ryo さん プロフィール

  •  
ryoさん: 好きみっけ♪
ハンドル名ryo さん
ブログタイトル好きみっけ♪
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ryo33suki/
サイト紹介文アラサー妻初心者。 幸せに、シンプルに生きたい。 断捨離や家事をメインに、「好き」をUPします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/02/11 05:02

ryo さんのブログ記事

  • 使い切る生活。捨てるより気持ちいい。
  • だんだんと慣れては来ましたが、断捨離はわたしによって今も容易なことではありません。ものを手離すには、毎回それなりに考えてしまったりします。その中でも、心地よく続けられていることがあります。 今あるものを、使い切るということです。 ボディクリームを使い切りました。 もともと美容関係には疎く、肌の手入れなどさぼりがちです。そのため、以前から持っていたクリームがいつまでも減りません。頂くこと [続きを読む]
  • 用途が被っているものは、断捨離の候補。大は小を兼ねる。
  • 突然家の中のものを、そう言えばあれどうしたっけ?と思うことがあります。まだ残している場合もあるし、手離している場合もあります。断捨離するものを探しても思い付かないのに、こういうひらめきのようなものによって、あっさり手離せることがあったりします。用途が被っていた急須とティーポット。ティーポットを残しました。先日、ふと急須どうしたっけ、と思い付きました。我が家には、急須とティーポットがありました。どち [続きを読む]
  • 断捨離をしたので、包丁を研ぎました。キッチン。
  • 以前、食器の数を減らしたら、ルクルーゼの出番が来た 、という内容を記しました。ものを減らし、必要だと感じるものを残していくと、残ったものの出番が来たり、大切に思えるようになることは断捨離をしながら感じたことです。同じくキッチンで、今回は意図的に、 その出番を待っていたものがあります。包丁研ぎ器です。断捨離をしたので、包丁を研ぎました。キッチン。 我が家の包丁は、あまりよく切れません。たぶん [続きを読む]
  • 断捨離中なので、ムダに突っ張るのを止めました。
  • 引っ越したばかりの頃、張り切ってインテリアショップや100円ショップに行きました。今となっては、必要ないものも余分に買ってしまっていたのですが、当時は、収納したり、飾ったりすることに気持ちが高まっていました。そんなわたしが買ったもののひとつが、突っ張り棒です。断捨離中なので、ムダに突っ張るのを止めました。いくつか買っていたのですが、一番必要なかったな、と思うのは、玄関の靴箱の中に入れた短い突っ張り [続きを読む]
  • 断捨離のタイミングが来たサイン。
  • 断捨離をするものを容易に見つけられる日と、そうでない日があります。実際のものの量というよりは、精神的なもの関係している気がします。例えばここはもうやりきったぞ、という変な自負がある場所は、見つけにくいです。断捨離のタイミングが来ているサイン。リビングのものも、思いだせば段々と減ってきています。ローテーブル、テレビとテレビボードなどの大きいものだけでなく、クッションや飾っていたインテリアアイテムなど [続きを読む]
  • 断捨離も家事もやる気が出ない、そんな時。
  • 断捨離も、家事も、やっていて楽しいです。家がすっきりしてきれいになるのは、気持ちが良いです。それでも、どうしてもやる気が起きない日もあります。ことの発端は、週末に夫とのコミュニケーションが上手く行かなかったことでした。断捨離も家事もやる気が出なかった時の反省と振り返り。○上手く行かなかった週末の反省と、反動。土日の間なんだかピリピリしていました。お互いに言葉に優しさがない、というか。せっかくの休日 [続きを読む]
  • 断捨離を始めてから付いた、かさばらせないための習慣。
  • 必要のないものを、極力持たないようにしています。それでも、必要なものはあります。必要なものを持つならば、なるべくコンパクトに、かさばらないように持ちたい。そう思って、付いた習慣があります。断捨離を始めてから付いた、ものをかさばらせないための習慣。それは、包装や、パッケージを最小限まで取り除くことです。最近では、お茶の缶です。頂いた緑茶。包装された箱に、缶が2本。その中に更に銀色の袋が入っています。 [続きを読む]
