サホ さん プロフィール

  •  
サホさん: これからの世界に羽ばたく子供を。
ハンドル名サホ さん
ブログタイトルこれからの世界に羽ばたく子供を。
ブログURLhttps://ameblo.jp/tsubaki236/
サイト紹介文子供の可能性を広げるために親にできることは?子育てを楽しむためにはどうすれば良い?
自由文2人の子供(長女ミカ6歳・長男コロ3歳)のワーキングマザーです。
変化していく社会で自立する子供を育てることを目標に育児をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/02/14 22:41

サホ さんのブログ記事

  • 馬のまちで乗馬体験♪
  • ミカが今いちばん好きなものは「馬」 乗馬など馬とふれあう機会があるといいな。と日々思っていました。 しかし、小さい子供が乗れる場所はそうそうありません。 首都圏近辺だと動物園の引き馬がせいぜいかな。 馬の種類も、小柄なポニー。それはそれで楽しいのですが。安全面とか考えると難しいようです。 そこで、八ヶ岳のふもとの山梨県北杜市馬のまちに訪れました。 八ヶ岳ロングライディングではミカも、そして3歳のコロま [続きを読む]
  • クロスメディアの怖さ
  • 引き続き、ERICAさんが主催する【SNS研究会】で出たテーマです。 メディアリテラシーのほかにも気になるものがありました。 それは、クロスメディア。 クロスメディアとは、メディア×メディア インターネットや雑誌、テレビCMなどいくつかの媒体を連携させて広告の効果を高めているのがクロスメディア広告です。 例をいくつかあげてみます。私は見ていないので、聞いた情報も含まれています。 ●妖怪ウォッチゲーム × アニメ × [続きを読む]
  • スマホを子どもに与えるときのルールを考える
  • ミカは来年小学生になるのでそろそろスマホが必要になってくる年齢になってきたのかもしれません。 スマホを子どもに与えるときに子どもとの約束が必要だと私は考えます。 使い方を間違えれば自分だけでなく、他の誰かを傷つけ取り返しのつかない可能性もある道具。 未熟である子どもに与える前に親として決めておくことが大切です。 私が参考にしたいなと思うのが「スマホ18の約束」としてアメリカのあるお母さんが13歳になる息子 [続きを読む]
  • メディアリテラシーとは?
  • 先日、ERICAさんが主催する【SNS研究会】に参加しました。 このSNS研究会のテーマはメディアリテラシー。 メディアリテラシー聞いたことありますか? 私は聞いたことがありませんでした。情報リテラシーとまざって勘違いもしていました。 セミナーを受講して、こうしてブログで情報を発信する者としてまたこれから様々な情報にふれ発信していく可能性のある子どもも必須の知識であることを感じました。 まず、メディアリテラシー [続きを読む]
  • いろんな働き方、仕事がある
  • 星ふる学校の夕食は、元料理人のお父さんが腕をふるってくれました。 (私は晩ごはんを作るのをお手伝いしました) 学校に併設された体験室で作るのでいろいろと限りがあります。時間子どもも大人も喜ぶメニュー調理器具・材料 料理人ならではの手際のよさで短時間でみごとな晩ごはんが完成しました。 さすがです。 近くの農産直売場で仕入れた新鮮な野菜がみごとなサラダに変身 子どもも大喜びのハヤシライス とても おいしかっ [続きを読む]
  • 純粋に近い愛情は、こどもへの親の愛情
  • 「愛情」とはどのようなものですか? 辞書によると、相手にそそぐ愛の気持ちです。 そして、純粋に近い愛情はこどもへの親の愛情です。 「こどもが幸せならいい」感じたことありますよね? 先日のお泊り遠足でも、親の愛情をたくさん感じました。 「こどもが喜んでくれたらいい」 だから、休日でもこどもが楽しめる場所へ出かけるしこどもが好きな虫集めだってするし遊びを見守ったり、つきあったりするしおいしいごはんも用意す [続きを読む]
  • ”星ふる学校”へお泊り遠足
  • ミカが通う保育園のクラスメイト家族が企画してくれたお泊り遠足へ行ってきました。 場所は、栃木県の “星ふる学校 くまの木” 廃校となった小学校が、宿泊施設として利用できます。大勢の家族が参加した遠足にはもってこいでした。 校庭の隣には池があり、カエルを探してつかまえたり池の中の様子を観察したりこども達は大喜びでした。 周囲にあるのは、自然のみ。それで十分。 周囲も散歩しました。きれいな川の上につり橋が [続きを読む]
  • Youtubeは危険?
