ニャンコだいすき! さん プロフィール

  •  
ニャンコだいすき!さん: ニャンコだいすき!
ハンドル名ニャンコだいすき! さん
ブログタイトルニャンコだいすき!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tamamusi110
サイト紹介文シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/02/19 11:52

ニャンコだいすき! さんのブログ記事

  • 多頭飼育崩壊
  •  写真は、マイナビニュース「ザ・ノンフィクション」より。「犬猫みなしご救援隊」の石田ゆり子さん先日もネコの多頭飼育崩壊のドキュメントをやっていました。「犬猫みなしご救援隊」の代表の女性が、70歳代の女性が、ネコの多頭飼育でにっちもさっちもいかなくなった人の家を訪ね、ネコを捕獲して助けるまでをドキュメントでやっていました。多頭飼育崩壊を起こすのは、複数の飼いネコを去勢、避妊手術をしないで放っておく [続きを読む]
  • ネコを飼うと長生きする!
  • 小さいときには、横になると、必ずわたしの膝の上に乗ってきて、遊んで行きました。 このとき、血圧がどんどん下がって行く感じがしましたね。科学的測定はしていませんが・・・ネコを飼っていると、体に良いことが一杯あります。ひとつは、ネコをなでていると、血圧を下げる効果があることです。猫カフェが栄えるのも、ネコを触りたい、なでていたいという人の願望があるからですが、本能的に、人は、ネコをなでるとからだ [続きを読む]
  • 猫背体操
  • ネコは猫背です。これは、脊椎が(胸椎が1つ、腰椎が2つ)人間よりも3つも多いためです。チーターは時速100kmを出しますが、それは背骨が長く、しかも良くしなるからです。ネコもすごいジャンプ力が有りますがこれも背骨の柔軟性がジャンプの力を生み出すのです。長い背骨のため、座っているときは写真のように猫背になってしまうのです。最近は、スマホを首を曲げて長時間見続けるため、人間でも猫背が増えているそうです。 [続きを読む]
  • 香箱座り
  • ネコのリラックスした座り方に「香箱座り」という座り方があります。香箱(こうばこ)とは、香道の道具や香木などを入れる小さなおしゃれな箱のことです。ネコが前脚を折り曲げて体の下にたたみこんだ座り方です。リラックスをしていて、危険を感じないときにこんな座り方をします。上から見ると、箱のような形に見えます。この形から香箱座りと呼んでいます。もし周囲に危険を感じていたら、こんな前脚をたたみこんだ座り方は、敵 [続きを読む]
  • 地震とネコ
  •   東北大地震のあったころのちゃーちゃん  震度7の北海道の地震で、ネコが驚いて7階から転落して怪我をしたというニュースがありました。ウサギも驚いてパニックになり、ケージの中暴れて、脊椎を損傷したとか・・・やはり、人間もそうですが、動物たちも地震は怖いのですね。でも、驚いたのは、ネコはやはり7階から落ちても死ぬことは無いのですね。じつは、ちゃーちゃんも、2011年の東北大地震のときに、パニックを起こ [続きを読む]
  • ネコに癒やされて、今がある
  •   膝の上で一心不乱?に毛づくろいをするちゃーちゃん。この姿を見ているだけで心が和みます。猫ブームが続いていますが、ネコにはほんとうに癒やしの効果があります。忙しく、ストレスの多い現代人には、ネコは飼うことでずいぶん心の負担が軽減されています。私自身も、むかし、ブラック企業じゃないかい?というほどの残業の多い時期がありました。毎晩のように午前様(仕事で)で帰って、寝てもなかなか寝付かれず、疲れが [続きを読む]
  • 無視されるのは堪えられない!
