たまひこ さん プロフィール

  •  
たまひこさん: たまひこのブログ
ハンドル名たまひこ さん
ブログタイトルたまひこのブログ
ブログURLhttp://tamahiko.hatenablog.jp/
サイト紹介文たまひこなりに、思ったこと、考えたことを書くブログ
自由文もっと自分を発信しようと一念発起した30代です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/02/19 13:29

たまひこ さんのブログ記事

  • 日本の芸術が衰退? 百貨店がちょっと寂しかった話。
  • ▼近くの百貨店で、「文化勲章作家版画展」が開催されているとのことで足を運んでみた。無機質な灰色アスファルトの都会で生活していると、とかく我々人間は偉大なる自然に生かされているという事実を忘れてしまいがちである。この世界は美しい。至るところに美を見出すことができる。人工物ばかりに囲まれ、やれデフレだ、やれ時間外労働だと心の余裕を失えば、美を感じ取る感性がどんどん鈍っていき、心が荒んでしまいかねない。 [続きを読む]
  • 天皇陛下は演じておられるのか? 朝日新聞の世論操作記事に抗議!
  • ▼12月1日ともう随分前の記事になるが、未だに私の胸にわだかまりとしてつかえている記事をご紹介したい。yahooトップの見出しにも登場し、これを読んでまんまと騙され「ああ、やっぱりそうだよな」と感じてしまった人は多いと思う。実際、コメント欄にもそのような声が多数であった。 言わずと知れた反日売国朝日新聞のこの記事は、一見陛下を気遣う風を装っておきながら、実は陛下の尊厳、威厳を傷つける意図が隠されている。▼ [続きを読む]
  • 正義は勝つ? モンゴル人力士問題について。
  • ▼日馬富士の問題を発端として、白鵬を頂点とするモンゴル人力士の間で星のやり取りが行われていたという疑惑が浮上している。確たる証拠が出てこない限り断定はできないが、状況から言って限りなく黒に近いと言わざるを得ない。▼朝青龍といい、どうしてこうもモンゴル人横綱が悪行を繰り返してしまうのか。私は、力士個人の問題や協会の問題も去ることながら、そもそも外国人力士に横綱の振る舞いを求めるのは無理があるのかもし [続きを読む]
  • 人前でうまく話せない時の解決法
  • ▼「人前でうまく話せるようになりたい」とは、物心ついたころには誰しもが一度は抱く願望ではないだろうか。 ところが私は、ほんの2年くらい前まで無頓着で、その必要性をはっきり自覚することがなかった。どうせ自分はあまり共感を得られないだろうし、うまく話すことで自分の実力以上の評価を受けたくないと考えていたのだ。周囲から口下手で遠慮がちな人間と見られていた方が、話す労力が少なくて済む。それに、装うことは相 [続きを読む]
  • 考える前に行動するということ
  • ▼「考える前に行動する」、一見、好ましくないことのようにも思える。しかし人間、最終的にこの境地に達することが幸せにつながるような気がしている。▼人は大人になるにつれ、考えて行動するようになる。失敗を避けるようになる。インターネットが発達し、あらゆる情報が簡単に手に入るようになった現代はなおさら、事前にあれこれ勉強するようになっているだろう。しかし、得てしてそれが裏目に出ることがある。▼考えなしで行 [続きを読む]
  • 本当はブログなんて書きたくない?(笑)
  • ▼突拍子もないタイトルにしてしまったが、今の私の率直な考えである。 その心は、ブログよりももっと優れた情報伝達手段があるから。 パソコンの画面上の文字を通してではなく、生身の人間同士が目と目を合わせて言葉を交わす以上のコミュニケーションはない。そのコミュニケーションが充実していてブログを書く暇がないというのが、私の理想像なのだ。▼もちろん、ブログでしか実現できないこともある。一瞬にして全世界に向け [続きを読む]
  • ひさしぶりに「馬鹿笑い」をしてみたい
  • ▼最近、馬鹿笑いをしていないなあ。 どうにも気分が晴れない時は、とにかく無理矢理にでも笑顔を作って、大きな笑い声をあげれば、結構前向きになれる気がする。▼私は家にテレビを置いていない。インターネットで事足りるからだ。テレビをつけていれば、自然と笑い声につられて気持ちが上向くだろうか。ただ、どうも最近のテレビは「作り笑い」が多い気がするのだ。バラエティ番組では文字通り、編集で笑い声が加えられたりして [続きを読む]
  • 学校の授業の大半が退屈だった理由
  • ▼自分の人生を振り返り、何に一番時間を費やしてきたかを考えるに、「学校で授業を受けた時間」が思い浮かぶ。 人生の3分の1は睡眠時間であると言われるが、学生時代においては、布団から出ている時間の3分の1は授業を受けていたと言えるのではないか。 であるはずなのに、私の場合、授業で学んだ実感というのが高校から明らかに薄れ始め、大学に関してはほとんどないのである。テスト前の、テスト対策勉強にひたすら集中してい [続きを読む]
  • グローバル化は人類の危機。今こそ「日本」を見直そう。
