粟谷塾 さん プロフィール

  •  
粟谷塾さん: 粟谷塾の夜話 時々模索の道草
ハンドル名粟谷塾 さん
ブログタイトル粟谷塾の夜話 時々模索の道草
ブログURLhttp://awayajuku.blogspot.jp/
サイト紹介文粟谷塾(神奈川県横須賀市)のブログです。考えさせる哲学的[対話]、[謝礼]制等々の特徴を持つ塾です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/02/07 20:50

粟谷塾 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 雲隠れにし夜半の月影
  • 数日前、もう何年も会っていなかったトルコ人の友人が、突然我が家を訪ねてくれました。Facebookでメッセージを送った、と彼は言いましたが、“貧乏暇無し”の諺通り、私には今の所、SNSを見る時間も殆ど有りませんorzいずれにしても、久々の再会はとても嬉しく、また一方で、私の状況がもっと好転していれば、と残念に思う気持ちも有りました。しかし、彼は、車を適当な場所に置いてくる、と言って出ていったきり、戻ってきません [続きを読む]
  • まほし特性
  • まほし 助動詞(シク活用型)意味①〔自己の動作の実現の希望〕…たい。 例文 紫のゆかりを見て、つづきの見まほしくおぼゆれど、人かたらひなどもえせず。 出典:更級日記[訳] 『源氏物語』の紫の上に関係した部分を見て、続きを見たく思うけれど、人に相談もできない。意味②〔事態の実現の希望〕…が望ましい。…てほしい。▽ラ変動詞「あり」などの下に付いて。 例文 少しのことにも、先達(せんだち)はあらまほしき事な [続きを読む]
  • 百人一首名勝負!
  • 粟谷塾では最近、中学生の二人の生徒が授業の度に百人一首を対戦しています。年上の生徒は、既に100首覚え、今は様々な歌集から自ら選ぶ“二百人一首”作りに挑戦しています。年下の生徒は、負けじと追い掛け、暗唱出来る和歌、歌意の分かる和歌を増やしてきました。これまでは年上の生徒の全勝で、年下の生徒はひたすら負け続けていました。年下の生徒は悔しさをぐっと堪えて、諦めず何度も何度も挑戦し続けました。年下の生徒は [続きを読む]
  • 神奈川県立保健福祉大学の大学祭に行ってきた!
  • 11月5日日曜日、我々粟谷塾一行は、神奈川県立保健福祉大学の第15回大学祭、「うみかぜ祭」に行ってきました。大学受験の年齢にはまだ遠い生徒達であっても、大学を身近に感じられるようになり、大学を越えられない壁のように感じてしまう事が無いようにする為です。生徒達だけではなく、生徒達のご家族にも参加していただき、とても有意義で充実したイベントになりました^^生徒の希望でオープニングセレモニーから参加した私達 [続きを読む]
  • 先生!お久し振りです!
  • 先の記事、「新しい生徒を迎える事よりも戻ってくる生徒を待つ事を優先して全てを犠牲にしてきた事」で、 私が新しい生徒を迎える事よりも不本意な仕方で去った生徒達が戻るのを待つ事を優先してきた 事を書きました。新しいメンバーを募るのではなく、もう一度同じメンバーで仕切り直ししたい、と云うのは、残った生徒と私の共通の願いでした。しかし、そうやって待つ事にも潮時が来た、と先週判断しました。私にお金を請求する立 [続きを読む]
  • SNSをそれなりに使いこなしたい!
  • SNSってビジネスに有用だったんですね!知らなかったです…^^;今までは、知っている人とのコミュニケーションツールとして、双方の知人の間にだけ公開のチャットのように思っていて、そう云う使い方をしていました。特にTwitterは、生徒達の圧倒的な使い方を見ていると、表面的な関心事を知人間に垂れ流す事によって表面的な人間関係を維持するツール、にしか見えませんでした^^;しかし、むしろ知人の外に急速に繋がりを作っ [続きを読む]
  • 私の指導法とメンタリストDaiGoのパフォーマンスの共通点と相違点
  • 私はこれまで、自分の指導の仕方を他人に説明するのに非常に困難を感じてきました。なぜなら、私の指導には決まった型が無く、本当に一人一人に応じて千差万別で、決まっている事と言えば、一人一人に応じた指導を可能にする為に、“生徒の話をよく聞く事”と“生徒の様子をよく見る事”だけだからです。そんな私が近年、私の指導法に通じる所が有る、似ている、と目を惹かれたのが、ネット動画で観たメンタリストDaiGoさんのパフ [続きを読む]
  • America! America! God shed His grace on thee!
  • アメリカのオバマ大統領夫妻が、生きて、しかも笑顔で、任期を満了し、ホワイトハウスを去りました。トランプ新大統領への心配や反発はともかく、あのヘリコプターが空の彼方に無事に飛んでいった瞬間は、アメリカ合衆国にとって、その歴史上最も幸せな瞬間だった、と思います。O beautiful for spacious skiesAbove the fruited plain!O beautiful for patriot dreamO beautiful for heroes provedAmerica! America! God shed His [続きを読む]
  • 残念な大人と頼もしい子供
  • 15日(木)と16日(金)に山口県長門市で行なわれた日露首脳会談との関連で、こんな動画を観ました。ソ連軍による占領下の北方領土(1945年〜1948年頃)では、勿論、自分の所に来たソ連軍軍人の人物次第で、日本人一人一人の運命は大きく左右されたでしょうが、中には、仲良く共存し、楽しい思い出になる程だった人も居た、と云う事です。その切っ掛けについて、上の動画は、02:20〜02:32で、「日本人とソビエトの人達、最初の頃は [続きを読む]
  • 君が居なければ
  • 生徒が私の大好物であるポテトチップスを差し入れしてくれました。ちゃんと覚えていてくれたのだそうです。以前、私の父が突然上京してきて、「土産だ。」と言って、私の唯一食べられない食べ物である蜜柑を持ってきた時の面子も、同じ面子でした。とは言え、そちらも良い方向に向かうでしょう。『民間文教施設“粟谷塾”の理念』の講義は2回目です。『民間文教施設“粟谷塾”の理念 総論』から、[自信][勉強][学力][意志 [続きを読む]
  • プーチン来日
  • 今日、来日されたウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン第4代ロシア連邦大統領です。ちょっと浮腫んでおられるようですね。思い切った決意を胸に秘めておられるのかな?明日、何が有るかな無いかな!?参考ページ 英語版 Awaya-Juku Conversationトルコ語版 Awaya-Juku Muhabbeti Amazon.co.jpアソシエイト このブログは、粟谷塾公式ウェブサイトの併設ブログです。ランキングに参加しています。応援 していただける [続きを読む]
  • これぞ[勉強]!!
  • 授業の前に、生徒が電話を掛けてきました。と言っても、最初はその生徒だとは分からなかったのです。「はい、もしもし粟谷塾です。」「…。」返事が有りません。「もしもし、もしもし、もーしもーし!」すると、小さな暗い声が聞こえてきました。「・・・高杉晋作、江藤新平、山岡鉄舟、杉原千畝、犬養毅、山口尚芳、池田長発(ながおき)、ジャン・フレデリック・バジール・・・」歴史上の人物の名前が小声で延々と続きます。その [続きを読む]
  • 過去の記事 …