yotuko さん プロフィール

  •  
yotukoさん: 片手よつこのてくてく山歩き
ハンドル名yotuko さん
ブログタイトル片手よつこのてくてく山歩き
ブログURLhttp://yotukotozan.blog.fc2.com/
サイト紹介文群馬県を中心とした登山です。低山からチョット高い山まで植物観察。登山以外でも植物紹介しています。
自由文片腕の障害者がどこまでチャレンジ出来るか!鎖、岩、梯子があっても行きます。そして山野草探しが大好きなのでのんびりした登山を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/02/08 18:11

yotuko さんのブログ記事

  • 夏の浅間隠山(登山編)
  • 浅間隠山から見た浅間山平成30年8月2日(木)晴れ浅間隠山は冬に雪山でしか行った事がありませんでした。お花が沢山あるとの情報にて猛暑の最中行ってみました。平日なので駐車場は空いていました。1台だけ駐車してあったので先客がいるようです。ではスタートさっそくシモツケソウオカトラノオ散ってしまったクガイソウに止まる昆虫オクモミジハグマに止まる昆虫まだ倒れたばかりと思われる木登山道沿いには、もうキンミズヒキが [続きを読む]
  • 浅間隠山に咲く花
  • 浅間隠山から見た浅間山平成30年8月2日(木)晴れ浅間隠山は現在花盛りです!今一押しなのが「シモツケ」と「アカバナシモツケソウ」です。アカバナシモツケソウ(シモツケソウの高山型変種)山頂付近はお花畑です^^シモツケとの違いは「葉」を見ればわかります。アカバナシモツケソウの「葉」は掌状に5〜7裂シモツケソウアカバナシモツケソウは山頂付近に生息しているのに対しシモツケソウは登山口からわずかに登った所に分布こ [続きを読む]
  • 群馬県で初めての発見となったコケイランモドキ!
  • 以前「コケイラン」と紹介した花が、実は「コケイランモドキ」と言う事が分かりました。ある花の詳しい方から連絡を頂きましてすごい大発見だと言うことです。もともとは韓国(済州島)に分布する花で日本では2016年に発表されたばかりでその存在すらまだ知られていないようなのです。日本での発見は今のところ栃木・高知・愛媛・佐賀・大分となっており群馬県が新たに6県目に加わる事となりました。群馬県では初めての発見です。本 [続きを読む]
  • 白砂山〜八間山一周コース(植物編)
  • 平成30年7月22日(日)コイチヨウラン茎はシャープペンの芯のような細さで、簡単に折れてしまいそうなほどきゃしゃなコイチヨウラン高さ10cm程の茎の先に可憐に咲いていたその姿のなんと愛らしいこと(* ´ ▽ ` *)しかし全体像が何枚撮っても綺麗に撮れず・・・パッと見、葉が見当たらず、地面に茶色い葉があるのは直に確認したのですがその時は何かの枯れた葉だと思っていました。帰宅後に調べたところ、この枯れたように見えた [続きを読む]
  • 白砂山〜八間山一周コース(登山編)
  • 白砂山 2139.7m  日本200名山  群馬100名山平成30年7月22日(日)晴れ●登山口→シラビソ尾根→白砂山白砂山登山口駐車場(5:40〜6:00)-ハンノ木沢(6:16)-地蔵峠(7:00)-水場(9:00〜9:03)堂岩山(9:37〜9:40)-猟師の頭(10:20)-白砂山山頂(11:36〜12:00)<昼食タイム>(5時間36分)●白砂山→八間山へ白砂山山頂(12:00出発)-金沢レリーフ(12:45)-猟師の頭(13:20)-堂岩山分岐(13:50)中尾根 [続きを読む]
  • 市川市ジュンサイ池にてアカボシゴマダラ発見!
