代替医療学会 The Society of Alternative Medicine f さん プロフィール

  •  
代替医療学会 The Society of Alternative Medicine fさん: 代替医療学会 The Society of Alternative Medicine f
ハンドル名代替医療学会 The Society of Alternative Medicine f さん
ブログタイトル代替医療学会 The Society of Alternative Medicine f
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/alternative_medicine_soc
サイト紹介文日本で初めて代替医療を登記(1987)。構造化微量要素、ヘリカル炭素、ホルミシスの特許、実施例掲載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/02/10 23:16

代替医療学会 The Society of Alternative Medicine f さんのブログ記事

  • ペットボトル全てにプラスチック粒子含有
  • <プラスチック汚染は海だけではなかった――主要な11の国際ブランドのペットボトル入り飲料水93%からプラスチック粒子が検出>市販のペットボトル入り飲料水は汚染されていないから安心して飲める――。そんな消費者の信頼を裏切るような研究結果が報告された。目に見えないプラスチック粒子が混入していて、水と一緒に飲み込んでいる恐れがあるという。ニューヨーク州立大学フリードニア校の研究チームは報道NPOのオーブ・ディ [続きを読む]
  • 医学生の3割がうつ病
  • 12万2356人のデータを検討病気で苦しむ人を助けたい―そんな気持ちから医師を志す人が多いだろう。しかし、病気を治す医師になるために一生懸命勉強に励む医学生の中に、逆に自分が病気に苦しめられてしまう人がいるという。47カ国で実施された研究を解析したところ、医学生のうつ病・抑うつ症状を抱えている割合は27.2%、自殺念慮(死にたい気持ち)は11.1%に上る一方、精神科での治療を求めた医学生は15.7%にす [続きを読む]
  • 肥満と癌
  • がんリスクを高めるといわれる生活習慣や化学物質などはたくさんあるが、「たばこ並みのがんリスク」といわれるのが肥満だ。そのため肥満とがんの関係については世界各国で数多くの研究結果が報告されている。  たとえば、英国の研究者は肥満とがんの発症、それによる死亡との関係などについて2015年5月までに報告された95件のメタ分析を検討した。  それによると「食道の腺がん」「男性の結腸がん」「男性の直腸がん」「 [続きを読む]
  • 糖質依存症
  •  「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」。これはフランス王妃マリー・アントワネットの言葉とされ後の世に創作されたものだそうですが、巷に美味しいものの溢れている現代では、「さっきお菓子を食べちゃったからランチは食べないでおこう」というダイエット感覚が当たり前になっています。 しかし、現代人にとってはここに大きな落とし穴があるかもしれません。巷にあふれる美味しいお菓子に共通して含まれているもの [続きを読む]
  • 医学的エビデンスは、大半が誤り
  • 数年前、2人の研究者が、あるクッキングブックの中で最も使用されている50種類の材料を取り上げ、がんのリスクや予防に関連付けられているものがいくつあるかを科学雑誌に掲載されたさまざまな論文を基に研究した。その結果は、塩や小麦粉、パセリ、砂糖など、50種類中40種類に及んだ。「私たちが食べるものはすべて、がんに関係しているのではないか?」。研究者たちは2013年、自分たちの発見に基づく論文を発表し、そう疑問を呈 [続きを読む]
  • エタノールから酢酸合成
  • 京都大の研究グループが、合成樹脂の原材料などに広く使われる酢酸をエタノールと水から合成する新たな方法を開発したと発表した。植物から作れるエタノールは環境に優しく、合成過程で生じる水素をエネルギーとして活用できるメリットもあるという。成果は、ドイツの学術誌「ケムキャットケム」電子版に掲載された。 工業用酢酸は世界で年650万トンが消費される重要な有機化合物。現在はメタノールと一酸化炭素から、金属を触 [続きを読む]
  • 医療岩盤規制下、再生医療特許出願、日本は米中韓に大きく後れ
  •  再生医療の実用化に向けた日本の特許出願が米国や中国などに後れを取っていることが特許庁の調査でわかった。 再生医療は市場規模が2030年に世界で12兆8000億円に拡大するとの予測もある成長分野だが、この分野の特許を海外勢に押さえられれば、日本の競争力が低下する懸念もある。 特許庁が07〜15年に日本と米国、欧州、中国、韓国で出願された特許を調べたところ、幹細胞関連技術など基礎的な技術の分野では [続きを読む]
  • 糞便バンク
