ニャンコだいすき! さん プロフィール

  •  
ニャンコだいすき!さん: ニャンコだいすき!
ハンドル名ニャンコだいすき! さん
ブログタイトルニャンコだいすき!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tamamusi110
サイト紹介文シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2016/02/19 11:52

ニャンコだいすき! さんのブログ記事

  • ネコの好きなネコ砂
  • 家に来てすぐにトイレになれたちゃーちゃん。粗相はいまだかってありません。ネコの祖先は半砂漠地帯に住んでいました。このためネコは、トイレの砂は、どちらかというと砂漠の砂のような細かい砂を好むのだそうです。しかし、ネコは順応性に長けているので、市販のネコ砂でもまったく問題はありません。うちは、一袋300円台の一番安い砂を使っています。それでもまったく問題ないです。なかにはおからを使った砂とか、檜 [続きを読む]
  • ネズミ取りの天才、半のらちゃん
  • むかし、遠いところの農地で農作物つくりに取り組んだことがあります。あまりにも遠いので、滅多に通うことが出来ず、放棄された畑のごとく雑草が生い茂り、耕して野菜の苗を植えても、次に行くときは雑草に負けて隠れてしまい、どこに植えたのか分からないほどになるという、さんざんな農業体験でした。ある日、そこに行き、草刈り機で雑草刈りをしているときに野良の雌ネコがやってきました。人を怖がらず、呼ぶと来て甘えるの [続きを読む]
  • ふとんに入れて!
  •  ネコは寝子といわれるだけあって、寝るのが仕事。ちゃーちゃんはいまお仕事中です。 仕事熱心なちゃーちゃんで、昼も夜もお仕事しています。お仕事しすぎです。最近、寒くなってきたので、毎晩のように「ふとんに入れて!」と寝ている私のそばで「にゃ〜」と鳴き、ふとんをばりばり引っ掻いて起こしに来ます。しかたなく入れてやり、私のところで一寝入りしたら、今度はかみさんの所に行って、「ふとんに入れて!」とニャー [続きを読む]
  • ネコ電車
  • 東急電鉄の世田谷線にいまネコ電車が走っています。この沿線にある豪徳寺の招き猫にちなんだものです。豪徳寺は彦根藩主だった井伊直弼が寺の前を通ったとき、門前にいたネコが手招きしたので、寺の方に移動したら、その直後に井伊直弼がもと居た場所に落雷があり、ネコの手招きのおかげで助かったそうです。その後、休憩中にお寺の和尚から説話を聞き、おおいに啓発を受けたということで、井伊直弼は豪徳寺を再興し、自身の菩提寺 [続きを読む]
  • 小田原のネコ
  • もと会社の友人たちと1泊で箱根に行って来ました。小田原城も見学。コンクリートで再現したお城とか。今回は登城しませんでした。苑内にあったイチイの巨木。凄く貫禄あるので驚きました。屋久島の縄文杉も凄かったですが、これもなかなかかっこう良いですね。イチョウの葉が黄葉し始めたところですが、葉の周辺から黄色くなって行くんですね。この段階の黄葉は初めて見ました。お堀にユリカモメが群飛。1羽の空中飛翔をとらえま [続きを読む]
  • ネコが教えてくれたこと観てきました。
  • 「ネコが教えてくれたこと」を12月4日に、観て来ました。映画はトルコのイスタンブールの野良ネコとそれをめぐる人たちの話です。ネコ目線の地上10cmの高さにカメラを位置して撮っている迫力ある画面がたくさんあります。岩合さんも同じように撮っているので、ネコ目線の映像には、そんなに驚きは感じませんでしたが、登場人物、登場ネコがとてもユニークでその辺のドキュメンタリーが面白いです。ネコ好きの人にはたまらないでし [続きを読む]
  • ネコを起こすときの注意
  • ネコは寝る事に掛けてはプロフェッショナルです。よくアクション映画では、ナイフ使いのプロとか、ダイナマイトのプロとか・・・いろいろなプロがでてきて、多数の強敵を少ない人数でやっつけるなんてことが多いですね。ネコは、かすかな音を聞くプロで、暗闇でも見えるプロで、超アクロバティックな動きが出来るプロで・・・という風にアクション映画の俳優だったら、たいへんな役を平気でこなせるでしょうね。ところで、寝るプ [続きを読む]
  • 猫が教えてくれたこと
  • この映画、今、東京の映画館2館(銀座、恵比寿)で上映中です。上映中の映画館は「シネスイッチ銀座」「EBISU GARDEN CINEMA」で12月8日まです。次第に全国の映画館に拡大してゆくそうです。内容は、ドキュメンタリー映画で、いろいろな個性的な猫が登場します。私は明日見にゆく予定です。面白そうで、評判も良いです。紹介記事に書いてあった内容のコピーですが、「トルコの古都イスタンブールに受け継がれてきた、猫と人間た [続きを読む]
  • ネコの共同保育
  • ダーウィンが来た!でもやっていましたが、複数の雌ネコ(母娘が多い)が自分たちの子どもを協力し合って、育てるという共同保育をしているところを映像でとらえていました。ライオンでは、共同保育する事がよく知られています。ライオンは親戚関係の雌同士が協力して子どもを育てます。このようなことを野良ネコでもやっているのですね。じつはチーターでも独立した娘が、子どもが出来たけれど、獲物を捕るのが下手で、子ども [続きを読む]
  • ストレスに弱い雄(男)
  • ストレスのないちゃーちゃんむかし、うん十年前に、週刊動物百科のブームがありました。その時の週刊誌で見たサルを使った実験が凄く記憶に残っています。それはニホンザルを使った実験で、サルを椅子に縛り、大きめの容器に入れて、そこに水を入れて行くのです、水は顎の近くの所までいれ、息をするのが大変なくらいにします。これはサルのとって凄いストレスで、ヒモをほどいて逃げたい気持ちでもだえます。この実験を数 [続きを読む]
  • オスとメスはどちらが長生き?
