ヨミト さん プロフィール

  •  
ヨミトさん: 美しき者よ汝の名は男なり
ハンドル名ヨミト さん
ブログタイトル美しき者よ汝の名は男なり
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/requiem1791/
サイト紹介文この世から消えかかっている僕が、男として男にあこがれ続けた軌跡を、ここに遺してゆきます…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/02/14 13:06

ヨミト さんのブログ記事

  • 【閲覧注意】ブログ憑依
  • この奇妙な因縁は絶対に記事に書かないつもりでした。ですが、自分ひとりの胸中に収めておくには気が変になりそうなので、ここに封印を解きます。どうかあなたもブログに魂を乗っ取られないように、覚悟してお読みください。以前、自分がブログを始める前から読んでいたお気に入りの記事がありまして、それを書いていたのが、リヒトさん(以下登場人物はすべて仮名)と言う人で福岡在住のサラリーマンということだけはわかっていま [続きを読む]
  • 日本で唯一男の芸者、まつ乃家栄太朗さん
  • 4月8日の「ニノさん」に出演されているのを観て初めて知ったんですが、日本で唯一の男の芸者さん、まつ乃家栄太朗さんの生きざまがかっこいいです。で、普通だと一番綺麗な艶姿からお披露目するんですが、あえてスッピンの栄太朗さんから紹介していきます。本名は広瀬栄之介、現在31歳の栄太朗さんですが、特技はもちろん篠笛、太鼓、日本舞踊なのはわかりますが、趣味がバスケットボールというのはどこにでもありがちな、ごくフツ [続きを読む]
  • いっしょに寝ようよ
  • 別にいやらしい意味じゃなくて、僕といっしょに寝てくれませんか。そんな言葉を、しれっとささやいてみたい。僕は雑魚寝みたいなのが、意外と好き。カプセルホテルや健康ランドの仮眠ルームや修学旅行やサークルの合宿や山小屋の布団の敷き詰めた大部屋ですぐそばにイケメン君の寝顔と吐息を感じながら、あったかい毛布や布団、もしかしたらあなたの腕も加わって、静寂と暗闇の中に夢見心地でまどろむ甘美なときめきが昔も今もあこ [続きを読む]
  • 野村祐希さんの決戦の時
  • 4月8日、トランスジェンダーモデルのIVANさん(34)と、11歳年下の彼氏、野村祐希さん(23)との熱愛発覚報道がありましたが、僕だって、ずっとずっと野村祐希さんが大好きでした。身長191cmの祐希さんと並ぶと、標準身長の僕でさえまるで彼女みたいに抱っこされちゃう祐希さんは言わずもがな、お父様は俳優の野村将希さんですが、父の遺伝子を受け継ぎ、体格と運動神経に恵まれ、「スポ男」では優勝2連覇するほどの筋肉ナイスガイ [続きを読む]
  • 来世でまた…
  • 今まで何十年もの間、僕の歩いてきた道を通り過ぎていった方たちよ。それは束の間の、刹那の出会いだったけど、ささやかな生きる糧を注いでくれて、ありがとう。ふと、昔の記憶がよみがえります。そしてもう声の届かぬ世界にいるあなたに、何十年間も会いたいと乞い願い続けてきたあなたのかすかな吐息を抱きしめながら、今は、ここにしばらく立ち尽くしていたい…もしも何千億年たったある時に、僕たちがもう一度この世に生まれて [続きを読む]
  • 立つんだ、ジョーン!
  • 奥田英朗の「イン・ザ・プール」という小説では、主人公の精神科医を訪れる、奇病をもつゲストが次から次へと現れてくるんだが、その中に「陰〇強直症」に悩むクライアントが登場すると聞いて、思わず書店で立ち読みしてしまいました。映画化された時は、この役をオダギリジョーさんがやってたそうで、生で観たかった!このところED気味の僕にとったら、うらやましい限りの病気なんですが、確かに、股間を覆い隠さなければ、変態さ [続きを読む]
  • 新たなる旅路
  • 僕の生きる世界は、およそ1年ごとにリセットされ、ふたたびゼロからの出発となります。このけじめのつけ方が、毎年のことなんだけど、切なくて、やるせなくて、後ろ髪を引かれてしまいそうです…センチメンタルになっている、こういう時にこそ聴きたかった音楽が、僕の心までかき鳴らしていきます… 今度はどんな出会いと旅が待っているのか、楽しみに思いながら次なる1年をまっとうしようと思います、あなたとともに… [続きを読む]
  • これだけはカムアできない
  • 僕にとって一番忙しいこの季節をどうにか乗り越え、気持ちと時間に少しだけ余裕が出て来てので、久しぶりにブログに戻ってきました。なつかしい人たちのブログにも訪問することができ、今、ひとしきりの感慨と安堵を味わっています。その中で「カミングアウトしようかどうしようか」という、よくある僕らの世界の葛藤を綴っているものがあって、なんか、真っ直ぐでいじらしく思われたので、今日は、それにかこつけて何か書いてみた [続きを読む]
  • AVでEDに?
