むぎ さん プロフィール

  •  
むぎさん: むぎの城さんぽ
ハンドル名むぎ さん
ブログタイトルむぎの城さんぽ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mugiide
サイト紹介文日本百名城や史跡・城郭めぐりの旅の記録と日本城郭検定の問題でお城の勉強をしよう!という日記です。
自由文日本城郭検定準1級〈武者返級〉合格。1級合格目指しブログを通して予習復習しながら勉強中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2016/02/20 05:52

むぎ さんのブログ記事

  • 巌山城(福島県)
  • 【巌山城】いわやまじょう【別名】岩山城【構造】湖城【築城者】穴澤加賀守俊恒【築城年代】1565年(永禄8年)【指定史跡】―【場所】場所 地図桧原湖中に半島として浮かぶ堂場山に築城された巌山城。1585年(天正13年)11月、伊達政宗に攻め込まれ落城しました。案内看板桧原城とともに案内看板上に記されていたことで知りました。こちらもそのうち桧原城とセットで訪れてみようと思います。平成30年9月30日湖 [続きを読む]
  • 天童城(山形県)
  • 【天童城】てんどうじょう【別名】舞鶴城・天童古城【構造】山城【築城者】天童頼直【築城年代】1375年(天授元年・永和元年)【指定史跡】―【場所】場所天童市天童4146 地図山形城城主斯波兼頼の孫の頼直が築城し、天童古城に入り天童氏を名乗るようになりました。1584年(天正12年)10月、南北朝以来この地を支配していた天童氏は最上義光に攻められ落城しました。愛宕池愛宕池の横目で見ながら主郭のある愛宕 [続きを読む]
  • 天童陣屋(山形県)
  • 【天童陣屋】てんどうじんや【別名】天童織田館・天童御陣屋【構造】陣屋【築城者】織田信美【築城年代】1830年(天保元年)【指定史跡】―【場所】場所天童市田鶴町4 地図天童織田藩は織田信長の次男織田信雄の流れをくむ藩で、織田家は群馬県甘楽町の小幡藩や山形県高畠町の高畠藩を統治し、信雄の孫である信美が天童に入り、1831年(天保二年)に天童織田藩が成立しました。天童御陣屋絵図喜太郎稲荷神社入口に天童陣 [続きを読む]
  • 桧原城(福島県)
  • 【桧原城】ひばらじょう【別名】小谷山砦・小谷山城【構造】山城【築城者】伊達政宗【築城年代】1585年(天正13年)【指定史跡】―【場所】場所耶麻郡北塩原村桧原舘山 地図桧原城は伊達政宗が築城した桧原湖沿いの砦です。天文の始め、1532年に松本宮内が18間地取りしましたが完成させることはなかった城です。そこに1585年(天正13年)伊達政宗が築城し、城番として後藤孫兵衛が伊達氏の拠点として住んでいま [続きを読む]
  • 仙台城(宮城県)
  • 【仙台城】せんだいじょう【別名】青葉城【構造】山城【築城者】伊達政宗【築城年代】1600年(慶長5年)【指定史跡】国指定史跡【場所】仙台市青葉区川内 地図【 スタンプ設置場所 】仙台城見聞館展示コーナー(本丸跡・ガイダンス設置)【城郭検定】出題あり仙台城跡は初代仙台藩主伊達政宗が、1610(慶長15)年に築城しました。伊達政宗公は徳川家康の警戒を避けるために、あえて天守閣は設けなかったといわれる。伊 [続きを読む]
  • 多賀城(宮城県)
  • 【多賀城】たがじょう【別名】−【構造】平山城、城柵【築城者】大野東人【築城年代】724年(神亀元年)【指定史跡】国指定特別史跡【場所】多賀城市市川 地図【スタンプ設置場所】多賀城市埋蔵文化財調査センター展示室(多賀城市中央2−27−1)【城郭検定】出題あり多賀城は724年(神亀元年)に大野東人によって創建され、陸奥国府と鎮守府が置かれました。城内の中央には、重要な政務や儀式を行う政庁がありました。 [続きを読む]
  • 岩村田城(長野県)
  • 【岩村田城】いわむらだじょう【別名】上の城・藤ヶ城【構造】平山城【築城者】内藤氏【築城年代】1864年(元治元年)【指定史跡】―【場所】場所佐久市岩村田 地図1703年(元禄16年)、京都伏見奉行の功により城主格の大名に昇格した内藤正縄が幕府領だった岩村田に転封されて、岩村田藩が成立しました。正縄の孫である正誠が1864年(元治元年)に岩村田城を築城しました。しかし、廃藩置県のため未完成のままわず [続きを読む]
  • 海尻城(長野県)
