EQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北 さん プロフィール

  •  
EQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北さん: EQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北
ハンドル名EQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北 さん
ブログタイトルEQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北
ブログURLhttp://scahn2015.hamazo.tv/
サイト紹介文お子さんの心の成長が、お子さんを伸ばす第一歩。そんなお子さんの心の成長に少しでもお役に立てれば
自由文胎教・幼児コース・小学生コース・中学生、高校生個別コース 心を育て、能力(記憶力・処理能力・思考力)を育て、人間力を養うお教室です。楽しく学び、いつの間にかついている能力、あたりまえのように学習ができるお子さんが育ちます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2016/02/19 09:04

EQWELチャイルドアカデミー浜松西・浜松駅前・浜松北 さんのブログ記事

  • 何となく子育てに迷っているお母さんが多いようです
  • 勉強会をしていると最近気づいたことがある子育てをしていてなんとなく違和感を持って子育てをしているそんな方が意外に多いよく聞くと子どものころお父さんもお母さんも忙しく遊んだ記憶がない勉強ばかり厳しくて勉強をさせられた記憶しかない自分は、そんな子育てはいやだと思いながら気が付くと同じような子育てになっている負の連鎖ですねなかなか抜けるのは難しい頭ではわかっていてもついついイライラして口うるさくなってい [続きを読む]
  • 幼児期の命令・否定の子育ては意固地か無気力に
  • いろんなところで聞こえてくる親子の会話親がお子さんに命令している声が「○○しなさい」それとお子さんを否定する言葉「そんな事も出来ないの」「ダメな子ね」意外と多い多分無意識に出ているんだろうけどなかなか言う事を聞いてもらえず悪戦苦闘よくある風景じゃないでしょうかそれを依頼形に変えてみたらどうだろう「○○してくれるかな」すぐには難しいけど少し待つと(5分ぐらい)一生懸命悩んでしぶしぶ聞いてくれる何てこ [続きを読む]
  • なぜダダコネはおきるのか
  • 勉強会していて、時々不思議に思うことがある。意外と、お子さんがお母さんのために頑張っていること我慢していること普通はダダコネで泣いて暴れるのに我慢しすぎてパンクしている子が結構いるでも、ちょっとしたきっかけで爆発するのでお母さんは、何でこんなことでと思うようだあまり理由がなくてちょっとしたときの方が限界を越えて自分できっかけを作っているときそんな時ほどお母さん助けてのサインだからやさしく、抱きしめ [続きを読む]
  • 『お子さんのありのままを認める』が難しいかな
  • 母さんたちに説明していても難しい当然お母さんにとっても難しいどうしても、お母さんは判断基準がほしくなる子育てがうまくいっているかうまく育っているかそれが知りたくなるでも、もうお子さ認めてないよね当然お子さんも認められていないことに気付くどうしたら認められるんだろうどうしたら愛されるんだろうになっていく自由な心自由な好奇心自由な行動ができなくなる子育てに基準はないと思うよ10人いれば10人の個性がある日 [続きを読む]
  • 頑固なお子さんはいませんよ、頑固にしてますよ
  • よく耳にしますお母さん同士の話で「うちの子頑固で困るの」もともと頑固な子いませんよがんこにしてしまっていますよまだ上手に言えない子おとなしい子そんな子の自己アピールの一種だと思ってください何かを訴えたいとき自分の考えと違う時頑張りすぎちゃっている子何かしら原因がありますそれを探ってみてください具体的にはその子その子で違うので反応を見ながらになりますがまず抱っこして「いつも頑張って偉いね」といって抱 [続きを読む]
  • イヤイヤ期ダダコネ期うまく乗り切り方が大事
  • 幼稚園に入って小学校に入って結構を先生に褒められるとお母様方から言われます大体のお子さんは「落ち着いてますね」「しっかり先生の言う事を聞いて、すぐに行動に移せて手本になってます」と言われるけどお母さんたちは、「信じられないと」とおっしゃいますそれは、家ではしっかりダダコネをしているのでそんなしっかりした姿見ていないからですでも、お母さんがしっかりダダコネをうまく導いているからその結果が、幼稚園や小 [続きを読む]
  • 伸びている子と伸びていない子
  • 長くお教室をやっているといろんなことが見えてくるすごく伸びている子あまり伸びていない子完全に勉強から逃げている子小学生ぐらいから差が出てくるもちろん成長の差性格の差はあると思う伸びている子の一つは0歳1歳位から通ってきている子が多いお勉強が、遊びの一環になっている二つ目はお母さんが、楽しく自然に情報をインプットしたから好奇心が旺盛になっている子お教室の宿題もコンスタントにやっているが無理させずにイ [続きを読む]
  • 伸びるお子さんにするには、0歳から1歳から始まっている
