日曜カウンセラー さん プロフィール

  •  
日曜カウンセラーさん: 日曜カウンセラー準備室
ハンドル名日曜カウンセラー さん
ブログタイトル日曜カウンセラー準備室
ブログURLhttps://ameblo.jp/sundaycounselor/
サイト紹介文カウンセラーを目指し勉強中の、 高卒・元鬱・中年の備忘録です。
自由文アドラー心理学を中心に据えながら、
これまで勉強してきたコトを、少しづつまとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/02/14 10:38

日曜カウンセラー さんのブログ記事

  • 「転職のお作法」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜です最近時間の流れが異様に早く、昨日と先週を間違えるコトが多々あります 過去に何度も転職をしているワケですが、実は転職には「能力」や「ヤル気」と同様にとても大事なコトがあります。 それは・・・ 「謙虚さ」 です。もっと言うなら「相手に届く謙虚さ」です。 過去の勤務先でどれだけの結果を出そうと、他の人に無い資格を持っていようと「その職場」では新人なのです この当たり前の事実を受け入 [続きを読む]
  • 「被説教ダマシイ」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜です金曜は新年会で、今日は初詣でした着実に新春のイベントをこなしつつあります。 自分で言うのもアレですが、よく年長者に「お説教」を喰らいます。 職場の上司や先輩、勉強会で出会った人、さらには車のディーラーさんにまで。本当にしょっちゅうお説教されています。 テーマはだいたい決まっていて、 「生き方について」 だったりします ありがたいコトなんですが、流石にあまりにもしょっちゅうなの [続きを読む]
  • 「純粋中年」の問題。
  • 周囲がヒク程の暑がりで常に薄着だったりします「寒くないの」なんて聞かれますが、寒かったら着るに決まってますへそ曲り野郎、日曜です。 最近とても染みた言葉があります。「正しいコトをやるんじゃない、正しいと思うコトをやるのよ」 「ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー」というゲーム内のセリフで、ある基地に潜入し、仲間を助けようとする主人公にかけられる言葉です。 当然ですが「正しいと思っていればなんでも [続きを読む]
  • 「ムリしないのは、ムリじゃない」の問題。
  • おはこんばんちわ。今年はブログの更新を毎日するぞなどと思いつつ、もろくも崩れ去った日曜です 自分で自分を追い詰めている方って結構いらっしゃるように思います。 「〇〇しなければならない」とか「〇〇すべき」 なんて これらはカウンセリングの勉強をしていると、「べき思考」とか「ねばならない思考」なんて名前で、嫌というほど登場します 理論化されているくらいですから、大昔からたくさんの方が苦しんでおられるんだ [続きを読む]
  • 「ナヤミループ」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜です。毎年、この三連休が終わってからを年明けとしています 誰かの悩みに触れる時、途中で「また、そこに戻るのか・・・」なんて思う時、ありませんか 一時間話して話題が戻ってくるってのは、かなりの時間泥棒なカンジもしますが、実は「一時間前の悩みと一時間後の悩み」ってのは同じでは無いと思います。 「何かしらの検討を経て戻ってきている」※日曜命名「メイド・イン・ヘブンの法則」・・・ジョジ [続きを読む]
  • 「ナヤミズキ」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜です。毎年、この三連休が終わってからを年明けとしています 誰かの悩みに触れる時、途中で「また、そこに戻るのか・・・」なんて思う時、ありませんか 一時間話して話題が戻ってくるってのは、かなりの時間泥棒なカンジもしますが、実は「一時間前の悩みと一時間後の悩み」ってのは同じでは無いと思います。 「何かしらの検討を経て戻ってきている」※日曜命名「メイド・イン・ヘブンの法則」・・・ジョジ [続きを読む]
  • 「自分のためのカウンセリング」の問題。
  • お正月の体重増を500グラムに留めるコトに成功しました。まぁ去年増えた2キロがまだ残っているんですがおはこんばんちわ、日曜です。 カウンセラーの資格は取ったものの、今すぐカウンセラーを始めるのはハードルが高いなぁって方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか 実際「慎重」なのは間違っていないように思うのですが、せっかく取得した資格ですから、なんとか普段の生活に活かしたいもんです カウンセラーの行動原 [続きを読む]
  • 「被説教人生」の問題。
