牧村 さん プロフィール

  •  
牧村さん: 目標、かっこいい92歳。
ハンドル名牧村 さん
ブログタイトル目標、かっこいい92歳。
ブログURLhttp://pastelmouve.com/
サイト紹介文60歳からが花だ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供243回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2016/02/13 01:26

牧村 さんのブログ記事

  • 最近つらつら思うこと
  • 1:AVがつまらないなあ。もうなんか過激やきわものを追及してしまって、現実にはあり得ないシチュエーションになってしまっているからではないだろうか。こりゃないよなあってことが多いです。驚くことは驚くのだが、さしてエロくはないのです。官能ではないのです。そこ行くと、昭和のエロ本は面白かった。まあ何も見ることができるわけじゃないよ。へたすると、最近のテレビの広告のほうが過激だったりします。昔のエロ本なん [続きを読む]
  • なぜ小説を読まないか私の理由。
  • 速読が身についちゃったんだよね。一冊を早く読まないと気が済まないんだ。「小説はそういうもんじゃない」ってある女性が言ったが、俺はその女性が大の苦手でね、意見は賛同しても、一緒に食事したりそばにいる気にもなれないタイプなんだよ。好きなタイプだったら、賛同したうえに、同じように行動するよ。嫌いなんだよ、その人。小説には関係ないかもしれないけど、やなんだよね。もう会うこともないけど、思い出したくないの。 [続きを読む]
  • なんだよ俺のブログって。
  • なんなんだよ俺のブログって。アクセス統計見てみたらさ、ほとんど見られてねえんだよ。見ている人も日本よりアメリカの人のほうが多い時ってあんだよ。どうせハッカーかなんかだろ? 日本語わかって見ているわけじゃないんだ。うまくブロックする手立て講じてないとさ、いろんなしょうもないメッセージが送られてくんだよ、英語で。そういうことする人たちがこのブログにアクセスしてるだけなんだよ。俺のフェイスブックもさあ、 [続きを読む]
  • もう小説からは足を洗ったのだ。洗ったんだって。
  • 昔から小説家になろうと思っていた。ああすれば小説家になれるこうすれば、ということはいろいろ試してみた。まずたくさん小説を読むことだ。気が付けば、小説を読まなくなっていた。今は全く読まない。小説の本を手にしても、長いなあって思う。結論から言ってくれって思う。小説の一行目に結論が書いてあってそれで終わり、それに越したことはない。めんどくさくない。「あたし、ナースなんです」これは一つの結論から言っている [続きを読む]
  • パソコンが壊れた
  • ノートパソコンが起動不能になった 電気屋に持っていったら 4万かかるよと言われて 修理をやめた 家に帰ったら なんか楽 とっても楽 パソコンを見て 目がつかれることもない 肩が凝ることもない 自分の夜の時間がゆっくりと過ぎる 昔こんなことを言った友人がいた パソコンはもともとを人を幸せにするものなんだけどね 幸せにするものなんだけどね [続きを読む]
  • 夜、歩いた。
  • 大学生の頃、よく夜歩いた。あの頃は夜歩くのが楽しかった 。中野弥生町から西永福まで歩いた。 真夜中だ 。高級住宅地を歩き抜けて西永福の駅に着いた時は嬉しかった 。途中で何をするというわけでもない 。ただ歩いたんだ。たった一人で 。食堂や飲み屋に入るってわけでもなかった 。ただ歩いたんだ。 たった一人のアパートで 夜を過ごすっていうのが寂しくもあったから。 だから外へ出て歩いた 。そういうこともあった 。弥生町 [続きを読む]
  • ああまた困ったことを言われた。
  • 奥様が、「??なの?」と、こっちが風呂上がりで服着てないのに、法律や会計のことを不意に聞いてくる。やんなるなあ。昔、雀荘で、店員に、「どうすれば麻雀強くなれるかな」そう訊いたら、「こっちが訊きたいよ?」そう怒鳴られたっけ。 [続きを読む]
  • 来年の春まで健康でいたい。
  • そして、健康のまま、桃の花を見に行くんだ。だからさ、俺にインフルエンザ移すんじゃねえぞ。寄るな触るな咳するな。子供たちよ、俺は明日からマスクして教室なり君の家なり行くから。時々除菌シートで、手や顔ふいてるからさ。授業の合間にうがいしてるから。自己防衛。俺は大事な体なんだ。勝負の真っ最中なんだ。インフルエンザ移されるわけにいかねえんだ。大事な家族もあれば、友人知人恩人もたくさんいる。人に移すわけにい [続きを読む]
  • 明日も何かある。
