日曜カウンセラー さん プロフィール

  •  
日曜カウンセラーさん: 日曜カウンセラー準備室
ハンドル名日曜カウンセラー さん
ブログタイトル日曜カウンセラー準備室
ブログURLhttps://ameblo.jp/sundaycounselor/
サイト紹介文カウンセラーを目指し勉強中の、 高卒・元鬱・中年の備忘録です。
自由文アドラー心理学を中心に据えながら、
これまで勉強してきたコトを、少しづつまとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/02/14 10:38

日曜カウンセラー さんのブログ記事

  • 「馬と鹿とフジオ」の問題。
  • 福祉業界への転職から一周年を迎えたわけですが、実は、ず〜っと考え続けているキーワードがあります当然、答えが出ていないワケですが、今日はそのキーワードを共有してみます、教えて偉い人 数年前に僕がなんちゃって大学生だった頃に、「今の福祉業界に福祉バカはいらない」なんておっしゃる講師がいました。 「福祉バカ・・・」 転職にあたっていろんな施設を見学してまわっている頃にも、「ウチは福祉バカはいらないんです・ [続きを読む]
  • 「一周年!」の問題。
  • マッサージ屋さんで「お客さん、凝ってますね〜」とか言われると、「ですよね〜」的なカンジで、ちょっと嬉しかったりします凝ってるのが嫌だからマッサージするのに、不思議な心理です 福祉業界に転職して一年が経ちました。 友人たちの応援もあり、なんとか続けて来られたカンジですが、前職のIT業界と同様かそれ以上に、勉強と経験の両輪を強く求められる業界のようです。 まぁ勉強は大好きなんですが、経験だけは時間をかける [続きを読む]
  • 「わたくし、勘違いしておりました」の問題。
  • 以前から取り組んでいた「発達障害」についてのWeb学習が修了しました 「発達障害って分かりにくいなぁ」なんて思いから始めたのですが、学習を通じて、一部分かった気がするので早速共有してみます 一般に障害って言うと「三障害」なんて言われる通り、 ・身体障害・知的障害・精神障害 とある訳ですが「発達障害」ってのはこの三障害と同様、カテゴリの名称なんだそうです※もう「四障害」とか言って欲しいもんです。 つまり身 [続きを読む]
  • 「嫌うワケ」の問題。
  • ちょっと前のブログで、「職場で悪口を言う人は嫌われる」と教わったコトを共有しました ※「しょくばの!」の問題 ←コチラ あれから様々な職場を渡り歩いた僕には、このコトが真実として響いています ではなぜ、嫌われるのでしょうか 僕はこう理解しています。 アドラー心理学が正しければ、「人は相対的に今より、良い方向に進もうとする」からです。 生まれながらに「ポジティブ」なのです。まぁ無自覚な場合も多いと思いま [続きを読む]
  • 「ポールポジション」の問題。
  • 年間でそれなりの数の勉強会に参加します。 それでいて毎回何かしら「新しい学び」があるワケです 学んでも学んでも学びきれないのですが、 まぁそんだけカウンセリングってのは奥が深いんだと思いたい所です 勉強会で僕が座る席はだいたい決まっています。 正面を向いて左の一番前です なぜなら講師が右利きだった場合、板書後には必ず左側に身体が開くからです。 つまり左前に座っていれば、板書も講師の顔も全部見られてオトク [続きを読む]
  • 「しょくばの!」の問題。
  • ブログ内に「職場のコミニュケーション」というカテゴリを作りました 我ながら今までこのカテゴリーが無かったのが不思議なくらいです。 実践できているコト、 まだまだなコトを含めて私見+アルファで展開していきます 随分以前に、新社会人のための研修会に参加した時のコトです。※当時も今も僕自身は「新社会人」なんてピカピカなモンじゃないんですが、こういうのに参加するのが大好きなのです。 「職場で他の社員の文句や悪 [続きを読む]
  • 「けっきょく、南極カウンセラー」の問題。
  • カウンセラーが回避すべき2重関係には、 当然「友人」も入っています とは言え、傾聴や勇気づけ等の各技法は友人関係においても有効で、 彼らの話を一生懸命聴いていると、 「日曜くん、すっきりしたよ。やっぱカウンセラーさんは違うねぇ」 なんて言われるワケです 本気で、カウンセリングしてるワケじゃないんですが、 やっぱりこう言われるとウレシイもんです ついでに、 「カウンセラーとしてはどう聴くかな」 なんてコトを振 [続きを読む]
  • 「信号待ち」の問題。
