cyciatrist さん プロフィール

  •  
cyciatristさん: 自転車と精神科医療とあとなんか
ハンドル名cyciatrist さん
ブログタイトル自転車と精神科医療とあとなんか
ブログURLhttp://cyciatrist.hatenablog.com/
サイト紹介文ボストン留学帰りの精神科医の雑記ブログ 精神科医療、自転車、ボストン、英語等について
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/02/11 11:49

cyciatrist さんのブログ記事

  • 暴力の行使を認められているのは国家のみであるが、、、
  • このところ、その行動が動画で撮影されてインターネットで公開されたこともあって、ジャズトランペッターの日野皓正氏がステージにおいて暴走したという少年ドラマーをビンタした行為が議論になっている。http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170902-OHT1T50176.html僕は明確に教育目的の体罰に反対の立場で、はじめに今回の日野氏の行動の動画をみて率直におぞましいと思った。しかし、その後の情報を知るにつれて、これにつ [続きを読む]
  • 脳震盪後のけいれんをYouTubeで検索したという論文
  • onlinelibrary.wiley.comEpilepsia. 2016 Aug;57(8):1310-6.Concussive convulsions: A YouTube video analysis.脳震盪後のけいれん。YouTubeビデオでの調査。Epilepsia: IF 5くらい面白い論文だったので。脳震盪後のけいれんをYouTubeで検索して分析したという論文。様々な検索語を使用して調べたところ、25例見つかった。25例中暴行6例スケボー5例MMA(格闘技)4例ボクシング3例サッカー2例BMX2例ラグビー、ホッケー、バス [続きを読む]
  • 妊娠中の喫煙は児の精神疾患に関係「しない」?
  • Association Between Maternal Smoking During Pregnancy and Severe Mental Illness in Offspringjamanetwork.com妊娠中の喫煙と児の重度の精神疾患の関係のアブストラクトを読んで印象的だった。喫煙の害が言われて久しい。僕はかつては喫煙者だったが、現在は一応禁煙に成功して、5年程度喫煙せずにすんでいる。これは二度めの禁煙で、1度目は1年程度で喫煙者に戻ってしまった。1度目は中途半端にチャンピックスを飲んでや [続きを読む]
  • 3年間アメリカで生活していた時の英語勉強法
  • 3年間アメリカに留学して住んでいましたが、渡米当初は英語はからっきしでした。もう、買い物もおぼつかないレベル。それでもその後の3年間でなんとか英語を進歩させることができ、途中からは日本からの奨学金ではなく現地で研究者としてお給料を受けることができました。僕は初めは日本の教授からの紹介で研究室に配属されたのでTOEICやTOEFLは受けていません。なので、点数で自分の英語の実力を示すことが出来ないのですが、3 [続きを読む]
  • てんかん患者さんの車の運転について
  • anond.hatelabo.jpこちらの増田を読んで、てんかん診療に関わる医師として少し悲しく感じるとともに、てんかん患者さんと車の運転の関係の難しさを再度認識しました。ブコメなどを見ても依然として一般の方には状況が浸透していないと感じたこともあり、少し考えたことがあったので少しまとめてみようと思います。 私は医師として、すべてのてんかん患者さんの運転を制限すべきという意見には反対です。「てんかん」と一言に [続きを読む]
  • 医局をやめて前に進む
  • なんとなくはじめた雑記ブログですが、ボストンから日本に帰ってきて、帰ってきた大学医局にうんざりし、メンタルクリニック開設の話が来て、それに向けていろいろ活動してきました。ここで医局関係とそこから離れて前に進もうと決心して書いた記事をまとめておきます医局についてcyciatrist.hatenablog.com医局ってなんなんですかね。いや、ここに書いてある通りなんですが、なんでそんなに離れにくいものなんですかね。これが [続きを読む]
  • 開業クリニックのwebサイトが完成しました!
