ishichro さん プロフィール

  •  
ishichroさん: ぼくの話をきいてくれ
ハンドル名ishichro さん
ブログタイトルぼくの話をきいてくれ
ブログURLhttp://ishichro.hatenablog.com/
サイト紹介文23歳・男の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/02/09 18:39

ishichro さんのブログ記事

  • 潜水
  •  小木港付近にダイビングができるスポットがある。僕たちはそこで初めてのダイビングを行うことになった。 僕はダイビングを舐め腐っていた。海と言えども酸素があるんだからヨユーヨユーという態度である。 簡単なダイビングの説明を受けて、すぐにスーツ・器具の装着をして海に中へ。レギュレーターという器具から酸素を吸引するのだが、これが思うようにいかない。おもったように酸素が吸えず地上でやっても苦しく、この状態 [続きを読む]
  • 時化
  • 時化(しけ) 僕たちは直江津港から佐渡島の小木港に向かうためフェリーに乗り込んだ。船内放送で現在の海の状態が荒れていることと出発したら席から立たないようにとアナウンスされる。海が荒れているのかとスマホを弄りながら聞き流す。友人が船内販売されているラスクメロンパンを買っていたので一口強請ったが断られた。特にお腹もすいていなかったためすぐに引き下がる。 フェリーが港をたち荒れた海へ出航した。すぐに体に [続きを読む]
  • 昔からある個人経営の寿司屋にいったら恥かいた話
  •  この町に引っ越してきて3年たった。ここ最近、散歩するようになっていろんなお店があることを知った。1人で外食するのは落ち着かないから嫌いだ。そのため。3年たっても周りの外食店をまったく知らないままだったが、散歩しだしてから外食店に興味が出てきた。 ある日、寿司が食いたくてたまらなくなった。スーパーの寿司ではものたりない、しかし回転ずしに行くには遠い、そういえば近所に寿司屋があることを思い出し、そこで [続きを読む]
  • sleepHUG presents KASHKURA TAKASHI ×NAKAMURA KEISAKU at メロメロポッチ
  •   ツイッターのタイムラインに柏倉さんが金沢で演奏するというツイートが流れてきたsleepHUG presents"柏倉隆史 x 中村圭作" 5/27(SUN) at.メロメロポッチOPEN/17:00 START/18:00前売 2500(1D付き)当日 3000(1D付き)??前売り券は80枚限定となります。前売り券が完売した場合は当日券の販売はありません《TICKETinfo / mppn1800@gmail.com》 pic.twitter.com/fU88NDOIYe— しゃかりきコロンブス (@mppn1800) 2018年5 [続きを読む]
  • 停止する思考
  •  退社してベッドにダイブしてスマホを弄っていると、やりたいアレコレがすべてどうでもよくなって思考が停止する。そして明日を迎えて後悔するということをかれこれ数年続けている。  [続きを読む]
  • 隣人
  •  いまのアパートに住み始めて3年が経った。当時も相変わらず社交性が皆無だったので入居するにあたって両隣、上階、下階の住民に挨拶をしなかった。そのため、どんな人間が暮らしているか知らないし、俺は極力住民に合わないようにしてることもあって、「おはよう」「こんばんわ」の挨拶もしたことがない。住民からヤべー奴だと思われてる違いないし、そんな俺がアパートの住民について書いたものなら本当のヤバい奴だ。そして俺 [続きを読む]
  • 凛として時雨 Tour2018 "Five for you" in 金沢EIGHT HALL
  •  高校の頃、友人に「DISCO FLIGHT」を聴かされた。TKの高音ヴォーカルが悪い意味で印象的だった。その後地元でライブをやるということで、友人に連れられ曲もろくに知らずにライブ会場に足を運んだ。田舎の狭いライブハウスに、人はそんな埋まってなかったように思う。 あれから8年経った。ニューアルバム「#5」を引っ提げて全国ツアーのアナウンスが流れた。YOUTUBEで新曲をチェックしてみるが、ハマらなかった。レコ発ツアーで [続きを読む]
  • 25歳になっても未だ童貞だったのでソープ行ってきた話
  •  密かに、25歳になるまでに彼女ができなかったらソープに行くと決めていた。四半世紀生きても何も起こらないようじゃ、これから何かが起こるはずもないという諦めである。童貞であるということに年月を経てもアンティークになるわけではない。さっさと捨ててしまおうと思った。 ソープ経験のある友人にお願いして、すべて段取りをとってもらった。友人の車に乗せられてお店まで向う、今から始まる性体験について他人事にように感 [続きを読む]
