teinen185 さん プロフィール

  •  
teinen185さん: 穏やかに役職定年
ハンドル名teinen185 さん
ブログタイトル穏やかに役職定年
ブログURLhttp://teinen185.blog.fc2.com/
サイト紹介文役職定年を迎え、これからの事を少しずつ考え始めます。休日はポタリングや低山歩きを中心に遊んでいます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/02/12 13:13

teinen185 さんのブログ記事

  • 山のトイレ考察
  • オフシーズンの富士山に登って改めて山のトイレについて考えた山屋さんの隠語キジを打つ(撃つ)大キジ、小キジなどと言いますね女性の場合は、お花摘みでしょうか今回の富士登山当然山小屋はクローズトイレは無し森林や笹薮のある低山でのキジ撃ちとはいきませんそこで準備したのが小用の携帯トイレ一応、大用の携帯トイレも持参大は登山前に5合目で済ませて念のため、下痢防止薬(ストッパ)を服用これで1日、問題なし \(^o^ [続きを読む]
  • ダイソーターボライターの威力
  • 先日の富士登山で小さな発見をしたライターの話し一般的に高所では電子ライターは使えないと云われているそれは電子ライターの「かちっ」となる発火機能が高所では弱まってガスに引火出来ないらしいそこで役立つのがフリント式ライター昔ながらのダイヤル状になったヤスリを「ジョリッ」と回し火花を出すやつだ自分は普段の低山ではターボライターそれもダイソー製を愛用している2000m少し超えたくらいでは問題なく使えていた [続きを読む]
  • 入院前後の活動(備忘録)
  • 入院前後の備忘録8月27日舘山寺駐車場→日の出山北尾根→筑瀬尾根→舘山寺駐車場筑瀬尾根から新秩父線27号鉄塔を過ぎて尾根道を下って行く途中で人生初めての2頭の子熊と見つめあう母熊の姿は確認出来なく心臓バクバクでしたこの直後で子熊と会うあまり登山者が入らない所では遭遇確率が高いこの後 10月4日に発熱 入院退院後、体を慣らすために城山湖1週ピストン城山湖→航空神社→湖畔1週→野鳥観察休憩所→反対周り [続きを読む]
  • リハビリで富士山
  • 退院後、どれだけ復活したか10月8日富士山に日帰りです今回はノンビリと緩く登ることに勤め決して追越されても頑張らないと肝に銘じて行きます高所順応と車中泊を楽しむ目的で10月7日の土曜日2時ころ富士スバルラインで五合目に入りましたここは中国かと勘違いするほどの観光客ブラブラ6合目まで散策明日は日の出前に歩きますのでルート状況の確認を兼ねます夕闇迫る富士と駐車場からの日の入りを眺めながらビールとワイン [続きを読む]
  • 入院中
  • 只今、入院中9月4日に発熱9月7日から入院元気になってきたが原因断定できずそろそろ退院か山行きて〜体力激減先ずは筋トレでリハビリが必要だ [続きを読む]
  • しっとり高水三山
  • 相変らずカラット晴れませんです重い足に喝を入れて午前中にサクッと歩ける山足元もゆるんでいるだろうから一般登山道天気も良くないので空いているだろうと当りを付けて今まで混雑を敬遠して一度も行ったことのない山高水三山い行くことにしました時は西暦2017/8/19軍畑園地駐車場に車をデポ川を渡って青梅線の橋脚を下から眺め水量の増えている川沿いの車道を登って登って登って分岐を登って激坂を登って登山道入り口に [続きを読む]
  • 傘持って奥多摩むかし道
  • 昨日はお坊山に登り道の駅こすげで車中泊小管の湯は、悪い天気のせいでさほど混雑することもなく、ゆっくり入ることができた一夜明けると朝から雨模様鶴寝山北尾根を登る計画だったが気が乗らず二度寝再び目を覚まし、今日は諦めて帰り支度をして出発した奥多摩湖を通過するとこの辺りの下界(山の中には変わりないが)なんとなく明るい気配思い起こして奥多摩駅に車を駐車以前から自転車で行こうと思っていた所奥多摩むかし道を歩 [続きを読む]
  • お坊山からの下山
  • お坊山相変らず曇って視界が良くないオニギリで一息ついて下山をどうするか考える足は多少回復したものの心もとない笹子鴈ケ腹摺山への登りはどうだろうかいつ雨が降って来てもおかしくない天気だ笹子に下りたらアスファルト道をかなり歩くことになるが雨の中だと気が滅入る今日は無理せず大鹿峠を経由して沢沿いを下りよう車までの林道歩きも僅かな距離になる決定大鹿峠に向かう程なく大鹿峠大鹿山? 巻きます景徳院への分岐を過 [続きを読む]
