むぎ さん プロフィール

  •  
むぎさん: むぎの城さんぽ
ハンドル名むぎ さん
ブログタイトルむぎの城さんぽ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mugiide
サイト紹介文日本百名城や史跡・城郭めぐりの旅の記録と日本城郭検定の問題でお城の勉強をしよう!という日記です。
自由文日本城郭検定準1級〈武者返級〉合格。1級合格目指しブログを通して予習復習しながら勉強中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2016/02/20 05:52

むぎ さんのブログ記事

  • 高坂館(埼玉県)
  • 【高坂館】たかさかやかた【別名】高坂陣屋・加賀爪氏陣屋【構造】居館【築城者】高坂氏【築城年代】南北朝時代以降(14世紀頃)【指定史跡】県指定史跡【場所】東松山市高済寺834 地図高坂館跡は高坂氏が居城した城跡で、高済寺周辺に位置しています。周辺一帯は弥生時代からの遺跡群となっており、古墳も多く見つかっています。高済寺には徳川家康に仕えていた加賀爪政尚をはじめとるする累系の墓所があります。道路を走っ [続きを読む]
  • 要害山城(山梨県)
  • 【要害山城】ようがいさんじょう【別名】要害城・積翠山城・丸山城・石水寺城【構造】山城【築城者】武田信虎【築城年代】1520年(永正17年)【指定史跡】国指定史跡【場所】甲府市上積翠寺町 地図【スタンプ設置場所】甲府市藤村記念館(9:00〜17:00、休館日は月曜日、祝日の場合は翌日、年末年始要害城と呼ばれる武田信玄の父信虎が築いた山城で、武田家三代にわたり躑躅ヶ崎館の背後の守りとされた詰城です。そ [続きを読む]
  • 武田氏館(山梨県)
  • 【武田氏館】たけだしやかた【別名】躑躅ヶ崎館【構造】平城【築城者】武田信虎【築城年代】1519年(永正16年)【指定史跡】国指定史跡【場所】甲府市 古府中町2611 地図【 スタンプ設置場所 】武田神社宝物殿(9:00〜16:00)武田氏館は、1519年(永正16年)に武田信虎によって築かれた館で、「躑躅ヶ崎館」と呼ばれています。この館には信虎・信玄・勝頼の三代が60年余りにわたって居住していました [続きを読む]
  • 飛鳥山城(東京都)
  • 【飛鳥山城】あすかやまじょう【別名】―【構造】平山城【築城者】滝野川氏【築城年代】1469年〜1477年(文明年間)【指定史跡】―【場所】北区王子1 地図飛鳥山公園は明治6年に定められた日本最初の公園に定められたひとつです。縄文時代・弥生時代から人が生活し、ここを飛鳥山と呼ぶようになったのは飛鳥明神が祀られていたからです。豊島一族の城砦があったのが飛鳥山で、この一帯は豊島氏が統治していましたが太田 [続きを読む]
  • 第12回日本城郭検定
  • 第12回日本城郭検定を受検してきました。受検したのは現在の最終砦、1級です。今回の問題は7割以上が過去問でした。ということは、自分のブログで予習・復習をしっかりやって100%の正解をしていれば合格間違い無し!ということです。が、自信満々に帰って来て自己採点してみると…あれ?昨年と同じ間違いしています。自分で作っておきながら、自分で活用しなかったブログ。不正解が〇してある過去問(ペーパー)を見ていた [続きを読む]
  • 武田信義館(山梨県)
  • 【武田信義館】たけだのぶよしかん【別名】―【構造】居館【築城者】武田信義【築城年代】鎌倉時代【指定史跡】市指定史跡【場所】韮崎市神山町武田 地図甲斐武田氏の祖で、武田信義が館を構えたと伝わる場所です。源清光の次男として生まれ、甲斐源氏4代当主であり、武田氏の初代当主でもあります。居館跡入口周囲には駐車場はありません。車では入って行けない道なのでここからは徒歩です。畑と畑の間に道が延びています。その [続きを読む]
  • 仁井屋城(群馬県)
  • 【仁井屋城】にいやじょう【別名】白倉城・白蔵城【構造】丘城【築城者】白倉氏【築城年代】不明【指定史跡】―【場所】甘楽郡甘楽町白倉 地図仁井屋城と麻場城の二城から成る一郭で二城一格ともいう双子城であり、同じ段丘の分岐した蛇の頭に似ている地形が特徴です。そして、この二城がセットで白倉城とも呼ばれています。三叉路城域の境目を示すとみられる石塔があります。実際は何の石塔かは不明です。東側東側へ道が延びてい [続きを読む]
