自遊な暮らし人 さん プロフィール

  •  
自遊な暮らし人さん: 那須山!暖炉!!村暮らし!!!
ハンドル名自遊な暮らし人 さん
ブログタイトル那須山!暖炉!!村暮らし!!!
ブログURLhttp://nisigo727915.blog.fc2.com/
サイト紹介文芝庭で遊びながらの日々、小さい庭だから楽しい。 二人の気晴らし・・趣味の車と雑貨に囲まれて!!。
自由文現役終了後の生活と言えば趣味を持つこと・・今では連れ合いとの毎日の散歩と芝庭いじりが日課、午後の時間は15?離れた源泉かけ流し温泉、サウナで疲れもないのに出かけては知人との会話に話が弾む。
温泉通いの専用軽自動車(イエロー)で、ワンボックスカーは買い物や遠距離へ、二地域居住を楽しんでおります。・・横浜/福島西郷村。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2016/02/21 08:47

自遊な暮らし人 さんのブログ記事

  • ナナカマドと煙突・・紅葉と河川
  •   ナナカマドの実がが真っ赤に色ずいて、どうやら小鳥たちは美味しくないのか食べない。今日から明日にかけて台風21号が日本列島を狙っている。この季節の台風は大型になるらしい災害が起きないよう願うばかりだ。ナナカマドと煙突のあるログハウス河川に泳ぐ白い鯉・・鴨の群れ・・もうすぐハロウイン飾りつけも終わって・・ [続きを読む]
  • 猪苗代リステル、ウイングタワーにて
  •   紅葉にはまだ早いのか猪苗代界隈では、裏磐梯まで足を伸ばせば見事な紅葉が出迎えてくれるが、今日は猪苗代リステルにて講演とお食事会。  講演は笑いをテーマに健康に毎日を・・  コスモスも終わりに近ずいて、稲刈りも終盤  ホテル内はハローウインの飾りつけ  お土産は裏磐梯山塩羊羹そのほかブルーベリーブッセ [続きを読む]
  • 写真展・南湖を愛する方々。
  •   福島県白河市・南湖公園を愛する方々の写真展が湖の畔で行われていました。週三回ほどの公園散策で見る光景がカメラマンたちの視点で映し出されるのはデジカメ写真の素人にはプロ以上の感覚で見えます。写真展を拝見した後には南湖を見る私の目が心なしか違ったのかなーーー。  南湖の四季を撮る会の会員さまの作品 [続きを読む]
  • 山形米沢・姥湯温泉
  •   山形県米沢市「姥湯温泉」山懐に抱かれた秘境中の秘境、国道13号線板谷峠から姥湯へ向かう山道は細く対向車とのすれ違いも難を極める。特に今の季節は紅葉の美しい季節、おそらく11月からは雪の季節で辿り着くことは容易なことでしょう。昨日、知人の車で訪れてみたのですが対向車とのすれ違いには神経を使ったようで疲れ果てていました。  この先は冬季間の通行はできない  多くの温泉を愛するお方が訪れていました。 [続きを読む]
  • 柿の季節になりました。
  •   那須塩原の野菜や果物を扱う市場を訪れ柿を購入してきました。大好きな柿やブドウが所狭しと並べられ手ごろなお値段で購入してきました。知人に届けたり頂き物のお返しに重宝しております。  我が家の柿の木も四年目を迎えて結構な収穫が見込まれます・・小粒ですがね。  万両の種を蒔いておいたところ結構な数の芽が出てきました三年もすれば実がなるのかな春には植え替えてみたいと考えております。  風よけの樹木がこ [続きを読む]
  • 稲刈り・田圃・猫と犬
  •   田圃道を散策しているとお米の取入れが最盛期、秋は収穫の季節。  小川を流れる水の中に川茂が生い茂って緩やかな流れを醸し出している。春には花が咲きく・・きれいな水に生える梅花藻か???  一人遊びなのか気まぐれなのか今日の猫  愛くるしい子犬が愛嬌を振りまいて・・ [続きを読む]
  • 東北本線・田園を疾走する貨物列車
  •   貨物列車が田園風景の中を疾走する長い編成で走る光景は何とも力強い田圃道からの撮影です。  最近では珍しいハセ掛けの光景、やはり天日干しに拘る方がいるのですね・・  今日の猫・・猫はいつも単独でいるのかなーー  2014年(平成26年)イギリスの自動車メーカーミニ(MINI)が世界で135台限定で製造販売されたクロスオーバー・クーパーバレンタインロード、欲しかったのですがあまりのお値段に買えなかった。以 [続きを読む]