  • お正月の体重増を500グラムに留めるコトに成功しました。まぁ去年増えた2キロがまだ残っているんですがおはこんばんちわ、日曜です。 カウンセラーの資格は取ったものの、今すぐカウンセラーを始めるのはハードルが高いなぁって方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか 実際「慎重」なのは間違っていないように思うのですが、せっかく取得した資格ですから、なんとか普段の生活に活かしたいもんです カウンセラーの行動原 [続きを読む]
  • 「転職活動の顛末書〜伍〜」の問題。
  • 実はブログを休止している間に、タバコをIQOSからgloに変更しました。IQOSよりチェーン・スモーキングが可能で、お気に入りです 自分のブログを読み返してみると、おおよそ1年程度を転職活動に費やしていました いよいよ「フォローアップと振り返り」のプロセスです。 通常は新しい職場への適応状況をフォローアップしていくワケですが、僕の場合は「このブログ」がその役割を果たしているものと思われます。改めて読み返してみ [続きを読む]
  • 「転職活動の顛末書〜肆−2〜」の問題。
  • 久しぶりにブログを再開したワケですが、自分のブログの「テンポ感」みたいなものが思い出せません。成人式はバックレた男、日曜です 自分の転職活動の中で、最も大変だったのが「方策の実行」でした具体的に準備し、行動するプロセスです。何がどう大変だったのか、自分なりにまとめてみたいと思います 前提条件として「IT業界 → 福祉業界」という異業種への転職だとご理解ください。あ、ついでに40超えの「ド中年」だとい [続きを読む]
  • 「転職活動の顛末書〜肆−1〜」の問題。
  • 年賀状撲滅委員会代表、日曜ですとか言いつつも、届いたらきっちりお返ししています。「嫌われる勇気」が足りません 自身の転職活動を総括しています。今日は「意思決定」と「方策の実行」プロセスです 実は「意思決定」は前回終わっています、「福祉業界」に転職を決めたのですはい、終わり ミもフタもないので補足すると、「意思決定」のプロセスはジェラットさんの「意思決定理論」とか有名かもしれません。 1:情報を収集し [続きを読む]
  • 「転職活動の顛末書〜参ー2〜」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜です。お正月は「ドラゴンエイジ・インクイジション」やりまくりです今更感が半端ないですが、オモロイです 前回は「職業理解」と「啓発的経験」について体験をベースにご説明しました。今回はそれらを踏まえて、僕が感じた福祉業界についてまとめてみます。個人の見解ですが、誰かの参考になれば幸いです なんとなくですが、15〜20年前のIT業界にそっくりです人手不足が行き過ぎて未経験でもやる気さ [続きを読む]
  • 「転職活動の顛末書〜参ー1〜」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜です。ブログがしれっと、さらっと復活しています意外とこのブログで安否を確認している友人が多いコトが判明しました。普通にメールくれてもいいんですよ キャリア・コンサルティングのプロセスにしたがって、僕自身の転職活動を振り返るこのシリーズ、今回は「職業理解」と「啓発的経験」になります。 ブログを読んで下さっている皆さんの中で、お仕事をされている方に質問です。 「今のお仕事、就業前 [続きを読む]
  • 「転職活動の顛末書〜近況報告〜」の問題。
  • あけましておめでとうございます、日曜です前回の更新が昨年の8月12日ってなワケで、ニーズの怪しい「転職活動シリーズ」を再開する前に皆さんに近況報告です 7月の後半にある社会福祉法人にアルバイトとして採用されてから今日まで、文字通り「必死」に頑張ってきました。 それこそブログを書く体力が残らないくらい その甲斐もあってか「2月から正職員としてどう」という内示を頂きました。まだ回答はしていませんが、ひと [続きを読む]
  • 「転職活動の顛末書〜弐−2〜」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜です。7月の後半に転職したワケですが、計算してみると次回のお給料は約1週間分です、うむむ キャリア・コンサルティングにおいて、「自己理解」のプロセスってのはとっても重要です。 その過程において、「自分が思っている自分だけが自分とは限らない」なんて禅問答をご提案しました。 今回はこのコトについて。 「自己理解」をすすめる上で最も簡単な方法の1つとして、「他者からフィードバックをも [続きを読む]
  • 「転職活動の顛末書〜弐−1〜」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜です。先輩に頂いた「ユニコーンガンダム」のプラモに、着手できません このシリーズはキャリア・コンサルティングの一般的な進め方をベースに、自分の転職活動を1つの事例として振り返っています。 現役さん、卵さん、そして自分のために。 今回は「自己理解」の場面になります。 恐らくキャリア・コンサルティングの全ての場面の中で、最も「カウンセリング的」なアプローチになると思われる場面です。 [続きを読む]
