standplay4miri さん プロフィール

  •  
standplay4miriさん: 男性不妊のブログ
ハンドル名standplay4miri さん
ブログタイトル男性不妊のブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/standplay4miri/
サイト紹介文男性不妊のセルフケア、情報をまとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/02/08 23:42

standplay4miri さんのブログ記事

  • 男性不妊のサプリ、コエンザイQ10
  • コエンザイQ10サプリは、抗加齢作用で注目される補酵素です。生物界に広く分布する(ユビキタス)ことから、ユピキノンとも呼ばれます。脂溶性のビタミン様物質で、体内でも合成されるコエンザイムQ10ですが、歳をとるにつれて合成されにくくなります。不足してくるとエネルギー生成力が弱まって、肌の老化や免疫力低下、また疲れやすい、肩こり、冷え症などの症状が現れてきます。コエンザイQ10は血糖や脂肪酸からエネルギーを生 [続きを読む]
  • 男性不妊のサプリ、亜鉛
  • 亜鉛のサプリは酵素の成分として重要DNA合成にも関与亜鉛は100種類以上の酵素の構成成分とLて、DNAやたんぱく質の合成に関わり、新しい細胞形成に重要な役割を担っています。このため、新陳代謝や成長に欠かせません。活性酸案を除去するSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)の補酵素として抗酸化作用に関与するほか、皮膚の健康。免疫反応、生殖機能を維持するなど、作用は実に多彩です。亜鉛のサプリは味覚を正常に保 [続きを読む]
  • 精子の質、年齢は関係する?
  • 精子は、何歳になってもつくられます。ただ、年齢を重ね、いわゆる男性の更年期(55〜65歳とされる)くらいになるとホルモン分泌の関係からつくられる精子の数が減りますが、それ以前から質が低下するといわれています。「加齢により精巣の構造が変化する」、「精液所見が低下する」、「性ホルモンの分泌が低下する」、「精子の遺伝子変異が増加する」などが知られています。また、加齢に従ってメチル化した精子が多くなるともいわ [続きを読む]
  • 男性不妊は泌尿器科の専門医がいる施設へ
  • 男性不妊への対処法が、多くの場合は女性の治療になるとはいえ、一部のケースでは、男性に対する治療も有効です。精液検査の結果が思わしくない場合は、一度、男性が、触診(精巣の大きさ、硬さ、腫れの有無などを見る)、超音波検査(精巣や精子の通り道などの様子を調べる)、ホルモン検査(血液検査)などの精密検査を受ける価値があります。ただし、無精子症は生殖補助医療を専門とする男性不妊の病院、泌尿器科医の専門分野と [続きを読む]
  • 精子の数は日によって10倍も差が出る
  • 男性不妊の検査は精液検査のみ、もしくはそこに男性ホルモン「テストステロン」を訓べる血液検査を加えるくらいで、とてもシンプルです。男性不妊の病院の専門医による精巣の超音波検査や触診などもありますが、それらは精液検査の結果が思わしくなかった場合に行う検査です。精液検査は、自宅もしくはクリニックで、マスターベーションによって専用の容器に擽った精液を提出します。専門クリニックでは、精液を採取するための専用 [続きを読む]
  • 男性不妊のCheck!
  •         性機能と睾丸の状態を確認しましょう不妊の原因が女性ばかりではなく、男性にもあるというのは、もはや常識。勃起や射精などの性機能や、精子の生産に大きくかかわる睾丸の状態には、普段からとくに気を配りましょう。なんらかの変化に気づいたら、ためらわずに医師に相談してください。男性不妊の特徴射精のチェック勃起や射精のトラブルは、神経や血管の異常による場合もありますが、多くは精神的な要因によるもの [続きを読む]
  • 男性は精液検査が怖い
  • 男性は、精液検査の結果が出るまでは、とてもドキドキします。精子の問題は、男にとっては大問題なのです。男は妊娠や出産について、多くの情報を持っていないと思います。よくわからないけれど、自分の精子に問題があって妊娠できないのかもしれない。それが事実だったら?と思うと、オドオドしてしまいます。一般的に、男性は論理的な思考を好むとされているため、 「わからないことはやらない」ということも少なくありません。 [続きを読む]
  • 男性不妊の治療
  • 男性の精液1ccのなかには、平均6000万個の精子がいるといわれています。これが2000万個以下なら、乏精子症と診断されます。こうなると自然妊娠がむずかしくなります。現在精子の量を増やす方法はありませんが、精子の状態をよくする男性不妊の治療はあります。治療は以下のような方法です。男性ホルモン治療男性ホルモンを投与する方法。ホルモンの分泌が活発になり、精巣での精子をつくる機能が高まります。性腺刺激ホルモン治療 [続きを読む]
  • 男性不妊のサプリ、マイシード−亜鉛配合− for Men
  • 男性専用妊活サプリメント、マイシード−亜鉛配合− for Menは精子の運動率が基準値を下回っており、子宝に恵まれなかったベビーライフ研究所の代表が、自身の悩みから開発された男性用妊活サプリメントです。栄養・生活習慣を改善する事により、精子の運動率・精液の量が改善され、男性の妊活に大事なのは、栄養素をしっかりとる事だと気付き開発されたようです。男性不妊のサプリサプリメントの費用は初回5980円(1日約200円!2 [続きを読む]
  • 男性不妊の特徴
  • 男性不妊の特徴1.精子の数が少ない精液検査の基準値で、最低限の値(精子がlmlあたり1500万個)に満たない場合は、精子の数が少ないといえます。「乏精子症」とも呼ばれ、妊娠率は低くなります。2.精液中に精子がいない射精はできても、精液のなかに精子が存在しなければ、妊娠させることはできません。この場合、精子をつくり出す精巣に問題を抱えている可能性が大きいです。染色体異常の可能性もあります。3.精子に元気がない精子の [続きを読む]
  • 男性不妊につながるNG行為!
