sakaijunsoccer さん プロフィール

  •  
sakaijunsoccerさん: 知は権力?!
ハンドル名sakaijunsoccer さん
ブログタイトル知は権力?!
ブログURLhttp://knowledgeable.blog.jp/
サイト紹介文人生を豊かに生きるための本や豆知識を紹介できればと思います。
自由文人生を豊かに生きるための本や知識を紹介できればと思います。人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供272回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2016/02/10 09:11

sakaijunsoccer さんのブログ記事

  • 国際銀行家たちの地球支配 / 管理の仕組み
  • 日本人は「信じる」ことが美徳とされていますが、インフルエンザワクチンは受けない方が良い、二酸化炭素による地球温暖化は嘘、などと言われている意見は、なぜか受け入れられないことが多いですね。どちらの意見も聞いて、自分で考えて判断する力が必要ですね。「国際銀行家たちの地球支配/管理の仕組み」日本国民にとって明らかに不利益になることでも世界政府の決定があればそれに従わなければならなくなります。今でも国民主 [続きを読む]
  • 金融の仕組みは全部ロスチャイルドが作った
  • お金のシステムがどのようにできてきたのか歴史から説明してくれている本です。普段何気なく使っているお金ですが、なぜ利子や借金で苦しむ人が世の中に出てきてしまうのかなど、この貨幣システムに疑問を持ったことがある人は読んでみると良いと思います。「金融の仕組みは全部ロスチャイルドが作った」一つは奴隷制が廃止された理由です。奴隷制は奴隷の面倒を見なければならない。強制的に働かすには暴力で脅す必要があるので、 [続きを読む]
  • 夢を叶えるためにすべきこと
  • またまたですが、100均シリーズの自己啓発本です。人生、お金、仕事、恋愛、子育て、などで悩み事がある人は読んでみては良いかと思います。「夢を叶えるためにすべきこと」恋に恋していると気づいたら一度冷静に。本当に辛く苦しいと感じる場合は、本当に相手のことが好きなのかどうか、一度冷静になって再確認してみるべきです。そこで、ちょっとでも違うなと思ったらスッパリと諦めるのも選択肢の一つと言えるでしょう。こうし [続きを読む]
  • エンデの遺言
  • NHKで放送されたドキュメンタリー「エンデの遺言--根源からお金を問う」を1冊の本にまとめたものですね。今のお金の仕組みが本当に正しいのか疑っている人は読んでみるといいとは思います。「エンデの遺言」金融システムは、これまでのあらゆる戦争よりも、あらゆる環境の困窮よりも、あらゆる自然の災害よりも、多くの死と貧困と問題を生み出しています。このシステムは、実際、大半の戦争の根であり、大半の対立、社会崩壊の根で [続きを読む]
  • モモ
  • 有名な「モモ」の物語読んで見ました。物語なので要約かけませんが、1分1秒をと仕事に追われて残業しているビジネスマンに読んでほしい物語ですねー。これ読むと、生きるために不必要な物への無駄遣いや、子供のおもちゃなどにもお金をかけたくなりますねー。モモの物語の本と一緒に「エンデの遺言」も読むといいと思います。エンデの遺言で、お金のシステムなどモモの物語を使って説明されてます。「モモ」人々は「良い暮らし」の [続きを読む]
  • 平常心
  • 100均シリーズは、よくまとまってますね。100均シリーズの本を書いている人って、いろんな本を読んでまとめてる感じです。「平常心」世界的に見ても、日本人は特に自分に自信がないようです。謙虚さは美徳とされていますが、何事にも限度というものがあります。自分に対しての評価が低い人は、いざという時に行動できなくなってしまうのです。たとえ批判されたからと言って、それがあなたの周囲にいる全員の意見ではありません。惑 [続きを読む]
  • 男のホンネ 女のホンネ
  • いつもの100均シリーズですが、「ホンマでっかTV」でも人気の恋愛関係のテーマですね。「男のホンネ 女のホンネ」男性は上下関係を気にしすぎて、発言をためらってしまうことがあります。女性は団結や集団の和を非常に大切にするあまり、一度まとまりかけている状況で、反論する空気を許さないことも。男性はどうして察しが悪い?集落で共同生活を行う女性たちは、怪我や病気など、一緒に生活する仲間の小さな変化にも敏感でな [続きを読む]
  • 今すぐ身につく雑談力
  • また、ダイソー100均シリーズです。人と喋らないと寿命が縮むっていうのはわかる気がしますねー。「今すぐ身につく雑談力」たかが雑談、されど雑談。雑談上手になると、あなたの人生が「幸せ色」に変わる。人間関係は、雑談によって作られるといっても過言ではありません。おしゃべりと男女の寿命の深い関係。「年齢と性別を超えて、人間関係の絆が強い方が一貫して死亡率が低い」と示唆しています。人間関係はおしゃべりや雑談で [続きを読む]
  • 黒い心理術
  • またダイソーの100均シリーズです。こういうの計算しないで普通にできる人ってモテるんでしょうね。本を読んでもこんなことなかなか言えないですねー。「黒い心理術」戦国の乱世において、低い身分にも関わらず出世をし、最終的には天下統一まで果たしたのが豊臣秀吉です。秀吉は「人たらし」と呼ばれた達人でした。現代でも秀吉に通じる「人たらし」は少なくなりません。あなたの周囲にも「なぜか人に好かれ、ビジネスや恋愛で [続きを読む]
  • いい言葉は人生を変える
  • ダイソーの100均本シリーズです。短い言葉でも人生を変えることはよくありますね。「いい言葉は人生を変える」世の中には「名言」と呼ばれる言葉があります。名言とは、とりわけパワーのある言葉。人の人の心に強い影響を与える「いい言葉」です。偉人や有名人の「いい言葉」に、どれだけ多くの人が感動し、影響されたことでしょう。そして本や映画の中にも、私たちを元気にしてくれる「いい言葉」があります。短い人生の中でもっ [続きを読む]
  • お金を貯めるならどっち?