  • 趣味の雑貨・帽子
  •   散歩の日差しを和らげる帽子、自分に合う帽子は楽しいものだ。秋から冬に向かって・・こんなアイテムを掲載してみたどれも自分好み。  10月の後半には我が西郷村も手袋の欠かせない季節が到来する、そこで今年はノースフェイスの登場だ。  お供のバックには暖かいお茶と茶菓子を忍ばせて!! [続きを読む]
  • 田んぼの風景・刈り入れ間近
  •   ある団地の頂上の公園からの眺めは田畑を一望でき一服の清涼剤。田舎ならではの光景が私は好きだ、田舎暮らしをはじめてからは早13年が過ぎ去ろうとしている。福島県の太平洋側での生活が7年、今は同県の南部栃木県との県境の村で那須連山を眺めながらの暮らしが6年、冬の寒さにも慣れてきた、夏の涼しさは嬉しいいよいよ味覚の秋の到来。 昨日の那須ガーデンアウトレットの朝一は閑散として・・ウオーキングには普段の日 [続きを読む]
  • 秋の味覚と鍋料理
  •   夕闇が迫ると気温が急降下我が村も那須連山からの冷たい風が冷気を運ぶ。秋田の比内鶏のスープを使った鳥鍋料理、鶏肉・鶏団子のつみれ・秋田のきりたんぽを軽く焼き、レタス、ネギ、春菊、等の野菜を入れて熱々を冷えた日本酒と共に頂く。  この夏は大好きなスイカをたくさん食べました、北海道で生産されたスイカ今年最後。  これから始まる季節は「梨」これは栃木産。 余談・・・ 回転すし店でもロボットが導入された [続きを読む]
  • 秋と釣り人・・
  •   秋晴れ、日差しを浴びての散歩では彼岸花、周囲の景色、魚(??)と戯れる釣り人、黒川の流れ等々を掲載してみた。  秋の味覚の角も色ずき始めて・・  釣り人には女性の姿が・・   大物の予感釣り人は必死に格闘している、ニジマスの抵抗にロッドが折られた高価な釣り道具だろう。  山の中腹では来年の春に向けて花畑の開墾に余念がないもう春が待ち遠しい。 [続きを読む]
  • 散歩で出会う秋の光景
  •   台風が来る前の穏やかな村の光景、私が発信する村はこんな村、那須連山を見渡し里山が点在、日差しを浴びてご先祖様が眠る、左手には有名な那須白河ゴルフ場此処が私たちの散歩道。  里山にはコスモスが咲き乱れて朝陽をあびる大きな民家、村での生活の風景がここ彼処に。  那須町の山の中腹にはこんな光景の秋を映しだされている。 [続きを読む]
  • 一本の白い彼岸花
  •   窓の下の小さなスペースに白の彼岸花・・それもたった一本、確か去年球根を植えた記憶が!!。白い彼岸花は3年間は植え替えてはならないらしい・・消えてしまう可能性があると何かで見たことがある。あまり見かけないので大切に^^^^放たらかしにしたほうがいいのかなーーー。  朝食後庭に出て寝そべって空を眺めていた。  真っ青な空、我が家の上空は北へ向かう航空路今日も上空を飛ぶ姿が・・。 [続きを読む]
  • 愛用のコンバース
  •   彼此10年も前になるのかこの季節にはうってつけの散歩のアイテム、履き心地は私の足に完全にフィット。その靴のメーカーはコンバース大切に使ってます。  ペレットストーブ内の掃除も終わりいよいよ11月後半からは暖を求めて炎を眺めながらの毎日が始まることでしょう。一台のストーブでリビング、各部屋は十分な暖房がとれます・・ので、以前大熊で買い求めておいた海外製のアラジンストーブは倉庫で居眠り、今は冬の間 [続きを読む]
  • 秋のユニークな祭り
  •   ユニークな秋の祭典、田舎ならではの企画に思わず笑いがこぼれる。表郷地区で開催される「かかし祭り」合併前は表郷村、数10年前に知人が都会から移住、楽しい日々を過ごす。農村でしか味わえない光景が里山や田園の雰囲気を満喫させてくれる楽しい企画是非見てみたい。  他にもこんな企画が貼られていた。  我が家の玄関はこんな雰囲気。 [続きを読む]
  • 散歩で見かけるブドウは!!