  • 0歳から高3まで見ていて、最長19年間指導してきていろいろ見えてくる幼児期の大切さ0歳から3歳ぐらいはとにかく、愛されている自信をあげるそうすると、どこで、誰に何を言われてもちょっとやそっとで、崩れることはないだって僕には、大好きなお母さんがついいてるもんその上に、大量なインプットなんとなく、耳から聞こえてくる情報いつの間にか知っている情報やれされたのではない情報お子さんの、吸収力はすごいこの時期 [続きを読む]
  • 幼児期は出来るを確認せず伸び伸びと
  • やはり気になるのはお子さんが色々と出来る様になってくるとたくさん教えたくなる情報豊富にするところまでは非常にいいのですがどうしても、親としては覚えたか気になる出来るを表現するには認知スキルをあげないとできないすると段々認知スキルを伸ばそうとしだす出来るを演じる子ややらされれてアップアップする子が出てくる自然に認知スキルが伸びるのを待った方が小学校高学年でぐんと伸びるのにやらされてきた子は伸びなくな [続きを読む]
  • 子育てがどうも変わってきている
  • 最近やっぱり気になるいろんな場所で見るお子さんのへの対応の仕方お子さんが疲れて泣く退屈で怒れるまだ小さいお子さんなら当然の行為まだ理性が育ち切っていないお子さんの当たり前な行動昔なら、お母さんがじっくり付き合っていたような気がするどうも最近のお母さんはどっかイライラしていて余裕がないように見える方やおろおろしてどうしていいか分からず困っている方そんなふうに見える方が多いお母さんもストレス社会の犠牲 [続きを読む]
  • 幼児期の教育の利点は非認知能力を育てられる事
  • 意外と気づかれていないけど幼児期に特に0歳〜3歳児大きく言うと6歳までに正しい教育をする事によって非認知能力が高まるしかし残念な事に非認知能力という観点で教育がされていることが少ない多く認知能力要するに学力出来る出来ないにこだわる教育が多い当然出来る我が子を見るのはうれしいその期待に応えて早く出来る子を見せる教育に走る幼児教育が多いような気がしますそれが逆にお子さんの能力をつぶしている事に気づかず [続きを読む]
  • 心配は、悪循環しか生まない、まずお子さんを信じる事ですよ
  • どうも勉強会や質問を答えていて気になることがあるお母さん自身が厳しく育てられている方が増えている共通しているところがあるどっか自信がなくて虚勢を張って生きてるように見える周りの目が気になるいいお母さんにみられているかいいお子さんにみられているか周りのお子さんと比べて何か劣ってないか自分が嫌だったからそうしないように子育てしようと思っていつの間にか気づかないうちに同じ子育てをしているそんなお母さんが [続きを読む]
  • お子さんの気持ちに共感しようと言うと、いつの間にか言いなりになる方がいる
  • お子さんの気持ちを考えて共感しようとお話しているとお子さんの好きかってさせてしまう方が見受けられるお子さんの気持ちが分かる事と自由にすることは違いますよ3歳ぐらいまでは、自由は多めでいいのですがあまり自由ににすると生活が成り立たなくなったり実はダダコネでしていることがダダコネが成立しないのでエスカレートしているだけの時もありますあくまでも共感(気持ちは分かってあげる)でもできないことはできないでい [続きを読む]
  • ダダコネの付き合い方を勘違いしている方が多い
  • ダダコネは大変と思っている方が多いもちろん間違った付き合い方をしているとダダコネはエスカレートしたり何時間も収まらなかったりします要は悪循環に入っているダダコネですダダコネの元は自我の芽生えによる自己主張から始まり挫折感情によるカンシャクお母さんの期待応えるためのがんばりが限界を越えたときに自分の心を守るために元の頑張れる心に戻すためにしているダダコネそれを、物や言葉でごまかしてしまうと目的が達成 [続きを読む]
  • 1歳2歳でもういい子してるのっておかしくない
  • いろんなお子さんを見ていて不思議に思うことがあるもう、0歳1歳2歳でとってもいい子のお子さんが増えているまた反対に全く制御不能お子さんが増えている多分原因は同じだと思うまだ、感性で動いている時期いっぱいいたずらして、経験する時期何がいい子か、分かってないはずだよねでも、いい子が増えているお母さんの期待に応えようとお母さんの望みかなえようとがんばっているんだねもっとお母さんに言いたいこと言っていいん [続きを読む]
  • 幼児機の勉強は、非認知スキルを育てたお子さんが伸びるお子さんになる
  • 6歳までは、非認知スキル(右脳)鍛えましょうとお教室もお母さんたちに伝えます非認知スキルだから無意識脳を鍛えるということだよね無理して覚えさせる無理してやらせるこれってお子さんに意識させて勉強をさせるということだよね認知スキルを鍛えたいのかな非認知スキルを鍛えるんだからお母さんと一緒に楽しくやっているうちに楽しさを覚える、好奇心が出てくるなんとなくわかるようになった楽しく遊ぶ感覚が先だよね実際に0歳 [続きを読む]
  • 意外にお子さんが動作が遅いと悩んでいる方が多い
  • お母さんがそう思いだした時点で動作が遅く見えてますねというより、遅いと思いこんでるだから遅い子が出来上がるなぜ動作が遅いか考えてください多分大きく分けると2つある1つはほかのことに気を取られてやろうと思わないもう一つは、次に何をするかわからないお教室でもたまにいますよく観察するとまず、自分の世界に入り込んでいて何も聞いていない次何をするかいってもどうしていいかわからず周りの子を確認してから動き出す [続きを読む]