  • お坊山南東尾根とサル
  • ほぼ1ヶ月の間週末の雨模様で山歩きから足が遠のいてしまったお盆休みに入ったというのに相変らずの天気が続いているがせっかくの連休なので多少の雨覚悟で出かけることにした前日を墓参りに当てその夜は道の駅甲斐大和で車中泊翌朝は曇り車を移動して笹子駅の東側にある桜森林公園にデポ尾根端部へと歩き始めました中央道笹子バス停横に出て北に少し歩き、鋭角に左折下草もソコソコ適当な場所を決めて登りの準備急登なのでチェー [続きを読む]
  • 有間峠から天目山(帰り)
  • 避難小屋を後にして天目山を目指しますひと登りで天目山(三つドッケ)あっちや 虫虫 虫 虫 だめだこりゃ景色をゆっくり眺めるゆとりもなく早々に退散一杯水へのルートに合流して日向沢方向に戻るピークの虫の多さに閉口したので帰りは巻道でまあまあの道少し壊れているがヤバイほどではない慎重にあまり歩かれていないようだ遠回りになるが、ここも踊平巻道へさて、そろそろ尾根に出ないと踊平に行ってしまう地図を確認して、 [続きを読む]
  • 有間峠から天目山(行き)
  • ようやく開通した有間ダム側からの有間峠への林道バラ尾根と仙岳尾根、仙元尾根を冬場に歩く予定なので下見を目的とした今回のピストン登山有間峠⇔オハヤシノ頭⇔蕎麦粒山⇔一杯水避難小屋⇔天目山(三ッドッケ)と楽チン尾根歩き(のはずだった)に行ってきた7月15日 いつものように早朝車で出発!さわらびの湯の駐車場でトイレを借ります既に歩き始めている登山者がいます今日は、ここから更に車で有間峠まで登ります有間渓 [続きを読む]
  • 三頭山牛飼尾根と大茅尾根(下り)
  • 三頭山を後に避難小屋方面に下って行きます登山道には階段がつきものです苦手そこそこ登って来られる方がいますが今日は少ない方です誰もいないので、外に腰かけおにぎりタイム大沢山にサクッと到着ここから大茅尾根を下ります初めての下りバリルートです支尾根に気付けて行きましょう突入左は少しばかり伐採されていますとりあえず真っすぐムムムなんか左の尾根が正しそうな感じトラバースしてみるとこれが正解でした(;^ω^)淡々 [続きを読む]
  • 三頭山牛飼尾根と大茅尾根(登り)
  • 三頭山の西側尾根を登りました7月8日登り 長作公園→牛飼尾根→神楽入ノ峰→三頭山下り 三頭山→大沢山→大茅尾根→長作公園結果としては、わかっていたけれど①尾根では、誰にも会わず、静かに歩けた?冬枯れのシーズンでないと遠景は無いですさて、長作公園駐車場にデポさせて頂きそこの堰堤から取り付こうとしかし下草ボウボウなのであっさりと諦めました(よいこの行動!)ということで、少しだけ鶴峠方面に車道を歩きここ [続きを読む]
  • 狭山湖一周トレーニング?
  • 二日酔いの朝7月2日体が重いし、寝坊したし今日はどうするかと言うことで安直に狭山湖へ今日は一周約15kmを少し足に負荷を掛けて歩く山では膝を庇い登り=コースタイム下り(階段有)=コースタイム2割増しという情けないスピードなのでアップダウンのほとんどない狭山湖はスピード重視のトレーニングには最適(ランナーの半分のスピードですが)それでも15kmを約3時間のペースを体に染み込ませることによって山での歩きの [続きを読む]
  • 笠取山 食べれないフキ
  • 笠取山へ登った当初は作場平で前泊し車中泊を楽しもうと思っていたがスケジュール取れずに日帰りよって当日は朝4時出発だ作場平に早朝着既に数台駐車しているよく見られるトイレの反対側の登山口に入る流石、東京都の親切看板だ明るい広い道と整備の行き届いた橋所謂、一般登山道だが前後に人がいないので気持ちよく歩ける分岐は直進する今日はやぶ沢峠を経由して行くつもりなのですここは水場なのか、単なる沢水から登山道を守る [続きを読む]
  • 藤棚山東尾根から蕨山(その2)
  • 金毘羅尾根に乗り蕨山へと向かう割と壊れているのは想定外ひと登りで蕨山  の展望台蕨山そのものは展望ないし前に行ったし、今回パス無線局開設者1名のみベンチでオニギリ食べて遠景を楽しみました最近、寒い冬(山ラー)以外では山で煮炊きなどの調理は皆無ほぼオニギリかパンバリバリのバリエーションルートでは万が一に備えてガスバーナーは持って行くがランチで使わないよってランチタイムは15分〜20分程度その分、写真 [続きを読む]
