亜沙美 さん プロフィール

  •  
亜沙美さん: 着物のぶろぐ
ハンドル名亜沙美 さん
ブログタイトル着物のぶろぐ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/masubuchi4996/
サイト紹介文筆者の着物の覚え書き。これから、気楽にきものを着てみたい方に、着物の買い方などを載せます。
自由文自己紹介
琴、胡弓弾き。お稽古では必ず着物をきています。会社員の方々が、会社へいくのにスーツを着るのと同じような感覚です。
このblogでは、一日着ていた着物たちの紹介だけではなく、筆者が得てきた着物の知識、買い方、着方などの工夫を掲載し、より気楽に着物を着られるよう、伝授していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2016/02/19 14:05

亜沙美 さんのブログ記事

  • 定番。
  • さて、稽古場が再び営業を始めたため、お稽古再開いたしました。皆さんよく集まってくださり、ほんとに感謝です。単の色無地に緑の名古屋帯。和のお稽古には定番ですね。まあ、あまり人気はないようですが、最近の色無地は、カラーバリエーションが増えてくれたのがありがたいです。柄なしでつまらない、という若い方の意見もあるからか、濃いものから薄いものまで、色々な色無地が登場しています。今日は、お弟子さんから、どら焼 [続きを読む]
  • 演奏にて着用
  • 今日は、自宅内でお琴の演奏をしました。演奏ですので、やっぱり正装がいちばんいいよね。夏物の、訪問着です。あんまりじみすぎてもかえってお客さんに失礼か、とおもい少し派手にしました。というか、訪問着ですがちょっと西洋にちかいものがあります。帯は代わりに典型的な梅がらとし、日本的にしました。やっぱりお琴なんですから、日本的なものがほしいよね。さて、演奏そのものは我ながらできたんじゃないの?とおもいます。 [続きを読む]
  • お食事
  • 今日は、近隣のレストランにて食事会にいきました。温度はさほど高くないけど、湿度がやたらたかく蒸し暑い1日。二時頃に大雨が降ったようですが、すぐやみました。そのあと、警報がでたりして、これはヤバい!と思いましたけど、いまは割りと静かです。夏はお天気の予測がつきません。まあそうなりながら、秋に向かっていくのかな。比較的、軽い感じのピンクの夏着物。割りとおとなしい感じで、でしゃばりすぎず、地味すぎない、 [続きを読む]
  • ちょっと落ち着く
  • 今日はお琴教室の人たちと、食事会がありました。和風のレストランを予約して、おしゃべりしながら食事しました。 さすがに、ちょっと落ち着いた方がよいかなとおもい、こちらしました。華やかさというより、大人っぽい感じですね。柄も桜と撫子で、正統派といえます。帯も、薄いピンクと白でより目立ちにくくなりました。今回は、年配のお弟子さんたちを引き立てる意味で控えめに。お弟子さんたちに楽しんでほしい意味もあります [続きを読む]
  • 真似したわけではないですが。
  • 今日は暑いなか稽古でした。みなさん全員集まってくださり、暑いなか感謝しています。ほんとにありがとうございます。さて、立秋となりましたので、極力絽は避けましょう、ということになり、私はこちらの赤を選びました。赤に小さな十文字などをいれてある着物です。赤好きであることが、ばれてしまいましたね。でも、赤ばかりではないですよ。このお着物は、近くでみると、以前やっていた朝ドラの主人公の着物に似ていますので、 [続きを読む]
  • 再び登場
  • 今日は、平日ですが、仲良くさせていただいている方がコンサートをされたために出掛けてきました。本来は絽にしようかと思いましたが、雨が降っていたので、こちらを選びました。猛暑日になることもなく、難なくいけてよかったです。まあ、以前着用したのと全く同じですが、帯締めを赤から緑にしてみました。これだけでも大分違います。ちょっと派手かと思いましたが、かなり好感を持っていただけました。今日は、演奏も素晴らしく [続きを読む]
  • 中途半端ではあるけれど
  • 今日もまた暑いですが、相変わらず着物生活です。そういえば、暦の上では立秋なんだよね。信じられない暑さですが。そうなると、もう絽は着用できなくなるようですが、まだまだ着ていたくなります。確かにルールはあることにはありますが、なかなかそうもいかない気がしてしまいますね。今日は、こちらを着用しました。はい、格子の夏牛首。すぐわかると思いますが、袖が長い着物です。買ったときに、おかしいなと思いましたが、そ [続きを読む]
  • 寄り合いがありました。