  • オランダの研究者らが、血液バンク、精子バンクに続いて同国初の「糞便バンク」を開設した。慢性腸内感染症の患者の治療を目的とした最先端医学の一分野だという。立ち上げられたのは「オランダ・ドナー糞便バンク(NDFB)」。ライデン大学(Leiden University)のエド・クイパー教授(細菌学)は、AFPの取材に「移植のための糞便(中)物質を医師や病院に提供する一助となる」と語った。同施設は、こうした移植に役立てるために必要 [続きを読む]
  • BRCA1あるいはBRCA2遺伝子変異をもつ女性にリスク低減乳房切除術
  • 日本乳癌(がん)学会は16日、3年ぶりに改定した診療ガイドラインを公表した。遺伝子変異が原因で乳がんを発症した患者について、がんになっていない側の乳房も再発予防を目的に切除することを「強く推奨する」との見解を示した。推奨の度合いをこれまでの「検討してもよい」から最も高い段階に引き上げた。ただ、予防切除は公的医療保険の対象外で、患者は全額負担が求められる。同学会は保険適用を国に働きかけていくという。 [続きを読む]
  • 歯科医院の倒産
  • 歯科医院の倒産が急増していることが分かった。東京商工リサーチの調査によると、2017年度の歯科医院の倒産件数は20件と、前年度の11件から2倍になっている。20件台となったのは、23年ぶりだ。 さらに廃業も、65件(15年)→168件(16年)→144件(17年)と、この2年間激増している。「倒産増加の大きな原因は、競合の激化です。歯科医院は開業する時、機材をリースにすることが多いため、自己資金が [続きを読む]
  • 国産米賛歌で生活習慣病を蔓延させるJA-農水省の既得権益死守/米関税778%
  •  ◇血糖値を下げるホルモン「インクレチン」 糖尿病の内服薬は、現在7種類あります。その中に「DPP-4阻害剤」という薬があります。DPP-4阻害剤は、「インクレチン」という消化管ホルモンを血中にとどめる作用があります。 現在知られているインクレチンは、小腸上部から分泌されるGIPと、小腸下部から分泌されるGLP-1の二つです。血糖値を低下させるホルモン「インスリン」が膵臓(すいぞう)から分泌されるの [続きを読む]
  • 肥満が発がん促進
  • 北海道大学の藤田恭之教授(分子腫瘍学)らの研究グループが、肥満が発がんを促進する仕組みの一部を解明した。 肥満による慢性的な炎症などで、がんを誘発する変異細胞(初期がん細胞)の排出が抑制されることを突き止めた。米国のインターネット誌「Cell Reports」に発表した。 藤田教授らは2016年から、正常なマウスと、体重が1・5倍の肥満マウスを使い、がんを誘発する初期がん細胞が体外に排出される様 [続きを読む]
  • 消滅する仕事
  • 人工知能やロボット等による代替可能性が高い労働人口の割合(日本、英国、米国の比較)日本の人口が減りつづけている。出生数は2016年に初めて100万人を下回ったが、2065年には約55万人にまで落ち込むという。将来のためにどんな備えが必要なのか。「20年後の日本」を襲う6つの課題について識者に聞いた。第6回のテーマは「大量リストラ」だ――。(全6回)※本稿は、「プレジデント」(2018年1月1日号)の特集「老後に困るのは [続きを読む]
  • 人口減少社会
  • 我が国の人口の推移 最近、ニュースなどで「人口減少社会」というキーワードをよく見掛ける。 実際に、日本は8年連続で人口減少が続いている。少子高齢化が叫ばれて久しいが、ここにきて、「少子化=人口減少」が明らかに目に見える形で表れてきている。縮小する経済、深刻化する供給過多 今年3月30日、国立社会保障・人口問題研究所が衝撃のデータを発表した。2030年にはすべての都道府県で人口が減少し、2045年までに日本の [続きを読む]
  • 胆管癌のツボの枇杷構造水/遠赤外線照射
  • 胆管の周辺の構造胆嚢(たんのう)は消化に必要になるまで胆汁を蓄積する洋梨形の器官で、胆管(胆道)によって肝臓と十二指腸に接続している。胆嚢は肝臓で分泌される胆汁を蓄積して濃縮し、食物が十二指腸に入ると、物理的刺激によりコレシストキニン (CCK) が分泌され、これが胆嚢を刺激して胆汁を放出する。内関少海関衝足竅陰 太衝 大敦 陽谷 陽??上海中医学院編 井垣清明、池上正治、浅川要、村岡潔共訳、針灸 [続きを読む]
  • 肝臓癌ツボの枇杷構造水/遠赤外線照射
  • 肝癌の東洋医学的な見方《瘀毒不化》肝臓が腫大し、堅くて凸凹不整、肝臓部に圧痛、脘腹脹満、食欲不振、掌に紅斑が著しい、頸、胸前部および顔面部にクモ状血管腫。《熱毒蘊結》腹部脹満、肝臓部に圧痛、肝と脾が腫大、腹壁静脈怒張、胸苦しい、また横になれずいらいらする、顔色が萎えて黄色、発熱、落ち着きがない、ときに吐き気、嘔吐、口が渇いて津液が少ない、便秘、小便が少ない。《邪実体虚》腹部脹満、肝が腫れる、著しい [続きを読む]
  • 膵臓癌ツボの枇杷構造水/遠赤外線照射