  • 平成30年7月15日(日)日本列島が猛暑の最中、千葉県市川市にある「ジュンサイ池緑地」へ出向いた。とにかく暑い!歩いていても「暑い」しか言葉が出てこない・・・ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3そんな中、準絶滅危惧(NT)である「アカボシゴマダラ」を発見した!Wikipediaによると本種は、広東産の標本に基づいてリンネにより命名された。あらゆるチョウの中で、最も古く命名された種類のひとつである。と記載されていた。あれ?「リンネ [続きを読む]
  • 迦葉山・ツチアケビ探しリベンジ
  • 平成30年7月12日(木)戸神山のシャクジョウソウ探しは午前中で終了のため今度は午後の部です!7月1日に見つけられなかったツチアケビ探しです!ありました!たぶん・・・これがそうかと・・・ひどい!これは人間の仕業なのか!?野生の動物が食べてしまったのなら仕方ないけど犯人は分からない・・・なんて残念なこと・・・(T_T)そもそも動物が食べるのか?Wikipediaで調べてみると果実にはかなりの糖分が含まれ、動物が摂食し [続きを読む]
  • 戸神山(29回目)シャクジョウソウ
  • 平成30年7月12日(木)曇り/晴れ先日、玉原湿原でシャクジョウソウを見つける事が出来なかったため、とある方から「戸神山にあるよ」との情報を頂きまして、場所まで案内していただきました。〜Wikipediaより〜シャクジョウソウ(錫杖草、学名:Monotropa hypopithys)はツツジ科(旧分類ではイチヤクソウ科またはシャクジョウソウ科)シャクジョウソウ属の多年草。葉緑素を欠く腐生植物。別名、シャクジョウバナ(錫杖花)これが「 [続きを読む]
  • 尾瀬・至仏山周遊コースに咲く花
  • 平成30年7月8日(日)〜山頂周辺の高山植物〜シブツアサツキ至仏山で発見された植物で蛇紋岩植生の変形種オゼソウオゼソウは『尾瀬』の名がつく希少な一属一種の植物です。 至仏山や谷川岳、北海道の一部にしか生えず、数も多くはありません。 尾瀬の中でも至仏山でしか見る事が出来ません。ウウラベニダイモンジソウ(裏紅大文字草)/ユキノシタ科ミヤマダイモンジソウの品種で、葉の裏が紅色になったもの。(ミヤマダイモンジソ [続きを読む]
  • お花畑の至仏山周遊コース(登山編)
  • 至仏山 2228.1m平成30年7月8日(日)晴れ戸倉駐車場(4:47〜5:00)-鳩待峠(5:35〜5:45)-山の鼻(6:49〜7:20/朝食休憩)植物研究見本園(7:20〜7:40/散策)-至仏山登山口(7:40)-山頂(11:25〜11:50昼食休憩)小至仏山山頂(13:15)-オヤマ沢田代(14:05〜14:07)-鳩待峠(15:38〜16:00)戸倉駐車場(16:20〜16:25)総行動時間:およそ10時間(平均タイム6〜7時間のところを10時間かけて歩いているので亀の [続きを読む]
  • 迦葉山・玉原湿原(コケイラン・トキソウ他)
