オリ・ヴィクトリー さん プロフィール

  •  
オリ・ヴィクトリーさん: 祈優勝!オリックスバファローズ
ハンドル名オリ・ヴィクトリー さん
ブログタイトル祈優勝!オリックスバファローズ
ブログURLhttp://bravy.net/
サイト紹介文今年こそオリックス優勝と、祈り続けて30年。 また、今年も祈ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供391回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2016/02/22 23:01

オリ・ヴィクトリー さんのブログ記事

  • 〜オリックス・田嶋、圧巻の6勝目! の巻〜
  • 名誉挽回一週間前の神宮、雨中のマウンドでぬかるみに足を取られ、大崩れに崩れた田嶋大樹。今回はその心配のない京セラドーム。本領発揮。名誉挽回とばかりに、7回被安打2・失点1の好投で、今季早くも6勝目。これぞ、オリックス自慢のルーキー、田嶋大樹。大したピッチャーです。初回先頭に四球を与えるも、続く打者を大城の好守で併殺に取ってからは、奪三振ショー。今日も二枚落ちのDeNA打線とはいえ、それでもプロ。しかし田嶋 [続きを読む]
  • 〜オリックス、指揮官の弱気に泣く の巻〜
  • 延長11回、0-1、負け延長11回、0-1、負け。「3安打ではどうしようもない」と敗軍の将は嘆くも、相手打線も同じく3安打。今日も飛車角抜きのDeNA。オリックスが負けるなら、打線が沈んだときと思っていましたが、果たしてそれが現実のものになるとは…。これで連勝は4でストップ。この試合を取っていれば交流戦首位でした。二極化の近藤山本、増井、吉田一将を投入し、十一回は近藤大亮。最良か最悪、二極化の近藤。どちらの目が出 [続きを読む]
  • 〜オリックス、今季初の4連勝! の巻〜
  • エースの西昨日、今季初の同一カード3連勝。そして今日は、今季初の4連勝をかけた一戦。対するはDeNA。オリックス先発はエースの西。筒香、ロペス抜きの相手打線は飛車角抜きの二枚落ちで、チーム的にはラッキーも西には役不足の感もあり。西、初回危なげのない立ち上がりを披露し、焦点は、いつものように、打線が西を援護できるか否かに。その打線、広島3タテの勢いそのままに、初回から躍動します。電光石火二番に入った大城の [続きを読む]
  • 〜オリックス、広島を3タテ! の巻〜
  • 対広島、3連勝記事を書けなかった二日。火曜、アルバースの好投で広島戦の連敗を9で止め、翌日はT砲の大噴火で、苦手の広島相手に連勝。正直、喜び以上に驚きが勝った二日間。本音は、まさか。そして今日。まさかついでに広島をスイープと意気込むも、今季3タテしたことのないチームでもあり、そこは欲張り過ぎと自らを戒め。しかし、結果はまさか再び。金子の力投に武田の好守。そして中島。対広島、3連勝。そして、1年ぶりのAク [続きを読む]
  • 〜オリックス、2018交流戦③(vs 広島・DeNA)の巻〜
  • 1か月ぶりのカード負け越し初戦を西の快投でモノにするも、二・三戦目は先発のディクソン・田嶋が早い回に崩れてヤクルトに連敗。交流戦初、また約1か月ぶりのカード負け越しとなったオリックス。密かに交流戦優勝を目論んでいた私。かなり厳しくなってきました。とにかく、打線。一週間前の記事では、「不安はあるものの、野手陣も調子を上げてきた印象を受けます」と書きましたが、その印象は間違いだったようで、吉田正尚以外全 [続きを読む]
  • 〜オリックス、7カードぶりの負け越し の巻〜
  • 7カードぶりの負け越し初回に3点を先制されたオリックス。わずか3点といえど、いまのオリックス打線には重過ぎます。九回に4点挙げるもまさに焼け石に水。昨日に続く連敗で、一試合残す阪神戦を除き、7カードぶりの負け越し。貧相な打線を強力投手陣が支えるというオリックスの勝ちパターンが崩壊すれば、すなわち、先発投手が崩れれば、こうなることは火を見るより明らか。両外国人が機能せず、和製大砲の一門は錆びついたまま。 [続きを読む]
  • 〜オリックス、因縁のカラシティー の巻〜
  • お家芸接戦をものにしてカード初戦を取ったオリックス。二戦目の注目点は、この貧弱な打線がヤクルト先発・原樹理から何点取れるか。一番・小田が四球で出て即盗塁。二番・福田が送って、三番・吉田正尚が犠牲フライではなく、ライト前ヒットで先制。往年の阪急ブレーブスのお家芸を思い出させる、効率的な攻撃。さあここから何点…とワクワクしたところ、四番・マレーロ、五番・Tが中身のない凡退でチェンジ。結局は一点どまりで [続きを読む]
  • 〜オリックス・西、完璧な3勝目! の巻〜