  • トイレの掃除用具の断捨離。更にシンプルにしました。
  •  今まで、ブラシ部分のみ使い捨てで、その都度トイレに流せるタイプの掃除用品を使用していました。外に出しておくのはスティックだけでいいし、使い捨てなので清潔な感じもするし、とても気に入っていました。使用している内に、  使い捨てであることが、エコ的にも経済的にも、もったいないような気がしてきました。ブラシ部分は水に流せるとは言え、丈夫に出来ていて、毎日使用するにはなんだか気が引けるのです [続きを読む]
  • ツンドク本を断捨離して、楽しい休日。
  • 先日、テレビを断捨離したら、読書欲が湧いてきたと記しました。本をあまり溜めこまないようにしているので、読み終わった本は基本的に手離します。ツンドク本を断捨離して、楽しい休日。 手離す方法は、ゴミとして出すこともありますが、余裕があり、ある程度の量もあるときは、売却します。家に置いておいても、読み返すことはほとんどありません。万が一、また読みたくなったら、借りたり買えばいいと思っています。  [続きを読む]
  • 季節の変わり目に、寝具の入れ替え。毛布を断捨離。
  • 今日は雨模様で肌寒いですが、暑くて寝苦しい日も増えてきました。季節の変わり目に、寝具を見直しました。毛布を手離しました。冬の間、使用していた毛布の数は2枚。夫とわたしで一枚ずつです。暑い日が増えてきたので、掛け布団のみにしようと思います。夫が使用していた毛布を洗い、干して、カバーに入れて、クローゼットへしましました。洗濯機に入ってしまうので、毛布モードで自宅で洗いました。ここ最近は晴れも多く、洗濯 [続きを読む]
  • 手帳を断捨離する準備をしています。
  • わたしは、無地の「何でもノート」を持っています。家計簿や、日々のメモはこちらに書くようにしています。それとは別に、手帳を持っていました。小さく薄いものなので、かさばらないと言えばかさばらないのですが。これを、手離す準備をし始めました。手帳を断捨離してみる。手離そうと思ったのは、「何でもノート」と合わせて2冊持つことが面倒だと思ったのがひとつです。残したいことは、どちらかと言えば「何でもノート」に残 [続きを読む]
  • パジャマを断捨離して、部屋着生活を始めました。
  • 外出着と部屋着とパジャマをどう着分けるか、人それぞれだと思います。自分に合ったライフスタイルを模索中です。パジャマを断捨離して、部屋着に移行しました。わたしは外から帰ったらとりあえず着替えたいです。今までは部屋着ではなくパジャマだったため、正直しっくり来ていませんでした。家に帰ってから着替えるものがパジャマだと、パジャマの時間がどうしても長くなりがちで、気分的にだらしなくなるというか。夫もなんとな [続きを読む]
  • テレビを断捨離してみて、思うこと。
  • テレビを手離すかどうか、結構迷いました。テレビボードから攻めてみたり、コンセントを抜いてみたり。 テレビへの執着心に気付きました。そしてついに、手離しました。テレビを断捨離してみて、思うこと。○あまり違和感はありません。約1か月が経ったところですが、違和感はなくなってきました。テレビのスケジュールに振り回されず、あの番組の時間までに帰れるかな、とか、起きていよう、ということがなく気持ちが自由で [続きを読む]
  • 断捨離中でも、アメニティグッズを持ち帰りました。
  • 先日行った旅行先で泊まったホテルのアメニティがロクシタンで揃えられていました。普段そういったものに疎いわたしですが、テンションあがりました。 小さいことだけど、見かけも可愛らしく、嬉しかったことのひとつとなりました。断捨離中でも、アメニティグッズを持ち帰ります。ものを減らし始めてから、 なるべく余計なものを家に持ち込まないようにしています。たとえ無料でも、安くても、必要のないものは必要がないと [続きを読む]
  • 断捨離をして、引き出しをからっぽにする習慣が付きました。