  • 旅行中に読んだ、DAISOの100円本シリーズです。ネットだと購入できないのもあるようです。お時間ある方は、DAISOで購入されるのも良いかと思います。結構面白く、よくまとまっている100円本シリーズはなかなかいいですね。お金持ちの名言集などもまとめてありました。「お金を貯めるならどっち」うまく出世できてもお金はそれほど貯まらないかも。毎日定時にさっさと帰ってしまう社員だったら、出世の道は近くないかもしれま [続きを読む]
  • 1億円稼ぐ米国サラリーマンの株式投資戦略
  • 2年間、毎日アップし続けてきた書評ブログですが、しばらくの間だけお休みしようと思います。時間をかけて概要まとめてアップしてますが、結構手間なわりにあまりアクセスもなく。。。残念。。。また、個人的には一般的の意見とは異なった意見が面白いと思ってアップしてるんですが、結構バッシングを受けます。。。日本人は、先入観があったり、疑わずに信じやすい人種と言われていますが、インターネットや周りの人から得られる [続きを読む]
  • 「強さ」の奥義
  • 私は学生の頃、桜井章一さんの漫画も全巻買って読んだり、ドラマも見ましたね。リスクを恐れず、相場師として生き抜く、男のロマンですね。「「強さ」の奥義」洋服屋に入ったら見るからにヤクザって野郎が店の奥に座ってコーヒーすすっていたよ。みんなはどうするよ、こういう場面。近づかないようにしようとか、強くなって逃げるんじゃねえのか。俺は、逃げない。近くに座ってやる。すると向こうはこう考える。普通は不安がって避 [続きを読む]
  • 間抜けの構造
  • ビートたけしさんの本です。たけし軍団の間抜け事件、コント、漫才、テレビタックルでの討論や、映画に関して詳しく分析して解説してくれているので、お笑いを目指す人は読むべき本かと。そうでない人でも楽しい本だと思います。またビートたけしさんっぽい、夜のお姉ちゃんネタや下ネタトークなどもあり、ここでは書けませんが、お笑いネタに興味がある人は一読してみてはいかがでしょうか。「間抜けの構造」間抜けとは「間の悪い [続きを読む]
  • 上流な私?下流な私?
