南海の獏 さん プロフィール

  •  
南海の獏さん: Bottom 〜博打と共に一生続くか弧悲の想い〜
ハンドル名南海の獏 さん
ブログタイトルBottom 〜博打と共に一生続くか弧悲の想い〜
ブログURLhttp://bottomx.shibugaki.jp/
サイト紹介文寂しがり屋の博徒が、カジノやブックメーカー。博打のベット方法等について語る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 294日(平均0.3回/週) - 参加 2016/02/14 17:59

南海の獏 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ふりをしている
  • 生きているのが不思議になる。桜散り、風が止まり、行き交う人々の言葉が聞こえなくなる。ここがどこだか分からない。今まで何をしてきたのか、思い出せない。 なぜ、こんなに無機質な生を抱き続けているのだ。 私は多分、自分に嘘をついている。私は多分、自分に責を与えている。私は多分、夢を見ているふりをしている。 私は、自分が神であることを知らないふりをし続けている。 だから、だから、いますぐ、悪魔を叩ききる剣を両 [続きを読む]
  • 博打の負け方3
  • ルーレットにおけるマーチンゲールはテーブルリミットがあるから勝てない。では、モンテカルロ法やココモ法ならどうなのだろう。 ココモ法が簡単だから考えてみる。 前回同様ルーレットの話である。テーブルリミットが1ドル〜500ドル。コラムベットで、1.1.2.3.5.8.13.21.34.55.89.144.233.377。ここまではベット出来る。14回。やはり、これでは負ける。14回連続外すということは日常的にある。 上の写真では、コラムベットで1番 [続きを読む]
  • 博打の負け方2
  • 昨日はキャンセリングシステムは負ける。と書いたが、算数で考えると、キャンセリングシステムは必ず勝つ。配当が2倍のものはマーチンゲールで勝てる。3倍あればココモ法でもモンテカルロ法でも勝てる。 しかし、カジノでは障害がある。モンテカルロ法を頭の中で計算するのは出来るかも知れないし、マーチンゲールに頭脳は必要ない。 一つ目の障害はベット額に上限があることだ。 ルーレットでの話にする。ルーレットは完全独立事 [続きを読む]
  • 博打の負け方
  • 博打はどうやって勝てばいいのか。1.ツキに乗って、張りを積み重ねて、決めた回数の連勝を達成したらチップを引く。2.ツキに乗って、チップを動かさず連勝できるところまで連勝を続け、外れたら引く。3.決めたルールに従って張りを繰り返し、損失は張りの増額で取り返す。 「ツキに乗って」というと、最近の小僧はツキなどないという。なら博打などやめろといってやる。ツキとは確率の偏りのことである。あるに決まっている。 1.は [続きを読む]
  • 完璧主義は苦悩を呼ぶ
  • 年をとると面倒に感じることが多くなる。MovableTypeでせっせとブログをデザインしていたのは遠い昔。もう1年以上体調不良で鬱々としている。24時間体調が良かったことがない。完璧主義をやめた方が楽なのは感じているのだけれど、長年の癖か病を引きずり出す。 曇り空。庭に出ると蚊が元気だ。夏も終わりに近づいている。 。 [続きを読む]
  • 「わたしのCCIトレード」について
  • ○絶対的に人気のない「わたしのCCIトレード_Red&Black」について使い方に依存する半自動 EAて゛一つのツールですね。 全ての通貨ヘ゜アて゛稼働可能。基本的に 15 分チャートて゛の使用を前提にしています。○動作について本 EA は CCI 値か゛上か゛ったときに売りのホ゜シ゛ションを持ち、下か゛ったときに買いのホ゜シ゛ションを持 つ。初期設定で最大 2 ホ゜シ゛ションを取る。[使用者の方にしていたた゛くこと](1).トレント゛ [続きを読む]
  • 博打にはトレンドがある
  • 先日来少しずつバイナリーオプションをしている。簡単にできるというのが触れ込みのようだけれど、これはトレードよりは遥かに難しい。一般の外国為替取引は、損失と利益を自分で決められる。だから、損小利大が出来るのだが、BOは丁半博打と一緒で、自分の張った金の2倍が戻るか、何も戻らないか、この2つしかシチュエーションを作れない。(難しいことを言い始めると、他にもシチュエーションは作れるのだが)丁半博打で損小利大・ [続きを読む]
  • バンカーとプレーヤーは分からない
  • 博打は損小利大だが、色々な考え方がある。キャンセリングシステムを使うか、プログレスシステムを使うか。キャンセリングシステムは負けている分を張りで取り返すので分かりやすいが、プログレスシステムは買った時に賭け金を増やしていくので、すぐにピンとは来ない。 例えば負ければ1ユニットずつ捨てていき、勝てば1・2・4と張りを上げていく。3で負けたらもったいないと多くの人が思うけれど、 フラットに 1・1・1と3連敗で3 [続きを読む]
  • 肝を決める
  • 「おまえら、馬鹿だから知らないだろう。年寄りには2種類あるんだ。いつまでも生きていたい年寄りと、いつ死んでもいいと思っている年寄りだ。世の中には 馬鹿が多い。お陰で拳銃も簡単に手に入るようになったし、人生気持ちよく幕が引ける。まだひょっとして助かると思っているかな?人生は実に中途半端な、そ う、道端のどぶのような所で突然終わるもんだよ。」 これは映画「マルタイの女」の中の津川雅彦の台詞である。彼はヤク [続きを読む]
  • 阿佐田先生のお星様
  • 『宿六・色川武大』 色川孝子私は色川に背を向け、眠ったふりをしたのでしたが、それでも彼は点滴の針がさしてあるほうの腕を動かして、私の肩を指でつつくのです。「どうしたの」彼は、片方の手のひらを表にしたかと思えば、裏へと返し、ひらひらさせて、おどけるのでした。「それ、何なの」「お星さま」あまりのばかばかしさに、二人して顔を見合わせ、小声で笑ってしまいました。彼のベッドと私の簡易ベッドには段差があり、さ [続きを読む]
  • キャンプの想い出
  • 昭和の時代に今のようなしゃれたデザインのコテージがあるキャンプ場などなかった。中学生の頃、夏休みがくると仲のいい友達で川にキャン プに行った。女の子5人男の子5人くらいだったと思う。キャンプに行くにはテントが要る。あの頃は貸しテント屋さんがいくつかあって、夏休み前にテントを 借りる予約を入れて、当日テントと飯盒を借り、バスに乗って川原でキャンプを張った。必要なものはみんなで持ち寄ったが、その中にフォー [続きを読む]
  • 綺麗な看護婦さんは好きですか
  • 梅雨になったそうだ。季節の話題から書き始めるのは歳を重ねたためか。朝から、工藤静香と広瀬香美をバリバリと聞きながら、バカラについてぼんやりと考えている。 しばらくブログが書けなかったのは、体調のためだ。綺麗な看護婦さんに世話をかけていた。人間いつ死ぬかなんてわかりゃしない。死ぬことに異議はないが、痛く苦しいのは嫌だね。殆どの日本人は洗脳された頭で判断し行動し、自己の正当化を図っている。問題なのは洗 [続きを読む]
  • 過去の記事 …