EQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北 さん プロフィール

  •  
EQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北さん: EQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北
ハンドル名EQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北 さん
ブログタイトルEQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北
ブログURLhttp://scahn2015.hamazo.tv/
サイト紹介文お子さんの心の成長が、お子さんを伸ばす第一歩。そんなお子さんの心の成長に少しでもお役に立てれば
自由文胎教・幼児コース・小学生コース・中学生、高校生個別コース 心を育て、能力(記憶力・処理能力・思考力)を育て、人間力を養うお教室です。楽しく学び、いつの間にかついている能力、あたりまえのように学習ができるお子さんが育ちます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供317回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2016/02/19 09:04

EQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北 さんのブログ記事

  • お子さんの行動には必ず意味がある、意味を考えて対応すると素直な子に
  • お子さんの行動を、お母さんの価値観で見るといつの間にかいい子をさせるになっているお子さんは「どうせ何もわかってくれないよね」と思っている子が多い愛情が無条件じゃなくて条件付きになっていくいろんなところで動き回るお子さん1歳半位なら好奇心一杯であれも見たいこれも見たいあれも触ってみたいこれも触ってみたいあたりまえですよねそれを一言で「やめなさい」では何もしてはいけないと思い込みますそれは「触りたいよ [続きを読む]
  • お子さんを自由にしてあげようとして、放任になっている事がある
  • 小さいお子さん自分で何かできるわけではない自由に遊ばしておけばいいでは何もしな子になりますよねしっかりいい刺激をあげるから色々と分かるし情報を一杯あげるから好奇心が出てくる赤ちゃんに運動の仕方を教えるからやりたくなる色々教えるから好奇心でいろんないたずらもするようになる一緒に遊ぶ、やって見せる、言葉で言うよりやって見せるそうするといろんな事を真似してやりだす新しい遊びを見つけ出すそこで、いい悪いを [続きを読む]
  • 幼児教室は(0歳1歳)自我が出る前から始めた方が後がスムーズ
  • 意外と幼稚園に入る前と考える方がいますでも、一番大事なのは自我がでてきたときの対応で間違った対応をしたお子さんがレッスンを椅子に座ってしっかりやるのはちょっと難しいそれを、直していくのに時間がかかるこの時間が非常にもったいない0歳から来ているお子さんの集中力はすごいとにかく全部吸収しようと集中しているそれでも、自我が出だすと好奇心で動きだすでも、割と期間が短くまた集中してレッスンを受けてくれるそう [続きを読む]
  • 幼児期にはあまりIQを意識しない方がいい
  • よくIQを気にしる方やIQを高くする等の宣伝をしているところも多いようです幼児期のIQは確かに訓練すれば高くなりますしかしそれは、考えてみれば認知能力を高めているにすぎません幼児期は非認知能力を伸ばす時期でかえって非認知能力を伸ばすのに邪魔になることもあります幼児期に非認知能力をしっかり伸ばしておくと大きくなった時しっかりIQの高いお子さんになります自然に伸びるお子さん自分で吸収していくお子さんになります [続きを読む]
  • 始めるなら0歳1歳が得
  • 意外と気づかないうちに過ぎてしまう0歳から3歳の時期子育てに追われいつの間にか幼稚園で一安心なんてことはよくあることだと思います。でも、この時期もっと広く言うと胎教から、お子さんの脳は成長をしていますありゆるものを受け入れる準備が始まっているのです性格の基礎を作り上げられて行き学習の準備が出来上がっていくこの時期に豊富な、刺激や情報そして一番大事なのは愛情を一杯受けて心つまり、好奇心・自我・自尊心 [続きを読む]
