IZUMAYU さん プロフィール

  •  
IZUMAYUさん: サイレントなムービー
ハンドル名IZUMAYU さん
ブログタイトルサイレントなムービー
ブログURLhttp://izumayu2.exblog.jp/
サイト紹介文NikonF3で国内外を撮ったフィルムや紙焼きをスキャンしたものを投稿しています。
自由文横浜在住のフォトグラファーいずまゆです。写真歴は23年です。仕事ではフィルム時代は店舗やインテリア撮影が主でしたが、デジカメで便利になってからは人物、物撮りもしています。
作品は、映画の一場面を想像するような写真が好きで撮っています。紙焼き写真の温かさをお伝えできればと思っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/02/21 14:28

IZUMAYU さんのブログ記事

  • 本当にありがとうございました  Many thanks for the kindness...
  • エキサイトブログを始めて1年2ヶ月。Nikon F3で撮ったフィルム写真にこだわり投稿をしてきました。お見せ出来るフィルム写真がなくなりましたので、今日で最後の投稿になります。自分にとって愛しい作品にせめて陽の目を…とブログを始めたのですが、今では皆さんの写真を拝見したくてログインしています。毎日コメントを寄せて下さった方、嬉しいお言葉を下さった... [続きを読む]
  • 最後の投稿を前に  for someone
  • 2002年11月 秋田写真を始めて撮ったものが増えてきた時色々な人に見てもらいました。当時は全て辛辣な批評だけでした。その中で唯一認めてくれたのが後の恩師だけでした。「あなたの方向性は Fine art に向いている」そう言われ新旧国内外の作品をたくさん見せてもらいました。その時に感じた自分の居場所を見つけたような安堵感は今でも... [続きを読む]
  • 写真を撮る その先の先にある想い  I hope...
  • 1997年3月 パレルモ写真を撮りたいという欲求その先にある撮ったものを作品に仕上げて見てみたいという欲求その先の先に伝わって欲しいという想いがあります。文章でも音楽でも絵画でも送り手の伝えたい気持ちが明確なものはきっと届く受け手がいると思います。いつか誰かに届くことを願って写真を撮り続けていけたらと思います。 [続きを読む]
  • 廃屋?  a generation ago…
  • 1997年10月 東京巣鴨へお墓参りに行った帰りメインの地蔵通りから逸れ古い住宅が並ぶエリアで廃屋?を見つけました。閉ざされた入り口から朽ちかけた建物へと続く妙に真っ白な道。行ってみたくなる衝動にかられました。やっぱりこのような被写体は大好きです。 [続きを読む]
  • 美味しい撮影  after the work
  • 2001年1月 神奈川20代の頃はるるぶやウォーカーなど情報誌の撮影をしていました。ライターさんと1日6、7件回るハードな取材でその日が終わる頃には喋れないほどヘトヘトでした(笑)撮った食べ物は買取、その場でご馳走に、持ち帰り等様々で、地方の撮影では珍しい物も随分頂きました。一番記憶に残っているのは料亭でのコース料理撮影です。撮影後、... [続きを読む]
  • 自在に操る  skills
  • 1997年7月 神奈川持てる技術を自在に操り自分の意図するものを生み出す…その域に達した人を見ると格好良いなと惚れ惚れします。例えばカメラを体の一部のように扱え白と黒を自在の階調に仕上げる音階を自在に操り気持ちを思い通りの曲にするそんな風に自在に操れる段階を熟練というのでしょうか。憧れます。 [続きを読む]
  • 影響を受けた写真  be attracted
  • 写真家 Joel Meyerowitz の作品はとても影響を受けました。以前も紹介した「AT THE WATER'S EDGE」というこの手の平サイズの写真集はいつも持ち歩いていたのでカバーは擦れ色も黄ばんでいます。本を開くと一瞬でサイレントな世界に連れて行ってくれます。※今日の写真はデジタルです... [続きを読む]
  • 動物のいる暮らし  life with you
  • 1996〜2001年 神奈川ペット不可の住宅に住んでおり今は犬も猫も飼えません。動物のいる暮らしの豊かさがとても懐かしいです。純真無垢な彼らにもう一度満たされたいと思ってしまいます。最後に愛犬をたくさん投稿しちゃいました!大好きデューちゃん??デューちゃんにもう一度会いたいな... [続きを読む]
  • プロの腕前はすごい!  Professional work