  •  パソコンのうえにドッカリ乗った、ちゃーちゃん。現在は、太った中年で、机の上に飛び上がれないので、こんな事は無くなりましたが、 その代わり、パソコンに夢中になっていると、側に来て、「にゃー!」と鳴き、自分を見てくれと訴えます。あわててパソコンから目を離し、 構ってやると、「よしよし」とばかり満足していなくなります。気を遣いますね。猫は、飼い主に無視されるのをひどく嫌います。新聞を広げて夢中になっ [続きを読む]
  • 猫の手も借りたい
  • 「猫の手も借りたい」とよく言います。忙しくて人手が足りない状況をいう言葉です。ネコは、ネズミを捕ること意外に何の役にも立たない。そんなネコの手も借りたいほど忙しいということです。最近では、ネズミもいなくなり、猫の出番はさらに少なくなっています。ところが、便利屋に「猫の手」という名称の会社があります。忙しくて、できないいろいろなことを代わりにやってくれるところですが、役に立たない「猫の手」を逆にと [続きを読む]
  • ネコ好きだった天皇
  •    うちの「命婦のおとど」に寝床を寝取られました。どいてくれよ〜〜〜、たのむから〜 清少納言の枕草子にも書かれていますが、平安時代の一条天皇がネコ好きで有名です。猫がかりの女官まで付けて、その猫には従五位という位まで付け、天皇自らが、そのネコに「命婦(みょうぶ)のおとど」という名前まで付けてやったそうです。猫がかりの女官が犬をけしかけて、ネコをいじめたと知ると、ネコがかりの女官を首にして、宮 [続きを読む]
  • グレ猫
  • ちゃーちゃんは1頭飼いですが、ときどき、気に入らないことがあると、ふん!ぐれてやる!なんていう態度を取ります。私は、多頭飼いをしたことはありませんが、いろいろ本やネットを見ると、1頭飼いをしていたところ、もう1頭飼うことになったという状況で、先に飼っていた猫が「グレ猫」になることがあるそうです。人間でも一人っ子のところに、後から赤ちゃんが生まれたときなど、一人っ子だった子に「赤ちゃん返り」 [続きを読む]
  • ネコのトイレしつけ
  • ネコには、トイレのしつけは必要ありません。ネコトイレを用意して、ネコにトイレはここだよ、と教えるだけで終わりです。どんな小さいネコでも、トイレの場所を教えただけで、間違いなくそこでトイレをします。ペットの中では、トイレのしつけが、ネコが一番、楽で、かんたんなのです。ちゃーちゃんもトイレの場所に1回連れて行って、そこに入れてやるだけで、もう自分でちゃんとトイレをそこでして、決してほかで粗相をすること [続きを読む]
  • トイレハイ
  •  そういえば、子どもの頃はたしかトイレハイはなかったですね? 成ネコの行動なのかな?ネコは、なぜかトイレでウンチをした後、凄い勢いで家の中を走り回り、「ウンギャオ〜」などと叫びます。トイレの後のハイテンションな行動から、「トイレハイ」あるいは「うんちハイ」(オシッコの時はしない)などと呼ばれています。ちゃーちゃんも時々ですが、これをやります。トイレから出てから駆け回り、「ウンギャオ〜!」と叫び [続きを読む]
  • 徳島の阿波踊り
  • もう10年前に行ったときの写真です。やはりに本場の阿波踊りは大迫力でした。今年は、市長と阿波踊り振興協会が対立して「総踊り」を中止するとか、強行するとかもめていましたが・・・有料の会場は4つあって、その一つに行きましたが、たしかに観客席に空きが多かったです。有料会場はもっと大きくして、2つあればいいのではないですかね?やはり総踊りはすごい迫力ですよ。新町川水際公園のカツオのモニュメント。このカツオが [続きを読む]
  • エジプト人をたらし込んだネコ
  •  ネコはとにかく”可愛いペット”なのです。物の本によると、ネコは農耕が盛んになったエジプト人に、保存した穀物を食い荒らすネズミ退治の家畜として飼われ、犬に続く、ペットとしての地位を築いたとよくいわれています。犬は人の言うことをよく聞くため、いろいろな仕事をさせるための品種改良が進み、たくさんの犬種ができたそうです。ところが、ネコの研究が進み、エジプト時代のネコのいろいろな事実が分かってきています [続きを読む]
  • 親離れできない猫、子離れできない人間
  •   こんな姿を見ると、一生面倒見てやりたい。永遠に親離れしなくて良いからね!猫はふつう、子ネコがお乳を飲まなくなった段階で、母ネコが発情します。その結果、子ネコを邪険に扱って、母ネコがまず子離れをして、それに続いて、子ネコは親離れします。野生状態の野良ネコも同様に、子離れ、親離れが起こり、子ネコは野良ネコとして1匹で生きて行かなくてはなりません。うちに来る「はちこ」も親離れさせられて、1匹で暮ら [続きを読む]
  • ネコメンタリー
  •  NHKの番組紹介ページから。初回放送は8月3日でした。NHKのEテレで放送されている「ネコメンタリー 猫も杓子も。」が面白いですね。副題が「猫を愛する作家がつづる、猫をめぐる物語」です。ネコ好きな作家のその飼い(野良)猫とのドキュメンタリーです。8月11日(土)に「保坂和志とシロちゃん」というのをやっていました。純粋の野良ネコ「シロちゃん」は保坂氏に餌はもらうけど、身体を触らせもしないのです。それをなん [続きを読む]
