yuisen さん プロフィール

  •  
yuisenさん: 由泉の作陶日記
ハンドル名yuisen さん
ブログタイトル由泉の作陶日記
ブログURLhttp://yuisen.exblog.jp/
サイト紹介文岐阜市で陶芸をしています。茶器、花器、アクセサリー、食器作り、漆塗り、金継ぎもします。
自由文平野鴻先生の油滴天目茶碗に魅了され岐阜市の平野鴻ものづくり工房鈴泉窯で陶芸をしています。土もの、磁器もの、漆塗り、天然石などいろいろな素材や手法を取り入れてユニークなものづくりをしています。美しい音楽を聴いたり美しい景色を見たり、日々の生活の中にあるきらめくことを見つける事が好きです。陶芸がメインですが、茶道や旅行についても載せていきたいと思います。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2016/02/15 05:33

yuisen さんのブログ記事

  • グム百貨店 part2
  • グム百貨店の名物はアイスクリームです。いたるところにアイスクリームスタンドがあり多くの人がアイスクリームを食べています。私たちも買って食べてみました。ヘーゼルナッツ味とヨーグルト味です。さっぱりしていて美味しかったです。館内の通路のあちこちにこんなディスプレイがあって楽しいです。そしてもう一つの名物は豪華なお手洗い・・・。普通のお手洗いもありますが、こちらは... [続きを読む]
  • グム百貨店 part1
  • モスクワの赤の広場に面しているグム百貨店は観光名所になっています。1893年建設、百貨店でありながらもロシアを代表する建築物として多くの人に親しまれています。3階建てのアーケードになっていて売場面積はなんと約3万平方メートル、吹き抜けの天井から太陽の光が差す気持ち良い空間です。あまりに広くて今回はお目当てのインペリアルポーセリンのお店と1階の食料品のお店にしか行きませんでした。 [続きを読む]
  • お侍さんの絵
  • 今、6歳の男の子に孫はお侍さんが大好きです。お侍さんを描いたから見て! って言って見せてくれました。なかなか特徴をとらえています。今年、岐阜市は織田信長が岐阜城に入城し岐阜という井の口を岐阜と改名してから450年の記念の年です。先日娘親子が信長展を観に行ったので、織田信長が身近に感じたようです。私はまだ観に行っていませんが‥‥。 先祖が信長の家臣だった事もあり急に興味... [続きを読む]
  • もう一つの茶入れ
  • もう一つの茶入れにも釉薬をつけました。一応、こちらが正面ですが裏はこんな感じ。ベースは黒釉で景色を作るためにワラ白釉を垂らしました。どんな風に焼きあがるか楽しみです。 [続きを読む]
  • 可愛いレストラン part2
  • サンクトペテルブルク市内にある”カチューシャ”もかわいいレストランでした。お店の入口・・・。地下にお店はあります。こちらのウエートレスさんも可愛いです。さいの目に切ったこのポテトサラダは郷土料理なのか他のお店でもでました。味付けはどこも美味しかったです。必ずといっていいほどお料理にのっているのはディルです。クラシカルなバラのお皿もとっても素敵・... [続きを読む]
  • 可愛いレストラン
  • サンクトペテルブルクではエカテリーナ宮殿を観た帰りにとても可愛いレストランに寄りました。木造りの不思議な建物なので車の中から、何か知ら・・・と思っていたらそこがランチのレストランでした。中に入るといきなり熊が立っていました。あちこちにトールペインティングがしてあって装飾がかわいいです。左のはサワークリーム、右のは野菜のピクルスです。メインはローストポークです。... [続きを読む]
  • カップに装飾を・・・
  • 先日焼けた細いカップに装飾をしました。2ヶ月ほど前に同じカップを作ってお世話になっている方にプレゼントして喜んでいただけたので同じのをまた作ってみました。前回のはパールを2カ所、側面に向かい合わせてでつけましたが、今回は3個を少し高さを変えて付けました。合計7個ありましたが、パーるは4個だけにしました。 [続きを読む]
