pianoyumi さん プロフィール

  •  
pianoyumiさん: TOHOSHINKI 一転 BLOG
ハンドル名pianoyumi さん
ブログタイトルTOHOSHINKI 一転 BLOG
ブログURLhttp://nao0515.blog83.fc2.com/
サイト紹介文東方神起時代からのジェジュン溺愛ペン。ジェジュンを愛し、JYJを愛でるブログ。
自由文ジェジュン溺愛。ジェジュンが大切にするもの全てを愛します。JYJとジェジュンを優しくあたたかく応援できる方大歓迎!みなさんから優しいコメントいただいて癒やされています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/02/14 22:01

pianoyumi さんのブログ記事

  • 何も変わってはいない・・・
  • しばらくブログを書かずにいました。書くことが多すぎる事と、書きにくいことばかり頭に浮かんでいたので。ジェジュンが日本で華々しくがんばっている嬉しい状況であるにもかかわらず、他の二人はどうなんだろうなぁとか・・・。まぁ、そんなことも考える訳です。私は、彼らがソロであろうがグループであろうが彼らの活動のしかたに拘りはありません。でも、それぞれが輝ける場所にいて欲しいと、ずっと思い続けています。ですが、 [続きを読む]
  • ドキドキ
  • DefianceのMVにサプライズで付いてたジェジュンの電話番号。最後に9を足すと電話がかかるってAbemaでジェジュンから教えて貰ってかけてみた。かけましたか?みなさんwwwあれは、深夜に家族が寝静まってからかけてみるとドキドキが増します。笑まぁ詳しい事はかけてみてのお楽しみの方もいるでしょうから書きませんが「ちゃんとご飯食べてね。」って、私の?体を気遣ってくれたかと思うと最後に「でも、食べ過ぎて太っちゃダメだよ [続きを読む]
  • よかった
  • 今年はずっと、ジェジュンの活動を追うのに必死で。じっくりブログを書く時間も取れず、どうしてもツィでつぶやくばかりの日々で。ツィはタイムリーに物を言えるメリットはあるけど流れが早いので、あっというまに自分の言葉がかき消されてしまう、というデメリットがありますね。今日は、ずっと前からドキドキして迎えた日。ジェジュンは最近とても楽しそうで、私もジェジュンと一緒に楽しい気持ちでいられて。でも、もうすぐジュ [続きを読む]
  • ジェジュンが帰ってきた。
  • とうとう今日という日が来ましたね。明日発売のジェジュンのセカンドシングル。今日がフラゲ日。仕事が終わったら速攻で高速飛ばしてCDを取りに行かなくちゃ。(ツアーで衝動買いした後始末w)そして、カップリング曲であるLAVENDERのショートバージョンが真夜中に解禁されました。私ねぇ。この曲のこの歌声のジェジュンを聞いた瞬間、思ったのは「ああ、ジェジュンが帰って来てくれた」っていうこと・・・。美しくて儚げだった彼 [続きを読む]
  • 歌うたいのジェジュン
  • 何から書いたらいいのか・・・。書きたいことがたくさんありすぎて、毎日がどんどんすぎて行きます。一人で日本に住んで、ネネちゃんとココちゃんを家族にして慣れない日本のバラエティに俳句や生け花に挑戦して、日本のお笑いまでも一生懸命勉強しながら出演して。お休みの日にはスーパーに買出しに行ってお料理を作ったり掃除をしたり。そうかと思うと災害地にボランティアに行っていたり。そして、長い間のファンとの約束だった [続きを読む]
  • そんな季節がやってきたよ
  • 最近、ジェジュンもめちゃくちゃ忙しそうだけど私達ファンもいろいろ忙しいですよね。ホールツアーの記事もまだ書けていないまま、なんとか本日、このお部屋の開設9周年を迎えました。パチパチ。最近は、ツィで呟いても、暗に私とわかる様に、でも個人は特定せずに頭悪いんじゃないのとか非常識なやつだとか悪口雑言言われていて、ブログもツィも怖いな〜なんて思い始めていたところでした。でもね、言いたい人はなにをしても言い [続きを読む]
  • 第2弾シングルと謎のコラボ?