  • 「転職活動の顛末書〜壱〜」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜ですどうやら僕は「話しやすい人間」のようです日々いろんな話が聞こえてきます 非常勤職員の身ではありますが、転職活動が一区切りしたワケです。 そこでキャリア・コンサルティングの一般的な進め方をベースに、自分の転職活動を1つの事例として振り返ります。 時々理論っぽくなる可能性がありますが、現役さん、卵さん、そして自分のために。※前回の記事もご参照下さい。→「転職活動の顛末書〜序〜」 [続きを読む]
  • 「転職活動の顛末書〜序〜」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜ですディアブロ3をやり倒しています。ずっと変わらず面白いです 転職活動が一段落した今、今後のためにも今回の転職活動を振り返ってみたいと思います。 もちろんペーパーキャリアコンサルタントの身ですから、それなりに事例っぽく振り返ります まずは「キャリア・コンサルティング」の進め方についておさらいです。 1:相談場面の設定・・・安心・安全な場所で考える。2:自己理解・・・自分のコトを [続きを読む]
  • 「TO BE CONTINUED」の問題。
  • おはこんばんちは、日曜です前回の更新から随分と時間が空きました。その間の出来事を。 実は先週から某社会福祉法人で働いています。 就労支援+αってカンジの求人だったのですが、 ほぼ何でも屋状態です 当面はやるコトが多すぎてバタバタすると思われます 今回の転職活動にあたっては、 なんだか色んな人を巻き込んだ気もしていますが、 この場でまとめて感謝、です 今、ようやく「スタートラインに立った」気がしています。 [続きを読む]
  • 「ミーニング・オブ・ワーク」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜ですジムに行って、積みゲーを崩し、ネットで求人を探すある意味、充実しています。 以前ブログで「働くコトの意味」について触れたコトがあります。※「イミイミ小僧」の問題。 求職中の今なら、少し違った考え方ができるかもしれません 今日はそのコトを 実は今、人生で一番「働きたい」気持ちが強いんです。 1労働単位として心身共に充実しているのにも関わらず、 日々「ジムと積みゲー崩し」じゃ、あ [続きを読む]
  • 「自己表現の根っこ!?」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜です転職活動のお供が「Led Zeppelin」になりつつあります。音楽に励まされるコトって結構多いです 先日「アサーション・トレーニング」の勉強会に参加しました。 アサーションってのは日本語で、 「さわやかな自己表現」なんて訳されるコトが多いようです。 僕自身は概要から実践までいろんな本で勉強していたつもりでしたが、 グループ学習の中でフィードバックを得ながら学ぶってのは初めてで、 とても [続きを読む]
  • 「リアルいいねとツンデレ中年」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜です最近はジムでのトレーニングが面白くなってきました 今日は産業カウンセラー協会の勉強会です。 毎月1回のコトですが、本当に充実しています 以前から何度かご紹介していますが、 僕にとってのカウンセリングの学びってのは、 「より多くの人のカウンセリングマインドに触れるコト」 です。 もちろん自分自身の向学のためってのは当然ですが、 仲間からもらう「プラスのフィードバック」ってのが、 本 [続きを読む]
  • 「絞り出す」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜ですバイクが車検から帰ってきました。やっぱり車検あがりはフィーリングが違います 「カラ元気でも元気」 「機動警察パトレイバー(ゆうきまさみ)」の中で、 後藤課長が泉野明のコトを評した言葉です 詳細は割愛しますが、 僕はこの言葉で「カラ元気」の効能を意識するようになりました。 武道ってのは「型から入って、型を抜ける」とか言うそうで、 実戦上では意味がなさそうな「型」も、 繰り返し練習 [続きを読む]
  • 「実感DAYZ」の問題。
  • 「DiabloIII」にネクロマンサーが実装されました「DiabloII」以来のプレイフィールに夢中ですおはこんばんちわ、日曜です 今日は健康保険の手続きで、役所に行ってきました。 その車での移動中にふと思ったのです。 「いい天気だなぁ」なんて なんとなくですが、今日は世界がキラキラしていました。 在職中は移動中に天気のコトを考える余裕なんて無かったコトを思うと、 当時は自分なりに目一杯働いていたんだなぁと実感しました [続きを読む]
  • 「アイ・ラブ・社(後編)」の問題。
  • おはこんばんちわ、日曜ですブログも含めて家では「ChromeBook」ユーザーです。ハッキリ言って、PC不要です 前回、退社直前になって会社への愛と仲間への感謝を獲得しました。 これまでに何回も転職をしていますが、 こんな気持ちになったコトはありませんでした。 実はこれ、ちょっとした革命だったりします 「相手より先に、より多く」 アドラー心理学における「勇気づけ」の技法を学ぶ時に教わる言葉です。 「いくら人を勇気 [続きを読む]