  • ペットショップから来たばかりの頃、まだ1歳になっていませんでした。人間は男性より女性の方が長寿です。最近のデータでは、平均寿命は、日本では男性80歳、女性87歳です。一般的に動物は女性(メス)の方が長生きです。ネコもやはり、雌の方が雄より長生きです。いろいろな原因がありますが、男性ホルモン(雄性ホルモン)によって、雄ネコは体をたくましくさせますが闘争心も激しくなり、雄同志のケンカやストレス [続きを読む]
  • 子猫の社会化期
  • 社会化期が終わった頃、家に来たちゃーちゃん。ネコに限らず、動物は生まれたばかりの赤ちゃんから、日にちを経るに従って、体だけでなく、脳も成長して、その種としての精神的な成長もしてゆきます。いわゆる社会化期とよばれるもので、ネコですと3〜9週間に起こります。母親や兄弟姉妹と暮らしながら、ネコとしてのルール、付き合い方などやって良いこと、悪いことをしっかり身につけます。ネコに限らず、イヌなどのペッ [続きを読む]
  • 猫の幸せ
  • ぬくぬくと”幸せに”生きるちゃーちゃん(これも人生じゃくてネコ生)野良ネコは平均寿命は3〜5年といわれています。子ども時代に死亡率が高くある程度大きくなるともう少し長生きしますが、せいぜい10年だそうです。一番の問題は食事です。完全に野生の生活に戻って、野生返りして「ノネコ」になったものは十分な獲物が捕れず、飢えを忍びながら生きて行かねばなりません。飼いネコは十分すぎる栄養豊かな餌と、暖かい [続きを読む]
  • 人類の未来=絶滅
  • 宇宙なんて関係ないちゃーちゃんNHKのBSプレミアムで宇宙の番組を続けています。「コズミックフロントNEXT」という番組ですが、この番組好きで毎回見ています。人類の未来について天才学者ホーキング博士が、100年以内に他の星に移住しないと人類は絶滅すると予言しているそうです。しかし、一番近い移住できそうな惑星で地球から4光年以上かかるそうで、普通のロケットでは2000年かかるそうです。せっかくロケットで移住 [続きを読む]
  • イクメンのオスネコ大発見
  •  写真は、NHK「ダーウィンが来た!」より。 イクメンの猫”コムギ”日曜日の「ダーウィンが来た!」で、野良ネコの雄が子育てを手伝うことが分かったと放送していました。世界で初めての発見だそうです。ふつうネコの子育ては雌に任されていて、オスは一切我関せずになるのですが、相の島の野良ネコの場合、オスが子どもたちを他のオスから守ったりするのです。他のオス達は子殺しをして、雌を発情させ、自分の子どもを産まそ [続きを読む]
  • せっせっせのニャンニャンニャン!?
