黒にゃんこ さん プロフィール

  •  
黒にゃんこさん: これさえあれば
ハンドル名黒にゃんこ さん
ブログタイトルこれさえあれば
ブログURLhttp://colelog.net
サイト紹介文子育て、仕事、家事にてんてこまいの30代ママ。素敵で快適な暮らしのためにいいもの探しています。
自由文夫、2歳の息子の3人家族。仕事に復帰してはや2年。毎日バタバタには変わりないけれど、こどもの成長とともにようやくブログを始める時間をやりくりできるようになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2016/02/19 07:06

黒にゃんこ さんのブログ記事

  • 誰も遊んでくれない? 子どもの友だち関係は
  • 初対面の相手でも物怖じすることなく、フレンドリーなチビ(5歳)。だけど、毎日一緒に過ごす保育園のクラスではいろいろあるようです。だれと一緒によく遊ぶのか、友だち関係について尋ねると、チビは顔を曇らせて「ボクとはだれも遊んでくれへんねん。だって、いつもふざけているから」そしてひとりで絵本を読むか、ブロックで遊んでいると言います。送り迎え時にうかがえる様子では……たしかにひとりで遊んでいることも多いけ [続きを読む]
  • 子どもをとりまくものの影響
  • 寝る前、お布団のなかでチビ(5歳)がゴソゴソ。なにをしているのかとたずねたら「透明仕事!」と言いながら、パソコンのキーを打つような動作をエアーでしていました。?チビは前からときどき「透明仕事」をしています。車に乗っているときや、寝る前に。透明仕事とは、チビがつくった架空のお仕事。とうちゃんやママにお仕事をしているように、チビも「透明仕事」しているらしい。「もう遅いから透明仕事の続きは、明日にしたら [続きを読む]
  • 舞台ではかっこよく! 5歳のおしゃれの発想
  • 2月の保育園の発表会に向けて、園内リハーサルが行われる日の朝のこと。いつもの体操服にくわえ、白ソックスにスモッグという園での正装の出で立ちです。いつもは歯磨きしたら、ペッとうがいをし、パッと顔を洗うだけのチビ(5歳)。その朝はなかなか洗面所からでてきません。なにをしているのかとのぞいてみたら、ヘアブラシで髪をシュッシュッとといていました。リハーサルのため、チビなりに身綺麗にしたようです。?保育園へ向 [続きを読む]
  • 果てしなく続く、子どもを心配する気持ち
  • ニュースで事件や事故を見たり、読んだりするたび、チビ(5歳)に同じことが起こらないか心配になります。子どもが犠牲になったときは涙があふれてくるほど腹立たしいし、胸が苦しくなるほど不安に。大学生くらいであっても、もはや親目線で、ついチビと重ねてしまいます。?とはいっても、四六時中ずっと子どもとくっついているわけにもいかないし、これからもっともっとチビは広い世界へ出て行くことと思います。いちいち気にし [続きを読む]
  • 京都水族館&鉄道博物館を楽しむ休日
  • チビ(5歳)とふたりで京都水族館と鉄道博物館へ行ってきました。わたしは初めてでしたが、実はチビは3回目。じいじ&ばあばとや、夫と行ったことがあるのでした。■京都駅から歩くこと15分くらい。わたしの方向音痴により、少し遠回りしてしまいました。チビは途中2回ほど、「つかれた〜」とごねてましたが、「あの角をまがったら!」という励ましでなんとかたどり着きました。(着いた途端チビはダッシュ。全然つかれていない [続きを読む]
  • 40代ママのほしいもの
  • 今年の冬こそ、ダウンコートを新調しようとセールを待ちに待っていました。だけど、いざセールが始まってみると、目星をつけていた品物もいくつかプライスダウンになったにもかかわらず、なんだか買うにいたりません。どうしたものか……。高すぎるのは予算不足。だけど、安物買いの銭失いも避けたい。ぐるぐる考えているうちに、ダウンなしでも、なんとかこの冬もやり過ごせそうな気がしてきました。ダウン以外にも、いつもセール [続きを読む]
  • 年中組、保育園の先生のお小言は
  • チビ(5歳)がむいたミカンの皮をほおったままにしているので「保育園でも、ごみはちゃんとごみ箱に捨てるよう言われるでしょ?」とわたしが言うと、チビは「うん!ほかにも……」 ティッシュを無駄遣いしない(母の心の声:気づいたらめちゃくちゃしてるのは、あるあるだよなあ)おもちゃはちゃんと片付ける(うちでも頼むよ〜)戦いごっこはしない(収拾がつかなくなるから禁止されました)ふさげない(チビはよく言われているっ [続きを読む]