  • ユニークなレストラン
  • モスクワ市内で面白いレストランに連れて行って頂きました。なんと、お店のなかに動物を飼っていて時々牛やヤギの鳴き声が聞こえたりします。レストランの入口です・・・。動物がいることを知らなかったのでお店の中にはいってからびっくり・・・。レストランなのでガラス張りになっていて臭いはまったくなくて清潔が保たれています。動物に一番近いガラス越しの席には子供連れがグル... [続きを読む]
  • 茶入
  • 茶入の素焼きができたので釉薬をつけました。両側のはベースが飴釉です、真ん中のは天龍寺青磁釉です。真ん中のと右側のは練り込みが入っているので模様がでるように釉薬の選びました。あと2つまだ釉薬を付けていません。何を施釉しようか考え中です。焼き上がりが楽しみです。 [続きを読む]
  • 素敵な女性のつづき
  • カフェプーシキンで見かけた素敵な女性の写真を同行した友人が送ってくれました。彼女の方が写真を撮るのが上手くてiPhoneのカメラなのに同じ風景を撮っても素敵なんです。もっと考えて写真を取らなきゃいけないとつくづく思います(~_~;)同じ場面なのに、私の写真と違ってグラスとかナプキンとか不要な物が写っていません。それにしても美しい横顔です。絵になりますね〜。 [続きを読む]
  • エカテリーナ宮殿
  • サンクトペテルブルクの郊外にあるエカテリーナ宮殿はピョートル大帝のお妃エカテリーナ1世の為に建てられました。サンクトペテルブルグ南へ30kmの郊外、プーシキン市にあります。18世紀半ばのロシアバロック様式の建物は、端から端まで300メートル以上ある外観のみならず内装も見事です。贅を尽くした55の部屋から成り、内外装には、純度の高い金が多く使われたと言われます。第2次世界大戦... [続きを読む]
  • カフェ・プーシキン 2
  • カフェ・プーシキンの続きです。奥の席に素敵な女性客をみつけて思わず隠し撮り・・。フェルメールの絵になりそうな・・・。ロシアのレストランではたいがいこんなパンが出ました。ボルシチが濃厚でとっても美味しかったです。サワークリームを浮かべました。メインはビーフストロガノフです。デザートにはシュークリームが2つ・・・とても美味しかったです。私たちが座った... [続きを読む]
  • カフェ・プーシキン
  • モスクワで有名なカフェ・プーシキンでランチをしました。ロシアの詩人プーシキン生誕100年を記念して1999年に出来たレストランだそうです。19世紀のロシア様式が再現されています。ちなみにこの日の夕食はトウーランドットだったのですが、お隣のビルでした。店内、どこを見ても絵になります。1階は団体客が主で混んでいましたが2階は静かな空... [続きを読む]
  • ロシアの地下鉄
  • モスクワではメトロ(地下鉄)に乗ってみました。それぞれの駅が特徴があり美術館や宮殿みたいに重厚なつくりになっているそうです。クレムリンの最寄り駅から乗ります。切符売り場。乗車距離を問わず均一料金なので改札を出なければ1枚の切符でどこまででも行けます。切符の自動販売機自動改札機。エスカレーターでホームに向かいますがエレベーターがとてもスピードが速いと聞いていたので心... [続きを読む]
  • エルミタージュ美術館
  • 今回のロシア旅行での楽しみはエルミタージュ美術館に行くことでした。エルミタージュ美術館については説明を貼り付けます(;^_^Aエルミタージュ美術館は、ロシアのサンクトペテルブルク(旧レニングラード)にある国立美術館で、考古学資料から20世紀の美術まで、すでに記録された美術品だけで約270万点を収蔵する世界有数の大美術館である。ただし自国のロシア美術はいくらかの例外を除いて、同市の... [続きを読む]
  • 練り込みマグカップ