  • あつい日が続いていますが、寄り合いだけは必ず開催されるものです。いつもお着物で出ていますが、今回も。人が集まる場には、やっぱり訪問着が一番だと思うので、また訪問着でした。あんまり派手さもなく、上品なところがいいね。白地に青海波を入れ込んだ訪問着にしました。目上の人や、年上の人なんかに敬意を表すには、やっぱりこういうタイプがいいんだと思います。最近は、そうでもないようですが、やっぱり控えめさを出すこ [続きを読む]
  • エール!の赤
  • 今日は、母が演奏会第二段を開催しました。まあ、私もお手伝いとして、会場へいったわけです。本来は絽にしようかと思いましたが、母が地味すぎたら恥ずかしいといいますので、思いきって赤にしました。まあ、思ったより派手でした。本当に派手でした。同行してくれた叔母はかわいいなんていってくれましたが、果たしてどうなんだろうか。演奏会前日まで、母は、歌詞を間違えたりしないかとか言っていましたので、心配で仕方なかっ [続きを読む]
  • 今日は、帯を変えました。
  • 今日もまた、暑い1日でしたがまた練習ということで、着物を着用です。暑いかと思いましたが、洋服よりずっと楽です。嘘じゃありませんよ。 本日はこちら。先日は青い帯でしたが、今日は、赤です。雰囲気がかなり変わっているのが、お分かりになりますでしょうか。帯次第で印象はやっぱり変わりますね。どちらがいいかは、ご意見がわかれるとは思いますが、赤のほうがやっぱり華やかに見えるよね。お店で、着物はコーディネートが [続きを読む]
  • 暑いなか稽古にいきました。
  • 今日もまた、40度に到達した地域もあるほど、すごい暑さでした。そんな中でも稽古は開催。お弟子さんたちは、たくさん来てくれています。私も負けじと、稽古着です。竹を交差するようにいれた絽の着物です。他のにしようかなと思いましたが、暑いのでこちらにしました。意外にサイズが大きいため、着用に苦労しました。まあ、大きい方が得ですね。帯はみどりの夏用名古屋帯。お稽古にはもってこいです。お稽古そのものは、暑さのた [続きを読む]
  • 復活
  • 熱射病のため、何日か動けなかったのですが、本日復活し、仕事へ出られるようになりました。よかったよかった。ほんとに、今年の七月は長かったとおもいます。さて、本日はこちらを着用いたしました。絽の訪問着です。暑い時には絽が一番です。確かに、長襦袢の袖が見えてしまうとか、柄物の長襦袢は着用しないとか、他以上に気を付けなければならないことはありますが、やっぱり便利だなと感じています。こちらは、蝶を中心に上品 [続きを読む]
  • 水色、
  • 今日も暑い。災害レベルの暑さと言えるなんて言っていましたが、確かにそうかもです。まあ、夏ならではの着物を着て乗りきりましょう。今日は、サマーウール。水色に蝶をたくさん描いた、かわいげな感じの着物です。サイズが大きくて、余裕があり、より涼しくなります。帯は、オレンジ色の半幅です。今日は、エアコンをかけても涼しさを感じない暑さでした。まあ、開き直りも必要なので、普通に仕事をしていましたが、それでは持た [続きを読む]
  • 大暑でした。
  • 今日は、暦のうえでは大暑です。つまり一番暑いときなのです。読んで字のごとく、暑い1日でした。ほんとに、ぶっ倒れるほどの暑さでした。 もうこんな日は、積極的に着物を着たほうがいい。またサマーウール。涼しげに見せるため、帯も水色にしてしまいました。少なくとも、ズボンよりは涼しく感じました。それにしても暑く、ピアノの音色がおかしくなるほどの暑さでした。まあ、何回か、一部のピアノ線を切って、その度に応急処 [続きを読む]
  • 暑い!ときは絽
  • 今日は、国立劇場にいきました。毎年やっている雅楽演奏会です。いつもこの時期にやるんですが、今年は特に暑い1日でした。一応、というか必然的に雅楽ですから軽いものは禁物です。しっかり正装しなきゃなりませんね。大体、夏じゃなければ小振袖あたりを着用していきますが、夏はそうはいきませんので、夏用の最高峰であります、絽を着用していきました。まあ、他のやつに比べると、華やかではありません。でも、こういうときで [続きを読む]
  • 伝統も必要です。
  • 今日は、暑いなかお稽古にいってきました。お稽古に行く前に、絽の色無地がなかったという問題が浮上。 仕方なく、サマーウールの色無地を着用して代用。色は赤でした。赤で、わりと強い系の着物ではありますが、絽ではないために、しっかり用意しなきゃだめと、師匠にしかられました。もう、教わるがわじゃないんだから、しっかりしなさいといわれて、改めて立場が変わったなとわかりました。次の稽古ではしっかり絽を着用してい [続きを読む]
  • 絽は意外につかえるぞ