  • 5歳。今年の目標と将来の夢
  • チビ(5歳)の通うくもん教室では、年初めの学習日に今年の目標と、将来の夢を書くのが恒例です。チビの今年の目標は 園の発表会の劇と演奏をがんばるスタンプカードをいっぱいにする スタンプカードについてはこちら「がまんできる子、がまんできない子」チビにせがまれて、保育園の先生がつくってくれたのを真似て、家でもママお手製のスタンプカードを作りました。時々思い出しては、家用のカードスタンプをポン。保育園ではな [続きを読む]
  • 真実は小説よりおもしろい? 5歳の興味は、お話より本当のこと
  • 最近、チビ(5歳)と図書館に行くと、お話の本より、調べる本=図鑑をよく選ぶようになってきました。図書館からの帰り道、借りた本について話していると、チビは 「図鑑とニュースは本当のことやろ?」 そうそうと頷いていると、チビは続けて 「あと、ゲンジツもな」 ?前々からテレビを見ていると、よく 「これは本当のこと?」 と尋ねていたチビ。少しずつ、フィクションとリアルの区別がついてきたのかもしれません。わたしと [続きを読む]
  • 5歳男の子のマイブームはなぞなぞ&クイズ
  • チビ(5歳)のこのごろのブームはなぞなぞとクイズです。少し前までは、だじゃれにはまっていました。どこかで聞いただじゃれを思い出したり、自分でだじゃれぽいフレーズを思いつくたび 「これ、花マル(うまい)?」 「△かな〜」と答えると残念がり、「花マル!」のときはガッツポーズでよろこんでいます。?このごろは、だじゃれに慣れてきたのか、少し飽きてきたのか、なぞなぞとクイズがブームになってきました。 「パンはパ [続きを読む]
  • 長いお正月休み明け、久しぶりの登園では
  • 年末はおせち料理におもちづくり、年が明けたら新年のご挨拶にお墓まいり、凧揚げにカラオケ、映画に行ったり。長かった年末年始休暇を、思い切り満喫したチビ(5歳)。(本当は大掃除もしたがっていたけど、昨年は大掃除することを早々に諦めたので、チビの願いは叶わぬまま……)久しぶりに保育園に行く朝、「あけまして、おめでとうっ!」と会う人会う人に大きな声で挨拶しながら。チビは意気揚々と登園したのでした。?実は、 [続きを読む]
  • 5歳。誰とでも仲良くなる才能
  • チビ(5歳)は小さなころからフレンドリー。子どもにも、大人にも、誰にでも物怖じすることなく、会う人みんなに普通に話しかけます。 公園に行けば、他の子どもの仲間に入れてもらおうと積極的。バーベキュー会場に行けば、隣の席の子どもと一緒に遊び始める。列に並べば、前にいる人に 「ボク、○○○○(フルネーム)。なんていうお名前?」 相手に不審がられスルーされても、本人は慣れっこなのかさほど気にする様子はなく… [続きを読む]
  • 年中組さん。小学校の準備のための公文
  • チビ(5歳)の最近の公文について。今、算数は+4の過程。国語は、文章を読む練習、くっつき言葉などの過程です。 国語については、読むのが得意なチビは書くことが減ったことで、ずんずん順調に進むように。わりと得意な国語はチビも取りかかりやすいので、バタバタと時間のない朝に宿題のプリントをするようにしています。 ■算数については、なかなか+4までの終了テストをクリアできないチビ。問題の正解率は高いのに、いつ [続きを読む]
  • 子どもの自転車に乗る練習。その作戦は
  • こないだテーマパークに隣接するキャンプ場に行ったとき、自転車練習場がありました。アトラクションやショーに夢中ですっかり忘れていたけど、そもそもそこを選んだのは、チビの自転車の練習ができそう、と思ってのこと。ひと通り遊び終わった帰りがけに、当初の目的であった自転車練習場に寄ってみることにしました。 自転車練習場は、地面がゴムのように柔らかく、転んでも安心な広場。幼児〜小学生サイズの自転車とヘルメット [続きを読む]
  • 5歳。子どもが「本好き君」になった理由
  • チビ(5歳)字を読めるようになってから、よくひとりで図鑑を眺めたり、文字の少ない絵本を読むようになりました。 そしてとうとう『かいけつゾロリ』の本をまるまる一冊、ひとりで読破!読み始めてから、途中お風呂に入り、結局前後30分ずつくらい時間をかけながらも、チビはすべて音読で読み通しました。かいけつゾロリシリーズは、読み聞かせするのもけっこう大変な長さなので、びっくりです。 チビはくもんでも、算数より国語 [続きを読む]
  • ひとりっ子は損? 得?
