サホ さん プロフィール

  •  
サホさん: これからの世界に羽ばたく子供を。
ハンドル名サホ さん
ブログタイトルこれからの世界に羽ばたく子供を。
ブログURLhttps://ameblo.jp/tsubaki236/
サイト紹介文子供の可能性を広げるために親にできることは?子育てを楽しむためにはどうすれば良い?
自由文2人の子供(長女ミカ6歳・長男コロ3歳)のワーキングマザーです。
変化していく社会で自立する子供を育てることを目標に育児をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/02/14 22:41

サホ さんのブログ記事

  • 「成功」とは何か
  • 友人の公演を観に行きました。 大学時代の有志の部員と続けている劇団で年一回の公演ですが少人数の舞台であるにも関わらず見ごたえのあるものでした。 舞台を通して感じたのは、「成功」 とは何か。 という問いです。ちなみに、演目は 「四人の女」 でした。四人の女【新版】 (創元推理文庫) Amazon人気のコラムニスト ラリーをめぐる四人の女 (前妻、現婦人、愛人、婚約者) そのうちの一人を殺そうとバルコニーに細工をした [続きを読む]
  • 海外に行きたい!
  • ちょっと前になりますが昨年末にピースボート船内見学会に行きました。英語が話せないので、海外よりは国内旅行派でしたが 子どもの英語教育をきっかけに海外旅行熱が上がっています。 旅行にはさまざまな選択肢がありますが経験したことのない船旅ってどんな感じ?興味があったので行ってきました。横浜の大さん橋に豪華客船が寄港しているのは何回か観たことがありますが、 世界を旅する船は、やはり大きいです。そして、船内は [続きを読む]
  • 何のためにブログを書くのか
  • 2017年の夏から私はブログを書き始めました。 ここ最近ブログを見直す時期にきたのかな。と感じます。 一番の理由は目的があいまいだから。 始めたきっかけは自分で何かを始めたかったからだれかと繋がれるかと思ったから 何かせずにはいられなくてとりあえず見切り発車で始めたのでした。何かを伝えなければ。そんな思いがあったものの 書けば書くほど私に伝えられることはそんなに無いなぁ。ということも分かりました。 それは私 [続きを読む]
  • おじいちゃん、おばあちゃんという存在
  • 正月ネタは続きます… 年末年始は主人の実家で過ごしました。 主人の実家に行くのは年に3回ほど。すごく遠いわけではないけど近いわけでもないので、回数は限られてしまいます。 子どもたちにとって大好きなおじいちゃん、おばあちゃんちで 遊びたい放題好きな料理が出てきて、ジュースも飲めておもちゃも買ってもらえて 好き勝手できる 子どもにとって最高の時間。マリオでいう無敵モード。おじいちゃん、おばあちゃんという存在 [続きを読む]
  • 今年のだるまは…
  • 今年のだるまは 犬!戌年なので。どーん。主人の実家でお正月を迎えるようになって初詣は 妻沼聖天山に行くようになりました。 高崎も比較的近いためかだるま市もあります。 たくさんのだるまが並ぶ光景はなかなか見ものです。そして、変わりだるまも並んでいます。 いろんな色のだるまがあったり…  ↓金運up! 形が だるまでなかったり。 ↓まねき猫結婚するまでは住職である祖父の寺で過ごすことがほとんどだったので初詣ら [続きを読む]
  • 色で自分をみつめる
  • TCカラーセラピスト講座を受講しました。 TCカラーセラピーとは、色彩心理をベースとしておりカウンセリングのツールとして、14色のカラーボトルを使います。カラーボトルとマニュアルが付いていてすぐにカラーセラピーを実践できるので帰宅後、さっそく主人で実験しました。 仕事や悩みは妻には話さないタイプですが、問題・課題、今テーマとなっていることから自分をみつめる4本リーディングからずばりなメッセージが出てきて「 [続きを読む]
  • 新年の抱負
  • 12月から本格的に自分と向き合う時間を持つようにしてきました。 私がモヤモヤ思うことは何か?どうしてそう感じるのか?本当はどうしたいのか? 今までこうした時間を持つことはしてきませんでした。 仕事で忙しい。家事で忙しい。子育てで忙しい。 自分の時間を持つこと自体出産してからは特に難しく ようやく持てた時間でも自分と向き合うことは考えもつきませんでした。昨年までは、自分が考えたことを書き出すということを全 [続きを読む]
  • 仕事納め
  • 先日、会社員としての仕事を終えました。 入社してからは8年間。2人の子どもの産休・育休があったので実質は5年弱の会社員生活でした。 今は感謝の気持ちでいっぱいです。 私を育てようとしてくださった先輩一緒に仕事をしてきたチームの皆さんプロジェクトに加わった頼もしい後輩子どもを出産してからは一歩引いた立場で仕事をしていてプロジェクトを支えるには力不足であるといつも感じていました。 が、そこで仕事をがんばり切 [続きを読む]
  • キャリアで迷うのは皆同じ?
