ヨミト さん プロフィール

  •  
ヨミトさん: 美しき者よ汝の名は男なり
ハンドル名ヨミト さん
ブログタイトル美しき者よ汝の名は男なり
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/requiem1791/
サイト紹介文この世から消えかかっている僕が、男として男にあこがれ続けた軌跡を、ここに遺してゆきます…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/02/14 13:06

ヨミト さんのブログ記事

  • 男の裸が好きなのはやっぱり男である
  • 昔、タレント有吉弘行氏の著書「お前なんかもう死んでいる」で、自分がほんとに売れなくなったら、いっそヌードになって、男のファンを増やそうと考えたエピソードが載っていたのを、ふと思い出した。あれっ?女のファンではなくて?有吉氏曰く「男の裸を見て喜ぶのは女ではない。むしろ女は引く。男の裸にウケるのは、実は男である。」とある。確かに、罰ゲームかなんかで、すっぽんぽんになった男を見て、キャッキャと喜びまくっ [続きを読む]
  • 咥えてイカせるフエ〇の達人
  • さあ、いよいよヤバいタイトルになってきました。僕が初めて咥えたのは小学校3年生の時でした。(は、早い?)その時はうまくイカせなくて、苦労しましたが、だんだんと咥えているうちに、イカせるようになりました。今日はそのフエ〇の達人を発見したので、画像と動画で紹介しますね?中村栄宏さんです。今まさに男二人で咥えようとしております。ん?もしや咥えるモノって…アレ?そうカレはリコーダー(フエ〇)の達人なのです [続きを読む]
  • コメントしづらい?
  • 最近気がついたのですが、このブログいつからかコメント欄にURL記載表示がなくなりました。そのため、こちらからコメントしてきた方への訪問ができなくなってしまいました。こんな見返りのないブログに、よくぞコメントしてくださいました。改めてお詫びと感謝を申し上げます。さて、そもそも僕のブログはコメントして来て下さる方が非常に少ないのです。それはなぜでしょう?それではアンケート形式で、以下からお選びください。A [続きを読む]
  • 竹内涼真さんの「ほぼ全裸」
  • ※前回投稿した記事が何らかの障害によりアクセスできなくなりました。(やばっ!) 試しに同一内容記事を再投稿してみましたが、果たしてどうなるでしょうか? 涼真さん側近のスナイパーに消されてしまうなら、致し方ありませんが…14日から「下町ロケット」新シリーズが始まりましたね。その中で何といっても注目は、当代イケメンNo.1と誉れ高い竹内涼真さんですが、家では平気で「ほぼ全裸」らしいことを知り、プライベートゾ [続きを読む]
  • 竹内涼真さんのプライベートは「ほぼ全裸」
  • 14日から「下町ロケット」新シリーズが始まりましたね。その中で何といっても注目は、当代イケメン№1と誉れ高い竹内涼真さんですが、家では平気で「ほぼ全裸」らしいことを知り、プライベートゾーンに潜入してみることにしました。アゴのホクロと黒ずんだ乳首がセクスィー。それに、ワキ毛、ギャランドゥ―がほんのり。寝る時も「ほぼ全裸」です。その布団に潜り込みた〜い。お風呂は「もちろん全裸」です。確かに「ほぼ全裸」で [続きを読む]
  • 快楽と痛みのあいだ
  • 「そろそろイッていいよ」「ダメです。僕イケないんです。」「どうして?最高潮に気持ちよさそうじゃん。」「ごめんなさい。僕イクと、痛くなるんです。」「えっ?でも誰にだって少しはソコの痛さはあるかも知れないし…」「違うんです。どうやら一種の射精障害らしくて、後頭部がガンガン殴られたように痛むんです。」数千人に一人の奇病らしいけれど、こんな可哀想な種族もあったのか。快楽と同時に痛みを味わわなければならない [続きを読む]
  • ノブコブ吉村崇さんの裸一貫から神対応まで
  • 10/3の「水曜日のダウンタウン」のドッキリで、生放送に乱入した不審者を、ノブコブの吉村崇さんが、にこやかに平然とさばいているシーンが、あまりに神対応で絶賛されているそうです。それでは実際のそのシーンをご覧ください。 さすが熟練のMC、吉村さんですが、なぜ彼にこんな度胸があったのか、僕なりに検証したいと思います。吉村崇さん(本名同じ)は1980年7月9日、北海道札幌市に生まれます。けれども彼が6歳の時に両親が [続きを読む]
  • ついに開襟!胸毛男子