  • 【海尻城】うみじりじょう【別名】―【構造】山城【築城者】井出長門守【築城年代】15世紀中期【指定史跡】村指定史跡【場所】南佐久郡南牧村海尻 地図海尻城は、前山城主伴野氏の幕下「井出長門守」の築いた城で、村上氏の臣薬師寺右近らがこの城を守っていましたが、天文9年に武田氏の将板垣信方の知略によってこの城を奪われてしまいます。海尻の地侍らの意を通じ村上氏が立ち上がり奪還を試み、海尻城の合戦が開戦。しかし [続きを読む]
  • 稲荷山城(長野県)
  • 【稲荷山城】いなりやまじょう【別名】 勝間城・勝間反砦・桜井山城・田古屋城【構造】平山城【築城者】不明【築城年代】不明【指定史跡】―【場所】場所佐久市臼田町稲荷山 地図千曲川に架かる臼田橋を渡り始めると、稲荷神社の朱色の鳥居が見えて来ます。稲荷山城の名の由来となる稲荷大明神です。城郭の中心部は現在コスモタワーという宇宙に関する施設がある公園になっています。稲荷公園公園への遊歩道と、鳥居を沢山くぐり [続きを読む]
  • 記念公園(新潟県)
  • 【記念公園】きねんこうえん【別名】まいづる公園【構造】武家屋敷【創建者】―【創建年代】江戸後期【指定史跡】市指定文化財・国指定重要文化財(旧若林家住宅)【場所】記念公園 地図・旧若林家住宅 地図雅子妃殿下のご祖母・静様の父方の実家にあたる武家住宅・旧嵩岡家住宅の他、旧岩間家住宅、旧藤井家住宅の3棟の武家屋敷が一般公開されています。まいづる公園記念公園は、皇太子殿下・皇太子妃雅子様ご成婚を記念した公 [続きを読む]
  • 御殿のお月見会(楽山園)
  • 御殿のお月見会〜楽山園〜小幡陣屋織田信長の次男織田信雄が7年の歳月と数万両を投じて築いた御殿跡と大名庭園があります。十五夜ということで楽山園ではこの日に「御殿のお月見会」が開催されました。今回で7回目となるお月見会は、今年は祭日と重なり賑わっていました。庭門提灯の灯りがお出迎え。昆明池幻想的な夜の大名庭園が目の前に広がります。これを写真に納めたいと意気込んで来ましたが…。とにかく夜の撮影は苦手で上 [続きを読む]
  • 新潟城(新潟県)
  • 【新潟城】にいがたじょう【別名】舟山城・白山城【構造】平城【築城者】新発田重家【築城年代】永禄年間【指定史跡】市指定史跡【場所】新潟市中央区一番堀通町地先  地図戦国期にあったと伝わる新潟城は、現在の新潟市中央区にあったと推定されます。現在の白山神社および白山公園にあたります。遺構はまったく残っていないため、その所在は定かではありません。しかし、地名にそのヒントが隠されているのではないかと思うよう [続きを読む]
  • 織田の御馳走門
  • 【織田の御馳走門】おだのごちそうもん【別名】―【構造】薬医門・四脚門【築門者】織田氏【築門年代】江戸時代初期【指定史跡】町指定史跡【場所】甘楽郡甘楽町大字造石105 織田信長の二男信雄に大和国宇陀郡3万石と上州小幡2万石が与えられ、1616年(元和2年)に信雄の子信良が福島の仮陣屋に入りましたが、43歳で死去。嫡男信昌が2歳で相続しましたが、幼い為信雄の四男織田出雲守高長が後見役となりました。3代 [続きを読む]
  • 石垣山城(神奈川県)
  • 【 石垣山城 】いしがきやまじょう【 別名 】石垣山一夜城【 構造 】山城【 築城者 】豊臣秀吉【 築城年代 】1590年(天正18年)【 指定史跡 】国指定史跡【 場所 】小田原市 早川 地図【 スタンプ設置場所 】石垣山一夜城駐車場内トイレ付近【 城郭検定 】出題あり本来この山は「笠懸山」と呼ばれていました。天下統一を目指す豊臣秀吉が北条氏の小田原城攻めのために大人数をかけて短期間で築いた「石垣山一夜城」として [続きを読む]
  • 殿島城(長野県)
  • 【殿島城】とのしまじょう【別名】本城【構造】平山城【築城者】殿島重国【築城年代】1532年〜1555年(天文年間)【指定史跡】―【場所】伊那市東春近7300-160 地図天文年間に殿島大和守重国が1500石を拝領して殿島城を築城しました。殿島城は天竜川東岸の一段高い河岸段丘上に築かれており、東西約250m、南北約450mの規模です。昭和40年前半に開田のため外郭は消滅し、現在は本郭と付属部分が残る [続きを読む]
  • 栗木田城(長野県)
  • 【栗木田城】くりきたじょう【別名】栗田城【構造】山城【築城者】不明【築城年代】不明【指定史跡】―【場所】伊那市高遠町長藤栗田 地図高遠から杖突峠の間、藤沢と長藤の境目となるかつての栗田宿のある集落の東側もみ沢の尾根状台地に栗木田城があったとされています。観音堂栗田の集落の国道152号線の四ツ角を藤沢側方面(東側)に入ったところです。赤い屋根が見える場所が観音堂で、かつて香竜寺(のちの広勝寺)のあっ [続きを読む]
  • 洞口城(長野県)