  • 大学&大学院時代の友人と会う機会がありました。 友人たちも結婚し、子どもを出産、または出産予定の女性。 立場が似ていると、会社は違っていても悩みは似ているなぁと感じます。 仕事と家庭。子どもの教育。これからの働き方。 子どもが生まれたことで優先順位が変化するのは皆同じ。 働くことで自分らしくいられるので、働き続けたいと考えながらも忙しすぎる仕事に疑問も感じたり。家庭のために収入を得る必要を感じていたり [続きを読む]
  • クリスマスに思うこと
  • 子どもにとって誕生日の次に楽しみなのがクリスマスなのではないでしょうか。いい子リストに載っていればサンタさんがプレゼントをくれるドキドキ感。 クリスマスまでの一か月ちかく街はクリスマスの飾りつけがされていて家ではクリスマスツリーが飾られ「クリスマス」 という雰囲気を楽しむ日々。 クリスマスの日を指折り数えながら迎える期待とクリスマスが来てしまったら終わってしまう寂しさがないまぜになった複雑な気持ち。 [続きを読む]
  • 音楽を感じるクリスマスコンサート
  • 芸術に触れさせたいなぁと思いつつあまり機会を設けてこなかったのでミカと二人でクリスマスコンサートに行きました。芸術に触れさせたいと考えているのは「感じる」 ことをしてもらいたいから。 芸術に触れることで自分の心がどのように動くのか頭で考えるよりも感じてほしいと思います。 古典とよばれる絵画や音楽はそれだけ長い間多くの人々の心の琴線に触れてきたもの 人間の心を動かす普遍的な何か。があると言えます。 今回 [続きを読む]
  • 柚子狩り
  • 今日は冬至。1年でもっとも昼が短い日です。 冬至といえば、柚子湯。 家の庭に柚子の木があり、今年はたくさん実ったので収穫しました。 柚子湯にするとお風呂から出たあともポカポカします。 冷え込みが厳しいこの冬柚子のさわやかな香りに包まれながらほんのり黄色く色づいたお風呂を楽しむのも良いですね。薬膳を習ったときに東洋思想も勉強しました。 私は東洋思想の世界観が好きです。 様々なものがないまぜになった混沌と調 [続きを読む]
  • 朝活、2回目の参加
  • 藤原かおるさん、Ericaさんが主宰する2017年最後の朝活に参加しました。 テーマはタイムスケジュールと2018年の目標。 日々のタイムスケジュールがどのようになっているのか実際に書き出してみることで発見がありました。 忙しい、時間がないと感じる平日でもタイムスケジュールに書き出してみると意外と時間があるように感じました。 帰宅してからも時間を作り出すことができそう。とかちょっと空く時間はあるから下準備しておけ [続きを読む]
  • 2030年への責任
  • 日本経済新聞の一面に12/4からシリーズで出ていた「2030年への責任」 膨大化する医療費に警鐘を鳴らした記事でした。 このシリーズを読んでいて日本では当たり前とされている国民皆保険制度も未来には無くなっているのでは。と感じてしまいました。 妊娠中の健診で、医療費は高額であることを目の当たりにしていたはずでした。でも、その感覚が薄れてしまっています。 福祉国家であるスウェーデンの中学校の教科書には次の問いかけ [続きを読む]
  • 自分と向き合う時間
  • 12月に入り、年末に向けて1年間を振り返る機会も増えてきました。 2017年はどんな年でしたか?私にとって2017年は変化の年でした。変化といっても、変化のスタートの年です。 私は2017年のうちに会社員後にすることの見通しをたてることを目標にしていました。それは達成できたのかな。と感じます。 最初は何を始めたらよいのかわからずに「こんなことしたいな。」 と思っていて、その他は何も決まっていない状態。 でも会社を辞 [続きを読む]
  • 映し出されるのは対象への愛
  • 10月末に受講した写真講座の密度の濃かった一か月フォロー期間が終わりました。この一か月は今までになくさまざまなものを撮り試行錯誤しました。月の写真まで!クレーターが写ったときは嬉しくてはしゃいでしまいました。 こんなものを撮りたい。こんなふうにしたら きれいかな。子どものこんな表情を撮りたい。 始めてみたらいろんな思いがむくむくと出てきました。 それは新しい自分の発見でもあります。講座を受ける前はオー [続きを読む]
  • 親子で楽しんだクリスマス会
  • ミカの保育園クラスの有志の保護者の方が企画&運営してくださってクリスマス会が開催されました。 このクリスマス会も はや3年目。 昨年は保護者会のクラス役員だったこともあり私は運営側だったのですが気を配ることも多くて、想像以上に大変。 普段仕事&子育てで忙しいなか休日の予定を合わせて打ち合わせと準備をして…ただ感謝です。 毎年続けられたのも「子どもたちが喜ぶから」「子どもたちが楽しみにしているから、今年 [続きを読む]
