七田・浜松西教室・浜松北教室 さん プロフィール

  •  
七田・浜松西教室・浜松北教室さん: 七田チャイルドアカデミー浜松西教室・浜松北教室
ハンドル名七田・浜松西教室・浜松北教室 さん
ブログタイトル七田チャイルドアカデミー浜松西教室・浜松北教室
ブログURLhttps://ameblo.jp/ma2sa7o/
サイト紹介文七田チャイルドアカデミー浜松西・浜松北教室の経験を元に、将来伸びる子を作るヒントを紹介しています
自由文七田チャイルドアカデミー浜松西教室・浜松北教室は、子育ての基本の勉強会を大切にし、個別の勉強かで、将来伸びるお子さんをお母さんと育てていくことを目標に頑張っています。0歳1歳2歳から3歳、幼稚園児、小学生、中学生、高校生とその年齢に合わせた勉強会を個別に行っています。少しでも子育ての参考になればとブログを買いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供289回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2016/02/18 20:51

七田・浜松西教室・浜松北教室 さんのブログ記事

  • お母さんが自分の心と向き合うと、子育てが楽になる事がある
  • 時々、何を目指しているんだろうと思うことがあるお子さんを、出来るようにしたい それは皆さん同じなんだろうけど実は、お父さん・おばあちゃん・おじいちゃんにもっと言うと、周りの人からすごいねって、褒められたいのかなと思える方を見かけるきっと、お母さんもいい子を求められ頑張ってきたんだろうなもっと伸び伸びしたかったんだろうなだから、いい子じゃないように見えると優秀じゃないように見えるとイライラして怒れて [続きを読む]
  • どうもお子さんの黄金期が知られていない
  • 意外とお子さんの黄金期を知らず知らず通り過ぎている18年幼児教室をやって0歳から18歳までの生徒を見ているとなんとなく見えてくる黄金期一番は、やはり0歳から3歳この時期に、両親から愛情を一杯もらって自己主張を一杯して思いっきり好奇心を発揮してそれをやさしく見守ってもらってやさしく付き合ってもらってやさしく導いてもらってたくさんの情報をもらったお子さんの伸びは小学校高学年になって目覚ましいものがある次に3 [続きを読む]
  • 楽しく子育て、楽しく勉強(インプット)で伸びる子に
  • 勉強会をしていると、時々不思議に思うことがある。 非認知スキルを育てるのには、やはりインプットが大切 お母さんたちも、頑張ってインプットしてくれるなんかうちの子できると思いだす すると、だんだん結果が見たくなる。 結果を見るには、認知スキルを育てないと見えない。 だんだん、やらせる勉強になっていく ということは認知スキル優先の教育になって行く。小学生ぐらいならいいけれどまだ幼児なんだから、楽しくなけれ [続きを読む]
  • 幼児教室で母子分離てどうだろう
  • 時々幼児教室で、母子分離をうたうところがあるもちろん、お子さんの成長によっては効果がある場合もありますがすべての子にいいわけではないと思います幼稚園で、十分一人で頑張っているのにまた一人で頑張らせるのは無理のある子もいますまだお母さんの愛情の下勇気をもらいながら、一緒に頑張った方がいい子もいます一人の方が、甘える相手がいないので頑張る傾向があるのでお教室が楽なのでしょうお子さんにとっては頑張りす [続きを読む]
  • 1歳2歳3歳でもレッスン集中して受けています
  • 移動で入られる生徒が時々いる そんな方がとても驚かれるのは 1歳児でも2歳児でも3歳児でも、 穏やかに座ってレッスンに 集中していることに驚かれる お母様方も穏やかにしていて、 お子さんを叱っているのを 見ないことに驚いている。 私は、その驚きに驚いています。 まだうちも、勉強会が完璧だとは思っていませんが 大体のお子さんは、リラックスして座って 楽しんでやっています。 1歳半のダダコネ期は、しばらく大変な時期 [続きを読む]
  • 「幼児期に速かった子は伸びない」こんな検索がありました
  • そんなことはないですね 付け加えるなら 無理にやらされて速くなった子は伸びないと思います 認知スキルだけ伸ばしているからです それより いかにお子さんの好奇心を育てて 自分の自我で 自分のやりたい気持ちで 伸びていったお子さんは 多くの環境を与えることで 非常に伸びます この伸びは大きくなっても 加速していきます しかしやらされて伸びていた子は 認知スキルが伸びているので 段々やらなくなります 逃げるようになり [続きを読む]
