くらっち さん プロフィール

  •  
くらっちさん: ボートレースマニアなディレクター
ハンドル名くらっち さん
ブログタイトルボートレースマニアなディレクター
ブログURLhttp://kurafactory.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ボートレースのテレビ放送の仕事をしている中での経験談やボートレース情報などを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 306日(平均0.4回/週) - 参加 2016/02/21 01:46

くらっち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 今日の感想【6月18日】
  • 大阪で朝震度6弱の地震で徳山の前検入りに向かう選手が足止めの事態に。12時の段階では、翌日番組を組める人数に達しておらず、翌日の番組を組める人数が揃った15時よりモーター抽選を開始したようです。もっとも遅れてきた選手は18時を過ぎていたがそこからモーター抽選、タイム測定を行い、無事全メンバーで初日を迎えることに。19時過ぎにも水面走っておりました。徳山が日が長くてよかったです。無事に開催にこぎつけた、裏で [続きを読む]
  • ボートレース徳山旅打ち情報
  • 昨日の記事にも書きましたが、自分はG1競走の際に仕事で1節間レース場近辺に宿泊するということを以前はよくしていました。なので、レース場の周りの情報は少しは知っているので、旅打ち用の情報でも覚えている範囲で書いていこうと思います。ちなみに行ったことのないレース場は下関だけです。SG第28回グランドチャンピオンに旅打ちに行かれる方はぜひご参考にどうぞ。【ボートレース場アクセス】徳山駅からは車がなければ [続きを読む]
  • 今日の感想【6月17日】宮島GⅡ優勝戦ほか
  • 関東では15時過ぎに久々に緊急地震速報…ビックリしました。大村11Rで倉谷和信選手が通算2000勝。サマータイムレースの時間帯の18時過ぎという遅い時間に達成となると、仕事的には少し大変だったりします。余談ですが、倉谷選手の娘さんの関野文選手はデビュー初勝利をナイター若松の12R(たしか準優日の一般戦)で飾っています。スタッフ一同大慌てだったことは言うまでもありません(苦笑)宮島GⅡ、徳増秀樹選手がお見事 [続きを読む]
  • 記念優勝戦の盛り上げ映像の話
  • Twitterのボートレース関係のツイートを見ると記念優勝戦の際、レース直前に流れる映像についてコメントがあったり、スクショした画像や映像が張りつけられたりしている。もし、今自分がそのVTRを制作していたとしたら、どんな反応だったか毎回楽しみにみていたのかなぁと思う。自分が会社に入ったころに(12年くらい前)のタイミングでしょうか、それまでは撮影した映像は素材を現地からスタジオのある東京へ送りVTRデッキ [続きを読む]
  • 今日の感想【6月16日】
  • 今日は休みでした。江戸川初日、今節取材を予定している松井洪弥選手が好モーターで好スタート。後半の2着取りに見応えあり。選抜戦だけの想像だが、仲谷選手はメモリアルが決まってて、ここでフライングしたらヤングダービーがアウトになる。もちろん地元SG前にはFなしで行きたいはず。スタートの設定は遅いので、穴狙う方は仲谷選手のスタート後手を狙う手ありでは?!宮島G1、12レースの村松選手の攻めが良かった。優出ならなか [続きを読む]
  • 今日の感想【6月15日】
  • 今日は休みでした。嫁にうざがられつつ、JLCをザッピング。浜名湖8R、今期の出場節すべてVで4連続優勝中の田頭実選手。4号艇2コースに潜り込み、実に加速感のあるスリット近辺。ドリーム戦は見ていませんが、5連続V可能性の十分の舟足と断言できそう。あとはスタートだけご注意いただければ幸いです。宮島G1予選最終日。6枠で快勝した徳増秀樹選手が予選トップ。日曜日、自分が夜のニュース担当なので、敬礼ポーズに [続きを読む]
  • 私の使うボートレースのデータサイト
  • 一番有名なボートレースのデータサイトは紛れもなく「ひまひまデータ」であろう。JRAに馬事文化賞があるが、ボートレースにそんな賞があれば間違いなく最有力候補でしょう。少なからず自分が会社に入ってから、13年くらいだが、1日足りとも欠かさずデータは更新されている。このサイトがなければ「勝負駆けのドラマ」はそこまでファンに知られてなかっただろうと断言。選手も記者もよく見るそうです。すごい昔、ニューススタッフで [続きを読む]
  • 西山貴浩選手について
  • 宮島のGⅡ戦で好調の西山貴浩選手。2016年9月宮島の周年記念で整備違反をし、A2落ちを経験。そこからSGに戻るために意識したのが「ダービー勝率」だそうです。4月に常滑GⅡを制し地元・若松のオーシャンカップの出場権を獲得、さらには丸亀ボートレースメモリアルにも若松代表として選出されましたが、自身初のダービー出場へも奮闘しています。ちょうど宮島の周年記念を前後して、西山選手が出演したイベントを取材する機会が [続きを読む]
  • 今日の感想【6月14日】下関GⅠほか