  • 男性不妊、射精障害につながるNG行為!1.オナニー方法が間違っている床や畳に押しつけたり擦り付けるオナニー、枕や布団、雑誌などに挟むオナニー、強くペニスを握り締めるオナニー等々、‘'刺激の強すぎるオナニー"を日常的に繰り返していると、通常のセックスでは体感的な刺激が弱く、腔内では射精できないことも多々あります。2.スマホやノートPCスマホやモバイルPCを持ち運ぶのは当たり前ですがこれらの電子機器は熱を持ち [続きを読む]
  • 勃起の硬さ指標 EHSとは
  • 米国で、自己診断型の「勃起の硬さスコア(EHS: Erection Hardness Score)」が開発されましたこれは0〜4までの5つのスコアで硬さのグレード判定ができ、EDの簡単な診断や治療効果をみる基準として分かりやすい指標になります。この米国版をもとに、日本語版EHS「勃起の硬さスケール」が2009年に出来ました。勃起の硬さスコア(日本語版EHS)グレード0:陰茎は大きくならない。グレード1:陰茎は大きくなるが、硬くはない。グレー [続きを読む]
  • 国際勃起機能スコア
  • いつもブログを読んでいただきありがとうございます。久々のブログ更新です。今回は以前、泌尿器科を受診していた時のEDチェック(国際勃起機能スコア)を紹介したいと思います。妊娠に至るには、男性の性機能(勃起・射精)が健康であることが欠かせません。まずは、膣内で射精ができるかどうかと、それをタイミングよく届けるためのセックスの回数が重要ですよね。そこで最近増えているEDのセルフチェックの方法として、国際 [続きを読む]
  • 冷えによる男性不妊のセルフケア
  • 最近暑い日が続く、会社や取引先では冷房が効きすぎてる感がある。冷え性は男性不妊にも大敵みたいなのでセルフケアをまとめてみた。精子の状態がよくない背景には、生活の不摂生や疲労、ストレスなどが隠れている。冷えタイプによく見られる男性不妊の症状は精子の数が少ない、精子の運動率が低いなど冷えによって全体的に元気がなく、精子をつくるエネルギーが不足するため、性欲も低下ぎみに。ED(勃起障害)の場合もあるみたいで [続きを読む]
  • 検査でよい精子を採取する方法はある?
  • 男性にとって、不妊治療の基木といえるのが、「精液検査」です。精液検査のやり力によって差がでることがあります。知っておいてほしいのは、1回の検査結果だけがすべてではないということです。結果が思わしくなかった場合は、必ず2回以上検査してもらいましょう。ちなみに私は3回検査を受けましたが1回目と2回目は検査結果がだいぶ違いました。「乏精子症」は、精液1ml中の精子の数が1500万以下の場合をいいます。検査の結果がこ [続きを読む]
  • 精子の数は国際基準では1500万がポーターラインです。
  • 精液検査の結果で、まず気になるのが精子の数です。精液1mlに精子が1500万以下だと「乏精子症」と診断されます。これはWHO(世界保健機関)の基準によるもので自然妊娠するには最低限、これくらいの数が必要という意味です。国際的な基準ということもあり、必ずしも1500万以上あれば自然妊娠できるとは限りません。自然妊娠を望むなら1ml中に精子は4000万程度はあったほうがいいと考えられています。また国際的な基準値はあくま [続きを読む]
  • ITエンジニア、金融、教師に射精障害が多い?