  • 2001年12月 神奈川以前ご紹介した期限切れフィルムで撮った写真はポジフィルムをスキャンして出力したものですが、これはプロラボで焼いてもらった紙焼き写真をスキャンしたものです。さすが、以前の写真のような強いマゼンダが抜けて柔らかい雰囲気になっています。大判のカラー写真はいつも同じ方にお願いしておりその方曰く、「色が乗っていないポジだ... [続きを読む]
  • お知らせ
  • このブログはフィルム写真にこだわり投稿を続けてきました。皆様にお見せ出来る写真が後僅かとなりました。寂しいですがこちらのブログも後少しになります。最後までお付き合い頂けましたら嬉しいです(^^)※今日の写真はデジカメです [続きを読む]
  • 自尊心  the core
  • 1996年2月 神奈川写真を撮るようになって自身が少し分かりました。好きな被写体好きな雰囲気好きな世界観…自分の中に流れている帰る場所のような気がします。そしてあらためてこれが自分、と勇気付けられます。自信を持てるようになるために続ける意味があったのかな、とも思います。自尊心。。。^^ [続きを読む]
  • やっぱり戻ってくる  take me back
  • 1996年7月 東京1回だけ写真を辞めようと思ったことがありました。大判カメラや三脚、照明、アクセサリー小物など全て後輩達にあげて会社勤めをし始めました。しかしその会社で自分の仕事は事務の傍ら写真を撮る事になりました。機材をあげてしまったことを悔やみました(^^;結婚し会社を辞めパート勤めを始めた時も事務兼カメラマンでした。... [続きを読む]
  • 暮れ行く街灯  in the darkness
  • 1996年10月 神奈川実家に住んでいた頃一番最寄りの駅は単線の無人駅でした。仕事帰り田んぼの中にあるその駅の周りはし〜んとして真っ暗でした。重い機材を抱え疲れた体でとぼとぼ歩いていると小さな灯りが本当に嬉しく家路までの最後の力をふり絞る元気をくれました^^ [続きを読む]
  • 22年前の夕暮れ  days gone
  • 1994年9月 神奈川これは22年前の海老名という駅で屋台のあった場所は今はロータリーになりました。ららぽーとやビナウォークいう駅ビルが出来、すっかり変わりましたが以前は目の前に田んぼが広がる駅でした。小田急線と相模線の乗り継ぎがとても悪く田んぼから飛び立つ白鷺の群れを眺め長い時間電車を待っていました。あの白... [続きを読む]
  • 下校中  on the way home
  • 1996年7月・5月 神奈川仕事が早く終わった日下校途中の学生と一緒になることがありました。耳に入ってくる会話は音楽の話や友達、期末テストの事など…懐かしくて好きな時間です。話を聞いているうちに頭の中はすっかり自分の学生の頃にタイムスリップしています♪ [続きを読む]
  • 男っぽい?  like a man
  • 1994年12月 神奈川写真を観てくれた方から男性が撮った写真かと思ったと、時々言われます。。。理由は分かりません(^^;以前投稿した「こっそりと」は偶然でしょうか4人の方から言われました。そういう自分も男性だと思って拝見していた写真ブロガーさんが女性で驚いたことがあります^^期間ブログ「カフェブラン保護猫写真展まで... [続きを読む]
  • 所属  the position
  • 2016年10月独立してフリーになった時一番不安だったのは自分がどこにも所属していないということでした。学校、バイト先、スタジオ、事務所…常にどこかに所属していた身から宙に浮いた感じで不安でした。なんとか社会の輪に加わり分かったことは所属ではなく、もう少し大きく、世の中での自分のpositionに目を向けてみることの大切さでした。... [続きを読む]
  • 猫との距離  take a cat
  • 東京・神奈川家の近所の猫カフェに行くまではどちらかと言うと怖くて猫との接し方が分かりませんでした。東京の路地裏を撮りに行くと猫によく出くわしたのですがこの頃は近付くことが出来ず猫を撮るというより猫のい... [続きを読む]
  • 植物の歌  plants
  • 神奈川・東京木々や葉っぱ達が歌っていたり踊っているように見えることってありませんか。そんな植物達の自己主張を集めてみました♪期間ブログ「カフェブラン保護猫写真展までの日々」ブログでご紹介する最後の猫写真教室の様子です。お時間がありまし... [続きを読む]
  • 淀みを正す  clear mind
  • 2000年5月 神奈川毎朝拝見するブログがありページを開いて読み進むと日々の出来事の中で心に溜まってしまった淀みをさーっと晴らしてくれます。文面から写真からページから発せられるものがとても澄んでいて1日の始まりを清々しいものにしてくれます。 [続きを読む]