  • ジェジュンの新曲10月24日発売!JAEFANSさんからのお知らせ〜。JAEJOONG 2ndシングル「Defiance」10/24発売決定!! いつもジェジュンへの応援をありがとうございます。 この度、2018年10月24日(水)に待望の2ndシングル「Defiance」 を発売することが決定致しました! CDは4形態で、初回限定盤にはミュージックビデオの収録の他、 トレーディングカードが封入(全3種のうち1種類封入)されます。 また、FC限定盤には、カラー [続きを読む]
  • 大切に大切に。
  • 先日の朝、突然ジェジュンが、こんなツィを。味玉つくってみた! pic.twitter.com/3F7LJRtWFf— kimjaejoong (@bornfreeonekiss) 2018年8月30日 煮卵。一人暮らしだとどうしても卵10個ひとパックを消費期限内に食するのは難しいのか。笑ジップロックを常備していることもツボである。すっかりお母さん。自炊してるんだよね〜アジアのスーパースターが。ツィのタイムラインは突然、ファンのみなさんの煮卵料理教室となって [続きを読む]
  • おかえり〜
  • ジェジュンが日本に今日帰ってきましたね。まぁ、律儀にただいま。ってツィるところもさすがジェジュンだけれど。笑ただいま! pic.twitter.com/Q9VgIphOeB— kimjaejoong (@bornfreeonekiss) 2018年8月21日 10日以上もほっとかれたニャンコ達は、ちょっと不満げ。笑空港には、ファンの方々がお迎えに行ってくれたようですけど静かで穏やかなお迎えだったそうで。写真撮影禁止だったようなんですが、ツィにも写真は出てこな [続きを読む]
  • ジェジュンに見つめられた日
  • 今日はお盆のどさくさも、幾分落ち着き、比較的平和な職場でした。ジェジュンは北京で何やら過ごしているようですがこの時期になると、ジェジュンはたいがい国外にいますね。ふと、思い出したのですが去年の今ごろはKAVEがオープンしたばかりで私が偶然にもジェジュンに遭遇した日でした。まだ、1年しかたってないのかぁ。なんか、もう数年が経ったような気がします。この写真は宝物です。笑気のせいかとは思いますが、あのとき周 [続きを読む]
  • 俺の海
  • この記事のカテゴリー、もしかしたら「ジェジュン 」じゃなくて「個人的なこと」にするべきなのかもしれないのですが、全てはジェジュンにつながるという事でご勘弁を。昨日のヘタれた記事にコメントを下さった方々、本当にありがとうございました。自分でも自分を、やな感じって思う今日この頃。あたたかくあまやかしてくれるこの場所が好きだと思いました。←コラジェジュンにとってはライブ会場がそういう場所なんじゃないかな [続きを読む]
  • 余裕がなくて
  • 私はここで一方的に自分の好きなことを書き続けて読んでいる方々がどう受け止めるかとか、そんなことをあまり深く考えもせずに書いていたような気がします。つい最近、個人的に大変なことが多々あってその一部についてここに書いたことで、私の周囲の方々が「あ、自分のことだ」と感じて、私と距離を置いた方が良いと判断されたことがありました。ここに全ての事情を書く事もないので、誰にでも当てはまる内容である時もあるかもし [続きを読む]
  • この言葉に嘘はない
  • ジェジュンが日本で初めてソロシングル発売する前のツィでの言葉。皆さんの熱い応援のお陰で感謝の気持ち込めたsign/your loveを発売することになりました!とても長い時間がかかりましたが…変わらない愛を惜しみなく送って下さった皆さんのためにも…体がボロボロになっても良いくらい働いて見せなかった分、会えなかった分皆んなの皆んなの近くに行きたいです。— kimjaejoong (@bornfreeonekiss) 2018年5月25日 それから [続きを読む]
  • 思い出の中の再会 その1
  • 横浜から神戸まで。ジェジュンと共にしたライブの思い出を少しずつ書こうと思っていたのに。それを全てひっくり返してしまうような事をジェジュン はやってくれました。朝早く起きたんだなぁ。そう思ってジェジュンのあげてくれたニャンコの動画をみながら出勤した日。うん、今日はお休みなのかと思いつつ自分の仕事に没頭して、夕方に。ツィを開けると、そこには見慣れない景色と疲れたようなジェジュンの顔。えっ?まさか。行っ [続きを読む]
  • お久しぶりです。
  • 私がろくにこの場所を更新しなくなって、仕事でも人間関係でも、思うことがたくさんあって、ジェジュンが華々しく頑張っている時に、それを盛り上げる記事が書けずにいました。ツィッターでは元気に感想を述べることが出来ても、ここに残す言葉を書くのはもう少し時間がかかるかもしれないなぁと思っていました。でも、 「音楽の日」に出演してジェジュンが選んでくれたのは「僕が死のうと思ったのは」初めてこの曲を聴いた時には [続きを読む]
  • そうだったんだね