  • 山本由伸 vs 山田哲人2点リードの八回、西に代わって登場の山本由伸。7球でツーアウトを取るも、ヒットと四球で一二塁。打席に迎えるは、山田哲人。一発出れば逆転の場面での、山本vs山田。大ファールにちびりましたが、最後は高めのカットに山田のバットが空を切り、三振。山本の剛腕が、勝利を引き寄せました。一流への階段を数段跨ぎで駆けあがる19歳と、球史ただ一人のトリプルスリー二度達成の怪物との対決。これぞ、まさしく [続きを読む]
  • 〜オリックス、2年続けて秋山に敗れる の巻〜
  • スライド前日雨天中止となってのカード三戦目。オリックス・金子、阪神・秋山ともにスライド。昨年のこのカードではノックアウトを食らった金子でしたが、6回被安打7自責点2と試合はつくりました。毎回得点圏に走者を許す厳しいピッチングも、与四球1と自ら傷口を広げることはなく、要所を締めました。粘っていただけに、六回二死一塁から鳥谷への一球がもったいなかった。球数と七回表の打順を考慮すれば、ここが自身の正念場とな [続きを読む]
  • 〜オリックス・福田周平、輝く の巻〜
  • 雨天中止関西ダービー第二戦は、雨天中止。オリックス・金子vs阪神・秋山の先発が予定されていました。その対決は昨年もあり、金子が5回2/3を投げ自責点8で大敗。予備日は再来週。ローテ通りいけば、オリックス・アルバース、阪神・メッセンジャーの再戦となりそうです。福田周平最近の試合で目立っているのが、ルーキーの福田周平。ドラフト1位の田嶋大樹は、前評判通りの活躍をみせすでに6勝。2位のK-鈴木に関しては、私の評価は [続きを読む]
  • 〜オリックス・アルバース、ハーラートップの7勝目! の巻〜
  • 投手戦雨中の甲子園。オリックス・アルバース、阪神・メッセンジャーと両外国人投手の先発。どちらもチームの勝ち頭で、アルバースはリーグ防御率4位、メッセンジャーは同1位。加えて、両チームの打線を鑑みれば、投手戦となるは必定。となると、重要になるのは先制点。それを手にしたのは、オリックス。ヒットの福田、フォアボールのマレーロを塁に置いて、五番・小谷野がメッセンジャーの内角ストレートを引っ張ってレフトへのエ [続きを読む]
  • 〜オリックス、2018交流戦②(vs 阪神・ヤクルト)の巻〜
  • 2カード連続の勝ち越しナゴヤで2勝1敗、京セラで2勝1敗。中日、巨人相手に2カード連続の勝ち越しと好スタートをきったオリックス。今週は敵地で、阪神、ヤクルト戦。マレーロの一軍再昇格即本塁打に、ロメロの復活タイムリー。小田、西野がバットでレギュラーを窺い、代打の切り札として伏見が控える。そして、打線の中核には吉田正尚。不安はあるものの、野手陣も調子を上げてきた印象を受けます。宮崎降格前カードで、二つの登録 [続きを読む]
  • 〜オリックス、「ベストフレンド」並び立つ! 〜
  • マレーロ昇格四番を任されてきたロメロの不調が著明。頼りになるのは吉田正尚ただ一人という現状のなか、福良がとった策は、マレーロの昇格。下でも打率は高くなく、来週はセリーグ本拠地での試合が続き指名打者の枠はなし。さらにいえば、ファーム交流戦のため戸田への遠征にも帯同。諸条件を鑑み、再昇格は再来週以降かと思っていましたが、福良は昇格を決断。それだけいまの打線に物足りなさを感じていたということ。そして、そ [続きを読む]
  • 〜オリックス、「ベストフレンド」並び立つ! 〜
  • マレーロ昇格四番を任されてきたロメロの不調が著明。頼りになるのは吉田正尚ただ一人という現状のなか、福良がとった策は、マレーロの昇格。下でも打率は高くなく、来週はセリーグ本拠地での試合が続き指名打者の枠はなし。さらにいえば、ファーム交流戦のため戸田への遠征にも帯同。諸条件を鑑み、再昇格は再来週以降かと思っていましたが、福良は昇格を決断。それだけいまの打線に物足りなさを感じていたということ。そして、そ [続きを読む]
  • 〜オリックス・伏見、延長十二回サヨナラヒット! の巻〜
  • 最後の矢・伏見寅威近藤が昨日の汚名返上とばかりの、気迫あふれるピッチングで抑えて迎えた、十二回裏。左投手の池田を送った巨人。しかし、先頭の福田が左を苦にせず、セカンドのグラブをわずかに超えるライト前ヒットで出塁し無死一塁。安達バントで一打サヨナラの機会をつくり、二番・山崎に、一本目の矢・西野を送った福良。西野の対左投手の今季打率は2-2で10割。しかし結果は出ず、ツーアウト。追い込まれたオリックス。続 [続きを読む]
  • 〜オリックス、菅野を崩せず の巻〜
  • 好走塁一回裏、昨日に続いて一番に入った小田が詰まりながらもレフト前に運ぶと、勝手知ったる我が家、打球のバウンドを計算に入れて一気に二塁を陥れる。この好走塁を、吉田正尚がライト前への痛烈なヒットで活かし、欲しかった先制点を、あっという間に奪ったオリックス。しかし、終わってみればこの一点のみ。球界のエース・菅野を崩すことはできませんでした。いくつかチャンスをつくるも、ピンチになるとギアを上げてくる菅野 [続きを読む]