  • 堀越城(青森県)
  • 【堀越城】ほりこしじょう【別名】―【構造】平城【築城者】曾我太郎貞光【築城年代】1336年【指定史跡】国指定史跡【場所】弘前市堀越 地図堀越城は弘前藩初代藩主津軽為信が最後の居城とした城です。南北朝時代に曽我貞光によって築かれたとされ、1594年(文禄3年)大浦城から堀越城に移した大浦軽為(後の津軽軽為)の居城になったとされています。案内看板まだ城址整備中とあって案内看板の支柱も簡易的なもので掲げ [続きを読む]
  • 松尾山城(岐阜県)
  • 【松尾山城】まつおやまじょう【別名】長亭軒城・小早川秀秋陣跡【構造】山城【築城者】富島氏【築城年代】【指定史跡】町指定史跡【場所】不破郡関ヶ原町松尾 地図未登城の城 おぼえておこう!関ヶ原 Blu-ray 通常版岡田准一,有村架純,平岳大,東出昌大,役所広司東宝 [続きを読む]
  • 胆沢城(岩手県)
  • 【胆沢城】いさわじょう 【別名】方八丁【構造】平城【築城者】坂上田村麻呂【築城年代】802年(延暦21年)【指定史跡】国指定史跡【場所】奥州市水沢区佐倉河 地図未登城の城 おぼえておこう!【1級】平安時代後期、前九年の役が起きた時の陸奥の国の鎮守府はどこか。★★ [続きを読む]
  • 藤崎城(青森県)
  • 【藤崎城】ふじさきじょう【別名】―【構造】平城【築城者】安倍堯恒【築城年代】1092年(寛治6年)【指定史跡】―【場所】南津軽郡藤崎町藤崎 地図「前九年の役」で戦死した津軽の豪族、安倍貞任の遺児の高星丸が藤崎に落ち延び、成人すると安東姓を名乗り、藤崎城を築いて本拠地としました。藤崎城跡は国道7号で断ち切られ、道路からは台形状に切断された盛土(土塁)の上に2基の標柱が建ち並んでいるのが見えます。八幡 [続きを読む]
  • 盛岡城(岩手県)
  • 【盛岡城】もりおかじょう【別名】不来方城【構造】平山城【築城者】南部信直【築城年代】1597年(慶長2年)【指定史跡】国指定史跡【場所】盛岡市内丸 地図【スタンプ設置場所】プラザおでって2F観光文化情報プラザ・もりおか歴史文化館盛岡城は石垣造りの、東北三大名城(盛岡城・会津若松城・白河城)の一つとされています。築城は南部利直の指揮のもと、五人の重臣が奉行を務め丘陵を本丸、二の丸、三の丸の順番で掘り [続きを読む]
  • 岩櫃城(群馬県)
  • 【岩櫃城】いわびつじょう【別名】―【構造】山城【築城者】斎藤憲行【築城年代】1405年(応永12年)【指定史跡】―【場所】吾妻郡東吾妻町原町 地図【スタンプ設置場所】平沢登山口観光案内所(4月〜11月)・東吾妻町観光案内所(12月〜3月)1521年〜1528年(大永年間)には斎藤氏が城主となり吾妻一帯を支配していました。甲斐の武田信玄は真田幸隆に岩櫃城攻撃を命じるも、二度失敗。その後1565年(永 [続きを読む]
  • 名胡桃城(群馬県)
  • 【名胡桃城】なぐるみじょう【別名】―【構造】山城【築城者】沼田氏【築城年代】1492年(明応元年)【指定史跡】県指定史跡【場所】利根郡みなかみ町下津 地図【スタンプ設置場所】名胡桃城址案内所(午前9:00〜午後4:00)名胡桃城は鎌倉時代から戦国時代にかけて、沼田氏が沼田城の支城として配していた城でした。武田氏臣下の真田昌幸と小田原北条氏が現在の沼田市と吾妻郡一帯の領有をめぐって対立。1589年( [続きを読む]
  • 弘前城(青森県)
  • 【弘前城】ひろさきじょう【別名】鷹岡城【構造】平山城【築城者】津軽信枚【築城年代】不明【指定史跡】国指定史跡 国重要文化財【場所】弘前市下白銀町 地図【スタンプ設置場所】弘前市緑の相談所弘前城は、津軽為信により1603年(慶長8年)に計画され、二代目信枚が1611年(慶長16年)に完成した城です。当時は南西隅に五重天守あり、本丸御殿もありました。しかし1627年(寛永4年)に落雷で天守焼失、本丸御 [続きを読む]
  • 五稜郭(北海道)
  • 【五稜郭】ごりょうかく【別名】柳野城【構造】平城【築城者】江戸幕府【築城年代】1864年(元治元年)【指定史跡】国指定史跡【場所】函館市五稜郭町 地図【スタンプ設置場所】函館奉行所付属建物「板庫(休憩所)」・五稜郭タワーチケット売り場星形の城郭は、防御側の死角が少ないなどの利点があり、徳川幕府の命を受けた蘭学者武田斐三郎が設計を手掛けた西洋式城郭が五稜郭です。「亀田御役所土塁」は、箱館の隣村・亀田 [続きを読む]
