おでめちゃん さん プロフィール

  •  
おでめちゃんさん: わからんべ
ハンドル名おでめちゃん さん
ブログタイトルわからんべ
ブログURLhttp://wakaranbe.blog.fc2.com/
サイト紹介文アルツハイマー型認知症の家族の介護を行う医師夫婦のつぶやき
自由文認知症の親を介護する家族としてのみならず、医師としての知識も含め、思うことを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/02/07 20:09

おでめちゃん さんのブログ記事

  • 食事を作ること
  • カバさんは、ブログ管理人である我々夫婦のうちの”旦那”の実の母親です。我々家族が両親と同居して5年が経過しました。認知症になって、料理もできなくなってしまった様子をみて同居したわけですので、当然なのですが、この5年間、カバさんは、料理を作ったことはありません。。同居した時点で、”嫁”は一緒に一度料理をしようと試みましたが、包丁を使うときにまな板を使うこともできなかったので、その試みはやめになりました [続きを読む]
  • 何もしてないのに? 何もしてないから?
  • 日曜日は朝からデイサービスです。朝、送り出す前に、オニガワラさんはいつも1階の掃除に精を出します。オニガワラより遅く起きるカバさんは、ご飯を早く食べるようせかされて、玄関でお迎えを待機しています。そんな中で時々『いやや、うるさい!』 などとカバさんが大声で叫んで抵抗する声が聞こえます。今日も朝から派手な声が聞こえていたので”旦那”が下に降りカバさんに尋ねました。”旦那”  『ばあちゃん、どうしたんや [続きを読む]
  • 日本列島が大変ですね
  • 今朝未明、北海道で大地震が起こりました。今週初めの台風で、関西地方は大打撃を受けました。被害を受けたかた、今も普通の生活ができないでいる多くの方々にお見舞いを申し上げます。実はブログ管理人の”嫁”も、交通手段を失い職場から2日間帰れずにいましたし、自宅に大きな問題は無かったものの、瓦が2枚ほど崩れていましたし、隣の家のアンテナが折れてました。向かいの家の小屋の屋根が吹っ飛んできて、我が家と隣の家の隙 [続きを読む]
  • 叔父の復活 原因は何?
  • 叔父が救急入院して3日目 (振り返り)”旦那”が、病室に行くと、ベッドに座り 片手を挙げ『迷惑かけたな!』と照れ笑いをする叔父がいました。前の日までとの違いにびっくり。でも一安心です。倒れたこと、スタッフがなかなか来なかったこと(もちろんナースコールを押せばすぐ来てくれるはずですが、 どうも立ち上がれなかったので、それもできなかった様子)、担当医師が診察してくれたこと、までは鮮明におぼえていますが [続きを読む]
  • 無事退院
  • 緊急入院して4日目無事、叔父は、復活して退院しました。施設のスタッフの方々は、早い復活に笑顔ででむかえてくれました。結局のところ、原因は、明確ではありませんが、薬をきったからか、筋肉のこわばった感じはなくなりました。薬剤性パーキンソニズムがあったことは事実と思います。ですが、全体像として、それだけで説明ができるものではありません。主治医の先生からは、てんかんの可能性を除外できないので、退院後改めて [続きを読む]
  • 緊急入院の原因は?
  • 叔父の緊急入院の2日目を振り返ります。”嫁”はまだ出張中で帰ってきませんので”旦那”が1人で奔走中。病院にいっても叔父の様子はほとんど変わらず。血液検査も CRPという炎症反応を示す値と、CPKが軽度高い程度。少し、血圧が低め。叔父は、高血圧で、薬を飲んでいますが、薬をちょっと減らしてみましょうか。そういえば、デイサービスに行っていたころも数回、お風呂上りなどに倒れたことがありました。結果的には、すぐに回 [続きを読む]
  • 救急入院!