  • 久しぶりに男の体毛ネタ、イキます。これまで体毛の中では唯一苦手だった胸毛でしたが、たまたま銭湯で見かけた胸毛の青年がカッコよくて、一気に胸毛フェチになってしまいました。それではお待ちかね、イケメンの胸毛オンパレードだよ。まずは柳楽優弥さん、胸元から覗くWOWOWに入っちゃおう。お次は、先頃始まったフィギュアスケートからお二人をノミネート。1人は言わずもがな高橋大輔さん。胸毛復帰戦では、やや影が薄いな〜? [続きを読む]
  • 禁欲しますか、それとも人間やめますか
  • 10月から新しい生活が始まったというのに、何一つ成長してない、自堕落ヨミトです。ひとつはっきり言えるのは、僕は欲望が多すぎて、それに足を引っ張られ、自分を変えることができないのです。ここはもう断捨離の覚悟で、自分の欲望を一つずつ捨てなければ、それこそ「人間失格」です。それでは今から僕の捨てられない欲望をコスト順に挙げ、一つずつ葬り去ろうと思います。第5位 テンガでオナること…ほぼ1日おき(¥688)う〜 [続きを読む]
  • ふと見たら10万PVイッちゃいました。
  • ついに累計アクセス数が10万PV超えちゃいました。こんな拙いブログを多くの方にご覧いただいているのは誠に光栄なことと喜ばしく受けとめておりますが、ところでPVって何の数字?と今さらながら全く分かってないです。調べてみるとPV(page view)とは、訪問者が同じパソコンから、同じ記事を何度見ても、その回数分だけ増えていくアクセス数なのです。従って仮に僕自身もPVカウントされてるとすれば、毎日10回以上は自分のブログ [続きを読む]
  • 挿入する気持ちよさとは?
  • 台風24号襲来で、ざわざわと眠れない夜をお過ごしの皆さん、こんばんはー。いつもと変わらず能天気のヨミトです。さて、8月 テンガを使ったのがバレた をUPした時に一部読者さんから、その後の生々しい?レポがほしいと、ご用命をいただいておりましたので、今回はリクエストにこたえていきたいと思います。まず、ぶっかけ、あ、違った、ぶっちゃけ言いますと、これまで「自慰の友」には紆余曲折ありましたが、こんなにハマった [続きを読む]
  • とっかえひっかえ
  • またまた僕自身の懺悔録になるかと思います。あなたが、もし仮に風俗へ行って、たまたま見つけたお気に入りのボーイと楽しいひと時を過ごしたとして、次回もそのボーイを指名しますか?僕の場合は、NOなのです。どんなに気に入った相手だとしても、二度目はまず指名しない。(いや、これは言い過ぎでした、三度目まではあったかも知れません…)僕は日常的にも様々な人間と出会っています。その人それぞれに適度な距離感があって、 [続きを読む]
  • 「中学聖日記」とはヤバい気がする
  • はい「ぎぼむす」が大好評のうちに終了となりましたが、火曜22時の次回ドラマは、なんと「中学聖日記」…ってヤバい気がする〜「教師としてあるまじき、純愛。」って…なんか身につまされるわ。今どき世間では、教師のセクハラやら、わいせつ行為やら、こぞって目の敵にされてる厳戒態勢下で、よくこのドラマを放送できるなーとは思うけど…なんだかんだ言って、禁断の愛には、みんな誘惑されてしまうんだよね。で、僕的に一番の注 [続きを読む]
  • 僕は本当にゲイだったのか?
  • 何を今さら…って感じですが、最近、自分が混乱してて、よくわからなくなっちゃって…この際だからブログを借りて、身の上相談してみようかな、と…どうか皆様、ジャッジの方をよろしくお願いします。そこでまずは、自分の性志向を振り返ってみたいと思います。果たしてどこまでゲイなのか、そうじゃないのか?教えてください。1.基本的には男が好き、男の体が好き。男の裸が見たい。男の〇〇〇が好き。2.男とのスキンシップが好き [続きを読む]
  • ゲイにとって理想の女性とは
  • 毎回楽しみに観て来た「義母と娘のブルース」も昨夜最終回ということで、しっかりTVの前に釘付けとなりました。なぜこのドラマにハマったかというと、主役の綾瀬はるかさん演じるバリバリのキャリアウーマン「あきこさん」が、むちゃくちゃかっこいいんです。彼女の公私関係なく、経営用語をふんだんに駆使した理詰めの話し方といい、礼儀作法を重んじ、きちんと敬語や謝罪(土下座までする?)で相手を尊重する態度といい、観てい [続きを読む]
  • 無精子症の彼とゲイの僕
  • 「N君のとこ、なかなか赤ちゃんできないみたいだね。」「ここだけの話なんだけど、Nってアレらしいよ…」「アレって?(えっ?もしかしてN君もゲイ?)」(ひそひそ声になり)「無精子症なんだって…」「ムセイシショウ?」まあゲイの僕としては、精液の成分として、精子が含まれているかどうかはさほど関心はないのだけれど…のどごしがよければいい、ぐらいかな(^^ゞN君はなかなかのスポーツマンで、スリ筋で笑顔が爽やかなアラ [続きを読む]
  • 3Pってどうよ?