  • みんな信号待ち。 遠くの山を、向こうの川を、 眺めてタメイキ、想ってタメイキ。 歩道を、車道を、チラチラ、チラチラ。 隣と比べ、前後を気にして、今か今かと待っている。 競争でも無いのにね。 あぁ、青だ。 ノンビリ行こう、 あそこへ。 バイクに乗ってる最中に、こんなコトを感じました 疲れているか、充実しているかのどちらかだと思われます、あるいは両方か (ちょっとイタイ)中年の旅は、続く。 [続きを読む]
  • 「言いたいコトを言える」の問題。
  • 「何を言われても仕方ない」そう思える人が周りにいるってのは幸せなコトです 僕には「2人」います。 1人目は最初に務めた会社の先輩です。 今では年賀状だけのお付き合いになりましたが、不思議なコトに今イキナリ会っても普通に喋れる実感があります。 2人目は産業カウンセラーの先輩です。 今でもちょいちょい会っているワケですが、ず〜っと変わらない安心感があります。 この2人には共通点があります。それは「何でも言 [続きを読む]
  • 「イメージング・アメージング」の問題。
  • もう完結してしまいましたが、「BLEACH(久保帯人)」と言う漫画に、「藍染惣右介(あいぜんそうすけ)」というキャラクターが登場します。 主人公の敵で、自信家で、もちろん超強いヤツです 彼の言葉に、 「生きものというのは不思議でね、_その矮小な心で願う程度の事は実現できるようにできている」 というものがあります。 簡単に言えば「念ずれば花開く」的な意味だと思うのですが、こういう言い方をされると、なんだかカッ [続きを読む]
  • 「ガンプラとコーチング」の問題2。
  • モンハンってのは機種を問わず本当に楽しいです。「なんの生産性もないけど夢中になれる」このあり方こそゲームだとすら思います、日曜です プラモデルを作成するにあたって、「イメージして、手順を計画する」ってのが前回までのお話でした。今回はその続きです 計画を立てるコトが出来たら、次は「実際に組み立てる」ってワケです。 プラモデルを作った経験のある方は分かって頂けると思いますが、プラモデルってのは正に「全 [続きを読む]
  • 「ガンプラとコーチング」の問題1。
  • この連休は徹底的にノンビリするつもりです。いつも以上に積極的にダラケます、日曜です プラモデルを作っている最中に、突然閃きを得ました。「プラモってコーチングじゃん」 考えれば考えるほどにそっくりなので、ちょっと共有してみます プラモデルってのはまず「イメージ」が大切です。 ボックスアート(箱絵)をじっくり眺めたり、カッコイイシーンを思い返したり、想像するワケですもちろん完成形も含めてです。 この段階 [続きを読む]
  • 「いつも思うコト」の問題。
  • 連休中にガンプラを一体完成させたいですあまりこだわらずに「そこそこのトコロ」で完成としたい、日曜です 何度かブログでも共有していますが、キャリア・コンサルティングやカウンセリングの勉強をすると、 「結局キャリコンもカウンセラーとかいらないじゃん」 と思わされる機会が多々あります。 なぜなら、「人は、自分で考えて、決めて、行動するコトができる」 という人間観の下に各理論が展開されるコトが多いように感じる [続きを読む]
  • 「誰かのせいにしたい」の問題。
  • 手術を終えた友人が、安否確認と思われる「いいね」をくれました一安心の日曜です 人のブログはスマホのアプリからチェックするのですが、アプリのトップページにはいつも占いが表示されています しし座の僕は本日12位で「いろいろと思い悩んでしまいそう」とのコト。 実はこの占いが「常に」当たっているので、いつも「うむむ」となるのです 占いってのは、「星座や血液型が運命を知っている」ってのを信じられるかどうかだと [続きを読む]
  • 「ストレス・デイズ」の問題。
  • シフトの関係で明日はお休みです平日のお休みってのはなんだかテンションが上がります、日曜です 先日、ある勉強会でストレスについてこんなお話を伺いました。 「ストレスは溜まるもの、_逃げずに溜めて、吐き出しましょう」 なんて 講師の方がおっしゃるには、 「ストレスから逃げると問題からも逃げるコトになる」 とのコト。 「なるほどな〜」なんて感心しました 考えてみれば「ストレス」ってのは、改善のチャンスの塊のよ [続きを読む]
  • 「マジでガチ」の問題。
  • モンハンをプレイしていると、モンスターが可哀想になるコトがあります。この感覚「シン・ゴジラ」に似ています、日曜です この時期は「新入社員向け」の研修が目白押しです。 様々なテーマの研修が見受けられますが、キャリコンの有資格者となったこの数年、これらの研修の裏テーマが、「組織の一員としての自覚を促す」というものでは無いかと思えるようになりました いくつかの職場を転々とする中で、「お客様気分」で仕事を [続きを読む]
  • 「本当は〇〇な人」の問題。