  • こどもにYoutubeを観せる弊害はあちらこちらで言われています。 特に、おもちゃレビューに関しては商品の情報がこどもに刷り込まれてしまうマイナスのイメージが強いようです。 しかし、「思いつかなかった遊びを知る」ことができるのはメリットなのではないかと私は思います。 遊びは模倣から始まるもの。 こんな遊び方があるんだ!こんなふうに遊んでみたい! 動画がきっかけでこどもの遊びが広がることもあるのだと最近感じまし [続きを読む]
  • 届けたい人に届ける文章を書きたい
  • 人に伝わる文章を書きたい。 何かしらの情報を発信している人にとって考えることではないでしょうか。 自分ではうまく書けているつもりでも他の人が読んだら分かりにくいかもしれないですよね。 もともと本が好きで、文字を読むのが平気な人もいれば、 文章を見るだけで、くらくらしてしまう人もいるかもしれない。 人に伝わる文章って何? ブログを書いて初めて考えるようになりました。 最初は自己流でした。日記を書くように [続きを読む]
  • 英語育児の味方!NetFlix
  • 英語育児を進める上で必須なのが、英語のかけ流し音源&動画。 お気に入りの動画などからかけ流し音源を録音するのは手間と時間がかかります。 ついつい同じ音源を繰り返し流してしまい子供のレベルに合わせてステップアップできないでいました。 そこで今年の春からついに、Netflixを導入しました。 Netflixは月額定額制の動画配信サービス。アメリカ最大の動画配信サービスで、利用者数は世界で1億人突破したそうです。 数ある動 [続きを読む]
  • 育児のストレスを減らす方法
  • 育児の不安やストレスを減らす方法。調べればいろいろありますが、準備の必要がなく、すぐにでもできることをお伝えします。 お母さんの日々のイライラを減らして笑顔でいられれば、家族もにこにこで過ごせますよね。 まず、育児に不安があったりストレスがあるのは現代社会ならではと言えます。 今のお母さんはこどもと一日中向かい合っていると疲れてしまったり、イライラしてしまう傾向があります。 様々なことへ興味・関心を [続きを読む]
  • パズルに憑りつかれるミカ
  • ミカはパズルが好きで憑りつかれてる?と思うくらい熱中することも。 パズルのレベルは3歳頃には50ピースくらい。5歳頃には300ピースくらい。 ミカに限って言えば、パズルはすんなりステップアップできました。(コロは、ゆっくりめです) 導入は、定番「くもんのジクソーパズル」くもんのジグソーパズル STEP1 だいすき どうぶつ2,484円Amazon その後は、本屋さんなどで売っているアンパンマンやディズニーのパズルでステップアッ [続きを読む]
  • 「ぺぽかぼちゃ」って何?
  • こども達が好きな絵本のひとつが 「しりたがりやの こぶたくん」 小さな妹がいるこぶたくん一家のほんわかとした日常をつづった絵本です。 こぶたんくんのお母さんは愛情深くこども達を育てているのですが こども達のやんちゃが続くと 「ひとりでいたいの」と こども達とはちょっと距離をおいて心を落ち着けたりします。 母親である私も「うんうん」と頷いてしまう 等身大の家族像が描かれていて共感する部分が多い絵本です。 し [続きを読む]
  • 長く楽しめるおもちゃ
  • 積み木 幼児向けおもちゃの定番です。 でも、 積み木の何が良いのか? どんな効果があるのか? あまり意識してないでこどもに与えて遊んでいるのではないでしょうか。 効果を知らなくても良さを受け取ることはできますが、 効果を知って使うと積み木の良さを活かせるのかな。と思います。 < コロ(3歳4カ月)の作品 > 積み木で向上する能力バランス感覚指先の器用さ想像力と創造力集中力 ①バランス感覚・指先の器用さ  積 [続きを読む]
  • 甘え子育てのすすめ
  • いい子って何でしょう? 親がこどもに求めるものってたくさんあります。 朝は自分で起きられる着替えを一人でできる脱いだものはたたむ好き嫌い言わずにご飯を食べる食べこぼしをしない時間どおりにしたくをする自分の荷物は自分で持つ歩いてお出かけできる親の言うことを聞く手伝いを進んでする兄弟の面倒をよくみる …まだまだ出てきます。学校生活が始まったらもっとかもしれません。 でも、これが全部できるこどもってこどもら [続きを読む]
  • いい子って何?