  • 以前作った練り込みのマグカップと同じでもう少し小さめのを頼まれたのでいくつか回しました。これが見本です。削るまえ・・・。ひと皮めくるように削るとこんな模様になります。内側も・・・。5つまわしましたが、今回は赤粘土を控えすぎで模様が少なくなりすぎたかも…(;^_^Aこれからまた持ち手を作って取り付け作業があります。 [続きを読む]
  • 練り込み茶入
  • 練り込みの茶入を作ったのを削りました。削る前・・・。削ったあと・・・。もう1つの茶入は口元をあえて茶入っぽくない形にしました…というのもどこかで韓国の典型的な焼き物で象嵌を施して青磁焼き物(何焼きか知りませんが・・・)の小壺を茶入に見立てて使われているのをみたので作ってみようと思いました。口元がさみしいのでちょっとアクセントに彫りを入れてみました。 [続きを読む]
  • TURANDOT
  • モスクワでTURANDOTというイタリアンレストランに行きました。現地でも人気のレストランだそうです。貴族のお屋敷だった建物なのでそれは豪華な造りでした。玄関ホールです。1階と2階席があり二階席の方が良いらしくて私たちは2階席に予約が入れてもらっていました。2階に上がるとシャンデリアが近いです。天井絵が素敵・・・。お料理も大変美味しくいただきました。こ... [続きを読む]
  • サンクトペテルブルク
  • サンクトペテルブルクは海と運河のあるロシア第二の都市で芸術の都といわれます。18世紀初頭につくられた比較的歴史の若い街で、スウェーデンとの北方戦争のさなかピョートル大帝の勅令でネヴァ川河口に建てられた要塞都市が始まりです。滞在中はお天気が変わりやすくて暗くなりザーッとにわか雨が降ったと思えば虹が出て青空になったり・・・。スリが多いらしくこんな表示... [続きを読む]
  • 久々の茶入れ
  • 7月から子守、義父の入院、ロシア旅行とつづきロクロを回す時間がまったくありませんでしたがようやく落ち着き久々のロクロでした。まずは小さいものから…と思い茶入れをまわしました。磁器物ばかり作っていたので土ものは久しぶりです。このあとまた3個まわしましたがまだ仕上げていません。 [続きを読む]
  • インペリアルイースターエッグ
  • インペリアル イースターエッグとは・・・ファベルジェ家により作られた宝石の装飾が施されたイースター・エッグのうち、ロマノフ朝のロシア皇帝アレクサンドル3世、ニコライ2世のために作られた大きなエッグのことで、美しく精緻な美術工芸品で、多くのものにはサプライズと呼ばれる独創的な仕掛けが仕込まれいます。マトリョーシカにならんで代表的なお土産品にもなっています。<!--/mdMTMWi... [続きを読む]
  • 収穫祭の飾りつけ
  • モスクワで滞在したホテルはクレムリンの入口にあります。ホテルまえの広場にはメリーゴランドなどがあり賑わっていました。チェックインした日にはまだカボチャの山だったのですが3日後、チェックアウトの日の朝にはすべて完成しました。美しくペイントされています。こちらはフルーツカービングみたいにいろんな模様を彫ってあります。可愛い女の子がおばあちゃんと見に来ていたので思わ... [続きを読む]
  • カボチャの山
  • モスクワでに着いた日、公園で大きなカボチャの山がいくつかあり不思議でしたが、間もなく収穫祭の飾り付け用だと分かりました。トラックからバケツリレーのように何人かの男の人がカボチャを手渡しで運んでいる場面にも出くわして面白い光景でした。こんなカボチャの山があちこちにあり、カボチャの大きさと種類の多さ、その数に驚きです。 [続きを読む]
  • インペリアルポーセレン
  • ロシアのマイセンと言われる ?imperial porcelain" のカップ&ソーサーを買いに行きました。赤の広場に面しているロシア国内最古の(レーニンの命イより1921年に開設された)国営百貨店の中にある直営店に・・・。毎朝日課になっている義母と娘と3人でのコーヒータイム用にコバルトの絵付けが美しいカップを4客選びました。 [続きを読む]