ピットクルー稲積 さん プロフィール

  •  
ピットクルー稲積さん: ピットクルーブログ2
ハンドル名ピットクルー稲積 さん
ブログタイトルピットクルーブログ2
ブログURLhttp://inazumi1723.blog.fc2.com/
サイト紹介文大阪府堺市で、輸入車専門、修理・販売 カスタム 鈑金塗装 車検等、自動車整備業務しています。
自由文輸入車専門で、国土交通省認証工場
各種最新診断テスター、
4輪ホィールアライメントテスター、
2柱リフト4基、オンザカーリフト1基等、
完備しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/02/11 10:55

ピットクルー稲積 さんのブログ記事

  • フェラーリ 488 空力再考
  • フェラーリ488GTB458からのマイナーチェンで、どこが変わったのでしょうか?一番特徴的なのは、4.5リッターNAエンジン578pから、 3.9リッターターボエンジン670psに変わったところですね空力的にも、かなりバージョンアップしているようですF1マシンでは、エンジンやシャーシより、空力の方がはるかに費用をかけていて、シーズン中でも、何度も変更するようです。↑このアングルから、フロントバンパーのエアロデザインが [続きを読む]
  • メルセデス、7速ATミッション修理
  • ML500 ミッション修理 です。7速オートマチックミッションです。メルセデスの新車は9速ATが主流になってきてますが、弊社に入庫する修理車は、まだまだ、7速ATが主流です。早速、テスター診断 ミッション各部点検すると、回転数センサーn2不良 故障メモリー確認 しました。定番の故障です。 (5速ATの時代から、回転数センサー不良はよくありました)症状は、たまに「ウヮーン」と滑る、2速ホールド、チェックエン [続きを読む]
  • 63NAエンジン 異音 カムアジャスター
  • 今年の上半期は、M156エンジン(V8 6200ccNA AMG専用)の修理が多かったですM156エンジン、今後出てこないであろう、大排気量NA、AMG専用エンジン素晴らしい名機だと思いますしかし、エンジン本体の故障が多いですね・カムアジャスター交換・カムの摩耗にて、カムシャフトとハイドロリフター交換・ヘッドボルト折損の為、ヘッドガスケット抜け、シリンダー内水入り・ピストン割れにて、エンジンAssy交換・イン [続きを読む]
  • ミニクーパーS バルブシール交換
  • BMW ミニ今回の修理依頼は、マフラーより、煙が発生マフラーの煙は、エンジンオイルがシリンダーの中に漏れて、燃えるので煙が発生します。エンジンオイルがシリンダーの中に漏れる原因は、バルブシールのゴムの硬化経年劣化で気密性不良になります。バルブシールの交換作業になります。少し前までは、多少煙が出ていても、そのまま乗るケースが多かった気がしますが、最近は、長く乗っている方や中古車車販の際に修理するケー [続きを読む]
  • ガヤルド エアコンコンプレッサー交換
  • ガヤルド、クーラーが効かない 修理当ブログ前回記載の、R8のクーラーコンプレッサー本体不良に続き、クーラーコンプレッサー本体不良前回記載した通り、最近の欧州車は、クーラーコンプレッサー本体不良が多く、弊社でも、ひと夏で、かなりの台数のクーラーコンプレッサーを交換しています。ランボルギーニーガヤルドとアウディR8は、兄弟車両です。前回のR8はエンジンを脱着しなければ、コンプレッサーの交換が出来なかっ [続きを読む]
  • アウディ R8 クーラーが効かない エアコンコンプレッサー交換
  • アウディ R8クーラーが効かない 修理一昔前のクーラーコンプレッサーは、ベルト駆動されているプーリー部にマグネットクラッチがあり、ここのON/OFFで「カチッ」と音がして、コンプレッサーがON/OFFしていました。最近の欧州車では、プーリー部にクラッチが無く、コンプレッサー内部に、無段階の切り替えバルブがあり、要求圧力に応じて作用するようになっています。この、コンプレッサー内部の無段階バルブがくせもので、固着 [続きを読む]
  • リンカーン タウンカー クーラーが効かない
  • `98 リンカーン タウンカー約20年前の車両、雰囲気がありますね今回は、クーラーが効かない症状最初に、クーラーガスの真空引きと規定量充填を行いましたクーラーガスメーターを見ると、クーラーシステムに異常なしですそれでは、ヒーターバルブが開きっぱなしなのか…? 次に、テスター診断エアコンミクスチャーフラップ不良の故障メモリーを確認室内のクーラーエバポレーターがよく冷えていても、オートエアコン温度調整の [続きを読む]
  • ロールスロイス ゴースト オイル漏れ修理
  • ロースルロイス ゴースト 今回のゴーストは修理作業項目がたくさんあります。エンジンオイルエレメントケース、ジョイント部よりオイル漏れがありきれいに洗って、エンジンスタートアイドリング時より、かなりの量がタラーっと漏れてきます。問題のジョイント部の件ですが、ゴーストの場合、オイルエレメントケースが、オイルパンアッパーと一体で、オイルパンアッパーとエンジンブロックの間のパッキンを交換する必要があります [続きを読む]
  • エンジンオイルエレメントハウジングケース脱着 パッキン交換
  • ちょっと古い、BMW 直列6気筒エンジンエンジンオイルエレメントハウジングケースとブロック間のパッキンゴムが硬化して、オイル漏れBMW、ミニに限らず、ベンツでも、最近、このエンジンオイルエレメントケースパッキンのオイル漏れ多いですね。エンジンオイルエレメントハウジングケースを取外す必要があります。この部分は、かなり熱いオイルが通るのでしょうか?経年劣化によるゴムの硬化が原因です。 [続きを読む]
