ミー さん プロフィール

  •  
ミーさん: トキニハ絵本
ハンドル名ミー さん
ブログタイトルトキニハ絵本
ブログURLhttp://kodomohonjikan.blog.fc2.com/
サイト紹介文むかし好きだった絵本、今日読んだ絵本、いつか読みたい絵本 の記録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/02/10 17:35

ミー さんのブログ記事

  • 『わたしのおふねマギーB』   復刊万歳ヽ(^o^)丿
  • 先日、子どもに連れられて本屋さんに寄りました。ぼーっと、絵本コーナーを見ていたら、発見しました!!『わたしのおふねマギーB』 !!!!えっ???  わたしのおふねマギーB (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)好きな絵本でしたが、廃刊になっていました。古本でも高額で手が出なくて・・・・。調べてみると、どうやら復刊されていたみたいです。わーい やったー ヽ(^。^)ノ復刊されたってことは、廃刊を残念に思っていた [続きを読む]
  • 『いないいないばあ』 同じ話でも違うもの
  • 赤ちゃんが最初楽しむ絵本といえば、やっぱり『いないいないばあ』ですよね。。。そして、『いないいないばあ』というタイトルの絵本はたくさんあります。どれを選んでも同じだと思われるかもしれませんが、同じ『いないいないばあ』でも、作者や装丁などが違うと、全く印象が変わります。例えば、、ということで3冊あげてみました。松谷みよ子さんの『いないいないばあ』は、私の中では高尚、というか、芸術性が高い、というかそ [続きを読む]
  • 『ときめきのへや』 変われるかな♪
  • 「ときめき」と聞くと、つい恋の話を連想しがちです。でも、よく考えると、恋以外でもときめくことって、確かにあります。そんな感覚を、この絵本は思い出させてくれます。ときめきのへや (講談社の翻訳絵本)*********************ピウスは、ものを集めるのが好きなモリネズミでした。拾ったものは、家に持って帰り、「ときめきのへや」のたなに飾りました。へやの真ん中に、素敵なガラスケースがおいてあり、その中にはただのつま [続きを読む]
  • 『アルド・わたしだけのひみつのともだち 』 橋を渡るには支えが必要だね
  • 子どもが暗い顔をしていると、「なにかあったのかな・・」と思って気になります。そんな時子どもに聞いても、大概答えてくれません。この絵本を読むと、子どもの心の中にも、「アルド」がいてくれたらいいなあと思わずにいられません。アルド・わたしだけのひみつのともだち********************************わたしには、とくべつなともだちがいる。なまえはアルド。ひみつのともだちだ。わたしが、ほんとにこまったときは、いつ [続きを読む]
  • 赤ちゃんの絵本♪
  • はじめてお子さんができると、最初の絵本に何を選ぼうか・・・・と悩む人は多いようです。たくさんの絵本が出回っていますからね。初めてだとなおさら迷いますね。0歳児、いわゆる赤ちゃん時代のおすすめ絵本は、実はほぼ固定化されています。いわゆるロングセラーの、おススメ絵本が数冊あれば、こと足ります。悩む必要は全くありません。これが3歳児、4,5歳児になってくると、だんだんお子さん本人の好みや個人差が出始めま [続きを読む]
  • 『ロージーのおさんぽ』 コントみたいな絵本♪
  • これは、読んだことのない絵本でした。ロージーのおさんぽ (ハッチンスの絵本)色々な本で、おすすめ絵本として紹介されています。ずっと気になっていたので、ついに借りてきました。対象年齢は4才前後です。文字は少ないんですが、絵のコミカルさと、展開の面白さを絵で楽しむ絵本です。何回でも読めそうです(^^♪。きっと子どもたちは好きだろうなあ〜。読んでいると、テレビなどで見る、昔のコント劇を思い出しました。キツネと [続きを読む]
  • スマホ装着型ベビーカー
  • だいぶ前の事ですが、 本屋さん、それも絵本コーナーで、カーナビ並みにスマホが取り付けられたベビーカーを見ました。すごい凝った装着でした。取り付けたのは、たぶんお父さん。傍にいたお父さんらしき人が、スマホの取り付けを補強してました。それが終わると、ベビーカーに乗っていた3才前後の男の子が、正面に取り付けられたスマホで、一人何やら見ていました。大人並みの指使いでスマホをいじってました。衝撃的でした・・ [続きを読む]
  • ロングセラーの絵本♪