  • 「3歳 泣いて思い通りにしようとする」こんな検索がありました
  • よくある勘違いですね 思い通りにすることが目的でないですよ 多分お子さんは、思い通りにしようとしているのではなく ダダコネをしたいだけですね 心がいっぱいいっぱいになるとお子さんはダダコネをします かなえられない事を想定して何かを要求します かなえてしまうとより要求が激しくなります 目的はダダコネですから こんな時は 共感(やりたいよねなど)しながら30分ほど付き合って 抱きしめてあげれば元気になります 要求 [続きを読む]
  • お子さんにとってお母さんは絶対的な存在
  • 幼児期の学習は、見て感じること1歳ぐらいまでのお子さんは特にお母さんの感情をそのまま受け取っているといわれます同じ経験をしているようなものです人間は経験から成長しますお母さんが感じたことしたことがお子さんの経験になりますお母さんが穏やかでやさしくお子さんと接すると穏やかでやさしい子ができますもちろん見ても経験しているのでお母さん、お父さんなど周りの人の行動も経験になりますお子さんにとってお母さん [続きを読む]
  • 今年も中学生頑張っています
  • 今年の中学生も頑張っています 中三生は受験を目指し、まずは2回目学調に向けて頑張っています 目標の高校に受かってもらいたいものです 中二生は、驚きの246点(250点満点)を取ってきました 間違ったのは、国語の反対語1つと英語のtheが1つ落としたでけ 理科はグラフの長さが1ミリほど短いと2点減点されていました これは素晴らしいですね 勉強会は、個別でひらています。 メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの [続きを読む]
  • 今年も中学生頑張っています
  • 今年の中学生も頑張っています 中三生は受験を目指し、まずは2回目学調に向けて頑張っています 目標の高校に受かってもらいたいものです 中二生は、驚きの246点(250点満点)を取ってきました 間違ったのは、国語の反対語1つと英語のtheが1つ落としたでけ 理科はグラフの長さが1ミリほど短いと2点減点されていました これは素晴らしいですね 勉強会は、個別でひらています。 メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの [続きを読む]
  • なぜ外出先で「ダダコネ」が始まるのか
  • 子育ては、いろいろもちろん人それぞれの子育てがあっていい公共の場で、やりたい放題のお子さん ときどきいます 考えてみてください(家で何もやらしてもらっていないのかなそれとも、ほったらかしかな)またその反対に、人の目を気にしてすごい剣幕で怒っているお母さん 考えてみて下さい(いいお母さんしたいのかな)ちゃんと、家で自由にできる環境にあってやってはいけないことをしたら怒らずに、共感して、いけない理由を説 [続きを読む]
  • 伸びる子にするために幼児期に必ずやっておきたいこと
  • 長い間幼児教室をやっていて そして、最近の研究でも発表されている 1つ大事なことがあった インプットの効果を100パーセントにする とても大切だった それはごく当たり前のこと 誰もが実は知っているのかもしれない でも私の経験では、うまくいっている方は 非常に少ない それは、3歳までに愛情を注ぐこと 愛されている自信をつけてあげること 言葉でいうと、当たり前でしょと言われると思う しかし、自分の今の子育てを見 [続きを読む]
  • 伸びる子にするために幼児期に必ずやっておきたいこと
  • 長い間幼児教室をやっていて そして、最近の研究でも発表されている 1つ大事なことがあった インプットの効果を100パーセントにする とても大切だった それはごく当たり前のこと 誰もが実は知っているのかもしれない でも私の経験では、うまくいっている方は 非常に少ない それは、3歳までに愛情を注ぐこと 愛されている自信をつけてあげること 言葉でいうと、当たり前でしょと言われると思う しかし、自分の今の子育てを見 [続きを読む]
  • 夜泣きの悪循環の対応方法
  • 時々夜泣きの対応を間違えて 毎日のように泣くようになったというお話を聞きます きっかけはいろいろとあると思います お出かけが長すぎて疲れた 普段一緒にいないおばあちゃんやお祖父ちゃんの 相手を長くした 遠出をして疲れた 寂しい思いをした 怖い思いをした など意外と理由が分からない 頑張りの蓄積など 悪循環に入る方の多くは 泣く姿がかわいそう(実は自分の心が苦しくなる) 泣いていると子育てが悪かったと思いこむ方 [続きを読む]