  • ▼最近、職場の広報誌の「ひとりごとコーナー」の原稿依頼を受けた。今日はそれをそのまま以下に転載してみる。タイトル:日本的なモノを見直す本文:最近の私の専らの関心事は「世界のグローバル化」である。何の保証もない素人の私なりのリサーチによれば、どうもこのグローバル化とやらが現代世界を読み解く重要なキーワードであるらしい。「人・モノ・お金」が国境を越えて飛び交う趨勢の真っ只中の時代、自分はいかに生きる [続きを読む]
  • なぜ、ひとりごとをブログに書くのか。
  • ▼私がこのブログでひとりごとを書く理由は、そうでないと続かないだろうからだ。▼最近になって、本当に今さらながら、どうも自分の話があまり周囲にウケないことを実感するようになった。そもそもこれまでウケようとしてこなかったのだが。 いつからか私は、周囲から理解してもらわずともいいと割り切っていた。周囲からの評価は良いに越したことはないが、それを気にする暇があったら自分の理想像を目指した方がいいと思ったの [続きを読む]
  • ブログタイトル・ハンドルネーム変更と、ひらがなの美しさについて。
  • ▼個人的にちょっと吹っ切れたようなところがあって、ブログを再開してみることにする。また明日にでも心変わりしてサボることになるかもしれないが。▼心機一転、ブログタイトルは「玉彦のブログ」改め「かずのひとりごと」。ハンドルネールは「玉彦」改め「かず」とする。改名にあたってのこだわりは、全文字ひらがなということだ。▼この前、金沢に行く機会があった。その際に乗った新幹線の名前に、心を惹かれたのだ。 「かが [続きを読む]
  • 私がブログを書く理由。長年ブログを続けている人たちから感じること。
  • ▼どうも、お久しぶりです。 と言っても、2ヶ月も放置しておいて、こんな拙ブログを訪れてくださる人がおられるかわかりませんが…。▼年度末からこのGWにかけて、職場環境も変わり怒涛の忙しさで。 正直、今も時間的余裕はほとんどない状況です。▼そもそも、ブログを書く理由とは何か。 人それぞれ理由はあるでしょうが、結局は、当たり前のことですが、書いている本人が何らかの楽しさを感じているからでしょう。 ただいず [続きを読む]
  • 待機児童問題。そもそも保育園、共働きありきの議論に疑問。
  • ▼待機児童問題で、お母様方が悲鳴をあげている様子が連日報道されています。私がこのニュースを見ていつも思うのは、「じゃあ保育園を充実させましょう」という単純な議論だけでいいのかということです。▼女性の社会進出と言われますが、それは望んでのことなのでしょうか、それとも止むを得ずなのでしょうか。正確なところはわかりませんが、経済的理由から後者である女性も少なくないのではないでしょうか。であるならば、子育 [続きを読む]
  • 「自然分娩の方が愛着」発言の教諭が謝罪したことの是非
  • ▼ここまで大事になることなのか?というのが私の率直な感想です。あまり度が過ぎると学校の先生が萎縮してしまい、教科書に書いてあること以外は発言できなくなるのではないでしょうか?▼確かに私もこの発言について根拠に乏しいとは思います。帝王切開を否定するかのように受け取られる発言でもあると思います。しかし、あくまで授業の一コマでこの先生なりの「説」が示されただけであって、日常的に押し付けているわけではない [続きを読む]
  • 「日常のテレビ」に恐怖を覚える
  • ▼私は自宅にテレビを置いていないのだが、職場で一人夜勤の合間、ふとリモコンを手に取りぼんやりと眺める。もはやネットで必要な情報はほとんど得られるのだが、テレビに流れる「時代の空気」も感じ取っておかなければならないと思うからだ。▼ある日の深夜、「日常的な」番組の光景が、私の目にはことごとく異様に、不気味に映った。チャンネルを回せど回せど、何気ない日常の裏に潜む邪悪な闇が見えて、恐怖を覚えた。 何を気 [続きを読む]
  • 除夜の鐘がうるさい? 昨今巷で多発する騒音問題について。
  • ▼今年も気づけば残すところあとわずか。年末の夜というのは、しんと静まるような寒さの中にどこか神聖で厳粛な空気が漂い、神妙な気持ちになるものです。 日本人の精神は、四季を通して研ぎ澄まされ、情緒豊かに育まれてきました。あぁ、日本に生まれてよかった…。▼そんな感傷に浸る私に、見事な顔面パンチをくらわしたニュースがこれですよ…。news.careerconnection.jp 世知辛い世の中になったものだと、なんとも残念な、い [続きを読む]
  • 流行語大賞トップ10に「保育園落ちた日本死ね」選考の愚
  • http://singo.jiyu.co.jp▼毎年恒例の流行語大賞、今年は「神ってる」! 個人的には、全国的に幅広い年齢層に浸透した言葉として「ポケモンGO」が第一候補でした。しかしこの軽妙なフレーズで、多くの人が広島の勢いにあやかり明るい笑顔になることができました。これもまた良しかな、と思います。▼しかし一方で、私がどうしても納得できない言葉がトップ10に選ばれていました。ここ最近、不自然な選考続きに疑問を感じる人も増 [続きを読む]