  • B'z LIVE GYM 2017-2018"LIVE DINOSAUR"
  •  12月30日の名古屋ドーム公演と1月20日のサンドーム福井の公演を観に行ってきた。これで私のLIVE DINOSAURは完結した。 今回初めて同じ公演を複数回参加するという試みを取ることした。B'zの二人も50代。あと何回B'zのLIVEをやってくれるかわからない。そもそも稲葉の喉がいつまで持つかということが最大の懸念材料であり、もうあとは長くないなと思い金と時間が許す限り(あとはチケットが取れる限り)複数回参加することにし [続きを読む]
  • 年内にやること
  • 年内にやること・毎朝、その日の予定を立てる・毎晩、その日の日記をつける・おしゃべりクラブをつくる・ボディメイクメソッドの実行・読書・手作り餃子・餃子パーティー・できるだけ多くの鍋料理をする・鍋パーティー・ポストカードづくり・人生について考える・仕事について考える・残務を無にする [続きを読む]
  • セブンルールその2
  •  セブンルールに米代恭さんが出演していた回を見た。私は米代さんについてまったく知らなかったけれど、番組を見終わると彼女についてすごく興味が引かれた。他人の生活や哲学をのぞくことができるっていうのは刺激的だ。 あと米代さんの担当編集者、美人編集者という名にふさわしい容姿端麗な人だったな。 [続きを読む]
  • セブンルール
  • セブンルールという番組を最近知った。情熱大陸とかプロフェッショナル系の番組で、対象になる人物は主に女性のみみたい。大変おもしろい番組だということはわかったのだが、コメンテーターとして4名の有名人がいちいちコメント挟むのいらなくない?あとナレーションが拙いのもどうにかしてほしい。なれれば、どうってことないことだろうけどさ。 [続きを読む]
  • 服の購入で一度も満足したことがない
  •  大学生卒業以後、服を自分の支出で購入するようになってから一度たりとも満足のいく買い物をしたことがない。試着や他店の比較等をしても、ファッション誌等でこれが欲しいと思って買いに行ってもダメだ。 服選びのセンスやいろはを知らないというのもある。だがしかし、こればかりは自分の体形や顔面が最悪だという根底にあるだろう。俺の思い描く理想像と姿見で試着した姿の乖離が激しすぎて落胆してしまう。(でも、服の購入 [続きを読む]
  • 室温調整
  •  ビジネスホテルの室温調整について、今から言うことがビジネスホテルでは一般的なことなのかどうかはわからないが、月で区切るのは辞めた方がいい。私が宿泊した日の気温は10度を前後だった。宿泊した部屋も肌寒く暖房をつけてようと思ったが、11月にならないと暖房はつけられないように設定されていた。温度による身体的ストレスっていうのはかなり大きいと思っていて、それをホテル側で硬直的制約するのはダメじゃない? [続きを読む]
  • 人類すごい
  •  駅のホームで私は、”ひかり”に圧倒された。 時速270kmの速さを目撃したときの空気の振動や目に映る画面があまりにも暴力的で恐怖を覚えた。2017年で一番のショッキングな出来事である。また、乗車してからは新幹線のすごさに感動した。凄まじい速さで景色が移り変わっていく様は圧巻だ。人が、その体だけではなしえない移動を実現しているということに、新幹線を生み出した人類のすごさに感動した。無知な私はすぐに、インタ [続きを読む]
  • B'z fes セトリはこうすべき
  •  vol.115の会報でフェスのセトリにさま弾とlair!が入ったのはチーフマネージャーの提案らしい。この2曲の楽曲が素晴らしいのは言わずもがな。ただ、もっと認知のある曲やバラードを挟んだ方がよかったのかな?とツイッター等見ていて思ったので、フェス用セトリを考えてみた。01.LOVE PHANTOM02.さまよえる蒼い弾丸03.Lair!Lair!04.ZERO05.今夜月の見える丘に06.イチブトゼンブ07.Still Alive08.BAD COMMUNICATION09.愛のバクダ [続きを読む]
  • B'z bewith vol.115
  • インタビューが別々なのは悲しいな。と初っ端から感じさせるTAK'sインタビューとでかでかと左上に書かれていた。インタビューの話は、showcase、フェス、ニューアルバム、ソロの話題。TAK'sで気になった話題は、セトリのダイナソーのこと。セトリは、これはアレコレ言っても不毛なのでさっさと未公開のLIVE映像ないし音源を販売してください。これはある程度ファンの溜飲は下がると思います。それかビーパー限定ライブツアー( [続きを読む]