  • クローゼットのものを減らしていっている中で、いくつかの引き出しをからっぽにしました。あえて、空けているのです。断捨離をして、引き出しをからっぽにする意味。ものを減らしていくのみ伴って、引き出しの数自体も減らしています。組み立て式のプラスチックチェストを5段から3段にしてみたり。入れるものがなくなり、更に減らすこともできるのですが、今いくつか空間を残しています。収納を全て埋める必要はない、という断捨 [続きを読む]
  • 掃除機を、掃除する。忘れがちなお手入れ。
  • 掃除機は、クローゼットの中に立てかけています。普段目に付かないので、この置き場所を気に入っています。 掃除機を、掃除しました。目には付かないのですが、 クローゼットの中をあれこれ動かしているときに、 掃除機にほこりが付いているのを見つけました。引越してから、使い初めて約1年半くらい。 吸い取ったゴミこそ、こまめに捨てるようにしているものの、掃除機のお手入れをしてこなかったことに気が付き [続きを読む]
  • 断捨離を進めて、服を吊り下げる。
  • 試行錯誤しながらクローゼットを変えてきています。ずっとやりたかったことを、ひとつ実現しました。断捨離を進めて、服を吊り下げる。 服を収納するに当たって、管理しやすいのは吊り下げる方法だと思っています。床に置くのは、ホコリが溜まりやすく、掃除がしづらくなってしまう。 引出しにしまうのは、たたまなくてはならないし、取りだすのも大変。 吊り下げれば、どこに何があるか分かりやすいし、出し入れも [続きを読む]
  • 断捨離後の、夏に向けての衣替え。無印良品のTシャツ。
  • 暑い日が増え、季節の変化を感じています。着るものも変えていかないとです。Tシャツを入れ替えました。 気付けば半そでが必要な時期となりました。柄ものの服を徐々に徐々に減らして来たことにより、気付けば夫のTシャツが思ったより少なくなっていました。汗おそらく、学生時代から持っていたものは、ロゴや絵が入っていたものが多かったため、手離す対象になるものが多かったのだと思います。正直、夫からもこれでは少な [続きを読む]
  • 断捨離中なのに、コースターを買い足すということ。
  • スペースを取らないものは、見落としがちです。 コースターも、そのひとつなのだと思いました。断捨離中なのに、コースターを買い足したという2人を見て思ったこと。 この一か月の中で、ふたつのお家にお邪魔しました。 偶然なのですが、どちらも断捨離中であり、かつどちらも最近、来客のためにコースターを買い足した、とのこと。ものを減らしているはずなのに、既に持っていたはずのコースターを買い足したと言 [続きを読む]
  • 断捨離を先行して、新しいものを受け入れる。靴を買いました。
  • ものは少ないからこそ、清潔感のあるもので揃えたい。特に仕事のものは、そうだと思うのです。断捨離を先行することで、靴を買うことができました。夫の革靴が、古くなりました。わたしなりの手入れをしていますが、良く歩くようで、劣化もします。買い替えよう、という意思は夫にもわたしにもあったのですが、履こうと思えば履けてしまうこと、買い物の習慣がなく、上手く時間とタイミングを取るのを面倒がったこと。これらの理由 [続きを読む]
  • 旅行をもっとシンプルにできると感じた点。帰宅後の断捨離。
  • 実際にやってみないことはたくさんあります。旅行に行ってみて、こうすれば良かったな、という点を記しておこうと思います。シンプルに旅行するためにできると思った反省点。それは、荷物を事前に送ること。飛行機で行く国内一週間弱の滞在で、1日を除いては同じところに泊まりました。夫とひとつのスーツケースに荷物を入れると、飛行機に持ち込めるサイズのものではなくなってしまいました。LCCを利用したのですが、預け荷物は [続きを読む]
  • スペースを取らないものは、断捨離で見落としがちです。
  • 数を揃えたいものってあります。食器は結構そうです。「食器を断捨離するタイミングと基準3つ。引出物で皿を頂きました。」と記していたにも関わらず、複数持っていたものがありました。反省。意識はあるのに、視界に入っていないというか、、気付かないものがあったりします。スペースをあまり取らないものは特に、見落としてしまいがちです。だからこそ、日々の見直しが必要なのだな、と思います。5つあったフリーカップを4つ [続きを読む]