  • 福島城(新潟県)
  • 【福島城】ふくしまじょう【別名】福嶋城【構造】海城(平城)【築城者】1600年(慶長5年)頃【築城年代】堀秀治【指定史跡】―【場所】上越市港町2 地図1598年(慶長3年)、上杉景勝が会津に移封となり替わって入封したのが春日山城主の堀秀治です。福島城は春日山城の代わるものとして築城されましたが、その後堀秀治は改易となり徳川家康の子である松平忠輝を信州川中島から入封。松平忠輝は高田城を築き、高田城へ [続きを読む]
  • 御館(新潟県)
  • 【御館】おたて 【別名】上杉館【構造】平城【築城者】上杉謙信【築城年代】1555年〜1558年(弘治年間)【指定史跡】―【場所】上越市五智1-23-11 地図御館は、関東管領上杉憲政が小田原の北条氏康に敗れ、越後に逃れて来た時に上杉謙信が造営した館です。公園入口公園の周囲を一周してみましたが、公園用の駐車場はありませんでした。ということでこの入口に私だけ降ろしてもらっての散策となりました。御館は大規 [続きを読む]
  • 伴野城(長野県)
  • 【伴野城】とものじょう【別名】伴野館・伴野氏館・野沢館・野沢城【構造】平城【築城者】伴野時長【築城年代】鎌倉時代【指定史跡】県指定史跡【場所】佐久市野沢中小屋 地図鎌倉時代〜室町時代に活躍した伴野氏の居館と考えられています。戦国時代には館を兼ねた城として増改築されています。16世紀末にの戦乱期に廃城となりますが、江戸時代になると官庫、陣屋、藩出張所などに使用され明治以降になると神社や官公地へと移り [続きを読む]
  • 小机城(神奈川県)
  • 【小机城】こづくえじょう【別名】飯田城・根小屋城【構造】平山城【築城者】上杉氏【築城年代】15世紀以前【指定史跡】―【場所】横浜市港北区小机町 地図【スタンプ設置場所】横浜市城郷小地区センター2階※GW期間、4月28日〜5月6日まで2階から1階正面入口を入ったフロアーに変更しています。小机城は永享の乱に際して関東管領上杉氏によって築かれたとも伝わりますが築城時期は定かではありません。1478年(文 [続きを読む]
  • 高田城(新潟県)
  • 【 高田城 】たかだじょう【 別名 】高陽城・螺城・鮫ヶ城・関城【 構造 】平城【 築城者 】松平忠輝【 築城年代 】1614年(慶長19年)【 指定史跡 】県指定史跡【 場所 】上越市本城町 地図【 スタンプ設置場所 】高田公園内「小林古径邸受付管理棟」スタンプ№1321614年(慶長19年)に築城され、1870年(明治3年)に火災のため焼失しました。上越市発足20周年記念事業として、平成5年に三重櫓が建設され [続きを読む]
  • 鮫ヶ尾城(新潟県)
  • 【鮫ヶ尾城】さめがおじょう【別名】宮内古城【構造】山城【築城者】不明【築城年代】不明【指定史跡】国指定史跡【場所】妙高市 地図【スタンプ設置場所】斐太歴史の里総合案内所(4月中旬〜11月中旬)神の宮温泉かわら亭(12月〜3月 9:00〜21:30)「御館の乱」決戦の地上杉謙信没後、上杉家の家督の後継をめぐって、謙信の養子である景虎(北条氏康の子)と景勝(長尾政景の子)との間で起こった越後のお家騒動 [続きを読む]
  • 鶴峰城(福島県)
  • 【鶴峰城】つるみねじょう 【別名】弦峯城【構造】丘城【築城者】猪苗代氏【築城年代】1590年(天正18年)【指定史跡】県指定史跡【場所】耶麻郡猪苗代町鶴峰西 地図鶴峰城は猪苗代氏代々の隠居城と伝わりますが、猪苗代城の分郭と考えられています。猪苗代城と並立していて、猪苗代城は大きく改修されたのですが、鶴峰城は改修されることなく手つかずの状態で戦国末期のままの遺構を見ることが出来ます。亀ヶ城公園ここに [続きを読む]
  • 猪苗代城(福島県)
  • 【猪苗代城】いなわしろじょう【別名】亀ヶ城【構造】平山城【築城者】佐原経連【築城年代】1191年(建久2年)【指定史跡】県指定史跡【場所】耶麻郡猪苗代町 地図猪苗代城を築城した佐原経連の祖父は、一ノ谷の戦いの「鵯越の逆落し」で真っ先に駆け下りた武勇で知られ源頼朝の奥州藤原氏攻めで武功をあげ、陸奥国会津を与えられました。この頃、城の完成とともに佐原氏から猪苗代氏に改名しています。戦国時代猪苗代氏は蘆 [続きを読む]