  • 暑い1日でした。岐阜では、40度を越したそうですね。遂にきたか!という感じです。静岡は幸いそこまではいきませんでしたが、暑い1日でありました。こんななかでも、着物を着て仕事に行ってます。暑くないのかといわれますけど、自信をもって言えます。絶対にそんなことはないですよ!真夏の定番といえば絽です。絽と言えば、もじり織といって、小さな穴が無数に空いていますが、 実はここから空気が入りまして、本当にこれが気 [続きを読む]
  • 講座へ出掛けました。
  • 今日は、静岡市で講座があり、受講しにいってきました。大事な勉強なので、とにかく聞いてくるだけでも、得るものはたくさんあります。暑い中ではありましたが、皆さん欠席せずにやってくるのは、同じように大切だと考えているからでしょう。それだけ内容の濃い講座だと思っています。着用はこちらでした。昨日のような、可愛らしさというより、ちょっと落ち着いたものの方がよかったなとおもいましたので、これにしました。今回も [続きを読む]
  • 飯能へいってきたぞ
  • 今日は、知人の一絃琴を教えていらっしゃる先生と、その奥さまの公演、ことサマーコンサートをみに飯能へ出掛けてきました。所沢に住んでいた頃、秩父によく観光していましたので、飯能はたまに寄っていたことがありましたが、大分、変わってしまいました。やっぱり都会は変わるのがはやいです。暑い1日でしたけど、やっぱりお着物です。ピンクに、花柄と羊歯模様が描かれた化繊の単です。絽にしようか迷いましたが、すごい暑かっ [続きを読む]
  • 暑かった
  • 今日もことのほか、暑い1日でありました。はい、暑いです。部屋のなかで33度でした。暑いわけだな。それでも、意外なことに着物をきて、練習をして、半襟を縫ったりして、もしかして変なやつですかね。昨日に引き続き、また緑系です。まあ、こちらの方が少し青が入っている緑かな。こちらは、夏ようではありますが、透けません。まあ、全部が透けると言う訳じゃないのです。サイズに余裕があり、おはしょりも問題なくできます。リ [続きを読む]
  • お稽古着
  • 今日は、いつも通り稽古でした。まあ、稽古では、小紋が制服と化してますが、今回もそんなわけで。ちょっと落ち着いたモスグリーンのサマーウール。 小さな麻の葉柄です。比較的シックな感じになります。モスグリーンなので、遠目ではわかりませんが、近くで見ると透けます。だから、やっぱり下着には気をつける必要があり、今回は二部式長襦袢は、着用しませんでした。去年の夏は、ちょうどよいサイズでしたが、今年きてみたら、 [続きを読む]
  • 打ち合わせ
  • あついなあ、としか出ないほど暑い1日ですね。そんななか、打ち合わせがありまして、ちょっと出掛けてきました。意外に洋服より着物のほうが、暑い時期には楽です。ズボンなんか履いたら、暑さで参るだろうし。袖からは風がぬけてよい気持ち。はい、サマーウールというやつです。ウールというと、冬用みたいですが、夏を目的に織られたサマーウールはとても涼しいです。だから、バカにしてはいけません。帯はお気に入りの金。やや [続きを読む]
  • 母の作品第一号です。
  • 今日もまた暑い。さて、気を取り直して、がんばらなというわけで着物を着用してみました。着物のほうが、やっぱりだらだらしなくなり、やる気が出る。なんでかな。そんなことはさておいて、今日は、こちらを着ました。暑いので、絽です。といっても化繊ですが。正絹様はなかなかお目にかかれません。いつか必ずと思っていますが、なかなか見つからない。こちらは、リサイクルとして買いましたが、すでに縫製が弱かったので、母が一 [続きを読む]
  • 山水画
  • どしゃ降りがやっと落ち着き、被害に会われたみなさんには、心からお見舞い申し上げます。これ以上、被害が拡大しないことをお祈りいたしますね。さて、本日もまた暑い。意外に着物は気楽です。今日は、山水画を入れたこちらのお着物でした。なんか、水墨画みたいですね。足袋を夏足袋にしましたが、穴が開いていて、新しいのを買いにいきました。あと、夏着物は、大体透けますので、柄ありの二部式襦袢とかきると、みえみえになり [続きを読む]
  • 最悪でもいきました
  • 昨日暑さでバテてしまい、無理かとおもいましたか頑張ってお稽古にいきました。やっぱり、仕事は放棄したくありませんので。着物も、ちょっと緩く着て体調に配慮です。クローバーと亀甲の夏着物。サイズは、やや余裕がある大きさで、ゆったり着ることができます。伝統のお稽古には、やはり昔ながらの柄が合いますね。ただ、かわいくはないので、対策としてクローバーもはいってます。帯も、亀甲に桐紋でやっぱり古きよき柄です。コ [続きを読む]