kassy さん プロフィール

  •  
kassyさん: kassy.lab
ハンドル名kassy さん
ブログタイトルkassy.lab
ブログURLhttp://laserkassy.com/
サイト紹介文理系大学院生が運営するブログ。短期留学(カルテック)、専門の分光学、趣味のトライアスロンなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/02/11 06:24

kassy さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 研究室の異動
  • 大学院での生活は、いろんな意味で不安定です。 私は東京工業大学の大学院で日々研究をしていたのですが、来年度から神奈川大学で研究を始めることになりました。 大学院にいると、いつ何が起こるかわからないですね…。 なぜ移動することになったのは、その理由は一言でいえば『先生の御栄転』です。 私の指導教員(先生)は准教授で、助教のときから東工大の教員でした。東京工業大学のルールでは昇進は一回 [続きを読む]
  • 富士山登山
  • 今シーズンは、多忙のためトライアスロンの大会に参加することができませんでした…このままでは、体力が衰えてしまう…そこで、8月の中旬に富士山の登山に行き、ご来光を拝みました。今回は、富士山の5合目から吉田口で上りました。午後11時から出発し、ゆっくりと時間をかけて登りました。台風が近づいてきて天気も安定していない中だったので、他の登山人は少なかったです。しかし、世界遺産に登録されたことが影響しているのか [続きを読む]
  • 奈良でサイクリング
  • 5月の連休、奈良でサイクリングを楽しみました。奈良県では、自転車による地域活性化や観光振興が行われており、様々な自転車コースが設定されています。詳しくはこちらのホームページへ今回は、『柳生街道ルート』に行ってきました。奈良市から出発して、ひたすら山を登りまくるコースです。初心者にはあまりお勧めできないコースです。私も久しぶりの自転車だったのでかなり息が上がりました。帰りは、天理ダムを経由し、下り坂 [続きを読む]
  • Caltechについて
  • カリフォルニア工科大学(California Institute of Technology)は、1891年に設立されたカリフォルニア州パサデナに本部を置く私立工科大学です。略称はカルテク、カルッテクなどと呼ばれています。カルテクの本部があるパサデナは年間を通して暖かい気候といわれています。しかし、12月から1月にかけては、コートが必要なくらい寒ときもあるので注意が必要です。カルテクは、学部と大学院生を合わせても2000程で小規模であるにもか [続きを読む]
  • 留学に向けての英語のリスニングの勉強方法
  • 今回は英語の学習サイトの紹介をしたいと思います。といっても、私自身が英語素人なので偉そうなことは言えませんが、初心者目線で使いやすい、続けやすい学習サイトを発見したので、参考にしてください。留学に向けての英語のリスニング学習のお勧めはこちらELL(English Listening Lab)実際に試してもらうのが一番いいのですが、簡単に特徴をまとめてみました! ELLの特徴1:リアルな会話こちらのサイトでは、各国のネイティ [続きを読む]
  • トライアスロンをやってみて良かった7つのこと
  • トライアスロンは、スイム、バイク、ランを連続して行う競技です。皆さんは、トライアスロンといわれてどういうイメージを抱きますか?挑戦したことがない人は・3種目も連続でやるのは信じられない!・完走できる人は、人類の中で一部だ!・私には絶対に無理だ!と思うかもしれません。私も昔は、上記のようなことを思っていました。しかし、やってみると案外誰でもできるのだということに気づきました。もちろん、練習や大会は苦 [続きを読む]
  • アメリカのパサデナで2回財布を紛失した結果ww
  •  海外といえば、ものすごく治安の悪いイメージがありますよね。アメリカの場合も、そのイメージは変わらないと思います。銃社会による銃乱射事件。度重なる盗難事件。日本のように平和じゃないという先入感がありますね。私も初めのうちは、緊張して貴重品を肌身離さず持っていました。しかし、慣れてきたころに事件が起こりました。 1回目の財布紛失それは、パサデナの美術館に行ったときに起こりました。美術館に行く [続きを読む]
  • アメリカの大学に短期留学 準備編③ 【ビザの申請】
  •  アメリカの留学の準備で一番大変だった思い出があるビザの申請。事務作業の嵐で本当にめんどくさかった。ビザ申請には時間がかかるので、1,2か月前から余裕をもって作業を進めることをお勧めします。以下に、ビザ申請(F-1ビザ)の流れをまとめておきます。 1. 必要な書類を学校に提出短期留学が、受入先の大学から承認されたら書類の提出を求められます。私の場合は、こちらの3つ。・日本の大学での在学証明書・海外 [続きを読む]