  • お子さんも周りの人も、感じ方はみんな違うよ
  • 色々な場面や、勉強会やお母さんからの質問に応えているとどこか自分と同じ感覚であたりまえと思っているよな気がするだからおこれてくるだから相手を変えようとする変わらないからおこれてくるお子さんにもきっと同じなんだな自分の価値観だったり考え方を押し付けているんだなと思えてくる自分で、考え自分で判断できる子にするのが「しつけ」だと思うそういう考え方もあるんだと認めることも大事だとお母さんはこう思うよと違 [続きを読む]
  • お子さんとの関わり方、年齢によっても変わります
  • 知らない間に成長してしまうお子さん生徒さんも、ちょっと見ない間にびっくりするぐらい成長していますやはり年齢によって接し方を変えた方がいいかなと思うことが多々あります一般論になってしまいますがイヤイヤ期が始まる前(1歳半までは)比較的、お母さんに抱っこされていれば安心の時期逆に言えば、抱っこをたくさんしてあげなければいけな時期ここで抱っこの少ないお子さんは不安になり大きくなっても抱っこをせがむことが [続きを読む]
  • 生徒数過去最高更新中(特に0歳児1歳児が増加)
  • おかげさまで、少しづつですが 生徒数増加しています 嬉しいことに0歳児1歳児の増加が 一番多くなっています やはりこの年齢からやっていただけると 小学校3、4年生からの伸び方がすごいです 入室年齢が大きくなるにつれ 効果が少しづつ減っていく様に思います もちろんそれまでいい子育てをされているお子さんは しっかり伸びてくれます しかし、少しやり方を間違っている方もいることは事実です 愛情の伝え方、刺激の入れ方 [続きを読む]
  • やっぱ愛情は無条件じゃないと
  • 愛情を注ぐことは、いろんなところで言われてきているしかし、よく見ていると常には一生懸命愛情を注いでいるのにちょとダダコネが大変今時間がないそんな時に愛情の交換条件を付けていませんか今やらないと後でやってあげないよおやつなくなるよ何て何気に使いやすいですよねお子さんにとっていい子しないと愛されないんだと勘違いすることもあるんですよそんなお子さん結構見ていますなんでこんなに頑張ってるんだうと思って探 [続きを読む]
  • 最近0歳児1歳児の入室が増えてきています。嬉しいことです。
  • 小さい子(0歳1歳児)の入室が増えてきています。 嬉しいことです。 この位の年齢から指導させてもらうと うまく愛情がつ和えられて いい回路がが作れる環境ができていきます 心の成長もうまくいき 自我を発揮して 自我で自己コントロールできる子になっていきます 好奇心も発揮して 勉強の好きな子になっていきます 小学生になってからの伸び方も違ってきます お子さんの成長の基本は、うまく愛情を伝えることです しかし実は [続きを読む]
  • 幼児期のインプットは大事だけど、やらせる勉強は伸びない子に
  • いつも感じるのは インプットしていくと お子さんの脳は成長していく そんな姿を見ていると できるを見たいお母さんや できるを見せたいお教室が増えてくる せっかく非認知スキルを育てる時に 認知スキルを育てようとし始める 認知スキルを育てないと できるお子さんに見えない いつのまにか右脳教育が 左脳教育に変わっている 小学生以降ならいいけれで 幼児でしてしまうと その時はできる子になったように見える だけど小学3年 [続きを読む]
  • ダダコネをわがままと勘違いしている方が多い
  • 勉強会や入室説明会をやっていると非常に気になる事がある自分のお子さんをいい子に見せようとする言葉がけダダコネを抑え好奇心を抑え自己主張を抑えようとする人前だからいい子であってほしいと思う親心、気持ちはわかるがやり方がちょっと違うなと思いますお子さんの心を動かす言葉がけが大事で押さえつけるものではない色々なところで平然と言われるのはほとんどがごまかし方でお子さんの心を傷つけていることに気づいていな [続きを読む]
  • 幼児教育いつが適している?
  • まだまだ、なじみがすくないかな 幼児教育 18年お教室を開いていて 0歳から高校3年生までの 生徒を見ていて 明らかに 0歳1歳から始めたお子さんが得 次に2歳3歳から もちろん目的によって違う 右脳(非認知スキル)の能力を伸ばしたいなら 0歳1歳が最適 左脳の能力を伸ばしたいなら 小学生からでも うまくいっている子がいる やはり早ければ早いほど 修正もしやすいし インプット量も増えてくる お教室 [続きを読む]