  • 伸びるお子さんにするには、やりたい気持ちをうまく作るが大事
  • お母さんたちは我が子が可愛い少しでも優秀なお子さんにしたいそのために一生懸命頑張っていますインプット大事ですよと説明すると一生懸命インプットする怒らないように優しくインプットでも入ったか、分かった下記になる何回も何回も説明してお子さんが言うまで続けていたり一見良さそうに見えますがお子さんはそうやらせたいんだね、覚えさせたいんだね優しいお子さんなら、分かったふりをする出来るふりをする気の強いお子さん [続きを読む]
  • お子さんの気持ちを分かってあげるが難しい
  • お子さんによって違いますが1歳過ぎてくるとお子さんの自我が出てくる自我が出てくるとなんでもお母さんのように出来ると思うようになるしかし体はまだそこまで成長をしていないなかなかうまくいかないとカンシャクがおきる怒って泣き出すお母さんは自分が抱っこすれば機嫌が直ると思っているもちろん寂しくて泣いていれば機嫌がなおるお母さんを呼ぶなきなら機嫌がなおるでも挫折感情や自尊心が傷ついいた時はなかなか機嫌が治ら [続きを読む]
  • 先取り学習と能力開発の違いが難しい
  • 最近気になることがあるお教室を始めて19年始めたころのお母さんは色々な本を読んで来ていた方が多かったなので、無理な先取り学習をさせる方は少なかった今は認知スキルは、6歳までに鍛えても8歳で横並びになるゆう研究結果も出ているようです私が見ていても6歳までに、学習ばかり一生懸命で出来る出来ないにこだわっていたお子さんは小学校に入ると4年生ぐらいから何もできない子に変わっていく子が多かった幼児期は、イメージ [続きを読む]
  • 伸びる子にするために幼児期に必ずやっておきたいこと
  • 長い間幼児教室をやっていてそして、最近の研究を調べてみると1つ大事なことがあったいい教え方よりいいレッスンより大切だったそれはごく当たり前のこと誰もが実は知っているのかもしれないでも私の経験では、うまくいっている方は非常に少ないそれは、3歳までに愛情を注ぐこと愛されている自信をつけてあげること言葉でいうと、当たり前でしょと言われると思うしかし、自分の今の子育てを見返してみてください意外と難しいこと [続きを読む]
  • 小学生以降伸びている子を見てみるとわかる事がある
  • 伸びているかいないか小学校高学年になると良く分かります説明すると、1回で理解し自分でどんどん先に進んで行きます中学生になると私の方が、もっと問題がほしいの攻撃に四苦八苦今年は少し多めに、少し難しめに問題集を用意しました確実に理解していきます少し不安があると今度ここを教えてくださいとしっかり言ってくるお稽古も一杯やっているのに勉強も完璧にしたいと頑張っていますそんな伸びている子の特徴は0歳、1歳と小さ [続きを読む]
  • 目先の成果を気にしすぎると伸びないお子さんになります
  • よく聞くのは右脳教室ですと大々的にうたっていていざ入ると文字書きの練習ばかりさせてこんなに書けるようになりました小学生で文字が書けないお子さんいますかちょっと早く描けるようになったにすぎません暗唱ばかり力を入れてこんなに暗唱が出来るようになりましたよく考えてくださいこれは右脳でしょうか違いますよね左脳のトレーニングですよね暗唱も幼児期はインプットを大量にして自然に出てくるのを待ちます小学生になって [続きを読む]
  • 幼児へのかかわり方が能力の基礎を作る
  • 幼児教室を18年やってきて明らかに幼児期の関わり方で変わってくる性格も変わってくるやる気も変わってくる好奇心も変わってくる思考力も変わってくる判断力も変わってくる常日頃お母さんがお子さんと、どうかかわるかで変わってく来ます特に幼児期は、いかに気持ちを分かってあげてうまく愛情を伝える必要がありますその上で、豊富なインプットでアウトプットは自然に出てくるのを待つインプットです繰り返しインプットしていると [続きを読む]
  • EQWELのイメージ記憶が役に立っているようですね