  • いやー面白い動画を見つけました。二匹のネコが向かい合って、「せっせっせのニャンニャンニャン!」をやっているのです。ネコってほんと何をやり出すか分からない、おかしな生き物ですね。笑ってしまいました。これだからネコって面白いです。https://funny-movie.biz/archives/30055 [続きを読む]
  • 雄ネコのケンカの作法
  •  写真は、NHKダーウィンが来た!ネコ特集よりhttps://www.youtube.com/watch?v=XYG15SqxPt4 ユーチューブにあったネコのケンカの動画野良ネコや、自由に外を歩ける去勢していないオスは、発情期の前ぐらいから、ホームレンジ(いわゆる縄張)を広げてゆきます。発情期に少しでも多くの雌を獲得するためです。このときに、オス同士は鳴き合いをします。あのうるさいネコの叫び声です。最近は野良ネコも外ネコ(自由に家を出入 [続きを読む]
  • にゃんたま
  • 先週の「ダーウィンが来た!」で、相の島のオスの野良ネコの話をやっていました。そのときの映像で、おおおっ!と感動したのが、オスの玉玉です。最近はオスも小さいときにすぐに去勢されて、たまたまなしのオスがほとんどです。そのせいか、堂々と”たまたま”をプリプリさせながら歩くオスを久しぶりに見たせいか、感動してしまいました。ちなみにうちは雌ネコしか飼ったことが無く、たまたま、ネコのタマタマを見る機会が無か [続きを読む]
  • 相の島のネコ
  •  うちの「愛の島」でのんびりするちゃーちゃん先日、日曜日、NHKの「ダーウィンが来た!」で猫の特集をやっていました。次週も続きをやるので、2週連続「猫の特集」だそうです。先日の猫の特集は北九州の「相の島」という小さな島にすむ野良ネコの生態をやっていました。この番組にも出てきた山根明弘さんは相の島の野良ネコを長年にわたって調査した人です。文春新書の「ねこの秘密」で詳しく書いてありますが、7年間もこの [続きを読む]
  • 黒猫の吉凶
  • 日本では黒猫は吉の動物とされて、気の病(肺結核など)を治すとされていました。でも世界では、吉凶入り交じっていますね。ある国では、不幸、不運を呼び込むとされ、忌み嫌われています。とくにイタリア。また別の国では幸運を呼び猫とされています。イギリスのイングランドでは幸運の黒猫なんです。黒猫は魔女の召使いみたいな迷信がヨーロッパでは多いですね。このせいで、黒猫が嫌われていたのです。こんな迷信が世界中にあ [続きを読む]
  • 猫が水面を走る、驚きの動画
  •  絶対水面など走れないちゃーちゃん、おぼれ死ぬだろうな。テレビの「生き物にサンキュー!」で猫が水面を走る動画をやっていました。ネットで探したらもとの動画がありました。水面を走る動物で有名なのはバシリスクというトカゲの一種ですが、猫も出来るとは驚きでした。人工の池(プール?)を覗いていた猫を驚かせたら、なんと一直線にプールの水面を跳びはねて反対側に渡ったんですよ。まるで忍者猫ですね。ねこの身体能力 [続きを読む]
  • 幽霊をみているネコ
  • ネコは耳のよい動物です。人間が聞こえる音は16〜20,000Hzで、20,000Hz以上の音は、人間には聞こえないので超音波と呼びます。イヌでは65〜50,000Hzの音が聞こえています。人には聞こえない20,000Hz以上の超音波の音が聞こえるのですね。イヌ笛の音が30,000Hzですから、人間には聞こえないけれど、イヌにはよく聞こえているわけです。それでは、ネコの可聴域はどのくらいでしょうか?イヌよりずっと耳が良いです。ネコは、25〜78,0 [続きを読む]
  • ハゲの得ダネ情報
  •  これは私ではありません。ハリウッドの俳優のW・B・ウィリスです。ネットから探してきました。私はハゲです!どこかの国会議員(落選したよ,ハゲのたたりじゃ!)にド突かれそうなハゲです。でも考えてみるとハゲも良いところが一杯あるんですよ。①シャンプーは1滴もあれば済んでしまう。もちろんコンディショナーやトリートメントなんて使ったことない。経済的です。 そして、時間がかかりません。あっという間に終わり [続きを読む]
  • ネコの芸
  • https://www.youtube.com/watch?v=ivf_t_yyPig以前かきましたが、ホームレスを救ったネコが映画になるそうです。この人の人生はボブというネコに出会ってよい方に変わります。このネコ、人とハイタッチをするんですよ。映画がきたら見にゆきたいですね。http://blog.goo.ne.jp/tamamusi110/e/f6059da7ad1d5dec9c76c10c7aa70b97 以前書いたブログです。ちゃーちゃんも「おすわり!」「お手!」を憶えましたが、「おかわり!」「ハ [続きを読む]
  • ネコの脳化指数、りこう?ばか?
  • 動物の脳について、脳化指数というデータがあります。脳化指数(EQ)=定数×脳の重さ÷[体重]2/3という式に当てはめてその動物の脳化指数を出します。人の脳化指数は、7.4~7.8、イルカは5.3、チンパンジーは2.2~2.5ネコは1.0、イヌは1.2、カラスは1.25、ライオンは0.6などです。カラスは鳥の中で抜群の数値を示しています。この数値は式にあるように脳の重さを体重などとの関係を出したもので、頭の良さを完全に示すものでは [続きを読む]