  • うちのチビ(5歳)はひとりっこ。家にいるときの遊び相手は、もっぱら夫かわたしです。だけど、週末は平日に溜まった家事をしなければいけません。一日中「あーそーぼーっ!」と言うチビに付き合ってばかりいるわけにもいかず…… 兄弟がいたらもっと楽しく過ごせたかしら? とつい思ってしまいます。 自分の5歳の頃を思い返してみると、家での遊び相手は姉たちか、当時飼っていた柴犬でした。母や父はいろいろなところへ連れてい [続きを読む]
  • 夜中の歌声。子どもの夢の話
  • 「ド ソ ラ ラ シ ミ ファ……」 と歌うチビ(5歳)の声で、夜中に目が覚めました。隣のチビを見てみると、眠ったまま。そのまま聴いていると、寝言のわりに、長く歌い続けていました。 そういえば、保育園の発表会にむけてピアニカの練習が始まり、チビは「けっこう大変やねんで!」と話していました。夢のなかでも練習している様子に、「えらいえらい」と思いながら、わたしも再び眠ったのでした。 そして翌朝、チビに「ピアニ [続きを読む]
  • 5歳「夜だけ紙おむつ」の卒業は
  • チビ(5歳)は大人用のベッドで一緒に寝ていることもあり、今も夜寝るときは紙おむつです。普段からトイレの近いチビですが、最近ひと晩じゅう、おしっこしないことが増えてきました。 紙おむつについては、小学校にあがるまではまあいいか、とのんびりしていましたが、そういえば年長組になったらお泊り保育があります。 お泊り保育の夜も紙おむつ……? まわりのお母さんたちと話題にしたことないけれど、年中組の今も紙おむつを [続きを読む]
  • 子どもとママの関係は
  • CMのフレーズをもじって 「チビ(5歳)とママはおともだち〜♪」 と口ずさみながら、はたといやいや、チビとママはお友だちというか……と思ったところで、隣にいたチビが 「ママとボクはお友だちというか……」 と言うので、そうそうと思って聞いていたら、チビは続けて 「シンユウやんなー」 母と子なんですけど……  にほんブログ村 [続きを読む]
  • 5歳男の子。甘えん坊の3つのルール
  • ある日、チビ(5歳)が「ルールを決めました!」。なんだなんだと聞いてみると 「その1 ごはんはママに食べさせてもらう」「その2 ママにムゲンに甘える」「その3 夜はママと寝る」 ■まず、その1の「ごはんはママに食べさせてもらう」について。保育園ではかっこよく(ふつうにひとりで)食べているらしいのに、家ではとたんに「食べさせてほしい」と甘えたモードに。わたしがごはんを食べさせたほうがたくさん食べること [続きを読む]
  • テレビと茶の間はつながっている? 5歳のおもしろかわいい思い込み
  • 「テレビに出たい」 とある日、チビ(5歳)が言い出しました。意外と目立ちがりやだしな〜と思いながら、どうしてテレビに出たいのか聞いてみたら 「だって、テレビの中からママと目があうで」 ん?どういうこと?チビは続けて 「テレビに出たら、テレビを見ている人みーんなを見られるやろ!」 ? どうやらチビは、画面をつうじて、テレビの中と外がつながっていると思っていたみたいです。そういえば、ドラえもんのひみつ道具 [続きを読む]
  • 足先にパッション? 子どものおもしろかわいい言葉選び
  • チビ(5歳)の通う保育園は裸足保育ですが、年少組さんから冬の間だけ上靴をはくようになりました。(小学校の練習の意味もあるのかも?)チビは暑がりなせいか、裸足がとにかく好きで、いつでもすぐ、靴も靴下もポイポイ脱いでしまいます。 ? 今年も上靴の季節がやって来ました。昨年は大きめだった上靴がピッタリの様子。だけど、チビは「きつい!」上靴を脱いでしまっていました。 見ればみるほどサイズはちょうどいいはずなの [続きを読む]
  • 大切にしたい、子どもからのプレゼントの話
  • チビがばあばの家に遊びにいったときのこと。義母がチビ(5歳)がジュエリーデザイナーに興味津々だったのを知ってか、アクセサリーづくりのビーズキットを買っておいてくれたそう。 帰ってきたチビは興奮しながら、 「ママにプレゼント!」 と自分で作ったネックレスとブレスレットをわたしにつけくれました。 「ほんまは女の子のおもちゃなんやけどなっ」とか言いつつ、「かわいいやろ〜!」と、とってもうれしそう。「大きな貝 [続きを読む]
  • 子どもの靴下の使い方に賛否あり?
  • チビ(5歳)の保育園でお散歩があった日のこと。保育園の近くにある公園や神社へ、みんなで遊びにいったそうです。 その日のチビのおみやげは、落ち葉に枝、どんぐりに松ぼっくり、小石に落ち葉。 なんでも、お散歩のときにそれらを入れる袋を持っていかなかったから、子どもたちはみんな、自分の靴下を脱いで、靴下の中に思い思いのおみやげを詰めて帰ってきたそう。 靴下の中からでるわでるわ…… チビが一生懸命、靴下にどんぐ [続きを読む]
  • 似たもの夫婦? 子どもからの指摘
  • ある夜のお風呂の時間。チビ(5歳)が 「ボク、顔(を湯船に)つけられるねん」 と言うので、やってもらうと湯船に顔をつけること10秒間!今まではチャレンジしても、「今、一瞬つけた?」みたいな感じだったのに大躍進!特に練習していなかったのに、どうして急にできるようになったかは??チビに尋ねると「きゅうに!」。どういうこと? まいっか。 とにかく驚いたわたしは、「すごいすごい!」そして「とうちゃんにも見せてあ [続きを読む]