  • 毎月、目新しい絵本が出て、本屋さんに並んでいます。新しい絵本にも興味があります。本屋さんの近くを通ったら、ちょっと目を通していきます。でも、全部の絵本をよむことはできないんですよね。せめて、20年以上経つロングセラーの絵本や、多くの人が「いいね」という絵本は、ぜひ読んでおきたいと思ってます。「おすすめの絵本」と言われている絵本を統計的に調べてみると、当然同じ絵本がかぶってきます。それが読んでない絵 [続きを読む]
  • 絵本で世界を広げる♪
  •  私は旅行が好きです。 海外とか、いきたい〜。楽しそう〜。 いろんな所に行きたいんだけど、なかなかそうはいけません。 そんなときは、本を読むのが一番。 行ったことがない国でも、地方でも、本を読むと、想像が広がって、 いった気分になってます。 子どもも同じです。 子どもにいろんな経験をさせてやりたい・・と思っても、すべては難しい。。 そもそもできないこともありますもんね。 だけど、絵本を通じて、遠い [続きを読む]
  • 幸せな時間 ♪
  • 我が家の子どもも、大きくなったものです。最近はあーいえば、こー言うの典型になってきました。子どものいうことに、イラっとするたびに、小さいころの事が懐かしく思い出されます。いろいろと旅行に行ったり、遊びにでかけたりと、たくさんの経験と思い出もありますが、一番幸せをかんじた瞬間は、一緒に絵本を読む時間だったかなあと思います。仕事で疲れた日は、寝る前の読み聞かせも辛かったこともあります。だけど、他の時間 [続きを読む]
  • 『うみざざざ』  音と匂いと色 ♪
  • 今年は、海水浴にも、プールにも行きそうにありません。と言っても、海に行っても、プールに行っても、私は泳がず見てるだけなんですが・・・。見てるだけでも、海はいいですね。うみざざざ (はじめてであうえほんシリーズ)この絵本は、海辺に付いたら、ウキウキする感じがよく描かれています。海の白波に可愛い〜顔がついてます。海水浴は、夏の風物詩。夏に一回は行きたくなります。だけど、こんなに暑い日が続くと、海水浴に行 [続きを読む]
  • 『はなび ドーン』  いつ見てもきれい・・・
  • 花火の季節になりました。全国各地で、花火大会が開催されてますね。先日、我が家でも夜花火の音が聞こえました。花火は見えなくても、「あっちの方は、○○の花火かな〜」と想像しながら、話をするのも楽しいものです。何万発、何千発の花火大会も迫力があって見ごたえありますが、地域であげる何十発の花火も素敵です。まだ今年は花火を見ていない、もしくは、見る予定だったけど、見られなかった、そんなときは、花火を見る日を [続きを読む]
  • 『しりとり』 こどものとも2018年6月 ありがたい本です・・・ 
  • 片付けをしていて、たまたま手にとった『こどものとも』。こどものとも 2018年6月747号 安野光雅 さく・え   福音館書店 2018年6月1日発行安野光雅さん 作・絵です。タイトルは『しりとり』。絵は、すべて安野光雅さんです。この絵本、面白いんです。たとえば、はじめのページで、「さる」(絵)を選んだら、次のページの14の絵の中から、「る」の付くものを選びます。そうして次々しりとりをしながら、ページをめくって [続きを読む]
  • 『たったひとつのねがいごと』  やっぱりこれだね♪
  • 「まほうのほねが、あなたのねがいをひとつだけかなえてくれます」と言われたら、何をお願いしますか?やっぱり欲しかったアレ・・・・とか、行きたかったアノ場所とか、困ってたアノこととか、イロイロありますね。私だったら、何をお願いするだろう・・・・たったひとつのねがいごと**************************************モリーは、しらないおばあさん声をかけられました。まほうのほねが、あなたのねがいをひとつだけかなえて [続きを読む]
  • 『シモンのおとしもの』  夢中で読んじゃう♪
  •  何気なく読んで、一人で本気で読んだ絵本。シモンのおとしもの******************************************アデールは、おとうとのシモンを学校に迎えにいきました。シモンは、よく落とし物をします。きょうは落とし物をしないように帰ろうね、とアデールはシモンに言いました。ところが、シモンは、ネコの絵、本マフラーと、次々と落としていきました。******************************************雑踏の中の街角で、公園で、博 [続きを読む]
  • 『あーと いってよ あー』 暑いから声を出してみよう〜♪