  • はち子は生まれつきの野良
  • 5月2日に、 最初にあらわれたときの「はち子」まだ右耳の先は切れ込みが入っていない。野良ネコの「はち子」のその後です。2〜3日来ないときもあるが、ほぼ毎日やってくることもある。どうも、もう1ヶ所かどこかで、餌がもらえるところがあるのではないかとおもう。見た感じメスのようである。男の低い声の私が声をかけても警戒して近寄ってこない。猫は低い声よりも、高い声が好きなのだそうだ。だから、高い声の女性の [続きを読む]
  • 暑いせいか抜け毛が多い
  •   最近は、もっぱらこのスタイルで寝ています。熱の放散効率がいいのでしょうね。毎日、「命に危険がある暑さ」で、いいかげん嫌になりますね。酷暑、猛暑、烈暑、危険暑?・・・私が子どもの頃は、30度を超えると、暑い暑いと大騒ぎでした。また、夕立が毎日のようにあり、夜は温度が下がってエアコンも要らなかったのですが。いまは、35度なんて当たり前、37度、38度になり、処によって40度超えも。地球温暖化がどんどん進ん [続きを読む]
  • ネコのキャリーバッグの善し悪し
  •  ちゃーちゃんが避妊手術をするときに病院に行くのに使ったキャリーバッグ。当時何も考えずにトンネル型を購入。キャリーバッグは、ネコを動物病院などに連れて行くときの必須アイテムです。私は、ネコを入れて運べれば、どれでも良いじゃないかなんて思っていたのですが、本によると、善し悪しがあるようです。トンネル型は、病院に行ったときに、いやがるネコを引き出しにくいのでよくないのです。出口の方から手が入ってくる [続きを読む]
  • ペットロス
  •  先代チョロ、20歳で死去  2代目ちゃーちゃん、現在12歳。ペットロスは大変悲しいことです。私も先代のシャムネコのチョロを亡くしたときは、何日も気分がふさがり、突然思いだして悲しくなり、涙が出てきたこともあります。いわゆるペットロス症候群です。ペットロスから立ち直るには、前の猫を十分に供養してから、すぐ次の猫を飼うことが一番いいそうです。ネコ好きの文豪、夏目漱石も猫が亡くなる度に、十分供養した [続きを読む]
  • 台風接近中
  •   消えた野良ネコが戻ってきた。網戸越しに撮ったので縞模様ができてしまった。今日の夜には台風12号が東京に接近。もう、風が強くなりだした。隅田川の花火も明日に延期。明日は隅田川の花火は大丈夫のようです。ただ、今夜は皆既月食。この空模様では、東京では見られそうにもありません。しかし、台風のおかげか?暑さが和らぎ、30℃以下になった。今朝は寒いくらいだった。ところで、家に来ていたノラちゃんですが、し [続きを読む]
  • 耳がたっているスコティッシュ・フォールド
  •   写真は、「猫画像どっと猫ブログ」より今人気の猫種にスコティッシュ・フォールドがいます。耳が前に倒れている猫です。でもペット売り場に行くと、よく耳の倒れていない普通のネコがスコティッシュ・フォールドとして売られています。フォールドとは折りたたまれているという意味ですから、折りたたまれていないのにフォールドはおかしいじゃないか、と思ったのですが・・・よく調べてみると、いろいろ理由がありました。19 [続きを読む]
  • 東京スカイツリー
  • 写真同好会で18日に東京スカイツリーに撮影会がありました。この酷暑の中を老体にムチ打って、命の危険も顧みず、撮影してきました。生きて帰れたのが奇蹟のような酷暑でした。スカイツリーには、完成した当初に見にゆきました。その時は事前に予約して、予約券を手に入れてから入場券を買い、ものすごい行列を作って、待ちに待ってやっと展望デッキに登れたのですが、今回は、いってすぐに入場券が買え、すぐにエレベーターに乗 [続きを読む]
  • 猫の熱中症
  •   あっちいよ〜〜〜! 腹部冷却中。やっとWカップが終わりました。フランスが優勝!日本も頑張りました。サッカー好きにとっては、この期間サッカー熱中症でしたね。しかし、今年の夏の気温は異常ですね。昨日は用事で新宿に出掛けましたが、町を歩くと、汗がだらだら・・・拭いても拭いても止めどなく汗が噴き出してきます。町の中は、アスファルトの照り返しも有り、40度を超えていたのではないでしょうか?家にいるちゃ [続きを読む]
  • オスネコの恋愛
  •   あまりロマンチストには見えないちゃーちゃん。ある本で初めて知りましたが、猫のオスはとても純情なのだそうです。メスはホルモンの働きで、その季節になれば発情しますが、オスは、メスと出会って、しかもそのメスが気に入って、好きにならないと発情しないそうなのです。猫のオスは、じつに純愛派のロマンチストなのだそうです。メスもロマンチストで、発情したからといって、どんなオスでも良いわけではなく、やはり気に [続きを読む]