  • 平成30年7月1日(日)晴れ今日は花探し散策です。貴重な植物のため、あまり詳細は紹介いたしません。ざっくりと、迦葉山〜玉原湿原〜ブナ平コースとだけにしておきます。コケイラン(群馬県では絶滅危惧Ⅰ類)コケイランツルアリドオシツルアリドオシ(蕾)トキソウサワラン(別名:アサヒラン)木道から降りる事は出来ないので、近づく事が出来ません。遠いですが、これが精いっぱい。サワランの回りには、すでにキンコウカが咲い [続きを読む]
  • 燧ケ岳・尾瀬に咲く花
  • 平成30年6月24日(日)今日一番みたかったのがサンカヨウ実はまだ見た事がなかったのです。見事に咲いていてとても嬉しかった(* ´ ▽ ` *)しかも成長過程まで観察する事が出来ました。まず芽吹きそれから少し葉が開き始めている状態葉から顔を覗かせている蕾そして開花群生地尾瀬の中でサンカヨウが見られる場所として私が下調べした場所とは全く別の場所での発見に驚きました。しかも開花時期は6月上旬〜中旬と案内されていたの [続きを読む]
  • 尾瀬・燧ケ岳(御池〜俎?〜大江湿原〜沼山峠)・登山編
  • 燧ケ岳平成30年6月24日(日) 晴れメンバー:2人(山岳会のOさん)御池P(7:30〜8:10)-広沢田代湿原(9:30)-熊沢田代湿原(10:40〜11:05)俎?(12:30〜13:30)-ミノブチ岳(13:50)<ナデッ窪・長英新道分岐>長英新道・尾瀬沼分岐(16:00)-沼山峠(16:52)-シャトルバス(17:10〜17:30)御池P(17:30〜17:50)●登り:4時間20分(湿原でかなり休憩しながら)●下り:3時間20分(立ち休憩・水分補給程度)昼 [続きを読む]
  • 船ヶ鼻山・クモキリソウ
  • 船ヶ鼻山 1466m平成30年6月21日(木) 曇り薄曇りの天気で遠くの山に行く気分ではない。しかも午前中は愛犬のシャンプー&カットをやったので疲れたし、昼になってしまった。でも半日もったいないので、母を誘って船ヶ鼻山へ行ってきた。あずま屋に入山届の用紙とパンフレットが置いてあります。自転車で来ている人がいるようです。しかし、母を連れて半日では山頂まで行く時間はない。とりあえず傾斜の緩い「牛石コース」を行 [続きを読む]
  • ハンショウヅル咲く高倉山
  • ハンショウヅル平成30年6月17日(日) 霧雨昨年6月11日、アツモリソウを見るために訪れた「わらび平森林公園キャンプ場」ピンク色のアツモリソウはバッチリ見る事が出来たのだが、見たいと思っていた白いアツモリソウを見る事が出来なかった。その時のキャンプ場のスタッフの話によれば珍しいので株分けして増やそうとして失敗したらしくその後生えてこないとの事・・・ダメもとで、もしかしたら・・・という思いで行ってみました [続きを読む]
  • クサタチバナ群生地の子双山へ
  • 子双山 1316m平成30年6月14日(木) 晴れ赤城山の主峰は、もう登り尽くした。残すはマイナーな山だけとなった。そのうちの1角、子双山(コブタヤマまたはコフタヤマと言う)に行ってきました。子双山は、鈴ヶ岳の南、モロコシ山の東方にある山です。 標高1316m、1215m二つの頂点を頂く、よって「子双山」である。日本100名山の赤城山の1角でありながらもその存在はあまり知られていない事でしょう。そもそも登山道があり [続きを読む]
  • 荒神山にヤマタバコは本当にあった!