  •   里山の散歩の光景でよく見かけるツル性のブドウ青い色や紫色の粒が乱雑に実を付けている。毎日の温泉通いでサウナ仲間から免疫力が増すと聞かされているウマブドウなのかネットで調べてみた。どうやら仲間から聞かされていたものみたいだ・・仲間は焼酎に漬けて利用していると聞く、しかし良く調べてみると毒をもつ紛らわしいものもあるらしい・・注意・注意!!  これが昨日見かけたものだが、果たしてウマブドウなのか私に [続きを読む]
  • 秋晴れに冬物の洗濯・・
  •   長袖が恋しい季節が近々やってくる。洗いざらしでしまっておいた長袖のラガーシャツを再度洗濯して秋晴れの下干しました。  お米の出来が心配なのは農家の皆さん・・雀たち小鳥も心配。案山子がそれを守っている光景が何とも滑稽に見えて!!  我が家の大葉が食べきれないほどなのでこんな風に加工してみた・・中には甘みそ、辛みそ。 [続きを読む]
  • ウイークデーのアウトレットは・・
  •   那須のガーデンアウトレットで那須野菜を買い求めるためにロコマーケットを利用している。生産者が丹精込めたお洒落な野菜たちが綺麗に並べられ如何にも早く食べてくれと語りかけている。ましてや朝一番で収穫したみずみずしい野菜たち他にも加工された那須牧場で生産されたハム、ソーセージ、ベーコン等があり食材選びは結構楽しい。  お洒落なレイアウトが面白さを醸し出している。  私が大好きな景色は此処。 [続きを読む]
  • 夏ハゼ・ブドウ・・
  •   庭弄りを始めて三年、以前震災で避難する前までは以前の自宅の庭は完成型に近く週2日程の手入れで雑草もなくある程度保たれていた。  この村の庭作業が一段落してきた秋から冬に向かって落ち葉の季節、鉢植えの植物は家の中で冬越し。  ナツハゼが小さな実を付けた・・  青いブドウが食べごろ・・とはいっても何も手入れをせず種もある。 [続きを読む]
  • 夏が終わりを迎えて・・
  •   路上にオニヤンマが死んでいた夏が終わりを迎え命の終焉が深まり行く秋を演出、夏最盛期には優雅に飛ぶ姿が私たちの目を楽しませてくれた。  昨夜の雨で阿武隈川も水嵩が増し堰堤を勢いよく流れて・・  河川敷では元気で遊ぶ「犬」の姿が・・  今日の寒さでまだ9月なのにとうとうこんなものまで引っぱり出してしまった。 [続きを読む]
  • 夏ミョウガ・大葉・アスパラ・柿・
  •   終わりに近ずいた夏ミョウガがこれで最後、昨年何気なく植えておいた何とこの夏が盛りのお盆の季節には沢山の収穫、毎日数個ずつが食卓にみそ汁の具、酢漬け、これぞ夏の味覚。  二本の大葉も成長がよろしく甘みそを大葉で包み軽く油いため。アスパラは毎日1・2本だが我が家には贅沢、これは嬉しい庭の片隅の贈り物。  富有柿が数10個の実を膨らませてきた晩秋の季節には食べられることでしょう。 [続きを読む]
  • 夏から秋へ季節は移行
  •   八月も最終週、朝夕の風は秋風、日中の暑さは夏の名残り。数枚の写真で過ぎ行く夏から秋を表現しました。稲穂がこうべを垂れて・・この夏の気候は不順、例年より不作になると農家は不安げだ。後ろに写るマンションは新幹線新白河駅から数分に位置し私たちが住みたいと思う最上階。那須連山を見渡せる眺望が・・年齢が庭仕事という重労働を過酷にしていて・・もう、いいか。最上階に空きができたら購入する段取りだ。きのこが秋 [続きを読む]