  • 先日ステキな青年君に、すごく気持ちいいマッサージをしてもらったんですけどね。最初はコーフンしてて元気がよかったんだけど、だんだんと揉みほぐし過ぎてるのか、フニャフニャになってしまい、全然きりっと屹立してくれない…まさに役立たず状態。青年君も、次第に萎えてくるオレの芯に、責任を感じてか、よけい焦って高速で激しく摩擦するもんだから、あいたたた…「ごめん」という言葉だけが、同時発射されてしまいました。こ [続きを読む]
  • 「相棒」に出た加藤清史郎くんの腹筋がスゴかったらしい
  • あの「こども店長」だった加藤清史郎くんを久々に観ました。先日「相棒」に出てきた「少年A」役は容姿も演技も一皮剥けたオトナの清史郎くんでびっくらこいた〜子役からの成長ということで、一見、神木隆之介さんとかぶるんだけど、小柄ながら独自の存在感を放っていて、右京さん相手に物おじしない、スジのある若武者ぶりを発揮していました。で、後から視聴者のコメント読んでたら「加藤清史郎くんの腹筋が6つに割れてて、スゴイ [続きを読む]
  • 春風におへそがちらり
  • 前回、平昌オリンピックを特集した記事を書くためいろいろ取材していて、発見したことがありました。宇野昌磨さんって、本戦を離れたエキシビジョンでは、いっつも、ヘソ出しスタイルで来るね〜最初は偶然のポロリかと思って見てたけど、なんか、観客へのサービスも相まって、作為的に魅せてくれてるような…これって、たかがおへそがチラリ見えてるだけなのに、なんだろ?この漂ってくるエロさの香り…そういやあ学生の頃から、ノ [続きを読む]
  • 平昌オリンピックをゲイ視点で振り返る
  • 17日間に及ぶ熱戦の、未だ感動冷めやらぬ平昌五輪ですが、ここで僕らの視点でオリンピックハイライトをお届けしたいと思います。まずは開・閉会式に大胆な肉体美で登場したこの男トンガのピタ・タウファトフア選手(34)実は、彼は注目を集めることで、家のない子どもたちのために支援を呼びかけ、何事もやればできるんだという希望を与えたかったらしい(涙)次回は東京オリンピックで「水の競技」に出場希望とか…彼の肉体美が再 [続きを読む]
  • 排泄し合う仲
  • 一時はイジリすぎて、悪化させたお尻の病でしたが、丹念に軟膏を塗り続けたおかげで、どうにか終ケツしてきました。その代わり、と言ってはなんですが、今度はひどい咳に悩まされています。仕事場でも、ゴホッゴホッ…ゲホッやべっ、痰を吐きそう…急いで男子トイレに駆け込みます。流しで思いっきり痰を吐こうとすると、あれっ?個室に誰かいる…すると、扉の奥から「コホッ」と可愛い咳払い。あっ、イケメン君だ扉の向こうの彼も [続きを読む]
  • 職場のイケメンには硬くなります
  • 現在、従業員30名程度の職場で働いておりますが、その中に好みのイケメンが幾人かいます。とりわけ僕が大好きなハヤト君(25)はどっかの誰かさんにそっくりな体操会系のさわやかイケメン。しかも、服の上からでもわかる筋肉(本人は「ムダ肉?」と言ってる)がスゴイです。夏、プールで見ちゃったもんね…あっ下半身はわりと毛深かったです(^^;でも、外見に似合わず、けっこうドジでのろまなところもあります。(ゴメン…)食事会 [続きを読む]
  • あこがれのお尻の病
  • ここのところ便秘がちでトイレで「何糞」と気張っていたら排便後にズキズキとお尻が痛い…それが一週間ぐらい続いたところで、はたと気がつく。これってもしかして、あのお尻の病?さっそくドラッグストアに行って、専門薬を探したんだけど、ここは知名度の高い「ボ・・・−ル」にしようってところまでは決めてたのに「軟膏」がイイか「座薬」がイイか、つい熱心に吟味してしまう。「座薬」だと、尖ってて痛そうなわりに、いかにも [続きを読む]
  • 脱がぬなら脱がして魅せるフィギュアメン
  • いよいよ平昌オリンピックも大詰めとなってまいりましたが、お目当ての男子フィギュアも、もうすぐ見られます。彼らの高い運動能力と、華麗な身体表現はもう圧巻なのですが、いったいどんな肉体美をしているんだろうと、コスチュームの上からつい妄想してしまうのは、僕だけでしょうか…それではお待たせしました〜フィギュア男子の筋肉コレクション、行ってみたいと思います。※五輪選手以外も含まれます。第1滑走はこの人、佐藤 [続きを読む]
  • 見守ることしかできなくて
  • 今や平昌オリンピックたけなわで、毎日どこかしらのニュースで選手たちの活躍を見ない日はない毎日ですが、僕のお目当ては、何と言ってもフィギュア男子ですね〜さて男子フィギュアスケートをモチーフにした短編小説に「見守ることしかできなくて」(誉田哲也さん)がありました。ストーリーをなんとなく覚えているところで、紹介します。《お話》オレはケンジ、何のとりえもない帰宅部の中坊です。ある時お袋の気まぐれからオレは [続きを読む]
