamotoさん: 情報とサッカー
ハンドル名Tetsuya T. Yamamoto さん
ブログタイトル情報とサッカー
ブログURLhttps://tetsuyatyamamoto.blogspot.com/
サイト紹介文メインはサッカー観戦記(名古屋グランパス中心)です。自身の著書(サッカー戦術論)も紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/02/07 17:44

Tetsuya T. Yamamoto さんのブログ記事

  • 【J1、TV観戦】 2018/11/06 第28節 セレッソ大阪 対 名古屋グランパス
  • 勝ったぞ〜\( ^Д^)/名古屋公式より。短いですが、感想を。久しぶりの勝利、残留への希望は繋がりました。中2日という事で、風間監督は4枚替えを決行しました。これが当たって、ほんとに良かった(´・ω・`)中2日は理解していながら、「4枚も替えて大丈夫なのか?」とちょっと心配でしたが、フレッシュな選手たちを中心に皆脚を止めませんでした。昨日の試合、走り勝ち、とまでは言いませんがユン監督率いるC大阪と互角の運動量 [続きを読む]
  • 【J1、TV観戦】 2018/10/19 第30節 柏レイソル 対 名古屋グランパス
  • 勝った〜(゚∀゚)キタコレ!!やったね!今日は前へ前へとDF裏を狙う攻撃ができてました!そして、残留を争う柏相手に勝利!(これはデカイ)名古屋の得点は1点でしたが、そこは柏の桐畑が良かった(勝ったら素直に褒められる)後半も点が欲しかったところですが、相手を怯ませてプレッシャーをかけるような、ゴールに仕掛ける攻撃は十分にできていたと思います。(7連勝時を思えば、もうちょっと行ける?)名古屋のチャント、響いてた〜。 [続きを読む]
  • オープントラッキングデータの解析 その4 個人の守備領域
  • DEBS2013のデータ論文データのダウンロードページ(フラウンホーファー研究機構)データの縮小前回の記事に書いたように、データサイズは4GB。DEBS2013での、このデータを使った解析の主題は、200Hzやら2000Hzのデータを流してリアルタイムで解析、動画を作成する事。自分はそういうのには興味が無く、4GBのデータをpythonに読み込むだけで合計8GBのメモリを食いそうなので、扱いやすいサイズのデータに縮小する。(元データをメ [続きを読む]
  • 鳥栖戦のスタメンは?
  • ※横浜戦の感想はお休みです。m(_ _)m今週末、19日(日)18時@瑞穂のサガン鳥栖戦ですが、ご存知のようにジョーが出場停止です。中断再開後のグランパス、明らかにジョーは重要なターゲットマンで得点者でした。(もちろん彼だけではありませんが)以下、鳥栖戦のスタメンを妄想します。本日時点でチケットは売り切れです。戦術的には?中断再開後に得点を量産してきたフィニッシャーがいないのは非常に痛いです。ただし、その一 [続きを読む]
  • オープントラッキングデータの解析 その3 DEBS2013のデータ
  • ひとまず、Petterson et al.(2014) のデータは置いといて、 Mutschler et al.(2013, The DEBS 2013 Grand Challenge) のデータの紹介です。以下、データの簡単な紹介と、「この論文・サイトのダウンロードURLが機能してないので別のリンクを使ってね」というお話。データの head と tail。データ紹介これまでに紹介している論文とは別に、「DEBS 2013」でgoogle検索すると、その研究集会のページが出てきます。研究集会の目的など [続きを読む]
  • 公益財団法人としての日本サッカー協会の情報公開
  • 長いです。本記事では、公益財団法人としての日本サッカー協会(以下、JFA。法人コード A017739)について述べます。基本的な問題は、情報公開の少なさ、不透明さ、ですね。犯罪ではありません。各団体の裁量の範囲ではあります。でも、丁寧ではありません。私は日本天文学会で評議員をしていた経験があるのですが、その時の情報公開のやり方と比べると、日本サッカー協会の情報公開のやり方は、国民に丁寧に情報公開しているとは [続きを読む]