  • ひどい暑さが続いています。 夏のプールが中止になったり、花火やお祭りが取りやめになったりしてますね。 楽しみにしていた夏のイベントだから、残念がっているっ子どもさんも多いかもしれません。ほかにも、外で遊んではいけません、とか、言われているかもしれません。大人も同じ。暑くて、イヤになりますね。命を守る行動だから、仕方ないです。これからは、これが当たり前の世の中になるのかな・・。行動を制限されたり、暑 [続きを読む]
  • 『ここがぼくのいるところ』   わたしのいばしょ・・・♪
  • 小さい頃、初めて世界地図を見た時、とてもビックリした記憶があります。世界って、こんな形をしているんだ・・・。日本って、こんなに小さいんだ・・・。驚いた気持ちは、誰にも言えなかったけど・・・。大人にとって当たり前の事でも、子どもにとっても驚くことがたくさんありますね。。この絵本を読んで、子どもの頃のことを思い出しました。ここがぼくのいるところ*****************************************ちきゅうのうえに [続きを読む]
  • 『ねこのピート だいすきなしろいくつ』  きょうも さいこう♪
  • ネコが好きだから、ついついネコの絵本を読んじゃいます。この絵本を読んで、昔のことを思い出しました。ネコ、もしくはイヌの足先が白かったりすると、よく「白い靴下を履いてるんだね〜」って、ネコに言ってました。片足だけ白い場合は、「片っぽだけ、白い靴下履いてるんだね〜」って、言います。あるある話じゃないですか・・。(^^♪ねこのピート だいすきなしろいくつ**********************************ねこのピートは、新し [続きを読む]
  • 『ウエズレーの国』 やりたいことをやろう♪
  • とても人気のある絵本ですが、読んだことがありませんでした。印象と違った、面白さがありました。ウエズレーの国*******************************ウエズレーは、いつもひとりだけはみだしている。ウエズレーにちょっかいを出す子は多かったけど、ともだちはいない。来週から、夏休みがはじまる。宿題の自由研究で、ウエズレーは、じぶんだけの作物を育てて、じぶんだけの文明をつくることにした*******************************子 [続きを読む]
  • 『あのときすきになったよ』 なんか、じんわりする・・・
  • あの子とはあわない、苦手だ・・・・と思っていても、何かのきっかけですごく仲良くなるってこと、意外とあります。そんな思い出もあります。お互い意識してるってことなのかな・・・。あのときすきになったよ (教育画劇みんなのえほん)******************************しっこさんは、少ししかしゃべらない。いつも怒ったみたいな顔をしている。喧嘩したこともある。クラスの金魚が死んで、しっこさんと一緒に金魚のお墓を作った。 [続きを読む]
  • 『こんな家にすんでたら』 世界が広がる♪
  • 家の間取りを見るのが、好きです。新聞に入っている不動産のチラシなど、じっくり見てしまいます。間取りを見ていると、頭の中で3Dになって、まるで住人かのように思い描くのが楽しくて・・・・。もちろん家そのものも好きです。小学生のころ、モンゴルのパオに興味をもって、自由研究で調べたことがあります。日本の中でも様々な家があるけど、海外ともなると、なおさら多種多様で面白いですね。そんな興味をかきたててくれるの [続きを読む]
  • 『森のちいさなしたてやさん』 ドレスはあこがれ・・・
  • 女の子なら、一度は憧れる、ドレスや刺繍、ビーズが出てくる絵本です。女の子が好きそうな、定番中の定番なストーリーです。もりのちいさなしたてやさん (らいおんbooks)**************************もりのおくにちいさないえがありました。ちいさなこびとの三人姉妹が、仕立て屋さんをしていました。まちにはおうさまにおしろがあり、一人娘のおひめさまがいました。おひめさまは、服を着るのが嫌いでした。すてきな上着を着たこと [続きを読む]
  • 『オレ、カエルやめるや』  分かっているけど言いたい・・・
  • 昔、「あー、人間やめたい!!!」 って、思ったことあります。目の前で、気持ちよさそうに寝ている家ネコを見て、「ハナちゃんいいなあ〜。ハナちゃんになりたい・・・」って思ってました。まあ、当時の理由は、確か受験が辛かったから。勉強もせずに、寝て、食べて、散歩して、食べて、寝て、、、のネコを見て、いいなあ〜、勉強せずに、のんびりできる猫がいいなあ〜と、思ってました。たいして勉強もしなかったけど、勉強しないと [続きを読む]