  • クリニックの開業にあたって、開業予定を告知するサイトが完成し先日公開されました。クリニックの名称は「心療内科」や「精神科」、「こころのクリニック」などいろいろ迷いましたが、スタンダードにメンタルクリニックとしました。ebina-mc.comクリニックの開業地は海老名になります。伊勢原や相模大野、座間、厚木などからも交通至便で、綾瀬市や大和市からもアクセス良好です。昔からの自転車仲間の一人ががロゴを作ってくれま [続きを読む]
  • 開業するクリニックのサイトの計画
  • これまで、いくつか医師のギルドのようなものである大学医局について記事を書いてきました。そして、↓のように医局をやめて開業する計画を立てているという話をしました。医局を離れることにした - cyciatrist 自転車と精神科医療とあとなんか精神科クリニックにおいてインターネットでの宣伝は非常に重要だと言われますが、ホームページ作りではいろいろ悩むことがありました。クリニックのサイト作りで、隣町までを対象にして [続きを読む]
  • ブロガーは文筆業のダンピング
  • このところ「アフィリエイト」とか「ブログでお金を稼ぐこと」とかの是非というテーマの議論をよくみかけます。↓ベテラン「はてなー」の意見delete-all.hatenablog.comp-shirokuma.hatenadiary.com↓「アフィリエイター」の意見www.pojihiguma.comはてな歴の浅い僕からすると興味深い議論で、そもそも「ブログ」でお金を稼ごうと思っている人がいるということ自体が驚きだったのでいろいろ感心したりびっくりしたりしました。ブ [続きを読む]
  • 知っているからわかる。
  • あらかじめ知識がないとわからないから騙されるblog.livedoor.jpこれを読んで思ったことです。僕は医療を知っているからこの記事に騙されないけれど、知らない人は騙される可能性がある。ということです。この記事やこの記事が引用している小児科医の文章は非常に短いですが、重要な例になっていると思います。「考えればわかる」かjibunlife.hateblo.jpこの記事でもそうですが、インターネット内では「ジアタマが良ければ考え [続きを読む]
  • 医局の争いの前近代さ
  • scream and shout / mdanys僕は今のところ医局に所属しています。しかし、その医局はボロボロです。このボロボロの医局で次の教授を見据えた争いが起こりつつあり、それについて少し書いてみたいと思います。少しフェイクも入れておきます。以前書いたように僕の所属する医局はかつては一流の医局だったのですが、現在は見る影もありません。凋落した原因は間違いなく教授にあり、猜疑的ですぐに他者を排除してしまうことと臨床能 [続きを読む]
  • 「医局」ってなに
  • Lab Tour / jurvetson以前医局を離れることにした - cyciatrist 自転車と精神科医療とあとなんかとか「事務所」と「医局」 - cyciatrist 自転車と精神科医療とあとなんかとかという記事を書きました。医局ってなんなんですかね、なんか特殊ですよね。よく考えると、医療外の人たちにとって「医局」って何なのかわかりにくいこともあるかな、と思い、「医局」というものについて説明してみようと思います。「医局」とは「医局」 [続きを読む]
  • アメリカでの「ケーキ」の食べ方
  • Chocolate Carrot Cake / Chocolate-Dessert-Recipes.com3年間の留学生活から日本に帰ってきて美味しいケーキをときどき楽しんでいます。先日は妻の誕生日で、近所の有名なケーキ屋さんで4号のちっちゃなケーキを買ってきて美味しく食べました。日本のケーキは本当に美味しい。しっとりとしていて、スポンジやフルーツ、クリームもフレッシュで、すごく複雑な味がします。それでふと思い出したのですが、アメリカにいたときはも [続きを読む]
  • 医者の力は患者さんが引き出す
  • ibaibabaibai-h.hatenablog.comibaibabaibai-h.hatenablog.comこれを読んですごく感動しました。一過性全健忘という特殊な疾患にかかった方が自分で記録されたことですが、自分でここまで調べて、ここまで詳細にその内容を語れ分析考察できる方は他に知りません。そしてきっちりとゴールデンタイムに画像を取っていて、実行力もすごい。きっと研究者としても一級なのだと思います。ちょっと心配になったのは、一過性全健忘直後にMR [続きを読む]
  • 「事務所」と「医局」