  • 私たちのお教室の卒業生も大学で驚かれることが多いようです授業でもバイト先でも、1回で全て記憶してしまうことでおどかれているようです0歳1歳から培って来た力です勉強会とラインをうまく使っていい子育てをしましょう勉強会は、個別でひらています。メールやメッセンジャーおよびラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています幼児教育に興味のある方EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室?浜松駅前教室・浜松北教室に [続きを読む]
  • 無条件の愛情はまずそのまま受け入れる所から始まる
  • 意外とできていないお子さんの今をそのままを受け入れるお子さんにも、性格もある考えもある出来ることもあるできないこともある大人でも同じなのにそこにお母さんの願望がお子さんにはのっているような気がする自分のためではなくお母さんのため何もしなくてもお母さんに喜んでもらいたいとがんばっているのにまだ駄目なの、もっといい子しなくちゃいけないのそんな行動に見える子がいる窮屈そうに頑張っているもっとお子さんが自 [続きを読む]
  • お子さんの気持ちを分かってあげるが難しい
  • 最近感じるのはお子さんが泣くとお子さんがかわいそうとご機嫌をとる方が多いちょっと考えると当たり前に見える本当に当たり前だろうか当然まず、お腹が空いたのかな暑いのかな寒いのかなオムツが汚れているのかな寂しいのかな色々調べるどれもないなと思った時ああ疲れたんじゃないかなが正解じゃないでしょうかそれだったら「よく頑張ったね」「大変だったね」と言って泣き止むまで付き合えば元気になるのに一生懸命歩き回るいろ [続きを読む]
  • 0歳児からやってあげたい事は色々ありますよ
  • お子さんと関わり方がわからないお母さんが増えている寝かすか、抱っこしているか0歳からやることはありますよそれだけでは、お子さんは正常に成長しませんよお母さんとお話ししてお母さんと遊んで横になっているお子さんとおもちゃを使って遊ぶおすわりができたらおもちゃの受け渡しから遊びができるうつ伏せになれば違う世界が開けてくるやはり、いろんな刺激を入れないと勝手に成長はしません関わり方は0歳からありますよHapp [続きを読む]
  • 子育て指導は個別でないと難しい。お子さんはみんな違いますよ。
  • 個別勉強会を開くと結構驚く事がある本で読んだことをそのまま教えられたりじゃ本を読んだ方が確かですよねその場をごまかして楽な子育てが出来る様に教えたりお子さんの心の動きが無視されていますね一番大事なのはお子さんの心を分かってあげる事共感してあげる事共感しながら教えてあげることです教える側の思考力と教わる側の思考力が必要になります感じる力考える力そこを指導しないとごまかしの子育てになるのでつけは、小学 [続きを読む]
  • 一言で「躾」と言っても意外と難しい
  • 躾て何だろうと考えると一人一人の取り方でどうにでもなる言葉ちょっと怖い感じがする公共の場で騒がないとか順番を守るとか見た目で判断することが多いような気がするその時のお子さんの心はどうだろうどっちかというと親の都合だったりしないだろうかそれよりもまず、お子さんが何がいい事で、何が良くないことが分かること分かるように教えてあげることの方が大事なような気もする転ばぬ先の杖のようにやる前から止められてしま [続きを読む]
  • 幼児教育と先取り学習の違い
  • 0歳から高3まで見ていて、最長17年通ってきたいるお子さんもいますだからいろいろ見えてくる幼児期の大切さ0歳から3歳ぐらいはとにかく、愛されている自信をあげるそうすると、どこで、誰に何を言われてもちょっとやそっとで、崩れることはないだって僕には、大好きなお母さんがついいてるもんその上に、大量なインプットなんとなく、耳から聞こえてくる情報いつの間にか知っている情報やれされたのではない情報お子さんの、吸 [続きを読む]
  • 見守ることがお子さんを成長させるでもなかなか難しい
  • 無意識でしている方が多いようですね心配で何でも先にやってしまうお母さんいつも忙しいお母さん何でもできるお母さん心配症のお母さんついつい見てられなくなって何でも先回りしてやってしまうお母さんついつい先に注意してしまうお母さんついつい先を見てしまうお母さんそんな方が陥りやすお母さん大変なの、これは危ないからダメ、これは汚れるからダメ、これは壊れるからダメお子さんの経験の機会を奪っていますお子さんの勉強 [続きを読む]