  • 現代の働く女性を非常に細かく分析されている本です。気になる方は読まれても面白いと思います。「上流な私?下流な私?」「下流な人ほど意欲が低い」その意欲もまた、自分や親の所得、職業、学歴などによってある程度決まるという説もある。階層の高い女性ほど意欲を持って勉強し、仕事をし、結婚もする。低い女性はその逆だというわけである。実際のところどうなのか。かつては、仕事ができる女性、勉強ができる女性は、ファッシ [続きを読む]
  • 夢を叶える夢を見た
  • 自分の人生はいい人生にだったと言えたら最高ですね。「夢を叶える夢を見た」ある仕事をしていて、恥ずかしくない、費やす労力と時間を無駄だと思わない、金にならなくてもやる、ということがあれば、その仕事はその人にとって「本職」なんです。夢を持とうな。夢のない人生なんて死んでいるのと同じだよ。生まれてきたからには、何かをしなければならない。それも早いうちに。ボクシングの深さを感じる。「ひとつも打たれていない [続きを読む]
  • 美人とは何か
  • エピソードなどもたくさんあり、女性には面白い本かと思います。美人に対する世の男性の行動を把握しており、美人とは何かを考えさせらる本です。「美人とは何か」内面の醜さが美人をブスに転落させるのであれば、内面の美しさによってブスから美人に成り上がるケースもあるのだろうか。残念ながら、「ノー」である。女はバービー人形に憧れてきて、バービー人形のような、前に突き出した胸とくびれたウエスト、小さなお尻、細くて [続きを読む]
  • 死ぬな
  • 死を感じている人をほど、やりたいことをすぐにやれる行動力がある気がします。ぜひ見習いたいところです。「死ぬな」私は先天性脊髄分裂症という障害を持って生まれました。出産に立ち会った意識は約二週間のうちに私は死ぬだろうと判断し、名前をつける必要はないと言ったそうです。しかし、二週間生きてしまったので、親が慌てて祖父から一時もらってつけたのが私の名前です。一歳になると、親や周囲の人は口々に「来年の誕生日 [続きを読む]
  • 育休世代のジレンマ
  • アメリカだと職場復帰しても能力があれば仕事について昇進も可能ですが、日本の場合は、女性に能力があっても職場復帰が難しく、職につけても低賃金な仕事しかつけないのはもったいないですね。昔から問題視されていますが、なかなか改善されないのが現状でしょうか。「育休世代のジレンマ」一度退職した女性が、子供が成長した後に労働市場に戻ろうとすれば、ほとんどがパートなどの非正規雇用に限られてしまうという現状がある。 [続きを読む]
  • 大富豪インド人のビリオネア思考
  • 「飛び込む」か「やめる」かで迷ったらやめてしまっていることが多いかもしれませんね。もっと飛び込めばいいのに給料やお金の心配をしてしまうところある気がします。これから飛び込んでいけるよう頑張っていこうと思います。「大富豪インド人のビリオネア思考」どこか子供っぽく感じるくらいのシンプルな発想を素直にふくらませていくほうがビックヒットにつながりやすい。インドは、日本やアメリカのように成熟化した社会ではあ [続きを読む]
  • 医者に殺されない47の心得
  • この本は読んでみたほうがいいと思います。一部のガンの専門ではなく、体全体のいろいろなガン患者を見てきた筆者ならではの見解です。「医者に殺されない47の心得」日本人のがんの9割は、治療するほど命を縮める。抗がん剤が効くというのは、がんのしこりを一時的に小さくするだけで、癌を治したり、延命に役立ったりするわけではない。医者を疑い、自分で調べて考える。がんで苦しみ抜いて死ななければならないのは、がんのせ [続きを読む]
  • 成功する子 失敗する子
  • やり抜く力ですね!「成功する子 失敗する子」幼少期のストレスの悪影響の解毒剤は親密な感化を気づける親。よい親子関係は感情や精神だけではなく体にも効果を及ぼす。最初の知能検査でスコアの低かった子供たちが、チョコとう見返りのあった検査ではずっといい数値を出した。IQの低い生徒の本当の知能指数は本当に低いのか。彼らは答えを出すための知能をもともと持っていたのである。見返りの有無にかかわらず努力できる資質は [続きを読む]
  • 私の幸福論
  • 「貧しい人のことを考えて行動しよう」と言われてもわかったつもりになっていてるだけで、実際に貧しくなった経験がとないと人間ってわからないのかもしれませんね。「私の幸福論」同じ状況でも人によって、その感覚をもてる人ともてない人とががる。素朴な生活や貧しさや戦いの中でも幸福感はみたしてれる。文明は平和の恩寵に長く浴している人々では自分が幸福だと感じるハードルが高くなり幸福感は鈍くなる。自分を大切にすると [続きを読む]
  • ユダヤ人大富豪の教え
  • 「子供にしてやれる最大の贈り物は、自分が好きなことをやって生活する姿を見せることだよ。」まだ、できてないですね。。。「ユダヤ人大富豪の教え」お金儲けのことばかり考えている連中より、仕事が大好きでしょうがない人間のほうが成功するのだ。世の中には、二通りの人間しかいない。自由な人と不自由な人だ。自由人とは、経済的、社会的、精神的に独立して、誰からの援助も指図も受けない。その人個人が考える通りに人生を生 [続きを読む]
  • 自分で考える人が成功する
  • 気づかないうちに自分の行動が人の意見に左右されていることって意外と多いかもしれませんね。「自分で考える人が成功する」いい学校に行ったくらいで人生はなんとかなると思い込んでいる親のほうが世間知らずもはなはだしいのです。親のほうがよっぽど勉強し直した方がいいでしょう。他人の考えで正解するより、自分で考えて間違う方が楽しい。「今まで自分はこんなふうに思っていた、でも確かにそういう考え方もあるんだ」という [続きを読む]