  • ブログ。おやすみするって決めたのはジェジュンが順調に日本で活動を初めて幸せに過ごせるようになったからもう私の9年間はおしまいにしてももう大丈夫。そんな風に思ったから。テレビにも出て、CDはチャートの1位、2位を取り、沢山の人に認知され、愛されて日本に住んでるジェジュン。そして、とうとう私の住む町のすぐ近くにジェジュンが来てくれた。ジェジュンに初めて出会った街、仙台。初めて会った場所も仙台で最後に会った [続きを読む]
  • おめでとうがたくさん
  • 時事通信社から横浜でのライブの動画があがってました。おめでとう〜。ジェジュン、新曲発売ライブでファンに感謝 https://t.co/FHaWWByRTT @YouTubeさんから #ジェジュン #NowPlaying #Sign— pianoyumi (@gotothejaeside) 2018年7月1日 横浜や名古屋でお会いした方々が、ブログやめないでと言ってくださって・・・。コメントも沢山、ありがとうございます。ツィではレポを書いておりますのでよかったら見てやって下さい [続きを読む]
  • 愛と感謝
  • 先日、突然、自分勝手にブログを閉じると書きました。自分としては、長く考えた末に出した結論だったのですがみなさんから、あまりにもたくさんの(私個人として考えていたよりも)コメントを頂いて・・・。まぁ、閉じると言われてしまえば、最後だからと頑張って書いてくださったんだと思いますが。長い事、ダラダラ好き勝手書いていたのに、ほんとうに申し訳ないです。私のこの場所が癒しの空間であると言ってくださる方が多いの [続きを読む]
  • この人だなぁ・・・。
  • 関西での大きな地震。当直中だったけど、朝方からDMATの出動の有無やらなにやらで情報収集にてんてこ舞いな朝だった。そして、まもなくジェジュンのツィが。大阪の皆さん…大丈夫ですか?これ以上もっと大きな被害が起きないように…どんな神様でも良いから止めてくださいお願いします。本当におねがい。— kimjaejoong (@bornfreeonekiss) 2018年6月18日 最近ではバラエティから音楽番組への出演まで、ジェジュンは多忙を極 [続きを読む]
  • ありがとう
  • 記念すべき、ミュージックステーションの放送も終わり、無事、ジェジュンの日本活動が再開しました。長かった。終わりの無い迷路のようでした。一筋の光が見えたと思うと直ぐに闇が取り囲んでいるような日々が続き、何も悪いことはしていないのに、大嫌いだと最低だと様々な悪口雑言を直接ジェジュンに浴びせかけた人もいました。ファンである私達にも、事あるごとにこのお部屋にきては罵るような言葉をおいて行く方も。心折れそう [続きを読む]
  • 残念ですが
  • 何年も前からこの場所で、彼等への応援の言葉を語りつづけてきた私ですがこのところ、非常に多忙で、ツイッターでつぶやくことが多くなりじっくりと考えて、この場所に文章を書くことが難しくなりました。そして、たまに記事を書けば苦情を頂くことが多くなり、自分の文才の無さ、表現力のなさに正直、気持ちがきつくなって来ました。思えば、ジェジュンが日本で活動を始めることができる様になるまで、それまでは頑張ろうと思い、 [続きを読む]
  • 同感
  • このところのジェジュンの、目覚しい活躍振りはここには書ききれない程で一昨日の有吉反省会なんてもう10回くらいリピして見てました。まぁ、嘘も方便なんて言いますし、あの程度の可愛い嘘は許してあげよう。wでも、火事には気をつけて。フェラーリ乗ってるのに乾燥機もないなんて以外と質素にお暮し?それにしても事務所が日本中心になると、というか個人事務所と言うか後ろ盾というか活動の幅も数もすごく違うんだなぁ。ファン [続きを読む]
  • Sign short version
  • 今日は仕事をしていて、このMVを目にしたのは夕方、というか夜だったんですが・・・。とうとう、この日がきたんですね。早くフルで聴いてみたいなぁ。ジェジュンらしい静かさと力強さが混在したこの曲。数々のインタビューでも、あのころのグループ名は決してださず、全くの新人として再デビューするつもりなんだなぁ。たしかに昔のグループ名は使えないし、使う気もないのだろうけどそのいさぎよい姿勢が好きだな。でもね、そのオ [続きを読む]
  • 芯の強さ
  • ずいぶん長い間、彼らや彼を守ってあげる、というような感覚をもってこのお部屋を守って来た様な気がします。勿論、それまでの過程で、自分の方こそ、気持ちを救ってもらったり癒やされたり、楽しみを貰ったり、そして、勇気ももらいました。彼らを取り巻く環境にも様々な憶測が飛び交い、簡単にいい悪いを結論づけることはできたかもしれないのですがあえて、そこはスルーしてきました。そして、ジェジュンの姿を追って来ました。 [続きを読む]
  • 思い出話
  • みなさま、おひさしぶりです。最近、ジェジュンが日本でどんどん活躍し始めているのとは裏腹に、地方住みの私は、特にジェジュンが近くにいるという実感がなく、テレビ出演一つとっても地元では放送されなかったり、途中で途切れたりしておまけに、以前は頻繁に顔をだしてくれたツィでもどうもニャンコ劇場みたいになっててそして、まるで彼女ばりにねねちゃんとベタベタしておる、いや、チューばっかりしているツィなんぞあげてき [続きを読む]