  • 消費者として考えること
  • スーパーに並んでいる生鮮食料品。食べごろかどうか考えたことはありますか? 普段あまり意識しないことですがよく考えてみれば答えは出てきます。 流通する時間購入されて調理されるまでの時間食べられる状態である必要があります。 だから、市場に出ているものは見た目を重視して食べごろの少し前に収穫されています。 果物狩りでもぎたての果物を食べる経験があるれば実感したことがあるのではないでしょうか。 ぎりぎりまで木 [続きを読む]
  • ” I spy ”に夢中
  • 子どもが夢中な" I spy " シリーズ 寝る前に読むとみつけるまで寝られない。 日本では 「ミッケ!」 と訳されています。本の中身は、様々な物が散りばめられている写真の中からキーワードに当てはまる物を見つけ出す写真絵本。 私が小さい頃に「ウォーリーをさがせ」 が大人気だったようにI spy シリーズは大人気でアメリカでは700万部も売れたとか。 絵をじっとみつめながら「みつけた!」 という瞬間が喜びのようで姉弟で競い合 [続きを読む]
  • 怒涛のスカイプレッスン週
  • 久しぶりに英語育児ネタです。 11月末は今までになく怒涛のスカイプレッスン週でした。 友人を紹介したことによりレッスンのチケットがもらえたのですが気がついたら有効期限が間近だったという理由で。。。 今まで週に一回の非常にゆったりとしたペースでのレッスンがいきなり週に3回になる勢いでした。 この挑戦で見えてきたものもあります。①平日の出勤前、帰宅後でもレッスンすることは難しくない 朝のだらっとした時間や帰宅 [続きを読む]
  • うまれかわり
  • 生まれかわりを信じますか? 私は信じているし、実感もしています。 私の場合、感性が鋭くていろいろ視えたりもしませんし過去世の記憶があるわけではないです。 ただ、自分の人生を生きてきた中で「これって生まれかわりだな」と思うことがあります。一番つよく感じるのは子どもの出産です。 妊娠してから日々変化してく自分のからだ 気にもしていなかった匂いに敏感になり料理の味にも敏感になって味覚が変わったり別人になった [続きを読む]
  • 馬の博物館
  • 会社の特別休業日を利用して久しぶりに子供たちと平日にお出かけしました。 場所は、馬の博物館。(やはり 馬に関連する場所)横浜の根岸森林公園にあります。 入口から馬の花壇がお出迎えしてくれて子どもたちは歓声をあげていました。 そもそも、なぜ根岸に馬の博物館があるのでしょう? それは横浜が洋式競馬場の発祥の地だから。 もともと居留外国人の娯楽として1860年代に根岸競馬場が作られ 1942年まで76年間もの間競馬が行 [続きを読む]
  • できないことを決めているのは自分
  • 久しぶりにイルミネーションを見に行きました。 子どもを産んでからは、 「子どもが小さいうちは夜のお出かけなんてできない。」 と思っていたのでずっと行けていなかったのです。 久々に見るイルミネーションのきらびやかさは心おどるものでした。もともと、冬になったらイルミネーション!という性格ではなかったので「しかたない」 くらいに思っていましたが実は心に引っかかっていたようです。「できない」 と思うと不思議なも [続きを読む]
  • 食生活の向こう
  • いけやれいこさんのナチュラルハイジーンの食べ方講座を受講しました。私がナチュラルハイジーンを知ったのはちょうど一年くらい前。 「女性のためのナチュラル・ハイジーン」という本との出会いがきっかけでした。女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消! Amazon女性特有の病や症状に限らず人間の病気の原因はそれまで選択してきた食生活やライフスタイルにあるという [続きを読む]
  • 完璧主義が自分を苦しめている?
  • 仕事や家事をするうえで重要視していることは何ですか? 時間でしょうか。質の良い仕事をすることでしょうか。私はどちらかというと物事を完璧に進めたいほうです。 できることはきちんとしないと落ち着かないちゃんとできないと責められる気がする手を抜くことに罪悪感を感じる そのように感じている完璧主義な人が多いように感じます。 それは小さい頃からの環境が影響しているのかな。と、ふと思いました。 小さい頃から何でも [続きを読む]