  • 藤棚山東尾根から蕨山
  • コースさわらびの湯→炭谷入沢→藤棚山東尾根→蕨山→金比羅尾根→さわらびの湯6月17日静かな尾根で易しく登れる山は と名栗周辺には、まだ歩いたことの無い尾根が幾つもあるがこのシーズンに入ってはあまりバリ過ぎても下草、藪が煩わしいそこで選んだのが西平山を経由する蕨山西平山は名前そのものが、あまり知られていないしかしながら、さわらびから入山して周回するには向いていると思うなんせ、最近は車で山に向かうこと [続きを読む]
  • 新道確認ポタ
  • たまには自転車でポタ家の近所を新しい道が部分開通した6月4日下に中央線を上に電源開発只見幹線なかなかのポイントだと思うのはオタクかここは西国分寺、姿見の池今の水源は武蔵野線トンネル工事で起きた水脈の分断を横抜き井戸で導水したものさて府中辺りをポタしますかにほんブログ村 [続きを読む]
  • 大菩薩から牛ノ寝そして雄滝
  • 大菩薩、石丸峠から牛ノ寝通りへ入ります人の気配がなくなるその代わり熊の気配に気を遣う新しめの指標は表面をプラでコーティングされていた多分理由はあいつの防御だ数人大菩薩に向かう人とすれ違う小管から登って来たのだろうかあらあら、指標がボロボロあいつ(熊)の仕業らしいさっきのプラコーティングの理由は多分これを防止するためだろうここの山道への分岐がニワタシバへ繋がっていると思われる巡視路の看板もあった見晴 [続きを読む]
  • 雄滝から大菩薩
  • だいぶブログアップが遅れている5月も27日の記録だ (#^.^#)小管、雄滝から大菩薩へのルート雄滝駐車場までの最後のダートは乗用車にはチト苦しいかなタイヤも泥まみれになった暫く林道を登って行き日向沢大菩薩登山口から入る道はそれなりに整備されているが人通りが多いとは思えない白糸の滝からの道に合流すると道も広く、昔の街道の面影を感じる森深い雰囲気がよく出ている古いままの木橋があると思えば新しい石積みもある [続きを読む]
  • 雄滝−大菩薩−牛ノ寝通り周回(概要)
  • 大菩薩をメインルートの上日川峠から登った時奥多摩側からのルートがあることを知っていつかは歩いてみたいと思っていたが車でのアプローチで周回コースをとなると自分の足では一泊コースとなってしまうこともありなかなか足が向かなかったある時、車が入れる雄滝から牛ノ寝通りに登り降りできるルートがあることを知ったこれなら日帰り周回出来るとルートの計画を立てて行って来た5月27日①車で雄滝の駐車場まで入る 奥多摩湖 [続きを読む]
  • 熊鈴のこと
  • 最近、熊に襲われる記事をよく見かけます自分は、幸いに今まで対峙したことはありませんが基本、ソロでの山行きですのでいつも注意を怠りません先週もバリ尾根で、気配を感じて逃げて行く動物がいました(熊の確証はありません)いかにこちらの気配を早く知らせてあげるかそれが大事でしょう熊鈴、当然持ち歩いています写真左は「カランカラン」の低音右は「リンリン」の高音一般のハイキングコースで前後に人がいない時は「カラン [続きを読む]
  • 青梅丘陵のカモシカ
  • バテ気味だったり膝の調子が悪い時のハイキングに適したコースということで青梅丘陵に出かけます青梅駅前に車をデポして電車で軍畑へ雷電山への取りつきまで車道歩き通る度に気になる床屋さん軍畑の立川?取り付き場所駅からここまでの間に雷電山へショートカットも出来そうだが今日は全て普通のハイキングコースを普通に歩きます朝の気持ちの良い道暫くキツイ登り小さなピーク 雷電山この辺りで熊が出たらしいお決まりの鉄塔写真 [続きを読む]
  • 黒目川から落合川
  • 空いた時間で、サクッと川ポタ5月14日黒目川と落合川をぐるりと廻ります草ボウボウの季節ベンチでノンビリとコーヒータイム見慣れた風景も季節ごとに違いを見せるユルポタもたまにはいいものですにほんブログ村 [続きを読む]
  • 石割山ショートピストン
  • 5月連休の遊び最終章昨日の膝の痛みが取れない昨夜は道の駅富士吉田で車中泊ここは2度目だが、相変らず車中泊で大人気中には車の脇にテント張っている人もルール違反だろうがね朝からざわついているのでゆっくり朝食を摂る場所を思案ここからほど近い二十曲峠へ行くことにするこの計画性のない行動を気ままに出来るのもソロならでは朝の富士山が綺麗母屋で朝食膝の痛みもあるし石割山へショートピストンで様子を見よう送電巡視路 [続きを読む]