  • いい子って何でしょう? 「いい子にしててね」 とか「いい子だね」 とか「いい子にしてなさい!」 とか 言いませんか? 自分が思っている以上に?いい子” という言葉を使っているかもしれません。 でも、この“いい子”って大人にとって都合の良い子だったりするんじゃないかな。と思うのです。 例えば こどもを保育園に預けるとき「いい子にしててね」と言って別れることがあります。 親を困らせずに さっと別れて友達と [続きを読む]
  • ライフスタイルの選択
  • 先日、ナチュラルハイジーンの実践講座を受講しました。 ナチュラルハイジーンとは、 1830年代にアメリカの医師たちによって体系立てられた自然健康法です。 人間が本来持っている自然治癒力を最大限生かす方法で、 古代ギリシャの医術の父ヒポクラテス や ピタゴラス の理念を受け継いでいます。 私がナチュラルハイジーンに出会ったのは 一年ほど前。 それまで常識としてた食事法とはまったく異なるためただただ 衝撃でした [続きを読む]
  • Tooth fairy を召喚
  • ミカの上の前歯が抜けました。 下の前歯はすでに抜けているので5本目です。 英語育児をしていて知った欧米の習慣に 次のようなものがあります。 抜けた乳歯を枕の下に置いておくと、子供たちが寝ている間にやって来て歯をお金に交換してくれる。 最初に知ったのはPeppa Pig だったかと思いますが ミカは、前々から気になっていました。 そこで“Tooth fairy” を呼ぶことにしました。 夜寝るときに、枕の下に抜けた歯を入れて [続きを読む]
  • こどもの学力を伸ばす親の習慣とは?
  • 引き続き、プレジデントFamilyから。 プレジデントFamily(ファミリー)2017年10月号(2017秋号:東大生179人の小学生時代) Amazon 興味深い特集がありました。 それは「学力を伸ばす、たった一つの親の習慣」 すでに聞いたこともあるかもしれませんが 多くの東大生は親に「勉強しなさい」と言われたことがない。自主的に勉強する習慣があった。 というアンケート結果が出ています。 なぜ、「勉強しなさい」と言わなくても自ら勉強す [続きを読む]
  • かがくのはっけん!
  • 子どもの知的好奇心を刺激するには 何をすれば良いでしょうか。 「ネタの探し方がわからない」「こどもに分かるように説明するのが難しい」「そもそも、親でもよくわからない」 と思いませんか? 「これはなんでだろう?」「調べてみよう」 ひとつひとつ調べて こどもに説明する時間だって そうそうありません。 調べているうちに こどもの興味がそれてしまえば それまでです。 聞いてくれません。 そこでおすすめなのが、 百 [続きを読む]
  • 自分を生きるってどういうこと?
  • 自分を生きるってどういうこと? コロが生まれてからの私のテーマ育児休暇期間中も、職場に復帰してからもずっと考えています。たぶん、今までの人生で初めて真剣に考えているのかも。 (ミカの時は目の前のことしか考えていませんでした。育児で手いっぱいだったし、2人目を産むつもりだったのでとりあえず職場に復帰することだけしか頭になかった。。。) 言葉にすれば当たり前のことですが人生は一度きり。いつかは死んでおしま [続きを読む]
  • We are voyagers!!
  • 家族で(主に私と子どもたち)「MOANA」にはまってます。 子ども達と映画館で観た時、私は一人で泣いていたのですが改めて観てますます好きな映画になりました。 Moana Amazon 子ども達が好きなのはHeihei(ニワトリ)うっかりMoanaと海に出てしまって「ア゛ーー!!」となっているシーン、爆笑です。今までにない頼りなさすぎる相棒。 ディズニー映画だと、関連する本も充実しているのが嬉しいところ ミカ用に「STEP into READING」 [続きを読む]
  • 子どもが熱を出したとき、どうすれば?
  • 今週に入って、まずはミカ、続いてコロと高熱が出ました。お姉ちゃん大好きで真似はよくするのですが、こんなところまで… 大人だったらぐったりな38℃後半でも、子どもって元気に動き回ったりしますよね。そして、快復が早い。2人とも発熱したのは1日で、翌日から保育園に登園して元気に過ごしています。熱でぐったりしていたのがウソのようです。 さて、子どもが熱が出たとき、どんなことをしますか? 以前の私は、子どもが病気 [続きを読む]