  • 荒神山 624m平成30年6月7日(木)晴れ昨年12月に、なにげに訪れた荒神山。そこで5月〜6月にヤマタバコが咲くとの情報を得て今日の日まで、今か今かと待ちわびていたのです。実際にこの山で見たという情報が無かったのでピンポイントで時期を予想するのが、かなり困難でした。また母の「山に行きたい病」が始まって最近毎日のように電話がかかってくるので連れてきました。登山口は群馬テレビの電波塔の作業道路のため車で侵入は出 [続きを読む]
  • 榛名山外輪山「三ツ峰山」自然観察会・ハルナユキザサ
  • 平成30年6月3日(日)ハルナユキザサ「榛名雪笹」の意で、初め群馬県の榛名山で発見され、榛名山特産のユキザサであることから、この名がついた。日本固有種で、群馬県の榛名山、栃木県日光の男体山のほか、本州中部地方に広く分布し、落葉広葉樹林の林床に生育する。「ハルナユキザサ」と言う名前を初めて聞いた。ユキザサより大きいのが特徴なので、最初はオオバユキザサだと思った。何が違うのかが良く分からず・・・詳しい説明 [続きを読む]
  • 榛名山外輪山「三ツ峰山」自然観察会と右京の無駄堀
  • 平成30年6月3日(日)晴れ群馬県山岳連盟主催の自然観察会に参加してきました。コース:ビジターセンター〜沼ノ原〜三峰山〜東峰〜松之沢峠〜     スルス峠〜右京の無駄堀〜ビジターセンター目的1.観察会を通して大自然の美しさ、偉大さを実感し、保護と活用の両面について理解を深める。2.安全登山の普及、山岳遭難事故防止に努める。3.春の環境美化運動の一環として清掃活動を実施する。  (各自ゴミ袋を持って、ゴミ拾い [続きを読む]
  • 赤城山・見晴山と白樺牧場はレンゲツツジが見頃
  • 平成30年5月30日(水) 曇り/雨ヘビノボラズとメギ観察を終えた後に、見晴山と白樺牧場のレンゲツツジが気になっていたので様子を見に行ってみました。見事に満開でした\(^o^)/見晴山の展望台天気が良ければ富士山が見える場所です。今日は残念ですが、地蔵岳と荒山が見えています。車を走らせていると、この景観が突然目に飛び込んできますので大抵の車は停めてレンゲツツジ鑑賞に浸っています^^見晴山山頂 1458mありますが [続きを読む]
  • 赤城山で山登らずしてヘビノボラズ
  • 平成30年5月30日(水) 曇り/雨メンバー:3人いつもご一緒させて頂いている山仲間のE子さんから赤城山にヘビノボラズ/蛇上らず(別名:トリトマラズ/鳥止まらず)<メギ科・メギ属>があるよとのメール。案内して下さるということで行ってきました。軽井沢峠から荒山へ行く登山道の途中にあるとの事。「駐車場から20分くらい歩けばあるよ」と言われ車から降りると、車の真後ろの案内板の裏に見つけてしまった(^^;)山登らず [続きを読む]
  • 根本山・十二山・熊鷹山の花
  • 平成30年5月27日(日)ミゾホオズキ(溝酸漿/ゴマノハグサ科/ミゾホオズキ属)クワガタソウクモキリソウクモキリソウウワバミソウトウゴクサバノオ(実)ギンリョウソウフタリシズカキツネアザミキツネアザミ斑入りテンナンショウエゴノキエゴノキオオカメノキコゴメウツギコアジサイニシキウツギウルシかな?ミヤマニガイチゴの花が散ったあとエイザンスミレの閉鎖花 [続きを読む]
  • 間違いだらけの根本山〜十二山〜熊鷹山
  • 根本山1199m 十二山1143m 熊鷹山1168m平成30年5月27日(日)晴れ今日のコースは中尾根コース〜根本山〜十二山〜熊鷹山〜石鴨林道を馬蹄形のような形で1周する予定でした。しかし、間違いだらけで、結果的には以下の図のようになってしまいました。根本山登山口→林道分岐を本来左折するところを石鴨林道へ直進してしまった→更に十二山登山口を直進し十二沢を登って行く→十二山(十二沢下降地点)に着いてしまった→とりあえ [続きを読む]
  • 赤城山の山野草
  • 平成30年5月24日(木)カモメラン嬉しくて何枚も撮りました^^まだ咲いていないがオノエラン開花を見てみたいこれが何の花なのか誰も分からない・・・上のオノエランの写真と比較すると似ている気がするが・・・違うのだろうか?ヒメシャガ(シャガは良く見るが、ヒメシャガは初めてでした)フモトスミレピンク色のフデリンドウを初めて見た!紫色と並んでいたが、ピントが合わなかったのが残念ツクバキンモンソウ(ニシキゴロモ [続きを読む]