  • がんと鍼治療 〜西洋医学の限界を鍼で補う〜(あきらめないがん治療ネットワーク)http://www.akiramenai-gan.com/medical_contents/other/34626/膵臓ツボは足つぼの刺激で膵臓の悩みを解決しましょう!https://www.youtube.com/watch?v=lxL18lCZ_gg肝臓ツボで疲れやすい体質を足ツボの刺激で改善しよう!https://www.youtube.com/watch?v=_Z3FXAa4vTw肝臓の治療に使う手のツボの場所は?https://www.youtube.com/watch?v= [続きを読む]
  • 下痢のツボの枇杷構造水/遠赤外線照射
  • 何日もお腹がはってつらい「便秘」や、突然やってくる腹痛とともに水っぽい便が出る「下痢」。これらの症状は、腸の働きが鈍っているときに起こります。そんなときに利用したいのが、いつでもどこでも押すだけで、腸の神経を刺激し、手軽に不調を解消する「ツボ押し」です。今回は、お腹の調子が悪いときに知っておくと便利な、ツボをご紹介します。ツボを的確にとらえ、正しくツボ押ししよう!お腹の調子を良くしてくれる快便の [続きを読む]
  • 吐き気・嘔吐のツボの枇杷構造水/遠赤外線照射
  • 上海中医学院編、井垣清明、池上正治、浅川要、村岡潔共訳、鍼灸学、(1981) 星雲社(3047-09774-4032)嘔吐(ゆっくり堂)http://yukkurido.jp/keiro/bkb/mk/8ot/正しいツボの見つけ方押し方(福辻鋭記)https://books.google.co.jp/books?id=IBx8VQ-djPIC&pg=PA84&lpg=PA84&dq=%E5%90%90%E3%81%8D%E6%B0%97%E7%B5%8C%E7%B5%A1&source=bl&ots=Km98g9JzJ-&sig=Ov8JsyOsdg4qIFo599qs3_GzG9c&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjo8bfwqePaAhXDE5QK [続きを読む]
  • IT眼症
  • 「ブルーライト」発する液晶画面、至近距離で凝視すると… 東京都内の小学5年男児(10)は帰宅後、目から20センチほどの至近距離でスマホを持って友人とオンラインゲームを楽しむ。2時間近く熱中することもある。男児の母親(44)は「学校の授業でもタブレット端末を使う。目を酷使して健康に影響がないか心配」と話す。  兵庫県姫路市のツカザキ病院小児眼科外来では最近、目の疲れや痛みを訴える小中学生らが増えている。同病 [続きを読む]
  • マイクロプラスチック、水道水に含有
  • 水道水から人の体内に入ってくるプラスチック粒子は、年間3000〜4000個に上る恐れがあるとする研究結果が6日、発表された。14か国で収集したサンプルに基づく結果だという。 プラスチック粒子を体内に取り込むことによる健康リスクは不明だが、過去には、害を及ぼす可能性のある化学物質や細菌がこれら粒子に吸収・放出される可能性があるとの研究結果も発表されている。 米ミネソタ大学(米ニューヨーク州立大学)の研究チームに [続きを読む]
  • オクタン酸で高血糖を改善
  • Caprylic acid (n-octanoic acid)血糖値を下げるインスリンの分泌が、特定のにおい物質に反応して活発化することを東北大などの研究チームが突き止め、英科学誌サイエンティフィック・リポーツ(電子版)に24日、発表した。糖尿病の新しい治療薬開発につながる可能性があるという。 東北大の山田哲也准教授らは、膵臓(すいぞう)でインスリンを分泌する細胞に、鼻の神経にある「嗅覚受容体15」が存在することを発見。この受 [続きを読む]
  • 肥満と癌
  •  肥満になると、がんになりやすくなる―。統計学的に知られていた事実について、北大遺伝子病制御研究所の研究グループは24日、原因の一部を解明したと発表した。肥満状態のマウスに抗炎症剤のアスピリンを投与して脂肪細胞の炎症を抑えると、がん細胞の発生そのものが抑えられることも分かり、研究グループは「がんを発症する前の人に、予防的な治療を行える道が開けるかもしれない」と話す。 研究グループによると、肥満が膵臓 [続きを読む]
  • 脂肪燃やす酵素(JMJD1A)
  • 寒い環境にさらされ続けると、燃えない種類の脂肪を燃えるように変える酵素の働きをマウス実験などで解明したと、東京大と東北大、群馬大の研究チームが21日までに英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。この酵素の働きを肥満や生活習慣病の治療、予防に応用できる可能性があるという。  脂肪には燃えて熱を生じる褐色脂肪と、燃えずにエネルギーを蓄積する白色脂肪がある。寒さを感じると、褐色脂肪の細胞で熱 [続きを読む]
  • 「赤ちゃん取り違え」問題、母親「真実を教えてほしい」(順天堂大学)
  •  順天堂大学の附属病院で51年前、赤ちゃんが取り違えられた可能性が高いことが発覚した問題で、実の子を取り違えられた母親が初めてカメラの前の取材に応じました。母親は「真実を教えてほしい」と訴えています。 「血のつながっている子どもは今、どうしているのかなと。元気でいるなら姿だけでも、見せてくれればいいかなと」(子どもを取り違えられた母親) こう話すのは、都内に住む76歳の母親です。51年前の1967 [続きを読む]