  • 射精障害は、射精に問題があることですが、近年、増加しているようです。セックスで射精できないのは妊娠するために大きな問題です。ひとくちに射精障害といっても、次のパターンがあります。ED(勃起不全)勃起が十分でなかったり、勃起しなかったりして射精ができないケース。また、挿入はできるものの、勃起が十分でないためにセックスの時問が短すぎて、膣内での射精に至らないケース(いわゆる中折れ)なども少なくない。膣 [続きを読む]
  • 精子の元気度チェック
  • 精子の詳しい状態は検査してみないと詳しいことはわかりませんが、これまでの病歴や生活習慣などから、精力低下のリスクをつかむことはできます。男性不妊外来で用いる診票を使って説明しします。●39度以上の熟を出したことがある長期間続く高熱は結fをつくる機能に障害をきたすことがある。●性病にかかったことがある(淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎)性感染症の経験があると、精液の中に白血球が多い「膿精液症」になる可 [続きを読む]
  • 35歳から精子の力が衰える
  • 何歳になっても、男性は射精できる限り、子どもがつくれると思っていたらそれは間違い。最近話題にになっている女性の卵子の老化のように、男性の精子の力も衰えていきます。個人差はありますが男性の精子が衰えてくるのは35歳からだそうです。男性の妊娠させる能力は精子機能検査という検査があるらしいです。獨協医科大学越谷病院などで実施可能な新しい検査です。。通常の精液検査で調べれるのは、精子の濃度、精子の運動率、正 [続きを読む]
  • 育毛剤に注意!男性不妊の原因に
  • 男の薄毛の多くは、「AGA(男性型脱毛症)」といって、男性ホルモンと密接な関係があります。現在、治療薬として効果が認められている『フィナステリド』は、男性ホルモンの作用を抑えて、毛を生やす効果があります。ただし副作用として性欲減退、射精障害、精子の数の減少、EDが起こることもあるそうです。皮膚科で処方してもらうのか一般的ですか、ていねいに診察して、副作用の話もしたうえで処方してくれる医師がいる一方 [続きを読む]
  • くるみが精子増強に
  • くるみを毎日食べることで、精子を改善できることがわかったと米国カリフォルニア大学が発表しています。 21〜35歳の健康な男性117名を2群に分け、1日75グラムのくるみを摂取したグループと、ナッツ類の摂取を意識的に避けてもらったグループに分け、12週間後に血液と精液を採取して検査。 すると、前者のグループのほうが精子の活力、運動性が後者のグループに比べ、改善されたというのです。 [続きを読む]
  • 日本に男性不妊が多い理由はセックスが原因?
  • この1年間に、どれくらいセックスをしていますか?世界平均は一年で103回です。これはコンドームの大手メーカー、デュレックス社がに世界規膜で調査したもので1位はギリシャで138回、2位はクロアチア134回、3位はセルビアモンテネグロ128回、4位はブルガリア127回。5位は、チェコとフランスが120回です。日本は、なんと45回つまり月に4回弱ということです。加えて、セックスの満足度も24%と低い。(世界平均は44%)セックスの回 [続きを読む]
  • マッチョな男性ほど、実は小さい
  • 筋肉モリモリ、胸板、上半身は逆三角形のボディビルダー。しかし、睾丸は意外に小さい。筋肉自慢のスポーツマンもしかりで、筋肉が増えて身体が大きくなったために睾丸が小さく見える……わけではないく実は、睾丸が差縮しているのです。その原因は、筋肉増強剤として使われる「アナボリツクステロイド」。「男性ホルモン作用蛋白同化ステロイド」という別名があり、男性ホルモンの「テストステロン」によく似た働きを持ちます。男 [続きを読む]
  • 男性不妊を克服して妊娠
  • 結婚してから1年てもなかなかできず、年齢も私が42歳、妻34歳での結婚だったので、妻が病院に行きたいというので一緒にいって検査を受けました。精液検査の結果、基準値の5分の1で妊娠は難しいといわれ愕然としました。とくに精子の運動率が悪く40%以下だったので人工授精も難しいと...(数値で大事なのは運動率らしいです)まさか自分がと思いましたがそのとき仕事が忙しく疲れもあり性欲も低下していたと思います。(朝立ちもな [続きを読む]
  • 男性不妊の検査は朝がオススメ?
  • 検査の結果が悪くても1回では判断しません。何回か検査をして正確な数字をマスターベーションで採取した精液を調べるのが、精液検査。精液の量や精子の状態をみます。1回目で問題がなければOKですが、数値が低いときは2回目にトライします。検査方法などによっては結果に誤差が出て、実際の数値よりも低く出ることがあるからです。精液検査の順序1.容器を取る検査では専用の容器を使用します。口頭で注意事項の説明がある場合 [続きを読む]