  • また明日がある。わからないことがまた次々と色んな方向から来るだろう。神仏が俺を教育してくれてんだろう。生きるだけで修行になってます。ただで仏道修行に励めるたあ、ありがたくって涙が出らあ。おっとこいつは、汗が目にしみたんだぜ。陽気にいこうや。来月になりゃあ酉の市だい。夜の写真集。 [続きを読む]
  • やったぞ、血圧が下がったぞ。
  •  大病院へ行く。こうして大病院へ行けるのも、退職した人間の特権だ。正規の仕事についていたら忙しくて、とても日中のんびりと大病院へ行けるわけがない。「退職してよかったわね」 と、小姑さんに言われたことがある。生活上大変なことが続いてしまって、忙しくてたまらなくなった私への慰めの言葉だ。こうして大病院へ通う私の姿を見たら、「ほんとに退職してよかったわね」 と、また言ってくれるだろう。 ま、とにかく、大 [続きを読む]
  • なぜ主語を言わないか。
  •  本当に分かりにくい話し方をする人がいる。なんか何言ってるかすっきりしないのだ。言葉がなまっているせいかもしれないと思っていたが、そうじゃない。主語がまったくない言い方をするのだ 「これを見て説明して」  と書類を渡すと、 「何月何日から何月何日みたいだよねえ」  何が何月何日から何月何日までなんだよ。  それがわからないからもや〜っとした感じになる。得体のしれない情報になるのだ。  本人は何がいけない [続きを読む]
  • 血圧の本を買った。
  • 医者で血圧の薬を貰った。先生がい〜い感じの女の先生で、すごくうれしかった。余計なこと言わないで、パソコンの方だけ向いてる。それがいいんだよな。帰りに書店で血圧の本を買った。ゆるゆるした生活を送るべし。早起きしない。夜ふかししない。服装もゆるゆるで。という内容。猫と私。今夜から早く寝よう。 [続きを読む]
  • こんな医者がいた。
  • 僕はよく医者にかかる。月に一回は見てもらう。この辺の感覚はソープ嬢に同じ。時間に追われて医者に行って症状を説明すると、「??病院でも行ったらあ」と、老医師。なんだなんだ、ここは医院じゃないのかよ。でも、その老医師のほわんとした感じが好きで、ほかに行かせようとするその医院にはその後しばらく行ってました。僕以外にもけっこうその老医師のファンはいたようで、人気医院でした。この写真は医院の話には関係ないの [続きを読む]
  • やらねばよかった、あの麻雀
  • なんで麻雀やったのか疑問。なんでやっちまったかなあ。 おそらくは、オレは世の中で評価されてなかった。友達もいなかった。もてなかった。金もなかった。 一人都会に出てきた、冴えない若者が、悪い男に声をかけられて、悪い仲間に引き込まれるように、オレは、麻雀に引き込まれていったのだろう。 よくあるよね、そういうの。警察の取調室で、刑事にカツ丼を差し出されて、「俺、一人っきりだったんです。都会に出てきたけど [続きを読む]
  • 疲れてしまった。
  • 疲れた人に会った。 疲れた渋谷で会った。 別れた時とおんなじ 疲れた夜だった。 疲れても〜、好きな人。 そんな歌を歌うほど疲れた。 疲れちゃったのよ、ふふふんふん。 疲れちゃったのよお、ふふふんふん。 [続きを読む]
  • 麻雀は誰もが勝てないようになっていたのだ。
  • 麻雀をよく打った。ひどい時には70時間連続で打った。当然、仕事や家庭、健康に悪影響を及ぼした。今でもたまにネット対戦麻雀をやる。麻雀戦術書を立ち読みする。面白いものがあれば買って読む。つくづくわかるのは、麻雀は誰もが勝てないゲームだということだ。最近読んだ麻雀戦術書には、「横移動なら歓迎」というセリフがあった。他家から他家への振り込みだ。しかし、それではこちらは一位の道が遠ざかるのである。それでよ [続きを読む]
  • 世の中に猫ほど愛しいものはない
  • 麻雀をよく打った。ひどい時には70時間連続で打った。当然、仕事や家庭、健康に悪影響を及ぼした。今でもたまにネット対戦麻雀をやる。麻雀戦術書を立ち読みする。面白いものがあれば買って読む。つくづくわかるのは、麻雀は誰もが勝てないゲームだということだ。最近読んだ麻雀戦術書には、「横移動なら歓迎」というセリフがあった。他家から他家への振り込みだ。しかし、それではこちらは一位の道が遠ざかるのである。それでよ [続きを読む]
  • 疲れて何もやる気なしお。
  • 麻雀をよく打った。ひどい時には70時間連続で打った。当然、仕事や家庭、健康に悪影響を及ぼした。今でもたまにネット対戦麻雀をやる。麻雀戦術書を立ち読みする。面白いものがあれば買って読む。つくづくわかるのは、麻雀は誰もが勝てないゲームだということだ。最近読んだ麻雀戦術書には、「横移動なら歓迎」というセリフがあった。他家から他家への振り込みだ。しかし、それではこちらは一位の道が遠ざかるのである。それでよ [続きを読む]