  • 10日前のことでした。学会でやや遠方に出かけていた”嫁”のところに夕方、叔父が入居しているサ高住(サービス付高齢者住宅)より電話がかかりました。いつも、連絡先としては”旦那”を1stにしているので、”嫁”のところに連絡が入るのはよほどの事情か、と慌てて出た”嫁”叔父が午前中に転んで、その後、ベッドの上で、起き上がれなくなっているとのこと。看護師の観察にて、時折無呼吸があり、専属の医師からは、両目縮瞳 [続きを読む]
  • ようやく9月になりました
  • 夏の間、 何かと忙しいことがいろいろとありまして、更新が途絶えました。定期的によんでくださっていた方には、ご心配をおかけしていたかもしれませんが、おかげさまで、カバさんは、変わらず元気です。この夏は本当に暑く、京都では35度越えが何日も続きましたが、我が家では、多分カバさんが一番元気です。毎日定刻にオニガワラに起こされて、用意された食事をし、週に4回のデイサービスに通い、後は定位置でテレビを見て、、 [続きを読む]
  • 祇園祭
  • 今日は 祇園祭の山鉾巡行でした。今年のお祭り、宵山、宵々山、宵々々山は 猛暑の連休。10年ほど前までは、必ず、お祭りに出かけていたカバさん。今年は、デイの車で、いくつかの山や鉾を見に連れて行ってもらいました。必ずその瞬間は、楽しんでいると思うのですが、帰ってくると、その記憶は、どこへやら。。。「今日はどこに行ったの?」と聞いても「わからん」 で終わり、、なんだか、スタッフの方々に申し訳ない気もします [続きを読む]
  • 異常気象
  • 6月18日の大阪北部地震の記憶も新しいうちに7月6−7日の豪雨がありました。被災地では、豪雨の後の猛暑で、復旧作業も大変だと思います。心よりお見舞い申し上げます。幸い京都市内の我が家はどちらの影響もたいして受けることなく、(土嚢をはじめて使いましたが)みな無事にいつもと変わらない生活を続けられています。家の中でも、携帯電話で緊急地震速報や、豪雨の避難指示などのアラートが、鳴り続く中、 高齢者の避難準備を [続きを読む]
  • 少し改善?
  • ”うつ”状態の人に、絶対やってはいけないこと、  それは、 ”励まし” ”うつ”のひとは、励まされることで、さらに自分を追い込んでしまいます。医師としてはわかっていても、元気だった頃をよく知っている身内は、つい、つい、励ましてしまいそうになるのをこらえて、”嫁”は この週末に叔父のところに面会に行きました。スタッフの方に聞くと薬が効いてきたのか、少しずつ、ご飯を食べることも出てきたとのこと。自室か [続きを読む]
  • 老年性うつ 
  • 老年性うつ、というのは、いわゆるうつ病とは少し異なります。もともと、持ち合わせた気質や遺伝的要素も関連し、躁状態も、併せ持つ”うつ病”と比べて、環境の変化 (退職、配偶者の死、引越しなど)により引き起こされることがしばしば。そして、心の不調よりも『頭痛』 『胃痛』 『息苦しさ』 『めまい』などの体の不調を訴えることが多いのが特徴です。そのため、最初は、いろいろな病気を想定して、いろいろな診療科を受 [続きを読む]
  • 老年性うつ
  • 介護付老人ホームに入居して、ホッとしたのはつかの間、、2週間目から、食事が取れなくなり、部屋にこもりきりになってしまった叔父。週末に部屋に行っても、ベッドに入ったまま、『しんどいから寝させて・・』 と出てきません。入居して、まだ信頼関係も築けていないスタッフの方々も、困っておられる様子。。毎日のように、昼間にはデイサービスのように、様々のアクティビティをしてくださったり、お散歩に連れて行ってくれた [続きを読む]
  • 歯はどこに行った??
  • 2ヶ月ほど前、"歯が痛い、いたーい!”と言い、食事を思うように食べられなくなったカバさん。翌日歯医者に行きました。昨年2月に大腿骨頚部骨折をするまでは、数年間、毎月一度歯医者に行って 歯のお掃除をしてもらっていましたが、エレベータの無いビルの2階にある歯医者であるため、骨折後は約1年お休みをしていました。毎日、オニガワラの指導の下、歯磨きをしてから寝ているカバさんですが、どうしても磨き方は不十分。 [続きを読む]
  • 家の中まるごと処分!