  • 下関GⅠ優勝戦 江夏選手出てましたが、それでも峰選手でした。一般戦6R、1号艇松井繁選手と3号艇菊地孝平選手の抜きつ抜かれつのレースがありました。宮島GⅠ得点率1〜4位の激突になった注目の12Rは、2号艇徳増秀樹選手がまくりに出て波乱の結果に。徳増選手、前半戦も2日目ほどの雰囲気がなかった気がします。3日目で上位をぶつけたあたり、宮島番組的には「瓜生選手がんばって!」という感じなのでしょうか。現在 [続きを読む]
  • 登録更新
  • 今朝、起きてボーッとしてたら上司からスマホに「コーナーに出た選手が訪ねてきたんだけど」という旨のメッセージが。その直後に金児隆太選手からLINEが…選手は3年に1度「登録更新」という自動車でいうところの運転免許更新のようなものがあり、会社のある建物に期全員で集まります。今日は117期がデビューして初めての登録更新で東京にきていて、連絡をくれました。わざわざ連絡をくれた群馬支部・金児隆太選手(右)・富澤 [続きを読む]
  • 今日の感想【6月13日】 下関G1競帝王決定戦 準優勝戦メモ、宮島メモ
  • ニュースに携わってた日には帰りの電車内で書けるときは書いていこうと思います。下関準優勝戦9レース2号艇三井所選手の進入に対しいろいろ駆け引きありつつ、の本番枠なり5対1。差しが引っかかりそうでかからず1号艇山崎智也選手2マーク強引な先行を外で見ていた3号艇馬場選手が差し逆転。なぜか馬場選手、下関は好相性10レースイン立ち遅れて、業界用語「2コース逃げ」。江夏選手は2マークスコーピオンできるだけの舟足の裏付け [続きを読む]
  • ボートレースのCG画面について
  • 仕事がら、CG画面とはよく触れ合う。レースライブ中継でみなさんが普段目にしているCG画面は、パソコンでSpaceキーを押すだけで1秒後くらいに自動生成される。今の自分にとっては当たり前のことだが、競馬仕事から転職した直後は本当にすごいシステムだなと感じていました(当時、JRAで使用していたシステムのデザインとは雲泥の差で競艇の方がすごかった)元来、競馬って競技上あんまりデータCG画面を使用しないものです。出 [続きを読む]
  • 私がいま注目の若手レーサー
  • おそらく局内でもっとも若手レーサーのレースを見ていると自認しておりますが、そんな私が「舟券的」にイチオシのレーサーを勝手に紹介。黒野元基選手4月の蒲郡一般戦での走りが良くて、勝つときに綺麗な差し・まくり差しが入る印象。実際にインタビューを行ったところ、つかみどころがないというか…丸岡選手のような感性なタイプでしょうか。印象的には人に努力をあまりみせたがらないタイプなのかなぁという感じに見えましたが [続きを読む]
  • まもなくSGグラチャン開催!徳山について
  • Googleさんから「もっと更新しなさい」と激励?!いただきまして、久々に更新!最近なんとなくブラインドタッチの練習を始めまして、その練習も兼ねて少しずつまた時間のあるときにやっていこうと思っています。徳山では64年ぶりのSG開催「SG第28回グランドチャンピオン」が開催されます。なぜ徳山はイン逃げが多いのかについて、少し書いてみようかなと思います。数か月前に徳山の周年記念「GⅠ徳山クラウン争奪戦」のデ [続きを読む]
  • 114期の絆〜西野雄貴選手復帰〜後編
  • 村松修二選手の話では「8月末に登録が通るかもしれないです」ということだった西野雄貴選手の状態。その数日後に西野選手は再び選手登録され、一時期はオフィシャルWEBでも検索できない状態だったが、10月頭の宮島に出場予定が入りました。村松選手が114期について語ってくれました(※再生ポイントはその部分からになっております)話を聞いている自分にとっては西野雄貴選手という存在がとても大きいものなんだということを改 [続きを読む]
  • 毎月1日は「ファンくる」モニター案件争奪戦!
  • 10月に入りましたね。先日、覆面調査モニターを行いまして、またやってみようと思っています。月始めは新たなモニター案件が更新されるということで「ファンくる」さんのサイトに会社帰りの電車でスマホでずっとチェックを試みました…全然つながらねぇ…(苦笑)びっくりするくらいにサーバーエラーが出まくるカンジで。更新ボタンを押しても動かないことしばしば。自宅に着いてパソコンでやっても同じ。こんな感覚は日韓ワールド [続きを読む]
  • 114期の絆〜西野雄貴選手復帰〜前編
  • 2017年9月27日、ひとりのボートレーサーが復帰を果たしました。西野雄貴 27歳以前、2016年2月に当ブログで自分書いた「徳島支部新人の憂鬱」という記事で彼の名前を記していましが、まだ「114期で優勝した選手の1人」くらいの認識でおりました。初めて印象付いたのは2017年1月に住之江で行われた「ファン感謝3Daysボートレースバトルトーナメント」。A1級レーサー多数出場のなか、2日目にインの強い住之江で4、6コースで連勝。 [続きを読む]
  • 後輩ができました
  • 2年くらい更新していなかったのですが、そんな間に私にも後輩ができ、「自分のブログにいろいろ仕事について書いてあるから見てみれば」なんて話をして、久しぶりに管理ページを開いてみたら、毎月謎に3000アクセスくらいあってビビってます…どんな人たちが見ているのか、はたまた自分のウォッチャーがまだ存在しているのか、ほんの少しだけ気になります。後輩には…仕事に対してやっぱり夢や目標をしっかり持ってもらいたいです [続きを読む]
  • 過去の記事 …