おとろ日記 さん プロフィール

  •  
おとろ日記さん: おとろ日記
ハンドル名おとろ日記 さん
ブログタイトルおとろ日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/koba3171
サイト紹介文サンデー毎日な日々の生活を綴っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/02/11 05:28

おとろ日記 さんのブログ記事

  • ここの苔庭には いつも癒されています!・・・秋篠寺 大和西大寺
  •  10月になっても暑くて 夏のような気温が続いていましたが ようやく秋らしい爽やかな陽気になってきましたね。。そこで 秋篠寺の「苔庭」が見たくなり 久し振りに訪ねてみました。 このお寺は「萩の寺」とも言われるのですが 近年は花が少なくなっているような・・・ で お目当ての「苔庭」に到着! いつも手入れが行き届き感心するのですが やはり この庭は秋から冬が特に美しいですね。それと カンカン照り [続きを読む]
  • 男の料理教室「秋の行楽弁当」!・・・定番おかずにひと工夫
  •  久し振りの料理教室 今月はイベント月で「秋の行楽弁当」を作りました。弁当で 定番おかずと言えば 玉子焼き 鮭 唐揚げ等ですが 調理にひと手間が加わっています。 まずは「だし巻き卵」ですが だし汁に砂糖とみりんを加えた少し甘めの卵焼きを「巻き簾」に巻いて形を整えます。 次は「秋鮭の南蛮漬け」で 片栗粉をまぶしてからこんがりと焼いた鮭を 酢と野菜の効いた漬け汁に充分漬け込んで仕上げます。 で 「 [続きを読む]
  • 馬見丘陵公園花便り!・・・コスモス ダリア等
  •  四季折々に花が楽しめる「奈良県営 馬見丘陵公園」へ出向きました。今の時期は コスモスとダリアが満開でしたが 他にも様々な花壇が良く整備されていました。 まずは「コスモス園」の様子はこんな感じで 公園内のあちこちで見られました。 続いては「ダリア園」ですが 今が盛りで色々な品種の大輪が見事に咲き誇っていました。 特に目についた幾つかの品種を紹介しますと まずはオレンジ色が鮮やかな「ハミルトン [続きを読む]
  • 奈良の外れにある禅寺で「わび・さび」の世界に浸る!・・・慈光院 茶室
  •  大和郡山市の外れに こじんまりと佇む禅寺があります。臨済宗大徳寺派の寺院で「慈光院」と言い 45年程前に初めて訪れた際に感動し 何度も足を運んでいるお寺なのです。 ここは 境内全体が茶席の風情になっており 入場門から玄関までの道 書院内の通路 座敷や庭園 全てが茶の湯で人を招く際の演出が施され 正に「わび・さび」の境地に浸れます。 まずは表の門から入り・・・ 苔むした石畳の道を進むと・・・ [続きを読む]
  • 散歩道に咲く色鮮やかな草花!・・・マルバルコウソウ ルツボ
  •  曼殊沙華は終わりましたが 秋になると 散歩道を赤く染める小さな花があります。それは 川沿いを歩いていると あちこちに群生している「マルバルコウソウ」なのです。 この花 1日花で日光を浴びて花が開き 午後にはしぼんでしまいます。ツル性の植物で色々な物に巻き付きますが 好きな花で この時期の楽しみになっています。 別の場所では「ルツボ」も多く咲いていました。栽培種でも似た物があるようですが こ [続きを読む]
  • 実家から秋の実りが!・・・新米 サツマイモ
  •  実家の兄より「新米」と「サツマイモ」が送られてきました。ここのお米はコシヒカリで 甘みと粘りが強く非常においしいお米なのです。 新米は まずは炊き立てを「卵かけご飯」で頂いてみました。先にTVで見た食べ方!  白身と黄身を分け 白身をご飯に混ぜてから黄身を落とし ダシ醤油を垂らして軽く混ぜると絶品でした。 次にサツマイモですが 焼き芋 や 栗きんとん もおいしいのですが 少し変わった食べ方とし [続きを読む]
  • 甘い香りの可憐な花です!・・・ジンジャーリリー
  •  1ヵ月程ブログを休みましたが 本日より再開しますので宜しく。で 一発目は今我家の庭に咲いている甘い香りの花「ジンジャーリリー」の紹介です。この花 今春に友人のOさんより苗で頂いたものですが 名前の通りショウガ科の植物のようです。 葉の形はミョウガに似ていますが かなり巨大になります。 蕾はこんな感じで・・・ 開花すると 蝶が舞うような可憐な形で 周辺に甘い香りが漂います。 調べてみると  [続きを読む]
  • 一面の紫に圧倒されます!・・・本薬師寺跡 ホテイアオイ
  •  今年も「ホテイアオイ」の群生に出会うために 橿原市の「本薬師寺跡」を訪れました。少しでも暑さを避けるべく早めに出発したのが良かったのか 現地に到着した時点では駐車場も結構空いていました。 予想通り花は満開で 視界一面紫のジュウタン!!!40万本とも言われる花数はさすがに迫力満点でした。 水面に映るホテイアオイと青空も趣があり・・・ 名残りの「ハス」も まだ見られました。 ここでは お堂の [続きを読む]