  • 介護付老人ホームに入居した叔父のマンションは、物をためこんでいた認知症の叔母が亡くなった後、何度にもわたって少しずつ物を整理していましたが、叔母の服や、おばの趣味の裁縫関係の物を処分するにとどまっていました。叔父が引っ越して家主がいなっくなった今、マンションの中にのこすものはすべて要らない、といって後の処理を我々に託した叔父。とりあえずは、使えそうなものだけ、いただきました。全く未使用のお鍋類、値 [続きを読む]
  • デイサービスの朝
  • カバさんの毎日、季節や、日にち、曜日の認識は、本人にはありません。夜になったら 布団に入り、朝になったら、(起こされて)起きてきます。尿とりパッドはしているものの、自分でトイレに行くことができる状態なので、夜中にも 何度かトイレに起きています(この点は非常に優秀!)。でも、起きるとき、寝るとき、ご飯を食べるとき、目の前の飲み物を飲むときその都度その都度『起きたらいいのか?』『どうしたらいいのや?』 [続きを読む]
  • 食事が摂れない理由は? 叔父の場合
  • 老人ホームに入居してから、食事を摂れなくなった叔父、本日”旦那”の病院にて、一通り検査をいたしました。●まずは”顔” → うーん、確かに、痩せてはいるけれど、大病ではなさそう (と、消化器科28年の医師の直感)●診察にても、 口の中、腹部の触診など → 何にも無し。●血液検査 → 半年ほど前の検査と比べて何も変わらず、問題なし。●内視鏡 → 食道も、胃も十二指腸もきれいなもの。腫瘍は勿論のこと、潰瘍 [続きを読む]
  • 食事が摂れない
  • 叔父が 介護付有料老人ホームに入居して1ヶ月。ホームの施設長から連絡をいただきました。『食事が進んでいなくて、やせてきた。もともと 早期胃癌の治療後の既往もあるので、ホームの担当医が、再発など心配しているのですが。』 とのことでした。・・・・うーん、確かに数年前に、”旦那”が内視鏡にて、早期胃癌を見つけ、内視鏡的に治療をしていますが。。。。少なくとも、病気の状態から、再発が起こるとは思えない。。ま [続きを読む]
  • 残されている機能
  • デイサービスからカバさんが帰ってきた後、オニガワラがお便りを持って、2階に上がってきました。「今日な、デイで、こんなもの、持って帰ってきたわ」手にしているのは、4則計算のプリント100問でした。「あの人、こう言う能力は、残っているんやわ」 と、まんざらでも無いように言うオニガワラ。足し算、引き算、掛け算、割り算は余りのあるものまで、足し算、引き算、掛け算は一桁のもの、割り算も二桁のものまでなのですが、 [続きを読む]
  • 睡眠時間
  • カバさんの睡眠時間は長いです。毎日夜の9時にはベッドの中に入れられ(?)て、朝は 我々が家を出ることにはまだまだ、寝ています。仕事で、帰りが遅くなったりすると、一日中カバさんに会えないこともあります。1日会っていなくても、3日会っていなくても、関東暮らしの"キリン"のように数ヶ月あっていなくても、カバさんの反応は変わりませんが。夜中には、"トイレ行きます!” と 大きな声がすることがあり、時々目覚めるカ [続きを読む]
  • 高齢者には厳しい矛盾満載!
  • 叔父の引越しの翌日、”嫁”は一日休暇を取って、様々の手続きをしにいきました。住居変更届、保険証の変更、 ⇒ 代理人でOKでした!マイナンバーカードの住所変更 ⇒ ここで第一のつまづきが、、、  本人でなければならない、というのです。  代理人の場合には、書類を送って、本人に記載してもらい、  代理人と、本人の関係を示す書類を持って、手続きを、というのです。 叔父とは言うものの、”嫁”からしてみたら、 [続きを読む]
  • 怒涛の引越し
  • 約1週間前叔父が、介護付有料老人ホームに無事引っ越しました。叔父と、最低限の荷物の引越し。ほんと、無事、終わった、という感じです。なんだかんだといいながらも、荷物の整理ができない叔父、手伝うとはいえ、親子でもないわけで、どこまで、手を出してよいのか、とも戸惑いながら、学会シーズンで忙しい、我々ブログ管理人夫婦は、毎週末、少しずつ、準備を進めました。。足の踏み場もない家から、必要なものだけ取り出して [続きを読む]
  • 家族の思い
  • 今日は 日曜日のデイサービスに出かけたカバさんでした。先週は 『お風呂に、今日は入らない!』 と不機嫌に主張して、入浴拒否をしたり、同席したほかの利用者さんに『やかましい!』 と怒鳴ったり、したらしいカバさん。本日の出発時、おむかえにきてくださったのはデイサービスの所長さんでした。すかさず、オニガワラは カバさんに『今日は、わがまま、いうたらあかんのよ!』 と指導して、送り出し、所長さんに、荷物を [続きを読む]
  • 外食に行って気づいた病気の進行_2
  • 外食に行って、気づいた病気の進行 その2です。ファミリーレストランでは、皆がそれぞれ、好きなものを頼みました。”おサル”と、”嫁”が、豚しゃぶしゃぶを頼み、”旦那”と、”オニガワラ”が、●●御膳、牛肉を食べたい、と言ったカバさんは、1人の牛しゃぶのついた御膳を頼みました。御膳には、小さなおかずが7-8品、きれいに入れられており、茶碗蒸しや、てんぷらも付いておりましたが、美味しそうな食べ物を前にしたカバ [続きを読む]
  • 外食に行って気づいた病気の進行_1
  • 連休中に 家族で外食をしました。毎日、家で同じ会話と、同じ行動を繰り返していると、気づきにくいのですが、外に行くと、カバさんの進行に、ハッと 気づかされることがありました。まずは、順番待ちの時間帯。食べ盛りの高校生の息子”おサル”と、高齢者2名が一緒に満足できる外食、となると、どうしても、ファミリーレストラン系になりますが、連休中の ファミレスは、当然のことながら超満員!予約が取れなかったので、オ [続きを読む]