  • blowing in the wind / michale今回のSMAPの騒動はご本人たちには申し訳ないですが、とても興味深く観察しました。経緯やジャニーズ事務所の横暴さ、SMAPメンバーの心理等は様々なブログ等でも取り上げられて、いろいろな視点があってどれも面白かったです。僕個人としては「もうすでにSMAPには名声が充分すぎるほどあるし、自分を偽ってまで事務所に残ること無いんじゃないかなぁ」と思ったのですが、そのあとハッとしました。僕 [続きを読む]
  • 生活に割く精神的リソースを小さくしたい(反ミニマリスト)
  • *1生活に割くリソースを小さくしたい、と最近思います。反ミニマリストと書きましたが、「生活に割く精神リソースミニマリズム」です。以前、ミニマリストについてミニマリストは「わかって」ないと無理 - cyciatrist 自転車と精神科医療とあとなんかというエントリを書きました。この中で、ミニマリストはモノを「これは要らない」と捨てていく生活なだけではなく、「これは残すべき、良い物である」とモノを選び取っていく生活で [続きを読む]
  • 医者になるのか悩むこともありますよね
  • 2周ほど乗り遅れました。医学部在籍だけど医者になることに悩んでいるというこの増田を読み、anond.hatelabo.jpこれに対するセンパイ医師達の「オトナの意見」を読みましたp-shirokuma.hatenadiary.comfujipon.hatenablog.comま、そうですよね。僕も医者やってますが、「医者にならないほうがいい」とはさすがに言えないです。このセンパイ医師達からの「大人の意見」にはほとんど医者になることのメリットが網羅されています。 [続きを読む]
  • ボストンでの路駐許可証の取得
  • ボストン(Massachusetts州Cambridge市)におけるparking permitの取得方法ボストンで車を購入した時に、Parking permitという車を路駐するための許可証を取得しました。これがあれば自宅周辺で許可された道路では常に路駐が可能です。取得の時のことを記録しておきます。アメリカの路駐文化アメリカに来てのカルチャーショックの一つは路駐です。ボストンは路駐だらけ。路地に入ると車が所狭しと停めてあります。なぜそうなるのか [続きを読む]
  • 薬物療法か心理療法か、でしょうか?
  • *1うつ病における薬物療法の重要性うつ病の治療のみならず、統合失調症やてんかんなどに対する現在の精神科の治療では薬物療法は欠かせません。少なくとも中等症以上のうつ病における薬物療法には明確なエビデンスがあり、どのガイドラインを見ても一番はじめに試みるべきなのは薬物療法と書かれています。最近のガイドラインでは以前に比べて心理療法を中心とした薬物療法以外の治療法を強調するものもありますが、それでも軽症う [続きを読む]
  • ボストンでの運転について
  • ボストンでの車の運転についてボストンで2年ほど車を所有して毎日通勤や日用品の買い出しなどで使用していました。そのときの印象です。アメリカでの運転は簡単でした。左右側通行の違いなどありますが、基本的にアメリカの道は単純で広く運転自体に苦労はしません。特に西海岸南部やフロリダでは顕著で、広い道が4車線でまっすぐ続いているだけで運転に気を使うことなどありません。ボストンはそこまでではありませんでしたが、 [続きを読む]
  • 今年はまた変化のある年になりそうです。
  • あけましておめでとうございます。昨年ボストンから帰国したばかりですが、今年も私にとっては大きな変化のある一年になりそうです。先日以下のようなエントリを書きました。cyciatrist.hatenablog.com帰国したばかりですが、開業という道を選ぶことにしたという内容です。本当に勇気のいる決断でしたし、アカデミズムには少しですが心残りがあります。自分のこれまでやってきた感じでは、後数年大学できちんとした仕事をすれば小 [続きを読む]
  • 1945年以降に精神科で起きた10個の重大な変化
  • 精神科や脳科学については近年様々な進歩があると報道されますが、実態はどうなのでしょうか。少なくとも僕は10年以上精神科医として仕事をしてきて、「すくなくともこの10年は大きくは変化していない」と感じています。その中で気になった記事です。www.psychiatrictimes.comHistory of Psychiatryという雑誌があるというのも驚きですが、その雑誌の25周年記念の記事だそうです。イリノイ大学の歴史学教授であるMark Micale氏 [続きを読む]