  • なんとなく「ヤル気」になっています問題はこれが来週まで持つのかってコトですが、まぁ来週には来週の「ヤル気」があるとも思います、日曜です。 「怒りっぽい」と思っていた人が不意に「優しさ」を見せた時、「あの人は本当は優しい人なんだ」なんて思ったコトありませんか あるいは「優しい」と思っていた人が突然「怒った」時、「あの人は本当は怒りっぽい人なんだ」なんて思ったコトも 今日は自戒を込めてのブログです。最近 [続きを読む]
  • 「『辞めた』なら使ってもいいッ!」の問題。
  • モンハンワールドを絶賛プレイ中ですオンラインで友人とワイワイとかやりたいのですが、な〜んか敷居が高くてビビっています、日曜です 僕は数多の職場を移り変わっていますが、どこの職場にも必ず「辞める、辞める詐欺」がいます これ結構やっかいです こういう方の「辞める」ってのは、「自分の主張を通すための脅迫」だと捉えるコトにしています かなりキツイ言い方に聞こえますが、例えばこんなカンジです。 「こんな給料で [続きを読む]
  • 「自分の声を聴く」の問題。
  • 朝はお腹の激痛で目が覚めたのですが、昼間はお腹が減って減って仕方がありませんでした謎の胃袋を持つ男、日曜です 少し前に「ホンマでっか!?TV(フジテレビ)」で、「単純作業を時間をかけてやるのは瞑想効果を生む」なんて言ってました。 これは超絶フリーター時代に僕が悟ったコトと一致します ダイレクトメールの仕分けやなんかを無心でやっていると、不思議なコトに心が澄み渡って来て、自分の悩みや将来のコトについて、 [続きを読む]
  • 「もうしわけなくない」の問題。
  • 今週はなんだか心が荒んでいましたこういう時、ちょっとだけ人に意地悪になりがちです自分を取り戻すため一生懸命休日を満喫しています、日曜です 「自分なんかに気を使ってもらって申し訳ない」 こんなセリフを耳にする場面があります。 誰かに「気を使ってもらったな」と感じた時に、あからさまに「それが当然だ」なんて空気を出す人って苦手ですと言って「申し訳ない」を連発する人もちょっと疲れちゃいます 皆さんはどうでし [続きを読む]
  • 「あなたならどっち?」の問題。
  • モンスターハンターワールドに手を出してしまいました「キャラメイクがイマイチだったなぁ」なんて思いつつ序盤を進めていますが、いつもこのまま最後まで進めてしまうのです、日曜です。 少し前、面白いニュースをネットで見つけました。 「犬の「ごめんなさい」という表情は、ごめんなさいではない」※ビジネスインサイダー(日本語版)→こちら※ビジネスインサイダー(英語版) →こちら 簡単に要約すると、「犬がイタズラ [続きを読む]
  • 「頭をカラッポにする」の問題。
  • この時期のバイクが楽しくて仕方ありません。まぁどの時期のバイクも楽しいんですがこればっかりは理由が分かりません、日曜です よく「頭を空っぽにする」なんて表現をします。 でもこれ、超絶難しいのです。 それこそ眠っている時でさえ、周期的に脳は活動を示すわけですから かつてうつ病で苦しんでいた時に、何人かのお医者さんに「何も考えないコトですよ」なんて言われたコトがあります。 「そんなの知ってるよ」 ってなモ [続きを読む]
  • 「昇進うつ予備軍、爆誕!」の問題。
  • 「モンスターハンターワールド」の評判がすこぶる良いです「モンハン」ってのは「4G」で一回卒業した身ですが、かなり惹かれています、日曜です 予想外に昇進してしまいました まぁ、意欲100点、頭脳100点、おまけにハンサムとなればそりゃ昇進するってもんです ・・・・・ ・・・・ ・・・ ・・ ・ 気が重いです・・・・・ 自分のキャリアデザインで言うなら、3年早いのです ちなみにキャリアデザインは約7年先まで考え [続きを読む]
  • 「こんな講師はイヤだ!」の問題。
  • 「ブラタモリ」はタモリさんと地質学や歴史を楽しめる番組ですが、個人的にはタモリさんをMCとして、哲学を楽しめる番組が見てみたいです。「マンガで分かる〇〇」とか大好き、薄っぺらい男、日曜です 年間でそれなりの数の勉強会に出席しています個人的にもIT系セミナーの講師をしていた経験があり、講師業にはちょっとうるさかったりします 今回は「講師の方」に望むコトを受講者目線で共有してみます。かなり、お手柔らかです [続きを読む]
  • 「無限=インフィニティ」の問題。
  • 今日は友人の個展に行ってきました彼の知らない顔が見られてとても面白かったです千の顔を持つ男、日曜です。 普段の僕はかなりハッキリと「好き」ってのを口にしますもちろん相手が男性でも女性でもです。 当然「カウンセリングモード」の時は使いませんよ、念のため。 最初は「計算して」だったんですが、今では「そういうキャラ」に昇華したとさえ思いますおかげで「変な誤解」は今のトコロ生じていません これはあらゆる対人 [続きを読む]