  • ゴースト マスコット動作不良
  • 最近、弊社では、ロールスロイスの入庫が増えてきました。現行のロールスロイス、ゴーストシリーズには、ラジエターグリル上のマスコットが、ドアロックアンロックにて、マスコットが出て来たり入って隠れたりします。公式にはスピリットオブエクスタシーまたは一般的にフライングレディと呼ばれている、ロールスロイスのマスコット今から約100年前より使用される、由緒正しいマスコットです。また、当時は、現在ラジエターグリ [続きを読む]
  • ポルシェ911 (タイプ997) ミッション不調
  • ポルシェ911 (タイプ997)ミッション不調で入庫この車両は、997前期の為、トルクコンバータータイプのオートマチックミッションミッションの警告灯点灯及び2速ホールドでした。早速、テスター診断 ショートテスト実施及びミッション各部点検を行いました。故障メモリーの結果は、回転数センサー不良 でした。ATミッションは、エンジンからのインプットシャフトとドライブシャフトへのアウトプットシャフトの回転数 [続きを読む]
  • Sクラス W222 アライメント
  • 4輪ホィールアライメントサービスを行うのは、理由がある場合が多いです。まっすぐ走らない、タイヤが片減りする、事故をした、サスペンション周りの修理をした、ローダウンやタイヤ・ホィールサイズ変更のカスタムをした、タイヤ交換をした、そして、理由は無いが、点検・調整の為通常、一般道では、まっすぐ走り、ハンドルの位置がずれてなく、タイヤが偏摩耗せず長持ちすることが重要です、その次に、左右のコーナリング性能等 [続きを読む]
  • 211 リヤサブフレーム
  • Eクラス(W211)右リヤの車高が下がって、走行中異音で、入庫です。エアサスでもないのに、車高が下がるとはおかしな症状です。入庫時、確かに右リヤが下がり、タイヤがハの字に食い込んでいます?走行すると、確かに大きな異音が…早速リフトアップあれ…何やら違和感が…真後ろから見ると、リヤのサブフレームが斜めに見えます…左後ろサスペンション付近↑写真の、左リヤマフラー管の向こうアルミのリヤサブフレームとボデ [続きを読む]
  • キャデラック 
  • 現行のキャデラックが2台揃ったので記念撮影各所に共通性のあるデザインですこの2台が凄くいい車!なぜ、日本でイマイチか?ルックスもいいし、インテリアもいい、乗り味や装備・機能性、ナビ等の使い勝手もいいヨーロッパの車と比べて、割安感もあります個人的には、日本の消費者は、長く車を選択しているので、もっと車を見る目があってもいいのでは?もっと売れてもいい車と思います。キャデラックCTS-Vの方は、当ブログの、 [続きを読む]
  • 63NAエンジン 異音
  • タイトルは「63NAエンジン」となっていますが、今回の修理車は、正確には、M156エンジンそれまでのAMGモデルは55と呼ばれ、V8 SOHC 5500cc+スーパーチャージャーの500馬力が、メインだったのですが、その次のAMGモデルは63と呼ばれ、V8 DOHC 6200cc NAの525馬力、M156エンジンがメインとなりました。現在のAMGモデルは同じ63と呼ばれていますが、V8 DOHC [続きを読む]
  • ロールスロイス レイス カスタム
  • ロールスロイス レイス↑カスタム施工前ですロールスのクーペ、豪華ですね別格です↑いろいろ作業中↑完成しましたフォージアート22インチ&ローダウン写真ではわかりにくいですが、実物の見た目は、ガラッと変わりました。元々高めな車高の車なので、ローダウン量はかなり多めです、何度か調整をトライしましたここまで落として、22インチの扁平薄いタイヤでも、乗り心地が普通に良く、乗り味もあまり変わらないのにびっくりで [続きを読む]
  • 最近、流行りのタイミング系
  • E250(W212)、チェックエンジン警告点灯始動時、セルが長い、かかりが悪い始動直後、「ガラガラ」異音最近、やたら、タイミングチェーンやスプロケットの修理が多い気がします。今回は、カムシャフトを進角させる為の、油圧で作動するタイミングアジャスターの動作不良の為、カムスプロケットAssy交換です。最近は、ベンツのV6、V8、直4は、タイミングチェーンのスプロケットは磨り減るし、ワーゲン系は、タイミングチェー [続きを読む]
  • 911GT3
  • ポルシェ 911GT3GT3 とは、究極の911のひとつで、NAエンジン(500)+RR というのが、特徴ターボSも、究極の911のひとつで、ターボ(580)+4WDGT3RSも、究極のひとつですが、ターボSと比べても1000万円以上高価、フェラーリでいうところのスペチアーレで、ターボ(700)+RRそれぞれ特徴がある、究極の911です、ちなみに、オーナー様は、この現行のGT3の他に、現行のターボSも所有されているの [続きを読む]
  • BMW エンジンオイル消費 オイル下がり バルブシール交換
  • 今回の修理車は、BMW320iクーペ(E92)2005年から2012年に生産された、先代の3シリーズで、いわゆるE90シリーズ320iなので、4気筒今回の症状は、エンジンオイルの消費!エンジンオイルがエンジンの外部に漏れていないのに、消耗する症状、いわゆる、オイル下がりで、オイル下がりとは、ゴム製のバルブシールからオイルが吸われて、シリンダーの中に入り、燃焼されて消える症状、ちなみに、オイル上がりとは [続きを読む]