  • 友人夫妻と森のレストランで会食!・・・秋篠の森 なず菜
  •  懇意にしている友人夫妻が岡山より奈良に旅行に来られ 奈良公園近辺を少し案内することにしました。観光に先立ち 昼食をご一緒することになり 予約していたレストランへと・・・ 選んだのは「秋篠の森レストラン なず菜」で 奈良秋篠の外れの森の中にある落ち着いた店でした。ここは ミシュランガイドでも1つ星に選定された人気のレストランで 店の周りも中々の雰囲気なのです。 森のレストランということで 野鳥 [続きを読む]
  • 盆の頃に咲いてくるユリです!・・・高砂ユリ 鹿の子ユリ
  •  盆の頃になると散歩道で毎年見かける「高砂ユリ」が咲いてきました。このユリは外来種で繁殖力が強く 日本固有のユリを駆逐するので悪者のイメージがありますが・・・ 白い花姿は中々清楚で 悪くはないと思いますよ。 また我家の庭では 「鹿の子ユリ」が沢山花を付けています。名前の由来である 鹿の子模様は無く白い品種ですが これも結構良いのでは? 最近では 洋風の色鮮やかな大輪種が多くなってきましたが [続きを読む]
  • この花の種 初めてみました!・・・セッコク
  •  お盆の墓参りで実家を訪れた際に 玄関脇の門扉ブロック上に見事な「セッコク」が置かれていました。で よく見ると何やら実のような物が沢山付いています。 どうやら 完熟前の種のようなのですが 初めてみました。 我家でも6月に ささやかにセッコクの花が咲いてくれたのですが その後実は付けていません。 調べてみると セッコクが実を付けるのは珍しく 採種も 種から育てるのも 難しいようです。 好きな花 [続きを読む]
  • 今年の果実は 結構立派!・・・イチジク
  •  我家の「イチジク」が実ってきました。マメに水やりしたのが効いたのか 結構な大きさの果実になっています。 熟する前はこんな感じで それなりの数の実を付けてくれました。 昨年の教訓より 食べ頃になると鳥や蟻に狙われるので 袋掛けをして・・・ 袋を外してみて こんな感じに色付いていると 収穫タイミングです。 携帯電話と対比すると こんな大きさで 結構立派では? 冷蔵庫で冷やして頂きましたが  [続きを読む]
  • 花火見学ツアーに参加しました!・・・びわ湖大花火大会
  •  琵琶湖の夏を彩る「びわ湖大花火大会」に行ってきました。前日までの台風襲来で開催が危ぶまれており 当日の午前中は雨も降っていたのですが 大津市の琵琶湖畔会場に到着すると天候も回復し 風が有るので適度に涼しく 絶好の花火日和となり一安心! 観覧席は琵琶湖競艇場前に設けられ 目の前にボートレース用の掲示板が見られます。また 観覧席後方の冷房の効いた建物が出入り自由で 花火が始まるのを待つ間も快適に過ご [続きを読む]
  • 茗荷が次々出てきています!・・・茗荷の梅酢漬け
  •  我家の「茗荷」が最盛期を迎えています。茗荷は繁殖力が強く 年々増えてきて今年はこんな感じになっているのです。  生を刻んで 味噌汁や和え物に入れたり ソーメンや冷奴の薬味として重宝していますが 一度に沢山収穫できるので食べきれません。 そこで 保存の効く漬物を作ることにしました。 梅酢 と 蓋つきの簡易容器 を準備して・・・ 容器に 茗荷 と 梅酢 を入れて ・・・ 蓋をして 冷蔵庫 [続きを読む]
  • メダカ水槽のお引越し!・・・睡蓮鉢 赤ちゃんメダカ
  •  飼育しているメダカの数が大分増えてきたので 一部を新しいお家に引っ越しさせることにしました。園芸店で丁度良さそうな「睡蓮鉢」を見つけましたので これに決めました。 早速 数匹の楊貴妃メダカを新しいお家に引っ越し! 従来の水槽には またまた ホテイアオイが美しく咲いてきました。 で 今年も「赤ちゃんメダカ」が生まれてくれました。楊貴妃とは別の白メダカの系統ですが 元気に育っているようです。 [続きを読む]
  • 真夏の奈良公園!・・・鹿 サルスベリ 釣灯籠
  •  久し振りに奈良公園を歩いてみました。真夏のこの時期 さすがに人出も少なく ほとんどが海外からの観光客のようでした。 奈良公園と言えば「鹿」なのですが さすがにこの暑さで日蔭に集まり涼んでいました。 今年生まれた子鹿も あちこちで見られました。 春日大社の近くには こんな鹿灯籠も・・・ この時期の花は「サルスベリ」で 色々な場所に 色々な花色が見られました。 奈良公園でのお気に入りは [続きを読む]
  • 日本アルプス花旅ー4!・・・八方尾根
  •  花旅最終日に当たる4日目は 天候は怪しいものの当初の予定通り「八方尾根」に登ることにしました。リフト乗場の天候はまずまずでしたが 山の上はモヤに覆われています。 標高1830mの八方池山荘まではリフトを乗り継ぎ 足元に広がる高山植物の花畑を見ながら登っていきます。 リフトを降りると程なく雨が降り出し 防寒を兼ねて合羽を着込んでの登山になりました。天候が良ければ日本百名山の11峰が見渡されるので [続きを読む]