  • 〜オリックス、西でまた敗れる の巻〜
  • 粘りが足りず、物足りず今季初の4連勝と、今季初の3タテを狙った大事な試合の先発を任されたのは、西勇輝。地上波・三重テレビでの放送もあり、菰野高出身の西にとっては晴れ舞台となる予定も、先に点を許し、またしても勝利をつかめず。前回の登板も楽天3タテがかかった試合で敗れ、今回も。自身初の開幕投手を目指し、そこにピークをもってきた弊害もあるのでしょうが、最近のピッチングは粘りが足りず、物足りず。変化今日の試 [続きを読む]
  • 〜オリックス、Tの逆転タイムリーで貯金1! の巻〜
  • 二死満塁でTスミ1が重くのしかかってきた八回表。新人セットアッパーの鈴木博志を投入し逃げ切りを図る中日。対するオリックスは昨日のヒーロー、小田と西野を代打に送るも、三振、内野ゴロでツーアウト。敗色濃厚。続く吉田正尚が四球を選ぶも、調子が上がってこないロメロで…と思いきや、ライト前に運んで二死一三塁。バッターは、同期・松坂との対戦が耳目を集めた小谷野。しっかり見極め、フォアボール。1点ビハインドで二死 [続きを読む]
  • 〜オリックス、みんなで勝率五割! の巻〜
  • 借金完済先制点を許し、2点を追いかける厳しい展開のなか、選手、ベンチ、そしてファン、みんなが一つになり、交流戦開幕戦を勝利で飾りました。この白星で、待望の借金完済、勝率五割復帰。開幕二戦目以降、ずっと沈んでいたオリックスがようやく陽の当たる場所に戻ってきました。ヒーローインタビューで西野が語っていましたが、勝率五割、ここからがスタート。ただ、再スタートできることが、いまは素直に嬉しく。アルバースオ [続きを読む]
  • 〜オリックス、2018交流戦①(vs 中日・巨人) の巻〜
  • 冴えず借金1で交流戦へ向かうオリックス。ここ3年の交流戦成績は、2015年:8勝10敗(9位)2016年:5勝13敗(12位)2017年:10勝8敗(6位)と、冴えず。交流戦の順位は上記も、そのなかでもパリーグの中でみてみると、2015年:6位/9位2016年:6位/12位2017年:4位/6位と、一人置いてけぼり。楽観視できない現実がここにあります。vs 中日それでも、私自身、交流戦にそれほどの苦手意識を感じていないのは、2010年の優勝経験と、 [続きを読む]
  • 〜オリックス、守り切る! の巻〜
  • レフト・T-岡田昨日の記事のタイトルが「打つも守れず」。今日は「守り切る!」守備で落とした翌日に、守備で白星をもぎ取る。六回、二死一二塁のピンチ。外野はバックホームに備え前進守備。疲労困憊の田嶋のストレートを弾き返した田村の当たりは、ライナーで左中間に。やられたと思った瞬間、現れたレフト・T-岡田。ジャンプ一番、スーパーキャッチ。勢いあまって二回転もボールは離さず。これが抜けていれば、この試合、ここで [続きを読む]
  • 〜オリックス、打つも守れず の巻〜
  • 3得点も昨日の逆転勝利で、借金を再び1に減らしたオリックス。しかし、当座の目標である、交流戦前の借金完済のためには、一敗も許されない状況は変わらず。オリックスの先発は、3連敗中の山岡泰輔。山岡が投げる土曜日の試合は3試合連続で完封負け。山岡と言えば無援護が代名詞も、その無援護も程が過ぎ。結果から言えば、3得点。それなりには野手陣も頑張ってくれました。しかし、その野手陣が、今度は守りで山岡の足を引っ張り [続きを読む]
  • 〜オリックス、4点差を跳ね返す! の巻〜
  • どんな楽天家でも九回に増井がマウンドに上がる。セーブポイントのつかない4点リードの場面で。どんな楽天家でも想像すらできなかった展開。オリックス、4点差を跳ね返してロッテに勝利。再び、借金を1に戻しました。上では通用せずオリックスの先発は、開幕3戦目以来の登板となった松葉貴大。そのときは火のついたソフトバンク打線相手に滅多打ちを食らいました。慣れない中継ぎでの登板でもあり、いくらかは弁護できたものの、今 [続きを読む]
  • 〜オリックス、4点差を跳ね返す! の巻〜
  • どんな楽天家でも九回に増井がマウンドに上がる。さらにはセーブポイントのつかない4点リードの場面で。どんな楽天家でも想像すらできなかったはず。オリックス、4点差を跳ね返してロッテに勝利。再び、借金を1に戻しました。現状、上では通用せずオリックスの先発は、開幕3戦目以来の登板となった松葉貴大。そのときは火のついたソフトバンク打線相手に滅多打ち。慣れない中継ぎでの登板でもあり、いくらかは弁護できたものの、今 [続きを読む]