  • ブログタイトル変更のお知らせ
  • これまでお世話になって来ました「はじめに男ありき」ですが、昨日2月12日をもちまして、ライブドアブログに移籍してから、丸2年を無事送ることができました。さて、そろそろ、初心に帰る意味でも、僕がアメブロで誕生し4年足らずの間お世話になった本来のブログタイトル、「美しき者よ汝の名は男なり」を復活させたいと思います。内容は相変わらずなままですが、今後とも宜しくお願いします。さて余談ですが、これまでのタイト [続きを読む]
  • イケメンアナの裸祭り③坂野栄信アナ
  • いよいよ第三回となりましたこのシリーズですが、今回は地方局にまで出かけてまいりました。広島ホームテレビの坂野栄信アナです。1991年5月16日生まれ 26歳 熊本県出身身長180cm 体重65kg 血液型A型筑波大学体育専門学群卒業 保健体育科教員免許取得卒業後Mr.JAPANの熊本代表として出場、ファイナリストになる。また劇団EXILEオーディション最終審査に合格し、研究生として活動。その後、リゾートホテルに務めたりバックパッ [続きを読む]
  • イケメンアナの裸祭り②板倉朋希アナ
  • 榎並大二郎さんに続き、第二回登板は板倉朋希アナウンサーです。1985年9月17日生まれの32歳、広島県出身2009年〜テレビ朝日勤務学習院大学経済学部卒業 得意なスポーツはゴルフニックネームは「居心地男子」…温かくて人に優しい方だそうです。そんなおぼっちゃま系ですが、脱ぎっぷりは勇ましすぎる〜これなんか透けてるし〜そしてこの業界初の放送事故となってしまった衝撃の1シーンがこの後に!タマに気をとられて、森を見なか [続きを読む]
  • イケメンアナの裸祭り①榎並大二郎アナ
  • 実は僕の以前の記事で、最も人気が高かったシリーズが、これ。アナウンサーというお堅いお仕事の人たちが、いさぎよく脱いでしまうと、どうなるか、そのギャップがたまらないというファンが多かったんです。あれからもうだいぶ年月は経ってしまっているのですが、少々ノスタルジー的な気分でお読みいただけたらと復刻してみました。ではさっそく第一回「榎並大二郎」さんを呼ぼうと思います。1985年9月30日生まれの32歳、血液型O [続きを読む]
  • 動物もやっぱりオスが好き
  • 子どもの頃、動物の中で何が一番カッコイイかと聞かれたら、迷わずコレと答えてました。そう、鹿です。特に立派な角のある若々しいオスが好き。あっ、なんかいやらしい言い方になっちゃいますね。でも、鹿って何となくイケメンの感じがするんだよな。ゲイって動物でさえオスが好きなんですよね。たとえば、シンボルが硬く勃っている、こんなのもスキでした。あっ、このツノ立ててるのは仮面ライダー「カブト」役だった水嶋ヒロさん [続きを読む]
  • ゲイが異性と交わることは可能か
  • もしもゲイであるあなたが、何らかの抜き差しならない状況や関係性があって、どうしても女性と交わらなければならないという窮地に追い込まれた時、どう向き合ったらよいのか、あるいは回避した方がよいのかを、考えてみました。なお、ここから先の内容は、女性と向き合っていく場合を専考してますので、必要のない方は、お読み飛ばしください。今回の一番の該当者は、言わずもがな「既婚ゲイ」ですが、既婚でないにせよ、同棲して [続きを読む]
  • 義足のダンサー、大前光市さん
  • 21日夜9時から、大前光市さんのスペシャル番組があるとかで視聴してみようかと思っています。大前さんと言えば、昨年の紅白歌合戦で平井堅さんのバックダンサーとして踊っていたのを目に留め、心に残っていた人でした。1979年9月27日、岐阜県下呂市に生まれる。血液型はO型五人兄弟の大家族で、家の暮らし向きは決して楽ではなかった。自宅にはいまだにダイヤル式固定電話が残っていた。15歳の頃から舞台芸術に関心をもち、高校生 [続きを読む]
  • 聖と理と
  • このお話は、以前書いた「ナニしない男子(成人=聖人編)」の後日談です。よかったら合わせてお読みください。ナニしない男子(成人=聖人編)「一曲何か弾いてよ…」すると聖はおもむろにモーツァルトを弾き出す。聖はレパートリーは完璧に暗譜しているし、たとえ初見でもミスタッチなどない。元野球少年というミスマッチはあるけどね。そもそもピアノを弾きこなすって、スゴイことだ。無数のオタマジャクシの群れの位置を瞬時に [続きを読む]