  • 【洞口城】ほらぐちじょう【別名】北の城【構造】丘城【築城者】春日河内守工藤左近亮【築城年代】1593年(文禄2年)頃【指定史跡】―【場所】伊那市美篶10241 地図洞口城は、三峰川の河岸段丘を利用して台地の先端部に築かれています。 現在の下川手中原集会所とグランド、集会所東側の民家敷地が城跡と思われますが城域としてはどこまでなのか定かではありません。下川手中原集会所国道361号線から下川手の信号で [続きを読む]
  • 結城城(茨城県)
  • 【結城城】ゆうきじょう【別名】臥牛城【構造】平山城【築城者】結城朝光【築城年代】1183年(寿永2年)【指定史跡】市指定史跡【場所】結城市結城 地図結城城は結城朝光が築城したとされていますが定かではありません。関東公方足利持氏が将軍義教と争って滅ぶと結城家11代氏朝は、持氏の遺児春王丸と安王丸を奉じて兵を挙げた。これが結城の名を不朽にした結城合戦です。豊臣秀吉の小田原攻めでは逸早く通じ、秀吉の養子 [続きを読む]
  • 中久喜城(栃木県)
  • 【中久喜城】なかくきじょう 【別名】亀城・栃井城・中岫城・岩壺城【構造】平城【築城者】小山政光【築城年代】1155年(久寿2年)【指定史跡】国指定史跡【場所】小山市中久喜 地図中久喜城は祇園城と結城城の中間に位置し、三つの曲輪から構築されいます。小山義政の乱の際戦うための拠点のひとつとされた城で祇園城、鷲城とともに国指定史跡に指定されています。小山義政の乱の当時の資料には「岩壺城」として登場し、「 [続きを読む]
  • 鷲城(栃木県)
  • 【鷲城】 わしじょう【別名】小薬城【構造】平山城【築城者】小山政光【築城年代】不明【指定史跡】国指定史跡【場所】小山市外城 地図鷲城は東国を揺るがす「小山義政の乱」の舞台となった城で国指定史跡に指定されています。空堀と土塁によって画された内城と外城からなり中心部には鷲神社を祀っています。南北朝時代の城として祇園城跡・中久喜城跡と共に小山氏の主要な居城跡です。城跡碑鷲神社入口に城跡碑や案内看板があり [続きを読む]
  • 小山御殿(栃木県)
  • 【小山御殿】おやまごてん【築城者】本多正純【築城年代】1619年(元和5年)【指定史跡】【場所】小山市中央町1丁目1−1 地図小山御殿は、徳川将軍家の日光社参の祭の休憩・宿泊所として設けられました。1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いの直前に行われた「小山評定」の吉例にならったものといわれています。小山御殿は厳重な配置になっており、周囲に堀が廻り土塁が二重に築かれ敷地内には16ヶ所の番所が設けられて [続きを読む]
  • 小山城(栃木県)
  • 【小山城】おやまじょう【別名】祗園城・祇園城【構造】平山城【築城者】小山政光【築城年代】1148年(久安4年)【指定史跡】国指定史跡【場所】小山市城山町 地図地元では祇園城と呼ばれている小山城は、鷲城、中久喜城とともに「小山義政の乱」の関連遺跡として国指定史跡となっています。小山氏、北条氏照、本多正純と改修、整備が繰り返され拡大化された城祉です。また、ここより県道31号線を挟んで南側の小山市役所周 [続きを読む]
  • 木場城(新潟県)
  • 【木場城】きばじょう【別名】―【構造】平城【築城者】山吉景長【築城年代】1581年(天正9年)【指定史跡】【場所】新潟市西区木場字堤126-6 地図戦国時代の1581年に上杉景勝の家臣である山吉景長に築城させたといわれる木場城。三条城城主であった山吉景長が死去し、嫡男山吉豊守が家督を継ぐと上杉家の規約などの問題により三条城から木場城に移ることとなりました。その直後「新発田重家の乱」において最前線基 [続きを読む]
  • 城の内館(茨城県)
  • 【城の内館】 しろのうちやかた【別名】結城朝光館【構造】平城【築城者】結城朝光【築城年代】鎌倉初期【指定史跡】―【場所】結城市結城8718 地図鎌倉時代の初めに、結城氏初代の結城朝光によってつくられ、室町時代に新たに結城城が築かれるまでこの館は機能していました。館跡は長方形に区画され、周囲を堀で巡らせて土塁で囲っていたことから「堀の内」、「城の内」と呼ばれるようになりました。館跡道路からも見える広 [続きを読む]
  • 水原城(新潟県)
  • 【水原城】すいばらじょう【別名】水原代官所・水原館【構造】平城【築城者】大見行定【築城年代】1229年(?喜元年)【指定史跡】市指定史跡【場所】阿賀野市外城町10−5 地図水原隠岐守憲家は上杉謙信に仕えていましたが、その子水原左近将監平本信は上杉景勝に従い、新発田因幡守重家軍と交戦中に戦死してしまいました。その後、笹岡城主酒井信佐ェ門、下条城主下条采女、雷城城主丸田周防守、安田城兵に攻められたため [続きを読む]