  • アメリカの大学に短期留学 準備編② 【CVの作り方】
  •  アメリカ短期留学準備の第二弾。CVの作り方について紹介します。このCVは、受入れ先の教授へのメールに添付するものです。 CVとはそもそもCVとはなんなのか?CVはラテン語「curriculum vitae」の略で、英語では「course of life」つまり「人生の道筋」という意味です。これは、簡単に言うとアメリカの履歴書です。アメリカ以外でもヨーロッパ各国で使われます。日本で履歴書というと決まった様式があり、紙に直筆で記入 [続きを読む]
  • アメリカの大学に短期留学 準備編① 【受入先の教授へのメール】
  •  大学院まで進むと、留学する方法はたくさんあると思います。ここでは、私自身が体験した短期留学の方法についてまとめていきたいと思います。私はリーディング大学院に所属しており、そのプログラムの一貫として短期留学(約3か月)の機会がありました。留学費(渡航費、宿泊費、生活費など)は、すべで支給されたので、お金に関する問題はあませんでした。しかし留学の準備(受入先の承認、宿泊先の決定、ビザの発行など) [続きを読む]
  • 日本人【ノーベル化学賞】受賞者 福井謙一の生涯
  • 幼少期から中学時代福井謙一博士は1918年10月4日、奈良県にあった母親の実家で生まれ、生後間もなく大阪に移り住む。自然環境の中で動物や植物を採取することが好きであったので、夏休みや春休みには豊かな自然に囲まれた奈良県の母親の実家で過ごしていた。中学入学後、生物同好会に所属し、生物の採取と観察を目的としたハイキングに頻繁に参加した。この時、『ファーブル昆虫記』の影響を強く受け、著者のアンリ・ファーブルを [続きを読む]
  • 可視光線 太陽光が白色の理由
  • 人間の目は、特定の波長の光のみを認識してくれます。この光を可視光線といいます。可視光線の波長の範囲は、380 〜780 nmです。可視光線は、波長の違いが光の色の違いとなっています。まとめると、このようになります。紫色:380 〜 450 nm↑ 短い波長青色:450 〜 495 nm緑色:495 〜570 nm黄色:570 〜590 nm橙色:590 〜620 nm赤色:620 〜780 nm   ↓ 長い波長 太陽の光や、蛍光灯の光な [続きを読む]
  • Caltechのお気に入りの場所 ベスト3
  • カリフォルニア工科大学(通称:Caltech,カルッテク)に留学して2カ月ほど経ちました。世界一の大学ということで刺激のある日々を過ごしています。学生は超エリートなのですが、学校に殺伐とした空気は流れておらず落ち着いて余裕のある雰囲気。学校は公園のようにゆったりとしているのが良いところ。そんなCaltechでのお気に入りの場所を個人的に選んだので紹介します。ランキング形式で発表します! 第三位Millikan LibraryC [続きを読む]
  • 波長による光の分類
  • 光は、波であり粒子であるという性質があります。今回は、波としての光の性質に注目して説明します。波を模式図であらわすと↓のようになります。 山から山「谷から谷」までの長さを波長といいます。また、波の大きさを振幅といいます。波長は光の種類を表し、振幅は光の大きさを表します。私たちが目で物を見るということは、光を感知しているということを意味しています。人間が感知することができる光の種類は限られており [続きを読む]
  • 初心者におすすめオンライン英会話【NativeCamp】
  • 留学前にやっておけば良かった・・・と後悔していることの1つが英会話です。オンライン英会話の無料体験レッスンを留学前にやってみたのですが、会員登録して続けたいと思う気持ちにはなりませんでした。そして、いざアメリカに到着したときに度重なるトラブルが起こり大変な思いをしました。私のように無謀にも、ほとんど語学力がない状態で留学するより、日本である程度の英語力をつけて行ったほうが変なストレスを感じずに過ご [続きを読む]
  • ネイチャー・テクノロジー
  • 一年ほど前にネイチャー・テクノロジーということについて、授業で調べてレポートにまとめたので、その内容を紹介したいと思います。ネイチャー・テクノロジーとは環境を壊すことなく、人類の消費を支えるためには、どうすればよいか?その実現のための手段が、「持続可能な開発」という考え方です。これは、自然が再生する力やそのスピードを考慮しながら、人が利用する規模や早さを管理し、資源を使いきらないよう配慮するやり方 [続きを読む]
  • 過去の記事 …