  • 3Pって、どうなんだろうね。現実的に考えると、2+1か1+2に分かれちゃいそうで、1人は2人にジェラシーを感じ、2人は1人に後ろめたい気がして、3人いっぺんに楽しめないような、非対称な気分になりそう。僕はしたことないですけど、これから先ヤレる機会はあるんでしょうかね…でも動画では、好きでよく見てるんだよね。こちらを攻めてたら、あちらに攻められてたり、誰かと誰かでタッグを組んだり、1人で2人に太刀打ちしたり、三人 [続きを読む]
  • 遠ざかるゲイ、近づいてくるノンケ
  • このところ台風一過で、陽気もいくらか涼しくなりましたね。そこで、そろそろと一般的な温泉に行くとですね。いるんだな、これが。見るからにゲイという御仁が…視線のもって行き方が、ぐいぐいとくるんですね。ところが「あっ、あいつゲイだな。」とお互いの存在に気づき始めると、どちらからともなく、背を向け、相手から離れようとするんです。Sっ気のあるゲイ同士、反発し合うってこと?もしくは相手の縄張りを荒らしちゃいけ [続きを読む]
  • 夏の終わりのハーモニー
  • 久々の音楽ネタ、イキます。まずは若き日の井上陽水さん、玉置浩二さんによる視線と息の合ったデュエットを、タモさん番組での即興弾き語りでお聴きください。 「誰よりも、あなたが好きだから♪」のフレーズで見つめ合ってるよ〜?こういう男声デュオって、最近あまり聴かないけど、すごくシビれますよね。目に見えない音の世界の重なりが、より官能的な愛の世界の紡ぎへといざないます。その昔、狩人という兄弟デュオが登場して [続きを読む]
  • えっ絶対零度に出てた笑顔男子って甚儀さんだったの?
  • 27日の「絶対零度」は、ストーリー展開とゲストがまたすごかった。美しき花嫁、しかも殺人者役には乃木坂46の白石麻衣なんと彼女は結婚式当日にブーケの下に隠し持った拳銃で新郎を撃ち殺そうとするのです。それは彼女が愛していた恋人が不審な外科手術で脳死にさせられた挙句、その恋人の心臓は勝手に院長の息子に臓器移植させられてしまったのです。彼女はその息子に近づき、やがて結婚の約束を交わし、違法な心臓移植を行った父 [続きを読む]
  • 24時間TVで出会った弘子さん&朋己さんの幸を祈って
  • 2日間、24時間テレビをところどころ漫然と観ていた僕でした。その中でいくつもの心動かされるエピソードがありましたが、今年の3月に肝臓がんで天国へ旅立たれた山下弘子さんの最後まで自分らしく生きた姿が印象的でした。19歳でがん宣告、でも弘子さんは自分の夢に向かって歩き続けました。泳げなかった弘子さんがスキューバダイビングで、深海の世界に挑み、また富士山頂到達を実現し、高みからこの世界を、しっかりと瞼に焼きつ [続きを読む]
  • 送りぼん、甥っ子が帰っていく
  • その夜見た、映像のない夢は、オレの胸に誰かが乗っかってきたかのような圧迫感と、人肌に近い生温かさだけがパジャマを通して脈打っていた。「もしかして金縛り?」何だか身動きがとれない。そのうち、唇に何かが触れた。一瞬だったけど、弾力があって、湿っていた。「なんだ、これ?まさか…」でも目は絶対に開けなかったし、開けたら夢が消えちゃう気がした。その後予想どおり、二度目の大接近が訪れた。今度は10秒ぐらい。でも [続きを読む]
  • 迎えぼん、甥っ子がやって来た
  • 「お袋、今の電話、誰からだった?」「お前が大好きな甥っ子のSちゃん、今から家に来るって…」思わず着古しのパジャマの襟元を直した。オレの大好きなSが来る、オレを大好きなSが来る!オレと甥っ子のSとは、ただならぬ相思相愛関係でして、以前ブログでも紹介しましたが、ほんと一線を越えちゃうと、近親相姦になりそうです。読者の皆様は、免疫力をつけるために、まずこちらをお読みください。「ゲイの血脈」あれからSは、遠方 [続きを読む]
  • スマホのエロ広告は僕のせい?
  • 日頃、僕のブログをご覧いただき、ありがとうございます。ところで、あなたはこのブログをパソコン、スマホのどちらから見ておられますか?(※アクセス解析ではPCからが25%、モバイルからが75%)4人中3人は、スマホで見てくださっていますね。僕自身はパソコンのデスクトップ画面から閲覧や投稿をしているのですが、たまたまスマホで、自分の記事を見たら、凄いことになっていました。なんだ、このエロ広告のオンパレードは! [続きを読む]